観客が手に汗を握る勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

観客が手に汗を握る勝利

Game Score


ゲーム・ハイライト


レイカーズ・ハイライト



1Q
出足から、両チーム共よく決め、僅差で進みます。レイカーズは、ターンオーバーが多く、半ばから、離され始めます。珍しく、フィッシャーが、よく打ちますが、全部外します。半ば過ぎには、一時7点ビハインドにされますが、そこから、コービーとメタの連続スティールがあり、パオ、コービー、マーフィーが続けて決め、追い上げます。終了間際に、再び、離され始めますが、パオがファウルを取って、フリースローを決め、25-21の4点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
出足にバイナムが決めると、動きの良いバーンズが、フリースローとレイアップを決め、同点に追いつきます。その後、フィニックスには、毎回決められますが、レイカーズも、マーフィー、Gロックが決め、逆転を繰り返します。半ばに、バーンズが3ポイントとジャンプシュートを続けて決めると、マーフィー、ブレイクが、3ポイントを続けて決め、10点リードにします。所がそこから、フィニックスに続けて決められると、レイカーズは、Gロックが外し、バイナムが去年までの得意技の3秒ルール違反でターンオーバーし、その間に戻ったパオも外し、一気に2点差にまで追い上げられます。これで、いつもの様に、ズルズルと行きそうでしたが、終盤は、コービーとフィッシャーが続けて決め、ディフェンスではしっかり守り、57-48の9点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤はバスケットの交換になりますが、少しずつ、追い上げられます。序盤に、コービーをカバーしていたヒルが、4つ目のファウルで、シャノンが登場しました。バックアップSGポジションは、マイケル・レッドに取られて、前半は、シャノンの出番がありませんでした。半ば前には、メタが、折角スティールしたのに、ファーストブレイクで決められない、いつものプレーをします。その上、フィッシャーが、2連続で不用意なパスでターンオーバーします。その間、レイカーズのディフェンスが、特に良かった訳ではなかったのに、フィニックスが安易にジャンプシュートを売って外してくれたので、それ程、追い上げられずに済みました。半ばに、コービーが連続して決めると、今度は、ドライブして、フィニックスのビッグマンを引き付け、がら空きになったバイナムにパスし、バイナムが、ダンクを決めます。後半は、コービーと、バーンズが交互に決め、終盤と、終了間際の2回、20点リードの時がありました。終了間際に、シャノンが2連続で3ポイントを決め追い上げられ、87-73の14点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足に、お互い2本ずつ外した後、両チーム共決め始めます。レイカーズは、クロック違反間際に、やむを得ず打つシュートが目立ちました。半ばまで、一進一退で、殆ど点差が変らずに進みますが、パオとコービーが戻った直後に、ブレイクが雑なアリーウープを投げて、ターンオーバーにすると、ルーキーのモリスに決められ、7点差にまで追い上げられます。その後、散々オフェンシブ・リブアンドを取りながら、チップショットが決められず、直後にシャノンに決められ、4分半を残して、5点差にまで詰められます。ここで、今日は、最初の3本を外した後、全部決めているフィッシャーがジャンプシュートを決めると、コービーも決め、11点リードにします。この間、ヒルが、がら空きの3ポイントを、打った瞬間分かるくらい、思いっきり外してくれて、助かりました。コービーのガードで、憔悴していて、脚が無かったのでしょう。残り2分を切った所で、ナッシュに3ポイントを決められ、8点差に追い上げられますが、直後に、絶好調のフィッシャーが、つま先が3ポイントラインに架からない3ポイントを決め、点差を11点に広げ、ゲームを決めました。残り43秒で、フィニックスに99点目を得点されましたが、その後3回のフィニックスのオフェンスを、観客の死に物狂いの応援に押されて止め、今シーズン2回目のタコ・クーポンが、観客に配られました。最後にフィニックスが外したリバウンドは、コービーが取り、「このゲームで一番重要なリバウンドを取った。」と、アナウサーに言われていました。


