ボストンで勝った!!!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ボストンで勝った!!!

Game Score





グラミー・ロード中の復帰はないであろうと見られていたブレイクが、このゲームで、復帰しました。

1Q
出足にガーネットが外した後、ボストンは、その後、オフェンスの度に決めます。レイカーズは、バイナムとパオが、交代で、1本外しては、1本決め、メタは、ファウルを取っても、フリースローを2本共外し、序盤で早くも5点ビハインドになります。半ばも、バイナムとパオが、積極的に打ちますが、1本ずつした決められません。それでも、ディフェンスが良く、徐々に追い上げます。終盤になっても、パオが引き続き打っては外し、再度、点差を広げられかけますが、やっとパオが決めると、コービーが、このゲーム最初のシュートを打って決め、追い上げます。ところが、その直後に、ピートラスに3ポイント、ロンドにトランジションでレイアップを決められ、あっという間に9点ビハインドにされます。そこから、コービーがファウルを取りフリースローを決め、その後もジャンプシュートを決めると、ブレイクが、終了間際に3ポイントを決め、26-22の4点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、Gロック、バーンズマーフィー、バイナムでスタートします。出足にガーネットに決められますが、バーンズがバスケットにアタックしたり、オフェンシブリバウンドを取って、ファウルを取り、フリースロー4本をキチンと決め、更に、オフェンシブ・リバウンドから、レイアップを決め、同点に追いつきます。序盤に、レイカーズで、得点したのは、バーンズだけでした。その後、アレンに決められ、再度リードを許すと、レイカーズは、シュートを外し続けます。幸い、ボストンもその後外し続けてくれたので、点差が開きませんでした。半ば前にパオとコービーが戻った直後から、バスケットを交換しますが、ボストンは、アレン、ロンド、ピアース、バスが交代で決めるのに対し、レイカーズは、パオとコービー以外は、打っては、外します。終盤、メタが、ロンドからスティールし、ファーストブレイクでレイアップを決め、このコーター、バーンズ、パオ、コービー以外のプレーヤーが、初めて得点します。終了間際もバスケットを交換した後、終了ギリギリにコービーがシュートを打って外すと、バイナムがオフェンシブ・リバウンドを取り、ファウルされ、体勢を崩しながらも、横から投げ上げたようなシュートが決まり、フリースローも決め、47-45の2点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
出足に、フィッシャーが2本続けて打って、2本共外します。その後、コービーが外した3ポイントをバイナムが、バイナムが外したレイアップをパオが、オフェンシブ・リバウンドからの、プットバックダンクを決めます。序盤は、一進一退で、追い上げると離されますが、半ば前に、パオからコービーへのアリーウープダンクで、同点に追いつきます。ところがそこから、連続してバスケットを許すと、オフェンスでは、フィッシャーがロンドにスティールされたり、バイナムが取っていれば楽にダンクのパスをファンブルし、アウトオブバーンズで、ターンオーバーします。半ばで7点ビハインドにされますが、そこから、ペイントにドライブしてパスを出したロンドから、バイナムがスティールし、フロントコートに走って行ったコービーにパス、コービーが決め追い上げます。終盤には、前半は当たっていたのに、このコーター前半は、まあまあだったコービーが、パオのシュートを挟んで3連続で決め、逆転し、67-64の3点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足にピアースに決められ追い上げられますが、直後に、ここまで0-4と当たっていなかったマーフィーがやっと決めます。ディフェンスではガーネットに決められ、オフェンスでは、バイナムが、ガーネットのディフェンス相手に苦労して、決められません。それでも、今日は好調のバーンズが決め、リードを保ちます。その後、オフェンスでは、Gロックが、集中力を欠くようなプレーで、パスを自分の脚に当てたような感じで、アウトオブバーンズにし、マーフィーが、やはり集中力を欠くようなバッドパスでターンオーバーをします。その間、ガーネットが3連続で外してくれたので、助かりました。半ば前に、パオとコービーが戻るとすぐに、パオが決めますが、直後にピアースに決められ、同点に追いつかれます。その後、半ばは、バーンズのフリースローによる1点はあったものの、ボストンは、3ポイントやジャンプシュートを打っては外し、レイカーズは、ここまで1本もシュートを決めていないフィッシャ-が続けて打っては外します。フィッシャーは、終盤に、ブレイクに代えられました。半ば過ぎには、ピートラスに3ポイントを決められリードを許すと、直後にコービーがフェイダワエイを決め同点に追いつきますが、すぐに、ロンドに決められ、リードを奪われます。終盤、パオが外した3ポイントをのオフェンシブ・リバウンドを、バイナムが取ると、ファウルされたのに、レイアップを決め、フリースローも決め、1点リードとします。その後、しっかり守りますが、パオがジャンプシュートを、ブレイクが3ポイントを、どちらも、がら空きで外します。残り1分ちょっとで、アレンに3ポイントを決められ、2点ビハインドされると、時計がまだ10秒ちょっと残っているのに、3ポイントの確率が17%のメタが、3ポイントを打って外します。その後しっかり守りますが、ブレイクがドリブルして時間を使うだけで、コービーがクロックの残り数秒からフェイダウェイを打って外し、パオがチップショットを決め、同点に追いつきます。残り9秒ちょっとからのディフェンスでしっかり守り、82-82の同点で、オーバータイムへ。

