コービー、シーズンローでも楽勝

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

コービー、シーズンローでも楽勝

Game Score





1Q
出足から、パオが、あまり決まりませんでしたが、積極的に打ちます。半ば前まで一進一退でしたが、半ばに、コービーが続けて外したシュートを、パオとバイナムがオフェンシブ・リバウンドから決め、リードを奪います。後半は、アトランタのターンオーバーにも助けられ、点差を広げます。終盤登場した、ラドマノビッチに、続けて3ポイントを決められ、追い上げられますが、バーンズ、マーフィーのベンチが踏ん張り、27-24の3点リードで、コーターを終了します。

2Q
出足は、バイナムが続けて決めます。Gロックも得意のフローターで続くと、序盤でリードを7点に広げます。グリーンのフリースローと、シュートで、少し追い上げられますが、バイナムが再度決めると、マーフィーが、3ポイントを決め、半ばには、8点リードにします。ところが、その直後に、スターターが戻ると、オフェンスが噛み合わなくなり、得点が止まります。その間、ディフェンスが良かったので、踏ん張りますが、それでも、徐々に追い上げられ、終盤に、逆転されます。レイカーズは、フィッシャーが、残り30秒でフリースローを決め得点しますが、そこまで6分間、無得点でした。終了間際にメタが3ポイントを決め、逆転し、42-41の1点リードで、ハーフへ。

3Q
レイカーズは、出足から、コービー、フィッシャー、パオが、続けてターンオーバーし、あっさり逆転されます。一時再逆転しますが、3連続で決められ、序盤で5点リードを奪われます。そこから、前半は1-10と全く当たっていなかったコービーが続けて決め追い上げ、メタがペイントにドライブして、ダンクを決め逆転します。ディフェンスでは、散々オフェンシブ・リバウンドを取られますが、それでも、アトランタが外してくれました。アトランタは、終盤、パチューリアとハインリックのフリースローによる得点はあったものの、このコーター最後のバスケットは、残り約8分半でした。レイカーズは、終盤、コービーが決めると、やはり前半4-14と当たっていなかったパオが続き、コービーに代わって登場したGロックも3ポイントを決め、リードを広げ、59-51の8点リードで、コーターを終了します。

4Q
開始直後にバーンズがダンクを決めると、Gロックが、フローターと3ポイントを続けて決め、リードを二桁にします。その後も、相変わらず、オフェンシブ・リバウンドを取られ、得点を許しますが、二桁リードを守ったので、スターターを休ませられました。半ばに、ラドマノビッチに3ポイントを決められ、一桁得点差にされますが、ブレイクが、マーフィーのスクリーンを使って決め、二桁に戻します。ブレイクは、その直後にも、やはりマーフィーのスクリーンを使って、3ポイントを決めました。半ばには、引き続き積極的に打っているパオが連続して決めると、3ポイントも決めます。これで、約3分半を残して、18点リードし、ほぼゲームを決めました。

コービー:10得点(5-18、3PT=0-3)、4アシスト、4リバウンド
前半1-10と、全くきまりませんでしたが、後半は盛り返しました。ドライブしての、リバース・レイアップが1本ありましたが、それ以外は、ジャンプシュートが殆どです。ドライブも、殆どありませんでした。フリースローもありません。10点は、シーズンローです。疲れが溜まっているのだと思います。今日は、ベンチが踏ん張ったので、34分のプレーで済みました。本当は、34分が普通でないと困りますが。次のフィニックス戦まで、2日空くので、何とか疲れを取って欲しいです。

パオ:20得点(9-22、3PT=1-1)、13リバウンド、4ブロック
出足から積極的でした。前半悪かったのに、後半も、消極的にならずに、打ち続けました。ショットクロックが時間切れに近づいても、いつもの、コービーを探す素振りもなく、自分でドライブして、打っていました。そのプレーでは外しましたが、消極的にプレーして、確率ばかり高いより、積極的に打って、少々確率が低い方が良いです。このくらいやるのが、「積極的」でなくて、「普通」であって欲しいです。ディフェンスでも、スミスをよく抑えました。スミスは、7-18、15得点でした。