コービー:36得点(14-25、3PT=1-2)、6アシスト、9リバウンド、4スティール
過去3ゲームとは別人で、バスケットによくドライブしていました。ファウルもよく取って、フリースローは7-9です。グラミー・トリップ後半かからは、疲れがあったのだと思います。ベンチが踏ん張ったので、ゆっくり休めて、35分のプレーでした。この位のミニッツにして欲しいです。

パオ:10得点(4-13)、13リバウンド、2スティール
シュートは決まっていませんが、バスケット近くから、ダンクをしないでレイアップをして外したり、ブロックされたりの悪い癖が、今日は出なくて、全部ダンクしていました。リバウンドは、競って取ったものが多かったです。ディフェンスでもよく動きました。

バイナム:17得点(7-13)、14リバウンド
去年までは、3秒ルール違反がないゲームを数えた方が早かったですが、それが減った来たと思ったら、トラベリングをしないゲームを数えた方が早くなりました。今日は、両方あります。相変わらず、ダブルチームされると判断が遅いです。向いている方向からダブルチームが来ていて、見えるはずなのに、何もしないで来るのを待っています。ダブルチームされてのターンオーバーが2つありました。今日は、ローカルテレビでも中継がありましたが、ESPNでも、全国中継がありました。ゲーム終盤、バイナムがフリースローを打っている時に、解説のジョン・ベリーが、「練習熱心さに問題がある。少し、怠け者だ。」と言っていました。全国的にまで、知れ渡っているとは思いませんでした。

フィッシャー:12得点(5-8、3PT=1-2)、2アシスト
最初の3本を外して、又かと思いましたが、それ以降、全部決めました。フィッシャーがこのくらいやってくれると楽です。最終得点差12点と、フィッシャーの得点が同じです。

メタ:2得点(1-4)、2リバウンド、3スティール
ディフェンスはよくやっていました。

ブレイク:5得点(2-4、3PT=1-3)、6アシスト
ドライブでペネトレートはできないですが、ペイントにドライブして、ディフェンダーを引き付けて、キックアウトが増えてきました。アウトサイドでドリブルして、右往左往するだけでなくて、この程度やってくれたら、なんとかなりそうです。今日だけではないですが、安易に雑なアリーウープやロングパスを投げて、ターンオーバーするのが目立ちます。ペースをコントロールしないといけないPGが、一番、ペースに流されて、慌てています。いつもは、4Q終盤は、フィッシャーがベンチで、ブレイクがプレーですが、今日は、雑なパスをスティールされた後、フィッシャーに代えられて、フィッシャーが、最後までプレーしました。

バーンズ:17得点(6-7、3PT=1-1)、7リバウンド、2スティール
外した1本は、Gロックから残り1秒くらいでパスされて打ったもので、それがなければ、完璧です。バスケットにカットして、ダブルチームされたコービーからパスをもらって決めたり、よく動きます。リバウンドは、オフェンスでも、ディフェンスでも、レイカーズのビッグマンとは違い、打った瞬間、バスケットに向かって取りに行きます。バイナムとロペスの7フッターに挟まれて、7フッターが、ぼさっと突っ立ているのに、1人でジャンプして、リバウンドを取る場面がありました。ディフェンスでは、今シーズンは、無駄なファウルが多かったですが、今日は2つしかありません。

Gロック:4得点(2-5、3PT=0-2)
良いポジションでボールをもらえませんでしたが、決めた2本の打ち1本は、いつものフローター、もう1本は、フックショットでした。どちらも、楽なシュートではないです。

マーフィー:8得点(3-4、3PT=1-1)、4リバウンド、3アシスト
3ポイントラインの後ろに待機しているだけでなく、バスケットにカットして、レイアップ&1もありました。26分半のプレーなので、バイナムが32分弱しかプレーしていません。マーフィーが頑張ってくれると、ベテラン並のスタミナしかないバイナムのミニッツが少なくできるので、助かります。