OT
序盤にお互い外しますが、コービーがフェイダウェイを、ブレイクが、つま先が3ポイントラインにかかったジャンプシュートを決め、4点リードとします。ところが、そこから、ピアースに、ジャンプシュートと、3ポイントを決められ、逆転され、1点ビハインドになります。この間、オフェンスでは、ブレイクが、ドリブルして時間を使い、時間切れギリギリに、パオ、コービーがジャンプシュートを打って、外しました。残り約1分半で、やはり時間切れギリギリで、コービーが打って外すと、バイナムがティップショットを決め、1点リードとします。この直後のタイムアウトで、ブラウンがバイナムの頭に、キスをしていました。その後、ボストンはガーネットが、レイカーズはコービーが打って外し、1点リードのまま、残り6秒からのボストンのオフェンスで、ピアースがジャンプシュートを外すと、オフェンシブリバウンドを取ったアレンがレイアップを放ちますが、パオがブロックし、ゲーム終了となりました。


コービー:27得点(11-24、3PT=0-2)、4アシスト、5リバウンド
アレンが、身体をくっつけてディフェンスしたので、打ちにくそうで、フェイダウェイが多かったです。スローで見ると、コービーのジャージーを引っ張ったりしているのがあるのに、ファウルになりませんでした。今日は、TNTで全国中継だったので、レイカーズの解説者ではなく、違った観点からの解説が聞けました。コービーは、「リーグで最も基本が出来ているプレーヤー」だそうです。フットワークの良さに、盛んに歓心していました。

ところで、数日前に、ボストンのピアースが、歴代通算得点で、ラリー・バードを越え、セルティックとしては、2位となりました。その直後に、バードのインタビューがESPNでありました。バードは、「現在、最高のプレーヤーは、レブロン・ジェイムス。身体能力が凄い。見ていて、面白い。」と言っていました。ところが、「誰をチームメイトにしたいか?」とう質問には、「コービー・ブライアント」と答えていました。コービーの勝つことに対する執念と、タフだからだそうです。そしてバードは、「楽しむためにプレーするなら、レブロンとプレーしたい。勝つためにプレーするなら、コービーとプレーしたい。」と言っていました。これは、最高のプレーヤーと言われるより、名誉なことだと思います。逆に、最高と思われているのに、チームメイトにはしたくないというのは、本人としては、どんなものでしょうか?

パオ:25得点(12-20)、14リバウンド、2ブロック
流石にボストン相手なので、リバウンドを、むきになって取っていました。競い勝って取ったのも幾つもありました。リバウンド数では、バイナムの方が多いですが、競って取ったのは、パオの方多い様な印象があります。

シュートは、「ボールにもっと触りたい」発言以来、かなり積極的に打っていましたが、元に戻りつつあります。前半には、自分より身長が低いウィルコックスにガードされているのに、シュートを打たないで、バッドパスをしターンオーバーし、後半は、クロックの残り3秒程度、ペイントの外、ベースラインでボールを貰ったのに、ウィークサイドのフィッシャーにパスし、フィッシャーが、キャッチしてすぐ打たないといけない状況を作ったりと、相変わらず、消極的なプレーがありました。前半のプレーの後には、コービーに怒られていた様だし、タイムアウト中には、ブラウンから、何か、懇々と言われていました。後半のプレーも、直後にブラウンが映ると、「パオ、パオ」と2回言った後、シュートを打つ素振りをしていました。ゲーム序盤には、ファーストブレイクで、先に走っているのに、ダンクをしないで、レイアップし、外してます。一時的に改善されますが、すぐ元に戻ります。引退するまで変わらないでしょう。

バイナム:16得点(6-15)、17リバウンド、3ブロック
オフェンスでは、オニール相手は勿論、身長では下で、年齢では遥かに上のガーネットが相手でも、責めあぐねて、ファウルを取るのが精一杯です。ボールを貰っても、判断が遅く、ダブルチームされ、苦し紛れにパスするか、パスも出せなくて、4人くらいに囲まれても、無理に打って外したりと、相変わらず、判断が遅い、悪いです。解説者から、「バイナムの次の段階は、ダブルチームからパスを出すことを憶えること」と言われていましたが、7シーズン目になって、まだ憶えられない様では、これから憶えるとは思えません。オフェンシブリバウンドが7と多いですが、チップショット以外は、取っても、必ずドリブルをして、体勢を立て直さないと、シュートの動きができないので、ブロックされたり、囲まれてファウルされ、フリースローを1本決め1本外すなので、リバウンドのスタッツは上がっても、それ程役に立っていません。パオに比べ、本数は多いのに、印象が薄いです。最近では、パオもそうですが、ちょっと数字が良くても、ファンからの反応は、「これでトレード価値が上がった。」というものが多いです。ファンから要らないと思われているのを知っていながらプレーするのも、気の毒だとは思いますが。

フィッシャー:無得点(0-7、3PT=0-1)、2アシスト
プロが7本打ったら、せめて1本は決めて欲しいです。「2本は」と言いたい所ですが、贅沢は言いません。もういい加減、無理だと思います。