バイナム:15得点(7-10)、15リバウンド、2ブロック
アトランタは、ホーフォードが怪我で脱落して、パチューリアがスターターに周り、バックアップは、10日間契約したダンピアがプレーしました。上手く弱みに付け込みました。

フィッシャー:3得点(1-4)、3アシスト
特記事項なしです。

メタ:10得点(4-7、3PT=2-5)、4リバウンド
リードが広がってくると、いつも必ずと言っていいくらい、「このくらい離れているなら、俺が打つ番」と言わんばかりに、ボールを持って1人でプレーします。今日は、散々ドリブルして、ペイントにドライブして、ダンクを決めました。ディフェンスが悪い、ラドマノビッチにガードされていたから良いようなものの、普通なら、ターンオーバーです。シュートは、別人の様によく決まりましたが、ゲーム終盤、ペイントにドリブルして、ターンオーバーし、持ち味を出しました。

バーンズ:7得点(3-7)、5リバウンド
打ったシュートは、殆どがドライブしてのレイアップです。ディフェンスでも、アトランタのファーストブレイクで、諦めないで走って、ブロックがありました。動きが良いです。

ブレイク:5得点(2-5、3PT=1-2)、6アシスト
動きが良かったです。ペイントにドライブして、ドリブルで抜いてバスケットに行くことは出来ませんが、手前まで行って、キックアウトのアシストがありました。

Gロック:10得点(4-6、3PT=2-2)
積極的に打っていました。14分弱のプレーです。

マーフィー:6得点(2-5、3PT=2-4)、3リバウンド、4アシスト
シュートもまずまずだし、よく動きます。ブレイクが決めたシュートは、2本共、マーフィーのスクリーンを使いました。ボックスシートに表れない、小さいことを、手を抜かずに、こまめにやります。

オフェンス
前半は、コービーとパオが、共に決まらない中、ベンチが頑張ってくれました。ローテーション決まってきて、一緒にプレーすることに、慣れてきた様です。アトランタのセンターが、かなり格下だったので、バイナムがよくプレーできたのも、助かりました。

ディフェンス
アウトサイドは、結構オープンにしました。アトランタは、3Qの残り8分半から最後まで、バスケットがありませんでしたが、解説者が「レイカーズのディフェンスが良いと言いたい所だが、オープンにしているのに、外してくれている。」と言っていました。スミスが7-18、ジョンソンが7-17と、得点源を抑えられたのと、PGのティーグを6-16、2アシストと、奇跡的に抑えたのが大きかったです。ペイントのディフェンスは、良かったですが、アトランタは、まともなビッグマンが、スミスくらいなので、手放しでは喜べないです。


ところで、今日は、ニックスが、リンサニティーのブザービーターの3ポイントで勝ちました。レイカーズ戦のハイライトを「Lakers」で検索しているのに、何故か、ジェレミー・リンのビデオの方が沢山出てきて、探すのが大変です。とんだしわ寄せが来ています。ちなみに、MSGの株価が、上がっているそうです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/02/15 18:05  Lakers | コメント(25)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/02/18 09:55 ] [ 編集 ]
ロンロン大好きさん、こんにちは。
Gロックについては、あくまで、私の友人の説ですが。モリスはサイズがあるから、使ったら良いのですが。モリスはブレイクがいない間プレーしましたが、そこそこだったので、Gロックに代えられましたよね?チャンスを貰った時に、よくプレーしないと難しいです。
[ 2012/02/18 07:10 ] [ 編集 ]
なるほどGロックは他チームの標的にならないよう隠してるんですか。そこまで考えが及びませんでした。モリスにはもうチャンスは与えられないんですかね。プロの水に少し慣れてきた今、もう一度チャンスを与えてやってほしいと思うのですが…難しいですかね。リンのような選手はもともと出番がウォリアーズであれば、去年から活躍してたのかなぁ?それとも、今シーズンからリンの何かが大きく変わったのでしょうか?前者であれば、モリスにも出番さえあればリンとまではいかなくとも、みたいな事を考えてしまいます。まぁケガ人が出た状況でチャンスをつかんだリンとつかみそこねたモリスな訳で、厳しい競争社会の中で若手が次のチャンスなんてそうそうない事は承知の上でもう一度試して欲しいです。レイカーズにも救世主が欲しいです。
[ 2012/02/17 18:27 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
コービーが、二桁なんて当たり前なので、考えたこともありませんでした。

It't not age. It's milage.