オフェンス
コービーが元気で、ダブルチームされることが多く、チームメイトがオープンになるので、楽なバスケットが決められました。又、コービーが、よくペイントにドライブしたので、ディフェンスが崩れて、ビッグマンがオープンになりやすかったです。

ベンチは、ローテーションが決まって来て、お互いに慣れてきたので、パスが自然に周ります。


ディフェンス
ポイントの、ナッシュに対するチーム・ディフェンスが良かったです。ナッシュは、17アシストありましたが、得点は11点(4-11)のみです。但し、ゴタットは9-16の21得点、バックアップPFでルーキーのモリスには6-13の14得点と、ビッグマンにはやられました。アウトサイドのディフェンスは、必ずしも良くなく、オープンで打たれましたが、それでも、走って行って、クローズしていたのが影響したのか、よく外してくれました。トランジションのディフェンスは良く、ファーストブレイクポイントが、少なかったです。


ところでシャノンは、最近、レッドにローテーションのポジションを奪われて、ベンチ暖めになっている様ですが、今日は、ヒルのファウル・トラブルもあって、20分のプレーで、6-11の15得点。フィニックスでは、ゴタットに次ぐ得点でした。登場した時には、観客から拍手が沸きました。レッドは、1分短い19分のプレーで、4-9の9得点でした。ポジションを奪い返して欲しいです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/02/18 18:49  Lakers | コメント(49)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>akrさん

自分とは違う意見を聞くと、色々考えるので、面白いですよね。


>>魚さん

解説者が、コービーとレブロンを比べる時に、同じ様なことを言いますよ。バスケットボールの一般論を、NBAに当てはめるのには、無理があります。レブロンは、一般的なバスケットボールのプレーの仕方としては、マニュアル通りの正しいプレーをしているんです。でも、NBAのチームの#1のプレーヤーが、そうやってプレーしていては、駄目なんです。コービーは、正しくないプレーをしています。でも、NBAでは、それがチームの#1には必要なんです。

シャノンは、昨シーズンの前に、ウェイトトレイニングをして、かなり大きくなりました。でも、白だから、余計幅がある様に見えるのはありますよね。トレバーも、ニューオリンズに行ったら、食べ物が美味しいから、ちょっと太ったそうです。


>>harvさん

今日になって、ふと思ったのですが、harvが仰っている事は、バスケットボールの観点からは、正論なんだと思います。但し、それが、NBAに当てはまらないことが多いです。2年前、コービーが指を骨折したシーズンに、ブザービーターも含めて、残り10秒を切ってからの逆転打が、6-7本ありましたよね。その内、1本が、メンフィス戦です。でも、その前のメンフィス戦に、2-3点ビハインドで、残り数秒で、コービーがペイントにドライブして、ディフェンダーを引き付けて、アウトサイドでがら空きのロンにキックアウトして、ロンが外して負けたゲームがあります。

その前後に、どこと対戦したかは憶えていませんが、負けたゲームで、終盤に、同じ様に、コービーがドライブして、アウトサイドでがら空きのシャノンにパスしたら、シャノンが外したことがありました。それは、全国中継で、解説者が、「どうして、ブラウンが外したか分かるか?」と言いました。私は、肘が下がっているのとか、フォロースルーがどうのとか、技術的な事を言うと思って、聞いていたら、「彼の名前はコービー・ブライアントではないからだ。」と言いました。

ドライブして、オープンのアウトサイドにキックアウトするのが、正しいプレーですよね?オープンなのに、決められなっかったプレーヤーが批判されるべきです。でも、ロンやシャノンを批判した人はいなくて、みんな「どうして自分で打たなかった」とコービーを批判しました。でも、もし逆で、誰かがドライブして、アウトサイドでがら空きのコービーにキックアウトして、コービーが決められなかった、キックアウトした人を批判しないです。