メタ:2得点(1-6、3PT=0-1)、2リバウンド、2スティール
ピアースに対するディフェンスが良かったです。スティールは2つありますが、1つは、した後、アウトオブバウンズにしているので、スタッツを稼いでいるだけです。SFながら、フリスローは0-2とセンター並み、リバウンは2とPG並み、PGからCまでポジションを幅広くこなせる、オールラウンド・プレーヤー振りを見せてくれました。

ブレイク:5得点(2-7、3PT=1-4)、0アシスト
怪我から復帰後としては、32分のプレーと、よくやってくれました。4Q終盤から、オーバータイム終了までプレーしました。ドリブル、ドリブル、ドリブルで、立ち止まって、数秒周りを見回してパスと、時間を使うだけなので、それなら、最初から、ドリブルしないで、さっさとパスして欲しいです。フィッシャーもですが、ブレイクも取り替えないと無理です。

バーンズ:11得点(3-5、3PT=0-2)、4リバウンド
今日は、良くやってくれました。ドライブしてレイアップに行ったり、オフェンシブ・リバウンドを取って、ファウルを取り、フリースローを6本(5-6)打っています。

マーフィー:2得点(1-5、3PT=0-3)、9リバウンド、2スティール、1ブロック
シュートは決まりませんでしたが、ディフェンスとリバウンドで頑張ってくれました。当ブログのリンクにもある31Iscreamさんが、「マーフィーは、リバウンドは取るけれど、ディフェンスはしない」とおっしゃっていましたが、スティールはするは、ブロックはするはで、ディフェンスでも、頑張ってくれています。リバウンドは、24分のプレーで、この数なので、取る頻度からしたら、バイナム、パオと、同じ位取ります。ミニマムサラリーで、これだけやってくれて、頭が下がります。オフェンスも、まともなPGがいたら、もっと決めてくれるはずです。

Gロック:無得点(0-2、3PT=0-1)
8分半のプレーでした。ブレイクが復帰したので、コービーのバックアップSGとして、プレーしました。ブレイクがPGでは活きないです。


オフェンス
解説者が、「レイカーズには、ペイントにドライブして、ビッグマンのシュートの機会を作れるのが、コービーしかいない。」と言っていました。ダンク以外のシュートの確率はがったと落ちるバイナムに、良い位置でボールを渡せないのが、厳しいです。セカンドユニットについては、「才能があるプレーヤーがいない。」と言っていました。私は、才能は必ずしも無いとは思いませんが、使いこなせるPGがいないです。ボールハンドルは悪い、力で圧倒できない、判断が悪い、遅いのバイナムに、セカンドユニットをリードしろというのが、無理な相談です。トレードがない限り、今年は駄目です。

ディフェンス
フィッシャーがロンドのスピードに付いて行かれないので、コービーがガードし、身長のないフィッシャーがアレンをガードしていたので、アレンが楽に打っていました。アウトサイドからがら空きで打たれることは、殆どありませんでした。それ以外は、良く守っていました。オーバータイムだったのにも関わらず、アシスト・マシーンのロンドは7アシストです。ボストンのHCドク・リバースによると、ロンドに対するディフェンスは、レイカーズが、リーグで一番良いそうです。

リバウンドは、55-45のプラス10ですが、ボストンは、リバウンドでは、リーグで下から数えた方が早いので、特に頑張った訳では無いです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/02/10 17:35  Lakers | コメント(23)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>badさん

ファンの批判に、正しいも間違っているも無いと思いますよ。バイナムもパオも、あれで十分満足で、ずっといて欲しいというなら、それでも良いと思います。二人共、要らないというファンを、説得する必要もないです。


>>バスケットマンさん

コービーは、MSGでは凄く良いでうす。昨日は、悪かったですが。


>>ロンロン大好きさん

私も、パオは、トップ10には入ると思いますが、それは、個人の見方によるので、何が間違っているということはないと思いますよ。トップ20に入らないと言ったら、それはちょっと変ですが。バイナムが十分というのも、個人の基準の問題なので、それが間違っているとか、正しいとかの問題ではないです。
[ 2012/02/12 18:25 ] [ 編集 ]
ロンロン大好きさん

ここは「コービーのファンサイト」でなく「レイカーズのファンサイト」なので、本来あなたのようなコメントがもっとたくさんあって然るべきなのです。今日のニックス戦はバイナムは散々でしたけど、明らかにMVP級の活躍をする時もありますし。バイナムとガソル批判はあくまでレイカーズファンの一つの意見にすぎませんので、批判全てが正しいと思わなくていいですよ。

あなたも悪そうなハンドルネームに変更してみては?
[ 2012/02/11 17:50 ] [ 編集 ]
ニックスに負けちゃいましたね・・・
そういえばコービーってニックスのホームのときシュート入りますよね!
[ 2012/02/11 12:50 ] [ 編集 ]
こうもパオとバイナムについて批判が多いとは思いませんでした。パオが14番目とか言ってるふざけた意見がありましたね。ダンカンはKGが今のガソルくらいのミニッツ出れると思います?そんな事したらケガしますよ。リーやブーザーなんかがチームのセカンドオプションなんて、間違いなくガソル以下でしょ。アンダ-ソンはシステムがなきゃ生きないし、ウエストはリバウンドがここ最近のシーズン平均7本くらいの選手ですよ。俺はアマレ、ラブ、オードリッジ、グリフィン意外には負けてないと思う。ノビツキーはいいけど、ガソルにくらべてコンディションに問題ありなので…しかしこれはあくまでも1人を比較しただけなのであしからず…チームに求められる役割はそれぞれ違うので。また周りとの相性もあるので。バイナムはあれで十分でしょ。他のチームのセンターとくらべても彼より優れてる選手はそんないないです。まぁハワードだけは別格ですが。
[ 2012/02/11 10:24 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>かぼちゃケーキさん

