ジェレミー・リン、オールスターイベントに参加

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ジェレミー・リン、オールスターイベントに参加

ニューヨーク・ニックスの“リンサニティー”こと、ジェレミー・リンが、オールスターのイベントに参加することが決まったと、一部のメディアが報道しています。

報道によると、リンは、土曜日に行われる、「シューティング・スター」に参加する予定です。これは、現役NBAプレーヤー、WNBAプレーヤー、引退した元NBAプレーヤーの3名が、都市を代表して、3ポイント、ハーフコート、フルコートのシュートを競うイベントです。今年は、ニューヨークのプレーヤーが参加することが、既に決まっているので、そのメンバーに、リンを含めることになりました。

又、ダンクコンテストに、ニックスのルーキー、イマン・シャンパートの出場が決定し、リンは、そのアシストをすることも決まりました。ダンクコンテストのアシストは、オールスターのイベントに出場するプレーヤーでないといけないというルールがありますが、リンがシューティング・スターに出場することで、ダンク・コンテストのアシストも可能になりました。ダンクコンテストの出場者発表時に、アシストを誰がするかが報道されたのは、記憶にありません。それだけでも、リンが、それ程注目を集めているかが分かります。

オールスター中には、1年目と2年目のプレーヤーによるゲーム、ライジング・スターz・チャレンジがあります。リンは2年目のプレーヤーですが、活躍し始めるのが、これに出場するプレーヤーが選出された後だったため、含まれていませんでした。リンをこれに含めるファンからの要求がありましたが、先週、NBAコミッッショナーのデイビッド・スターンが、否定しています。

リンをシューティング・スターに含め、ダンク・コンテストにもアシストとして参加することになったのは、ファンからの要望が強かったこともありますが、中継するテレビ局TNTと、番組のスポンサーから、圧力がかかったという見方もあります。

さて、リンには、リンサニティー以外にも、色々なニックネームがあります。ファンや、ニューヨークのタブロイド、デイリー・ニュース、ニューヨーク・ポストがつけたものが殆どです。日本人でも、すぐにピンとくるものから、英語を話さないと、全く分からないものまであるので、まとめて見ました。

Linsanity(リンサニーティー) = Lin +insanity(=狂気)

Lincredible(リンクレディブル) = Lin + incredible(=信じられない→素晴らしい)

Limpressive(リンプレシブ) = Lin + impressive(見事な)

Super Lintendo(スーパー・リンテンドー) = Lin + Nintendo(任天堂)

Linderella(リンデレラ) = Lin + Cinderella(シンデレラ)

Amasian(アメイジャン) = Amazing(驚くべき→素晴らしい) + Asian(アジア人)



そして、トロントでのゲームは、2月14日でしたが、この日は、Valintine’s Day(バリンタインズデー)とも呼ばれていました。

= Lin + Valentine’s Day(バレンタインズデー)

リン本人は、「何と呼ばれるのが一番好きですか?」と訊かれて、「ジェレミー」と答えていました。でも、「任天堂は子供の頃によくやったから、スーパー・リンテンドは好き。」とも言っていました。

話題になっていることに、首を突っ込まないではいられないシャックも、リンについて、ツイートしています。これは、リンが、トロントで、残り0.5秒に、決勝の3ポイントを決めた直後に、ツイートです。

0216 Shaq

Linderrella (Cinderella) story of the year Jeremy lin has lingle(single) handedly played lensational(sensational) lincredible(incredible) I’m linpressed(impressed) all he does is Lin Lin Lin (win win win) gd jib
(一部、スペルがおかしいですが、そのままにしてあります。)

「今年最高のリンデレラ物語。ジェレミー・リンは、1人で衝撃的な信じられないプレーをした。俺は感動した。彼がすることは勝つことだけ。良くやった。」


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/02/17 12:10  All Star 2012 All Star | コメント(5)
akrさん&しんげんさん、こんにちは。
>>しんげんさん

ヴィンサニティーは、ここまで全国的ではなかったです。NBAファンでも知らない人がいたと思います。リンサニティーは、NBAに全く興味がない人でも知っています。夜6時半から30分間、日本のNHKの7時のニュースみたいな、全国ニュースがありますが、昨夜はそれで、リンを取り上げていました。

1990年代半ばくらいまでは、任天堂のゲームでなくても、コンピューターのゲームは全て、任天堂と言っていました。セロテープとかバンドエイドみたいな感じです。「ゲームをする」というのは、「Play Nintendo」と言っていました。


>>akrさん

全然失礼ではないですよ。そうやって報道されていたら、そうだと思いますよね。

オバマは、バスケットボールが好きみたいです。スタッフとプレーして、エルボーされて、唇を切ったことがあります。ブルズのファンですけれど。マジックは、トラッシュトークされて、喜んでいました。

何もかも全て上手く行く人って、殆どいないですよね?自分は運が無いとか、努力しても報われないと思っている人の方が、圧倒的に多いです。だから、リンが成功しているのを見ると、元気が出てくるのだと思います。諦めないで、努力し続けたら道が開けるという意味で、子供の教育にも良いと言っていた人もいます。
[ 2012/02/18 07:04 ] [ 編集 ]
やはりリンサニティーですかね(^^) ヴィンサニティーを、思い出します。任天堂はアメリカでも人気なのですね…すごい!という意味合いで任天堂がでてくるのには違和感ありますが(笑)
[ 2012/02/17 22:28 ] [ 編集 ]
Mayさん
ニックスと契約したから、ニューヨークの弟のアパートなんですね。
失礼しました。。。
オバマさんも話題にしてるみたいだし、出てる大学からしてニューヨークのホワイトカラーから大人気なのは間違いないですね。
さらに日本を含めたアジアのNBAを目指す若者には大いに刺激になるはずですよ。
派手なパスは無くとも、間違いのないプレー選択が出来るPGという職域は、日本人でも狙える職域かもしれません。
運動能力が劣るならバスケIQを磨け、ですね。
いずれにしても、日本やアジアでバスケやNBAが話題にんるのは良い事です。
[ 2012/02/17 17:02 ] [ 編集 ]
akrさん、こんにちは。
日本では、「弟の部屋のリビングソファーで寝泊まりしてたら、ニックスから電話が掛かった」と報道されているのでしょうか?

そうではなくて、ニックスと契約したので、ニューヨークに元々いた弟のアパートに、転がり込んだみたいです。ちなみに、弟は、歯科大学に行っているみたいです。それも、スターターになってから、チームメイトのランドリー・フィールズのソファーに移ったみたいです。フィールズが、そのソファーの写真をツイートして、大騒ぎになりました。今は、シーズン終わりまで契約があるから、郊外のアパートを借りて移ったみたいです。

NBAはニックスが強くないと面白くないと言われます。結局、大都市のチームが強くなくてももつのは、NFLだけです。
[ 2012/02/17 16:38 ] [ 編集 ]
やっぱリンデレラですかねー。
弟の部屋のリビングソファーで寝泊まりしてたら、ニックスから電話が掛かったあたりはリンデレラだなーって感じです。
いろんな意味で色々な方面にプラスになる人物であり、ニュースですよね。
カーメロ、アマレと調和するだろうし、プレイオフも良いとこまで行けるかもですね。
ニューヨークを活気付けてくれるだけで、リーグ全体も盛り上がるし。
これからも、楽しみに見てます、リンデレラ物語を。
[ 2012/02/17 14:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。