コービーが残り数秒で決めて勝ったメンフィス戦では、そのシュートの直前に、解説者が、「今回はコービーが打たないといけない。パスするな。」と言っていました。インバウンドもする前から、何が何でも、特定のプレーヤーがシュートを打つと決めてかかるなんて、正しいプレーではないですよね?アウトサイドでフィッシュが、がら空きになるかも知れないし、ゴールの側で、パオががら空きになるかもしれないし。ファンが言うならまだ分かりますが、解説者でもそう言います。NBAは、10年に1人のプレーヤーと、1年に10人のプレーヤーが、同じチームでプレーしていて、実力差があり過ぎるます。何が、正しいプレーなのかは、プレーヤーによって違います。

それに、チーメイトが決められなくて、コービーが一人で終盤に打ちまくって、勝ったゲームが、数え切れないくらいありますよね?09-10のPO、フィニックスとのゲーム6、08-09のPO、デンバーとのゲーム6。それに、ラマーが、「殆どのプレーヤーは、ゲームがかかっている場面で、ボールを任される責任を追いたくない。」と言っていました。チームメイトが、誰も打ちたくない時に、コービーが打ち捲くって、勝って、ファンは、散々良い思いをさせてもらっています。でも、コービーも人間だから、決まらない時もあります。そうなったら、「打ち過ぎだ」と批判するのは、あまりにも、虫が良すぎると思いませんか?
[ 2012/02/21 12:00 ] [ 編集 ]
harvさん
これからもレイカーズを応援していきましょう。
エースに疑問を投げ掛ける人が居てもいいんです。
Mayさんが仰るように、事実に基づいたことなら、大いに議論しましょう。
その議論を、第三者は新たな事実を知る機会となるわけですから。
私のような、日本在住の人間からすれば、現地でなければ知り得ない情報が聞けるのは最高です。
議論は悪いことではないし、少数派の意見というのは必ずあるものです。
これからも、議論しながら応援していきましょう!
[ 2012/02/20 20:50 ] [ 編集 ]
グリーンライト等々、私にとって新しい知識でした。ありがとうございます。
 思い出したのは、昨年の敗色濃厚となったときのヒートのパス回しです。決してレブロンを貶めたいわけではなく、たぶんコービーだったらどんな状況であれ自分でシュートをしたであろうということを改めて考えてました。
 たまに私も打ちすぎじゃね? と思うこともありましたが、チームとしてのコービー中心のシステムをとっている以上、打たないことが無責任になるということでしょうか・・
 私コメントの書き出しが早くないので、一番を取るなんておかしいと思ったのです、嵐の前兆だったのかも(笑)

 後シャノンやアリーザのユニフォームに違和感は私も同感です。特にシャノンはP&Gのときはもっと引き締まって見えたのに今日の白は太って見えてしまいました。
[ 2012/02/20 20:05 ] [ 編集 ]
Mayさん始め皆様
ご返事が遅くなってしまいました。そして気づいたら次の試合がもう終わっていました(笑)。

一部の誹謗中傷していた方にあえて言いたくはないですが、自分は某匿名掲示板に投稿したことはほとんどありませんし、ハンドルネームを変更したこともありません。showtime時代末期からNBAを観ていたし、学生時代にバスケやってました。

Mayさんのサイトなので、何も言いませんが、Kobeを批判した途端、誹謗中傷を含め、集中砲火を浴びたことは、同じLALファンとして少し残念に思いました。Kobeに批判的なLALファンもいるだろうし、Bynumに批判的なLALファンもいるでしょう。ファンの感じ方はそれぞれだし、多様な考え方があっていいと思います。もちろん自分も推測に基づいてKobeを批判したのは行き過ぎだったかなと思っていますが。

皆さんにとってのKobeは、自分にとってのMagicのようなものなんだと思います(ただ仮にMagicが叩かれても、そういう意見もあるんだなと思うだけですが..)表現は難しいですが、子供の頃に目にしたあの時代(MagicやLarry、Michaelがしのぎを削っていた時代)は自分の中で別格で、現代のKobeがことさら偉大といわれることに、心のどこかで悔しさを感じているのかもしれません(もちろんMagicよりKobeが優れていると皆さんが言っているわけではないのですが)。もうshowtimeが終わって20年経つのに、MagicやWorthyの幻影を追い求めているのかもしれません。若きマイケルにこてんぱにやられていた時に、Magicの寂しそうな少し猫背の後ろ姿がいまだに目に焼きついています。孤軍奮闘していたMagicやWorthyの姿、あれこそまさに「Laker Pride」でした。またMayさんが今回紹介してくれたKobeのタオルのコメントも、「Laker Pride」だと思います。