ボストンは、リバウンドでは、リーグで最低レベルです。ボストンは、バックアップセンターがいないです。そこを相手にリバウンドで勝っても、CP3が、フィッシャーをドリブルで抜いたと喜んでいる様なものです。それに、ベンチが駄目だと言いますが、バイナムは、ベンチとプレーしている時は、殆ど得点できないです。

Gロックは、プレッシャーをかけられると、苦労しますよね。PGとして、エリートPG相手に使うには、厳しいと思います。フィッシュは、労使交渉で、体力的よりも、精神的な疲れの方が大きかったと言っていました。でも、去年もこんなものでしたよね。

メタは、ディフェンスでは、確かに、PGでもそれ程スピードがなければガードできるし、センターでも、今はレベルが低いので、ある程度できましたが、それも数年前の話しだと思いませんか。今は、SGやSFでも、スピードがあると、後ろから追っかける感じです。本当に、苦笑です。未だに自分がそうだと思っているから、ピエロと言われるんです。


>>31Iscreamさん

第三者ファンには楽しいでしょうが、当事者はたまったものではないです。ストレスで、寿命が縮みます。

パオも、やる気になれば、できるのですが、やる気になるのが、大変です。

確かに、1000万ドル以上貰っていたら、物足りないかも知れないですね。レイカーファンが、パオとバイナムを粗大ゴミ扱いするのと同じです。でも、ミニマムで、やれだけやってくれたら、奉り上げたくなります。ブロックは、結構しますよ。それに、プレー態度が良いです。不注意な時はありますが、手は抜かないです。手を抜かないなんてことが、プレー態度が良いことになるのは、そうでない人がいるからで、そちらが問題なんですが。


>>k-1さん

私も、PGは、3ポイントとまでは行かなくても、アウトサイドがある人が良いです。それにロンドは、ビッグ3が、結構難しいシュートも決めてくれていたから、数字が上がった部分もあったと思います。レイカーズみたいに、コービー以外は、楽なシュートしか決められないと、同じ様にアシストを稼げないと思います。

パオについては、昨日のゲームが始まる前に、解説者が、「リーグ、トップ10のPFの様にプレーしないと。」と言っていました。ベスト3所か、10とも思われていないです。トップ10に入るかどうかは、個人にうよって評価が違うと思いますが、トップ3という人は、いないのでは?

私も、これ以上トレード価値が下がらない内に、客寄せパンダが欲しい下位チームの才能がある若手と代えておいた方が良いと思います。


>>ポポさん

パオは、ここの所、リバウンドをよく取っています。

スクリーン・アウトは、英語にそういう言葉がないのですが、リバウンドの時に、相手のプレーヤーの前に入って、外に押し出すことですよね?バイナムは、それをする所か、外れて初めて動き出します。よく、「シュートは全部外れるものと思ってリバウンドを取りに行け」と言われます。レイカーズでは、バーンズや、マクロバーツがやりますが、ハワードとかラブとかは、チームメイトが決めていても、OFリバウンドを取るために、手を上げて、ジャンプしている時がありますよね?バイナムが、そんなことしているのを見たことありますか?DFリバウンドでも、相手が打つと、バスケットを背中にしたまま、ボールを見ていて、身体の向きも変えない時もあります。だから、フィルから、バイナムがリバウンドでリーグトップになることは無いと言われるんです。意識が違うそうです。オールスターになる前から、とっくに満足していると思いますよ。NBAは、働きが悪くても、解雇されないし、サラリーも全額もらえるので、契約した者勝ちです。まして、センターは人手不足で、需要と供給のバランスから、値段が上がります。お金さえもらえて、高い車に乗って、スピード違反や、身体障害者スペースに駐車した罰金が、楽に払るなら、満足だと思いますよ。


>>かずさん

悪くても五分、上手く行ったら4勝2敗にしたいです。

ボストンは、リバウンド全体も少ないですが、オフェンス・リバウンドを最初から諦めて、ディフェンスに戻るシステムだそうで、特にOFリバウンドが少ないそうです。それを相手に、この程度です。

ブレイクは、ピック&ロールをやっても抜けないから、ピックが来ても、ロールできないです。それ所か、下がる一方だったりします。フィッシュは、脚を引っ張るだけで、全く貢献がないです。私は、なまじ、時々良いより、ずっとこの調子の方が、外し易くて良いのではと思い始めました。

ゲームを組み立てられる人が、コービー以外にいないので、そうなるのだと思います。


>>ケンさん

初めまして。

勿論、レイカーズは、PGとSFが穴なので、そこを何とかして欲しいです。ビッグマンは、ハワード以外なら、トレードをする必要はないと思います。勿論、ラブを取れたら別ですが、断られたみたいなので。