という言葉が有ります。milageは、距離のマイルから来ていますが、自動車の走行距離のことを言います。「年齢ではなくて、走行距離。」つまり、「年齢ではなくて、何年やっているかだ。」ということです。高卒ですぐNBA入りした人は、年齢に比べて、キャリアが長いです。

同世代の他の選手と比べても、相当頑張っていますが、若いのと比べても、随分頑張っていると思いますよ。リーグでコービーよりミニッツが多いのは、ケビン・ラブだけですから。
[ 2012/02/17 16:29 ] [ 編集 ]
そういやコービー師匠は連続二桁得点試合とかってどんなもんなんでしょ?
ジョーダンがラストダンスと言われたの時に確か10点前後で騒がれた時ありました。
歳も今のコービーと似たようなものですが、ジョーダンよりも早くNBAでやり始め、ずっと試合に出てるわけですから(ジョーダンは途中抜けてますしね)そりゃあコービー師匠の方が早くボロボロになってても仕方ないですかな。

それでも同世代の他の選手達を見れば相当がんばってる部類なんですよね
[ 2012/02/17 12:41 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>アスさん

応援したいと思わないのに、何とかしてモチベーションを上げてまで、応援する必要ないと思います。


>>りゅうさん

バレンタインズデーのゲームに、バネッサが来ていたので、そういう噂になりました。


>>GADABOUTさん

スミスは、ニューヨークが一歩リードみたいです。レイカーズは、ミニマムしか出せないので、元々無理だと思います。


>>魚さん

イーバンクスは、見ていて覇気がないですよね。練習でも良くないのでは?
[ 2012/02/17 11:41 ] [ 編集 ]
コービー、序盤から大分前に飛びながらシュートしたりと色々溜まってそうですね; でも笑顔がよく出てて良かったです。

どんなモチベーションで応援すれば良いかとありましたが、自分はコービーが楽しそうにバスケをしている姿を観られるだけでも十分幸せです。
[ 2012/02/16 23:03 ] [ 編集 ]
コービーが45歳まで現役を続けるつもりだとか…(妄想です)

そういえば、今までの最年長記録って何歳なんですかね?
[ 2012/02/16 20:20 ] [ 編集 ]
コービーとバネッサがよりを戻す方向で話しを進めているとか・・
[ 2012/02/16 17:58 ] [ 編集 ]
JRスミス
JRスミスが浮上してるらしいですが、大丈夫でしょうか?
[ 2012/02/16 16:39 ] [ 編集 ]
Mayさん

 情報ありがとうございます。記事をちらっと見た気がしたので、てっきりキューバンが反対して成立しなかったと思ってました。 
 ところでファーストユニットは、トレード等々考えてないとあり得ない位、ブラウンは頑張って固定し続けてますね。 後EbanksはDリーグ行くそうですね、開幕はスターターだったのに残念です。 
 
[ 2012/02/16 12:55 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>akrさん

女子は、運動能力が劣る分を、技術でカバーしますよね。だから、白人のヨーロッパ人は、ビッグマンでも、シュートが上手いです。


>>神戸くん

ブレイクも、いないよりはましなのかも知れません。ボールハンドルでは、Gロックより良いことは間違いないので。

オールスター前のOKCがきついですね。ロードのバックトゥーバックだし。オールスターは、ディフェンスをしないので、事実上半分だから、それ程響かないと思います。

アリーナスの情報はないです。でも、ひょっとしたら、トレード期限までは、ロスターの人員を空けておきたいのでは?その方が、ハワードのトレードをするなら、融通が利きますよね。