Mayさん始め、古参者さん、ゆ~すけさん、yoshiさん、アレさんetc
意見は違いますが、自分の投げかけた事に対して、丁寧に答えて頂き、ありがとうございました。同じLALを愛する人間として感謝します。

また現地の情報や技術論など色々教えてください。
[ 2012/02/20 19:56 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>LAXさん

ありがとうございます。

人によって、好みが違うし、意見も違って当たり前なので、事実に基づいた議論なら、一向に構わないです。でも、自分の推測とか、噂に基づいて、議論を持ちかけられても、困ります。

ゲームを見た後に、ボックスシートを見ると、「エッ」と思うことがありますよね?印象が良かったのに、スタッツはそれ程でもなかったり、印象が悪かったのに、スタッツは良かったり。バーンズの様に、全力でプレーする人は、スタッツより印象が良いです。それに野球と違って、スタッツに表れないプレーが多いです。野球は、誰にも助けてもらえないです。ホームランを10本打っているけれど、その内5本は、チームメイトに手伝ってもらったなんてことはないです。でも、バスケットはそこが違います。ダブルチームされて、パスを出しても、その人が決めたら、アシストが付きますが、さらにパスしたら、ダブルチームを引き付けたプレーヤーには、何も付かないです。去年、ラマーが、リバウンドを取って、自分でドリブルして、チームメイトが一度もボールを触らないで、3ポイントを決めたことがありました。でも、スローで見たら、ラマーをガードしていた、ケニオン・マーティンが、一瞬、コービーの方向を見て、その隙に、ラマーが横に動いて、フリーになって打っていました。コービーがいたから、ラマーはフリーになったんです。でも、ボックスシートにも、プレー・バイ・プレーにも表れないです。

でも、ゲームの記事を読んで、ボックスシートを見るだけでは、そういうことは、分からないですよね。特に、日本のメディアの記事は、書いている人自身が、ゲームを見ていないで、英語の記事を翻訳したり、ボックスシートを見て書いているのが、殆どですよね。


>>ロンロン大好きさん

日本でも、大成功した人の息子は、やっかみもあるのでしょうが、親の成功の上に胡坐をかいている、バカ息子みたいなイメージがありますよね?父親が凄いから、息子が弱弱しく見える部分もあると思います。実際に、息子の代になって、事業が駄目になる例もありますよね。親子でも、娘だとそうでもないです。今はそんな事無いですが、ちょっと前までは、息子ではなくて、娘が事業を継ぐなんてことは、無かったです。娘が継ぐのは、かなり優秀な娘だから、娘の代になって、事業が衰退するという例が、あまり無いと思います。ちなみに、プレーボーイ誌は、ヒュー・ヘフナーの息子ではなくて、娘が次いで、社長になりました。

ジェリー・バスの娘のジニーは、球団経営を任されてやっています。ジムは、バスケットボール部門の責任者で、雑務は全部やっているみたいですが、お父さんのジェリーが、今でも、決定権があるみたいです。それだけでも、優秀な娘とバカ息子というイメージがあるのだと思います。

バイナムは、ジムが提案してドラフトしました。ジムは、自分の実力を認めて貰おうと思うから、自分の手柄を吹聴します。そこで、事あるごとに、「自分がバイナムを発見した」という様なことを言います。「優勝できたのは、バイナムがいたから」という様なことも言います。それは事実だと思いますが、ファンは、そんなに何回も、手柄を吹聴されたら、嫌になりますよね。「これでもか」と、付きつけられている感じがします。