ワールドピースは、DFはまだまだですが、OFは、衰退気味は2年前で、今は、衰退済みです。

フィッシュは、年齢的に無理だし、ブレイクは、ドライブできなくて、下がるばかりです。ドライブできないPGなんて、PGでないです。

コービーは、昨日か一昨日のインタビューで、「フロントがトレードをするはずだから、我慢している」と言っていましたよ。


>>アスさん

コービーは、オープンシュートが、全然なかったですよね。アレンが、くっ付きまくっていました。それなのに、オープンの人が、決められないです。

フィッシュはいたんですよ。いない方が良かったです。

バイナムのポストアップからのプレーは、どちらがオールスターか分からないです。だから、レイカーズOBからも、おおっぴらに「ハワードが欲しい」と言われるんです。パオは、あんなものでしょう。メタは、ドライブし始めた時に、ああなるのが分かっていました。上手く行くことの方が少ないです。


>>古参者さん

ボストンとは、いつもPOの雰囲気です。

離されかけた時のディフェンスが良かったです。もう、KGがKGではないというのにも、助けられましたが。

スターターの1人でも、フィッシュやメタ並みがいたらきついのに、2人もいるから、たまったものではないです。

パオは3本の指所か、10本の指からも、落ちつつあります。バイナムは、でかい割りにはパワーがないし、それなのに、でかいから動きは遅いし、バランスは悪いし。

ヘイターは、私達とは違って、楽しくないことをするのが好きなんです。だから、レイカーズも、コービーも嫌いなのに、私のブログを見に来るんです。不思議な人達です。

コービーは、勝つためなら、力を使いきりますよね?それが、同じプレーヤーから見ても、尊敬できる所なのだと思います。

コービーは、「シーズンが終わったら休む」と言っていましたよ。


>>せーのさん

コービーは、連続して35点以上得点していた時の勢いがないですよね。ミニッツが多いので、あったら不思議ですが。

負けても、全力でプレーしていれば、ファンもある程度納得するんですよね。


>>akrさん

トレードをしないと、スターターも代えられないと思います。

リンは、ユタ、ニュ-ジャージー、ワシントンを相手に大活躍でしたよね。この3チームのレーンは、「日曜日のブロードウェイの様に、がら空き」だそうです。レイカーズ相手には、勝ち目は無いと言われているのですが、心配です。


>>ちょこさん

皮肉?何を仰っているのか、さっぱり分かりません。(笑)

フィルは、確かにそうでしたね。

メタだけでなくて、コービー、フィッシャー以外のスターターは、みんなそうです。


>>LAXさん

バイナム、パオは、こんなものです。癖は一生治らないと思います。

レブロンは、その時一番話題になっていることについて、一々ツイートしますよね。注目を浴びたいからだと思います。「レブロンは、自分が話しているのを聞くのが好きだ。」と言っていた人がいました。

私は、ダンクは、全然興味ないです。ビデオも、ダンク集より、ナッシュ、CP3、デロン、言いたかないけれどロンド等の、アシスト集の方が、見ていて楽しいです。


>>badさん

ファンが「よくやった」と感じるのが問題なんです。サラリー額に見合ったことをしただけです。前にも言いましたが、ラブがこの程度やっても、ミネソタファンは、見慣れているから、誰も「よくやった」なんて思わないです。それなのに、バイナムだと、そう思えてしまうファンがいるのは、普段いかによくやっていないかです。オニールやKG相手なのに、タフショットを強いられるのが問題です。オニールはまだしも、10歳も年上のPFのKGも、対等にやり合っていました。懸念なんかしていませんよ。バイナムは、この程度でキャリアを終わるんです。アウトサイドは、ロスターを代えないと無理です。ベンチは決める能力がある人がいますが、オープンにできるPGがいないので無理です。バイナムも、ハワードの様に、すばやくパスを出せないし、KG1人で止められる程度では、アウトサイドがオープンにならないです。フィルの時は、セカンドユニットは、パオとプレーしていました。その方が良いと思います。


>>じょんさん

ボストンが相手だと、POのような雰囲気ですよね。

「最高のプレーヤー」と思われているのに、「でも、チームメイトにするなら他の人」というのは、物凄く不名誉だと思います。


>>tskさん

TNTが日本でも見られるとは知りませんでした。フィッシュは、ボックススコアーを見ただけで、なんでイライラするかが、ある程度は分かると思いますが、バイナムは、実際に見ないと、いかにだらしないかが分からないです。「Cが格下相手に実力を発揮できない」のではなくて、あれが実力だと思います。リバウンドは、さぼっているけれど、得点はしたくてしょうがないのに、あの程度しかできないので。

今のレイカーズには、得点できるPGが必要です。特に、3ポイントとまでは言いませんが、アウトサイドがないと。それに、ロンドは、フリースローも決められないですよね?だから、ボストンも、ビッグ3が、ガンガン行かれた時は、ロンドでも十分だったのだと思いますが、そうでなくなって来たので、取り替えたいのでしょう。

あまり見れないのに、たまに見れたら負けでは、頭に来ますよね。


>>アレさん

ロンドーガソルのトレードは、ボストンのファンは「したくない」という人が多い様ですが、LAは、結構賛成の人が多いです。それだけ、パオは、ファンから、見限られているということです。私は、PGは、アウトサイドがある人が良いので、反対ですが。問題は、弟のいるメンフィスや、ライバルのボストンとやると、見違える様にプレーするのに、そうでないと、良くプレーしないということです。気持ちの問題ですよね。プロなんだから、毎回、全力でプレーして、当然だと思いませんか?