>>LAXさん

メタの発言は、最近では、批判もされないです。「又か」という感じで、批判する価値もないです。

Gロックの起用法は、?ですが、私の友人の説では、「隠しているのでは?」ということです。ハワードのトレードには、サラリー額合わせもあるので、かなり大人数が動きますよね?今から、20-25分プレーさせて、FG%が50%以上あって、得点が二桁だと、オーランドから要求される可能性があります。


>>学生のレイカーズさん

プレースタイルが変わって行くのを見るのも楽しいですよね。


>>匿名の方

別に無理に応援することないと思いますよ。


>>魚さん

キューバンは、CP3のトレードを潰したスターンに対して、批判的でしたよ。CP3がレイカーズに行くのは嫌だけれど、それをリーグが潰すのはおかしいと言っていました。

メタは、月に1-2回、こういうゲームがある程度です。30試合所か、3試合も続かないと思います。おっしゃる通り、ビックリする程決まったわけではないです。メタの基準なら、ビックリですが。それに、3ポイントが殆どですよね。相手としては、17%程度しか決めていない人が打ってくれたら、儲け物なので、言わんばかりに、ディフェンスをしていました。決めたのも、躊躇したのに、誰もカバーに来なかったです。

私も、Gロックは、ブレイクと一緒に使って、コービーを3にスライドして使ったら、ゲーム終盤に、メタを使わなくて済むので、一石二鳥だと思います。


>>まめさん

印象が全てです。野球以外のスポーツは、個人の記録をあまり注意しません。日本は、長いこと、プロスポーツが、野球しかなかったので、他のスポーツも、個人の記録を気にします。又、ブロードバンド契約をしていないと、殆どのゲームを見られないので、ボックスシートを見ます。でも、アメリカのファンは、殆どが、ゲーム見終わった後に、ボックスシートを見ないです。私も、ブログを始める前は、見たことがなかったです。だから、シュートの確率が良くても、リバウンドが少々多くても、気の抜けたプレーがあったら、その印象しかないです。

バーンズは、Gロックとマーフィーとプレーするには、貴重な存在です。特に、マーフィーは、スポットアップシューターなので、動いてパスを出せる人と一緒にプレーしないと厳しいです。それに、こまめにリバウンドを取りますよね。

NOHとは、どこもトレードしないと思います。スターンに割って入られたら、面倒くさいことになるので。


>>かずさん

内弁慶ですね。

ミスが多かったですが、ペイント、特に、パオのディフェンスが良かったです。それが大きかったと思います。

コービーは、4Qは、流していましたよね。でも、出ているだけでも、相手の注意を引くから、効果があります。

ミニマンバは、ボールハンドルがいまいちですよね。昨日も、ハンドルのミスからジャンプボールになりました。PGで使うのは、厳しいです。


>>kb1124さん

リンのトロントでの最後のシュートの前に、ダントーニが、タイムアウトを取りたかったらしいですが、リンが要らないという素振りをして、自分で打ったみたいです。 Gロックは、打つのを怖がらないですね。フィッシュも怖がらないですが、もう実力が伴わないし。他は、気の小さいのばかりです。


>>LAXさん

アトランタに助けられた感じですよね。

レイカーズは、ミニマムしか出せないので、スミスは無理です。

「ゲームの最後にボールを持つのが好き」だそうです。図太い所があるみたいです。


>>akrさん

疲れだけだと良いですよね。パオは、最初から、えらく積極的でした。チームメイトだったら、何も言わなくも、体調が悪かったら、分かると思います。

リンは、芸能ゴシップサイトでも、出てきます。リンターネットと言っていた人もいました。


>>せーのさん

ミニッツが多過ぎるんです。リーグで2位です。そんな上位に、30代は勿論、20代後半もいないです。

相手としては、メタに打って欲しいですよね。レイアップでも、メタに打って欲しいくらいななのに、特に3ポイントなら。下手にガードして、パオやコービーにパスされるより、ずっと良いです。
[ 2012/02/16 12:22 ] [ 編集 ]
どんな偉大な選手でも運動能力の低下を技術でカバーしようとします。
毎年、新たなスキルを増やしてシーズンに望みます。
そういった観点で、これは初めてみる技やなとか見つけるという見方が、一人の選手を長年追う見方じゃないですかね。