去年の今頃から、ハワードレイカーズに来るかもしれないと、ファンがウキウキしていました。去年は、レイカーズが、パッとしなかったので、ハワードが来てくれたらと期待していました。ハワードとトレードするなら、当然バイナムを出しますよね?そうでなくても、バイナムは怪我が多いので、今度怪我をしたら、トレードできなくなるから、その前にトレードしろと言っていたファンが多いです。ハワードとトレードなら、そんな良い話しはないです。それなのに、ウキウキしている真っ只中に、ジムが「バイナムは、アンタッチャブル」と言って、ファンの逆鱗に触れました。黙っていれば良いものを、ファンが期待していることに、わざわざ水を差すような事を言うから、余計嫌われます。バイナムが人気があれば、「バイナムを獲ってくれた人」になるのでしょうが、両方嫌われているから、相乗効果になります。バイナムのことを、Jim’s boyと言われることもあります。

私は、ジムに対する批判は、かなり不公平なものもあるとは思います。気に入らないことは、みんなジムのせいになります。いくらジムの提案でも、ジェリーが了承しなかったら、実現しませんよね?でも、ジェリーは、レイカーズを、名門チームにした功績があるから、誰も批判しないです。ハワードが獲れなかったら、ジムのせいになりますよ。獲れたら、ミッチの手柄になります。そんな不公平な話はないですが。でも、それがファン感情なんです。一度嫌われると、怖いですよね。


>>ゆ~すけさん

今日は、微熱があって、調子が悪かったのですが、横にならないといけない程でもなかったので、テレビを見ながら、ダラダラ書いていたら、長くなりました。
[ 2012/02/20 18:49 ] [ 編集 ]
Mayさん、
いつもながら、ロジカルでフェアなモデレーションには脱帽です。

ここはファンが集っている場で、人によってLALへの想いや、
競技への知識、情報ソースが異なるので議論が白熱して当然だと思います。

私は、Mayさんの細かな「スタッツに表れない」とこまで言及した、
充実した試合レポートが好きで、毎試合は見れないながらも、
臨場感の伝わる、とても「ファンにうれしい」レポートだと思ってます。

日本に帰国して以来、なかなかバスケ、ましてやLakersネタで盛り上がったり
意見を出し合える場は貴重なので、今後もいろいろ意見の衝突はあれど
ある程度の常識の範囲内で、議論していけたらなと思います。
[ 2012/02/20 16:39 ] [ 編集 ]
ジム・バスて何で嫌われてるんですかね。何かやらかしたんですか?
[ 2012/02/20 16:21 ] [ 編集 ]
とりあえず長くてあたしの携帯では全部見れないですわwwwww
[ 2012/02/20 12:51 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
昨日は、一日出かけていて、夜遅くに帰ってきました。昨日の朝、見たときは、確かコメントは、6件しかなかったと思います。今朝は、38件あって、たまげました。大半が、Harvさんのコメントに対する返信で、その件については、1件ずつ返信すると、話題が前後するのと、内容が重複するので、まとめて返信致します。御了承下さい。

>>harvさん、アレさん、しんげんさん、LAXさん、まめさん、akrさん、ミスドさん、シジさん、ゆ~すけさん、かずさん、古参者さん、tskさん、かいかいさん、ヨイチさん、Yoshiさん、学生のレイカーズファンさん、ロンロン大好きさん、やれやれさん、Hageさん

言いたいことで、皆さんが仰って下さっていることは省きます。バイナムが、練習嫌いで、怠け者だということくらい、LAのレイカーファンの間では常識だし、私のブログを読んで下さっている方にとっても、今更ニュースではないです。私は、LAで知られているだけだと思っていたのに、全国レベルでも知られていて、結構驚いたので、「解説者がそう言っていた」と言いたかったのではなくて、「そういうことが全国的に知られている」ということを言いたかったんです。