フィッシャーがあまりにも酷くて、基準が下がっているから、ブレイクだもましに見えるんです。Gロックも、SGなら良いけれど、ボールハンドルは上手くないです。プレッシャーをかけられたら、何もできないです。はっきりPGにコンバートするならするで、それなりの練習をさせればいいですが、今シーズンは無理でしょう。それに、コービーのバックアップが必要ですよね。


>>and-hさん

ニューオリンズやシャーロットに負けるより嫌ですよね。(笑)
[ 2012/02/11 09:59 ] [ 編集 ]
昨日は両ビッグマンのおかげで勝ったと言ってもいいと思いましたがMayさんの評価は相変わらず厳しいですね(^^;)二人のオフェンスリバウンドに助けられた試合なんて久々に見た気がします。

やっぱりGロックのプレイタイム減っちゃいましたね…。フィッシュを20分以上出すなら彼とブレイクで回してほしいです。フィッシュは年齢からくる衰えもあると思いますが、労使交渉でロクに練習もできてなかったんですかね?彼だけ労使交渉をまとめた時点でシーズンが終わってしまったかのようです。

それから、メタのオールラウンドっぷりですが、先日、本人がこんなツイートをしていました。
“Name one perimeter player ever who could guard point guards and centers?.. If u can't think just say Metta World Peace.”
本人はオールラウンダーの自負があるようですよ 苦笑 ははは…。
[ 2012/02/11 07:52 ] [ 編集 ]
今日のゲームは終盤から見始めたのですけど競っていて面白かったです。
最後のパオのブロックはお見事でした。さすがのLALvBOSですね。

マーフィーですが、IND時代は1000万ドル以上貰っていて
チームを引っ張る人材としての期待値が高過ぎたというのがあります。
ブロックに関しても当時は30分以上出場していて
2試合に1回という割合でしたのでそういう印象が強かったです。

しかし本当によくリバウンド取りますね~
[ 2012/02/11 02:33 ] [ 編集 ]
勝ててよかったです!
メタに関するコメントとってもしびれました! 大爆笑です。(いや、まぁ実際笑ってられないですけどw)

ロンド=ガソルのトレードは駄目でしょ…
レイカーズは確かにインサイドに切り込めてゲームメイクが出来るPGがほしいですが最低限の3Pも決めれるPGじゃないと…また新しい問題が発生しますよ…

古参者?さんも言っていますがパオがリーグでベスト3に入るわけがないですよ…そんなことを言う人はもっとパオを見ていかに使えないか確認してください!w

前回の記事で僕はパオがリーグでPF中10番目くらいのレベルじゃないかっていいました…
しかしあれだけ波もある選手ですし…
オルドリッジ、ノヴィ、ダンカン、グリフィン、ミルサップ、ザックランドルフ、ラブ、デイビットリー、スコラ、ボッシュ、ブーザー、ウェスト、ジョシュスミス、ライアンアンダーソン、KG、アマレ
上記が主にチームのPFのポジションで主力として活躍&貢献いている選手です(順番適当、ザックは大怪我ですが)
このメンバーでパオはせいぜいウェスト、スコラくらいだと思っています。(個人的に)
本来はPFだけどCやらされてるアルジェファーソンやホーフォードなども含めればパオは何番目の選手に…??
せいぜい14番目くらいですよね??(かなり個人的な意見です。すみません)

元は確かにPFでリーグでも5番目くらいにいい選手でしたが自分で評価を下げてしまったのでもうどうにもなりません。
いい選手と入れ替わってくれることを願っています。
さようならパオ
[ 2012/02/11 02:30 ] [ 編集 ]
勝ってよかったです!最後まで手に汗握りました。
パオはここ数試合いいですね。これが続けばいいのですが、続かないのがパオですが…
バイナムを見ていて思うのですが、なぜこの人はスクリーンアウトをしないのでしょうか?簡単にオフェンスリバウンドを取られることが1試合に必ず何度かありますが、修正できていないです。周りも言っているはずですが、ディフェンスリバウンドにプライドがないんでしょうね。コービーやバーンズを見習ってほしいです。ダブルチームの対処とこれが今後の課題かなと思います。オールスターで満足しないか心配です。才能があるのは確かなので。

[ 2012/02/11 02:00 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。やった~~~勝ちました!!!これで2勝2敗の五分です。地獄のロードに少しだけ光が見えました!