話はそれますが、ミニバスやってる子供には、NBAよりも日本の女子のWJBLの試合を見るように勧めます。
男子より女子の試合の方が技術の宝庫だからです。
ステップ、フェイク、ピボット、スクリーンなどなど。
もちろん、3ptsの正確性も女子の方が圧倒的ですしね。
一度、ご覧になってください。
最初は退屈に思うかもしれませんが、スキルという点では感心させられますよ。
[ 2012/02/16 10:50 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

久しぶりのホームゲームでしたが、あれだけ3Pが入ったらいいですね。
アウェイでもあれだけ入ったらもっと楽に勝てるんですが。

次のサンズまでは2日開きますが、来週に4試合でそのうち3試合がウエストの上位チームなのでコービーは出来るだけ休ませてほしいですね。
オールスターにも出るので厳しい日程です。

先日ワークアウトしたアリーナスの情報がないんですが、契約はしないんですかね?
レイカーズ側が興味を示さなかったとの噂を聞きました。
現状のPGより下ということはないだろうし、ハワードのことも考えると契約したほうがいいと個人的には思うんですが、やっぱり試合に出てなかった分などを含めると厳しいんですかね?

んーまだまだ我慢か。
[ 2012/02/16 10:20 ] [ 編集 ]
重ねての投稿すいません。MWPネタをひとつ。

TOR戦のあと、MikeBrownコーチの選手起用についてMWPが
「STATSがどうであれ、俺は試合の終盤コート上にいるべきだ。
 コーチはSTATSを気にしすぎてるんじゃないか」とメディアに毒づきました。
(やめとけばいいのに...)

これに対してMikeBrownがピシャリと返した内容を取材で応えてました。
「まず、メディアへの発言には気をつけろと言った。
 第一、俺がSTATSと気にするならば、お前は一切プレイできないと言ったよ。
 オフェンスではMattはおろか、Ebanksの方がSTATSではましだ。
 そしてディフェンスだって、SynergyによるとMWPは192番目の成績しかない。」
 (※SynergySportsTechnologyは、スポーツに特化したデータ分析会社)

要は「黙れ」ということですね。
とはいえ、G-lockの起用法などは僕も疑問なのでそのへんも考えも聞きたいです。
[ 2012/02/16 09:42 ] [ 編集 ]
退化も選手の魅力の一つではないでしょうか。
[ 2012/02/16 02:26 ] [ 編集 ]
大好きなコービーがどんどん退化していく姿をどんなモチベーションで応援すれば良いでしょうか。

皆さんどうか教えてください。
[ 2012/02/16 00:07 ] [ 編集 ]
>魚さん

そうでしたね。NOHがNBA所有だというのが一番の障害でした。。。。。こりゃ無理だ。
[ 2012/02/15 23:41 ] [ 編集 ]
まめさん、いいトレードですね、でもホーネッツってまだNBA所有のままですよね?
何だかんだとキューバン辺りに潰されそう。でも奇跡でも何でもいいアリーザ戻ってくれ。
私はメタは今日みたいなゲームを後30試合続けてくれないと信用できそうにありません。
ロンはすごく決めたと思ってましたが、スタッツを見るとそうでもありません。普段が1-7とかが平均なのでーーー
Gロックはまだ真のpgではないので、ボール運びを一人では任せられない感じです。ぶれいく+コービー+Gロックで組むと結構うまく行きそうですが、ブレイクの時間が長くなりそうなので、(普通の)pgが本当にもう一枚足りません。
メタがソコソコでしたので、フィッシュの劣化ぶりが際立ちましたね。
[ 2012/02/15 23:33 ] [ 編集 ]
今日のパオは良かったです。やはり"印象"なんでしょうか?数字が9/22でも、セカンドオプションらしいプレイで、リングにアタックしてましたね。数字は大した意味はないのかもしれません。