トレードや、HCを採用したり、解雇する際に、プレーヤーに確認なんてないです。バイロン・スコットがニューオリンズから解雇された時に、クリス・ポールが、「俺に相談が無かった」と言って、「ある訳ないだろう」と、その発言を批判されていました。トレードなんか、HCでも、事前に知らされない方が当たり前です。問題があるプレーヤーを、FAやトレードで獲得する場合は、中心プレーヤーに、相談があることもあるようですが。カラン・バトラーがワシントンにトレードされた時も、決まってから、フィルに連絡があって、「残念だった」と言っていました。ブラウンの採用や、ラマーのトレードについて、コービーに事前に連絡がなかったのは、特別なことではなくて、当たり前のことです。良いも悪いもないです。コービーは、ラマーがトレードされたことに対しての不満は言っていたので、事前に連絡や相談が無かったとこに対して不満言っていたのではありません。

HCについては、コービーが希望を訊かれて、「それは、自分の仕事ではなくて、ミッチの仕事。チームにとって、最善のHCを、ミッチがみつけると思う。」と言っていました。コービーに相談するべきだったというのは、メディアが、勝手に、コービーはブラウンの採用が気に入らないと仮定して、そう騒ぎたてていただけです。メディアは、コービーとブラウンが、採用が決まってから、かなり経っても、話をしていないと騒ぎ立てていましたが、実際には、ブラウンは、オレンジカウンティーに家を買うのに、同じオレンジカウンティーに住んでいる、コービーから情報を貰っていたそうです。奥さん同士がよく話して、アドバイスを貰っていたみたいです。ブラウン本人がインタビューで言っていました。

LAのメディアは、ファンと同じで、ブラウンが気に入らなかったです。同時に、ジム・バスが大嫌いです。だから、ジムがすることは、何でもケチをつけます。ブライアン・ショーは、地元でも人気があります。ショーにならなかっただけでも、気に入らないに、ブラウンになったのが、もっと気に入らないです。だから、ブラウン採用に至った経緯にケチをつける。それで、「どうして、コービーに相談しなかったんだ!」と、大事にしていますが、コービー本人が、不満を表す発言をしたことはないです。

歴代通算得点だって、コービー自身は、「気にしていない」と言っています。自分が欲しいのは、6個目のリングだけと言っています。記事にも書きました。本人がそう言っているのに、それは全く嘘で、本当は、気にしていると信じるのは、harvさんの勝手ですが、自分が勝手に思い込んでいることで、非難するのは、おかしいです。


>>ハワードについて

まず、コービーとの電話の話しは、本当がどうかも分からないのに、それを議論することに、問題があります。メロの時にも、「近い筋によると」というのが、いっぱいありましたが、殆ど事実無根だということが、後になって、分かりました。

ハワードが、#2なのか、#3なのか、そういう議論は分かりますが、「コービーがハワードにそう言った」という事実かどうかも分からないことを、非難したり擁護するのは、無意味だと思います。勿論、擁護されている方は、非難するコメントがあったら、反論されているのだと思いますが。

ハワードが、先週の始め頃、「クローザーになりたい。」と言いました。それに対して、「フルースローが半分しか決まらないプレーヤーが、クローザーになれるか。ファウルされたら困るから、ボールを持たせられない。それ所が、コートに立たせられない。」と言われいました。ただでさえ、ドリブルして自分でシュートのチャンスを作れないセンターが、#2だと厳しい上、フリースローが半分しか決まらないセンターが、#2のチームでは、優勝は厳しいです。シャックみたいな化け物なら別ですが。


>>セルフィッシュ

シュートを沢山打つからセルフィッシュ、少なかったらアンセルフィッシュという定義に問題があります。クロックの残りが、4-5秒になってから、パスする方がセルフィッシュです。今年は殆どなくなりましたが、去年までは、バイナムは、10秒以上残っていてボールを貰っているのに、ドリブルするだけで、ディフェンダーを押せなくて、残り3-4秒でコービーにパスというのがよくありました。移籍したジョーダンも、時間が残っている時に、コービーが手を上げているのにパスしないで、ドリブルしまくって、どうしようもなくなって、残り数秒でコービーにパスというのがよくありました。ジョーダンがファンから嫌われたのは、それも、原因の1つです。パオが、ボールを貰っても、バスケットの方向を見向きもしないで、ひたすらコービーを探す素振りをするのは、ファンの間では、知れ渡っていることです。