インサイドは完全に優位にたっていましたが、相変わらずオフェンスリバウンドを取られ過ぎです。

やはりどうしてもPGが問題ですね。いつもフィッシャーを見ているので、ブレイクが非常に良い選手に見えてしまいました。
個人的にはフィッシャーは好きですが、本当に限界だと思います。メタはディフェンスで貢献していましたが、フィッシャーは何もありませんでした。ただただレイカーズの弱点です。それならミニマンバを使ってくれ。

コービーの動きが前回より良くなっていました。脚がよくなったにでしょうか?
コービーがいる時間といない時間でまったく別チームになります。ミニマンバもコービーと一緒にプレイすればもっと生きると思います。

明日も試合でかなり厳しい日程ですが、コービー以外の選手も奮起して欲しいですね。
[ 2012/02/10 23:29 ] [ 編集 ]
LAXさん
先日はジェレミー情報ありがとうございましたm(_ _)m
[ 2012/02/10 22:05 ] [ 編集 ]
はじめてコメします
個人的には、ビックマンよりも
SFとPG(スラッシャー系)
を補強してほしいです><

正直、ワールドピースのDF力は
すごいと思いますが
近年、OF力が衰退気味…
バーンズは波がありますし…
PGは、フィッシャーは
個人的に好きなんですけどw
歳の影響がすさまじいですね><
ブレイクは、堅実なタイプで
どちらかというとチャレンジ精神が
たりない気が…
ポートランド時代が好きだったな~

コービーは
「今のロスターでチャンピオンになることは不可能ではない。」

といってますが
現状はつらいかと…
[ 2012/02/10 19:52 ] [ 編集 ]
ボストンに勝った!
更新お疲れ様です。

コービー以外のオープンシュートは入る気しなかったですけど、ディフェンスで獲った良い試合でしたね。久々に気持ちの良い試合でした。ボストンに勝った!

フィッシャーが足を引っ張る姿なんて全く見えなかったです。はい。試合後に24:04 0-7の数字を見て驚きました。居たのか・・・

バイナムのポストアップから得点できる姿がまるで想像できなかったですね。パオの速攻レイアップ、骨に骨が無いのかと疑いました。終盤のメタのバックロールターンから一瞬でボールを失ったのにはもう笑いました。でもまぁディフェンスが良かったのでチャラです。メタ、まだあんなに動けるんですね・・・複雑です。
[ 2012/02/10 19:40 ] [ 編集 ]
疲れました。久々にリアルタイムで見れたんですが、始めから終わりまで、ず~っとつかず離れずでハラハラしっぱなしでした。POみたいでしたね。

極端な話、ず~っとクラッチタイムのような緊張感でした。

1Q終盤と3Q終盤に離されかけましたが、あそこでしっかり食らいついて行けたのが何気に大きかったと思います。結局はOTでしたけど。

フィッシュとメタはもう何という言葉が適切か判りませんが、見るに耐えません。Mayサンのコメント見て爆笑しましたよ。1-7でOK、オールラウンドプレイヤーってオイ・・・笑

他の方も仰られてますが、間違い無くNBA30チーム中で最弱のPGとSFのスターターでしょう。セカンドユニットも最弱ですが。

かと言ってパオはもう3本の指に入るPFとは到底思いませんけどね。バイナムもハワード以外にロクなC居ないから3本の指に入るってだけで、コービーにおんぶに抱っこ状態のままですし。

バードのコメントは私も見ました。宿敵であるボストンのレジェンドにまで、そう言わしめるコービーの凄さなんて、ゲームも見ずにうわべの数字だけ追いかけてるようなヘイター達には一生理解出来ないんでしょうね・・・笑

ジョーダンもこないだ、自分の引退後、自身と比べられる価値があるのはコービーだけだと発言してましたよね。

ピッペンみたいにコービーを昔から毛嫌いしてる人は別として、本物は本物を知るって感じです。

ただOTとは言え今日も44分出場でした。足は大丈夫なんでしょうかね?

明日のニックス戦こそ楽な試合展開で進め、コービーを休ませて欲しいものです。


[ 2012/02/10 19:31 ] [ 編集 ]
コービーが前半に四本連続で決めたときはこれは最近よくある後半大崩れパターンかなと思いましたが最後までもっていたのでよかったです。
今日はやる気が違いましたね。負けてまいいから今日のような熱い試合が増えると見ていて気持ちいいです
[ 2012/02/10 19:27 ] [ 編集 ]
両カンファレンス7位前後のベテランチーム、オフェンス力はないがデフェンスで踏ん張ってるチーム同士という対戦でしたが、それを物語る接戦でしたね。
メタ、フィッシュに関しては、Mayさんの記事を読むだけで十分なので触れません(笑)
ただ、このままスターターを変えずにどこまで行くつもりなのか、ブラウンにインタビューしてみたいのはファンの総意かと。
功労者とかネームバリュー、サラリーとかじゃなく、今調子が良い選手を使って欲しいですね。
さて、明日はリンとの対戦ですね。
アジア人としては応援したいですが、明日だけはお腹いたくなってくれないかな(笑)
またフィッシュさんがズタズタにされるのが目に浮かびます。。。
あーコービーが付くんでしょうね、今日みたいに。
[ 2012/02/10 19:04 ] [ 編集 ]
いやー、メタに関するコメントは皮肉が効いていていいですねー 笑
そういえばフィルも直接的に言わずにあえてウィットに富んだ表現を使って批判していたものです。
劇団四季の有名な標語に「慣れ、だれ、崩れは去れ」という言葉がありるそうです。現状に満足して研鑽を怠るやつはやめちまえよという意味です。僕はこの言葉をメタの真正面に立って大声で叫んでやりたいです。彼の不調は怪我や病気などのやむをえない原因から来るものではなく、単なる練習不足です。この男だけは本当にどうしようもないです。
いっそ引退してサラリーの節約に協力してくれないかな―と思っています。
[ 2012/02/10 18:53 ] [ 編集 ]
やりました。やはり宿敵への、ガーデンでの勝利は一際嬉しいものです。
BynumとGasolは肝心な終盤でキーとなるプレイを決めましたが、
悪い癖も抜けませんし、諸手を挙げて喜べる感じではないですね。
Blakeが戻ったとて、リーグ最低レベルのPGコンビもどうしようもないです...