あと、今のベンチメンバーはPGさえ普通の控えレベルになってくれれば、中々のメンツですね。バーンズが他のメンバーがやらない細かいプレイを全てやってましたね。

ということで、バーンズを安心してベンチメンバーにできるように、早くトレードを!パオが今日のをずっと継続してくれるなら、デロン・ハワード・ロウリー以外にはトレードで変えろとは言いません(笑)

NOHと
トレードイクセプション+ドラフト一巡目+Gロック⇔ジャック+アリーザ
なら、NOHにもけっこうメリットあると思うんですが。サラリーが一気に減らせて、一巡目20位辺りが2つ手に入る訳ですから(Gロックは一巡目下位の価値はある)。ジャックとゴードンはタイプが被るし。ただ、アリーザはまだ27歳で、これを敢行したらNOHは10勝行かなさそうなのがネック。。。。。
[ 2012/02/15 22:59 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です~!!!やはりホームでは強いですね。

前半はものすごくミスが多く、何度も叫んでしまいましたが、相手はもっとミスをしてたので、なんだかな~という感じでした。後半の出だしも酷かったですが、さすがにタイムアウト後は立て直しましたね。
(相手は最後までミスが多かったです)

さすがに疲れてて、コービーはミスが目立ちましたが、パオを筆頭に他の選手が奮起しました。今シーズン中々見られなかった現象です。コービーも後半はアシストに徹して、ミニッツも減らすことができました!(良かった良かった)

毎回の疑問なのですが、なぜミニマンバを20分以上使わないのでしょうか?
ディフェンスに難があるからですかね?フィッシャーやブレイクも同じくらいひどいと思っています。伸びしろがある分ミニマンバの方が良いと思います。
[ 2012/02/15 22:37 ] [ 編集 ]
リンのラストショットはまるで長年ああいうシチュエーションを任されてきたかのような堂々たるプレイで鳥肌立ちました。あの感じでプレイしてる若手はレイカーズではGロックくらいですかね

とりあえずコービーがこんなでも勝てばオッケーですね!次の試合は爆発しそうですが笑
[ 2012/02/15 21:58 ] [ 編集 ]
今年はこれといった勝ちパターンもないですね。今日も、
相手のシューティングがひどく、
もともとインサイドが低い相手からホーフォードが抜けて、
Pauがいつもより積極的で、ベンチがいつもよりがんばったから、
Kobeが不調だけど勝てた、となんだか不確定要素たっぷりです。

J.R.Smith獲得戦が激化してるようですね、Lakersは参戦してませんが…

Linsanityはもう、すごいの一言です。揺るぎない目標意識と信念をもってプレイしてきて、
BaronとBibbyの怪我などでまわってきた機会を確実に活かして、高いレベルを維持してます。
特に、今日の最後のショットは圧巻でした。
[ 2012/02/15 21:44 ] [ 編集 ]
コービーの疲れは理解できるし、FTの少なさからドライブが少なく左足(ひょっとしたら膝?)の調子が悪いんでしょうかね。
ティーグはレイカーズが苦手とする早くて小柄なガードなので、やられると思ってましたが。。。
とにかく、勝てて良かったです。
バオが積極的だったのは、ゲーム前にコービーから今日は俺は足痛いからお前が引っ張ってくれと言われてたのかもですね。
アテンプトが20を越えたバオは、あまり見たことないです。

リン、どこのスポーツサイトでも大騒ぎですね。
日本のYahooスポーツでも大きく取り上げられてます。
まさに、時の人です。
映像を見る限り、そこまでインパクトは無いのですが、止められないんだから上手さがあるんでしょうね。


[ 2012/02/15 20:05 ] [ 編集 ]
ここ最近コービーも元気ないですね。
毎年入らない時期があるのはわかりますが今年は長い気がします。

メタの3Pに誰もチェック行かないのと,解説者?がメタがプレーするたび爆笑してるのが印象的でした。すでにネタ要員なんですね。
[ 2012/02/15 19:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。