バードの発言はそのとおりだと私も思いました。
前にBlakeGriffinがPerkinsに例のダンクをしたとき、
Lebronがはしゃいだツイートをしたことに対して、普段は寡黙なPerkinsが
「KobeやMJがツイートしてるのを見ないだろ?本当のエリートプレーヤーは正しい目的、
 チャンピオンシップのためにプレイしてる。一つのプレイで一喜一憂したりしない。」
と発言してました。Mayさんも当時のポストで同じ主旨をコメントされてたと記憶してます。

私は一バスケファンとしてあのダンクには大はしゃぎましたが(汗)、
Kobeの勝利への執念は、Lakersファンとして本当に尊敬していますし、
自分が応援するチームのリーダーとして、誇らしいです。
[ 2012/02/10 18:48 ] [ 編集 ]
いや、今日のバイナムはよくやりましたよ。今日の勝利はディフェンスと、完全にインサイドでイニシアチブをとった事でしょう。バイナムのシュート確率は低かったですが、今日はローポストでコービー並にタフショットを強いられていた場面が何度もありましたし。試合後のインタビューで、コービーはバイナムに攻撃的になったと褒めてました。
むしろ懸念すべきはアウトサイドシュートでしょう。どのチームと戦ってもバイナムに対しては厳しいマークが予想されるので、ペリメーターのプレイヤーが活躍しないと話しになりません。この辺を今だにコービーに頼りっきりなのが心配です。
[ 2012/02/10 18:44 ] [ 編集 ]
勝ちましたね!やっぱこのカードは最高です!ボストン相手だと気持ちがスカっとします。
バードの発言も気持ちがスカっとします。
プロでやってるのに、楽しむためなら一緒にやりたいとか、もう、言われたい放題で笑われ者ですね!

オールスターも近いし、いろいろ起こりそうでとても楽しみです!
[ 2012/02/10 18:41 ] [ 編集 ]
今日は学校が休みだったので、たまたまネットみてたら、TNTのovertimeとやらで、まさかのリアルタイムで見れました!
勉強そっちのけですw
試合自体は面白かったですが、バイナムとフィッシュにいらいらする理由がよく分かりました
しかしまぁ3Pがあんなに決まらなくてよく勝ちましたね…
まともなPGがいない、Cが格下相手に実力を発揮できない、皆コー
ビーを探すばかり…ってんで、流れ
が作れてないからだと思いました。
メタなんぞ基本的にコービー見てばっかじゃないすか

ボストンは成功率は低いですが、流れがありました

PGの差を感じながらずっと試合を
見てましたが、個人的には、ガソル
⇔ロンドは得策ではないと思いまし

今日は良かったですが、ガソルは波があり、バイナムは格下に力を発揮出来ないとあれば、安定感のある
ゴートゥーガイを連れてくるのが必要だと思いました
ロンドは確かにいいですが、ゴートゥーガイではないような
やはり、デロン欲しいなぁ
ハワード+まともなPGでもいいですが。
それができたら問題がかなり解決しますよね
いないプレーヤーのこと考えてめしょうがないすけど、つい考えてしまいます。
しかし今日は勝ってくれて良かったです。
運よく見れた試合は今まで全部負け試合だったので、今回初めて勝ち試合を見れました(笑)
すいません、嬉しすぎてつい文が長くなりました。
[ 2012/02/10 18:33 ] [ 編集 ]
やりましたね!!
今日のヒーローはガソルでしょう。
あの気迫をいつも出してほしいですけど、それにしても最後のアレンへのブロックには痺れました。
もうダメかと思いましたよ。
やっぱロンドにガソルはないですね。
今日のガソルはBOSとのファイナルとそん色なかった気がします。
このインサイドの強さとコービーがいるのに、それを活かせるPGにSFもベンチもいないのが残念です。
SG、PF、Cでは全部リーグでベスト3に入るのに、それ以外はリーグ最下位って感じで・・・

またもやフィッシャー・・・
今日も足引っ張る光景が悲惨すぎて、負けたら80%は彼の責任でしたよ。
ブレイクも物足りなすぎますが、それでもボール運びとプレーの幅が全然違いますね。
Gロックのミニッツ増やして、フィッシャーはアドバイザーや士気あげる要因として貢献してくれればいいです。マイク・ブラウンは決断の時です。
[ 2012/02/10 17:59 ] [ 編集 ]
とにかく1番負けたくないボストンに勝ってハッピーな気分です。
後でWOWOWでゆっくり観ます。
[ 2012/02/10 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。