コービーは、こうやってパスを貰って、悪い体勢でも、クロックビーターをある程度決めますが、外すのも多いです。そういうシュートが多いので、コービーのシュートの本数は多くなるし、外したら、確率は下がります。そこで、「コービーはシュートを打ち過ぎ。確率が低い」となります。残り何秒でパスされたかなんて、ボックスシートには、表れないです。コービーが決めたら、セルフィッシュにパスしたプレーヤーには、アシストが付きます。残り数秒で、がら空きのプレーヤーにパスするなら別ですが、しっかりカバーされているのに、いつも決まったプレーヤーに、残り数秒でパスする様なオフェンスをしているチームは、NBAではレイカーズだけです。一時、ダラスのプレーヤーが、時間切れ近くになって、よくノビツキーにパスしたらしいですが、ノビツキーがチームメイトに止める様に言ったそうです。2シーズン前だったと思います。ダラスのゲームを見ていたら、アナウサーがそう言っていました。

よく、コーターの終わり、残り1-2秒だった場合、バックコートでインバウンドパスを貰ったプレーヤーが、ブザーの直後に投げて、間に合わないことがありますよね。あれは、間に合わせようと思ったに、間に合わなかったのではなく、故意に間に合わない様にしているんです。クロックの残りが少なくなってパスされて打つシュートや、コーター終了間際数秒から打つシュートのことは、「percentage buster」と呼ばれます。「確率を壊すもの」という意味です。自分のシュートの確率が下がるのが嫌なので、間に合う様に打たないです。

コービーは、残りが1秒を切っていて、バックコートの相手のバスケットの前辺りからでも、投げます。殆ど外れるので、ボックスシートには、外したシュートとして数えられるし、プレイ・バイ・プレイには「ブライアントが3PTをミス」と出てきます。バーンズも打ちます。移籍したシャノンも、よく打ちました。シャノンは、ハーフコートから打って決めたことがありました。Gロックも、1回ハーフコートから打って、決めました。

確率は極めて低いですが、打てば決まることだってあります。数十本に1本は決まります。1点差で勝つゲームもあれば、負けるゲームもあります。それに、バックコートから打って、外した所で、減点になる訳ではないので、チームとしては、痛くも痒くもないです。でも、自分のシュートの確率が下がるのが嫌だから、殆どのプレーヤーは、打たないです。3-4秒あっても、ドリブルするだけで、シュートを打たないプレーヤーもいます。勝敗よりも、自分のスタッツを気にしているから、打たないです。

私は、これが、プロの「セルフィッシュ」の定義だと思います。でも、テレビを見ていて、「あいつはブザーに間に合う様に打たなかったからセルフィッシュだ。」と、誰も思わないです。

コービーが、セルフィッシュに見えるのは、勝ちたい気持ちが強いからです。コービーは、自分が調子が悪かったら、シュートを打たないで、パスします。アトランタ戦では、4Qに1本もシュートを打たなかったです。ボストンとのファイナルのゲーム3では、4Q終盤に、当たっているフィッシャーのために、スクリーンをセットしていました。コービーは、どうしたら、一番勝つチャンスがあるかを考えて、それをするのだと思います。殆どの場合は、コービーが自分で続けて打つのが、一番チャンスがあります。そうやって、幾つもゲームを勝ってきているので。その判断が、常に正しいとは言わないです。見ていて、今のはパスした方が良かったというのもあります。でも、自分が得点したいから打っているのではなくて、それが一番勝つチャンスがあると信じているから、そうするのだと思います。だから、自分が打つ以上にチャンスがあると思ったら、パスをするし、スクリーンをセットします。

I'll do whatever it takes to win games, whether it's sitting on a bench waving a towel, handing a cup of water to a teammate, or hitting the game-winning shot.

Kobe Bryant

「勝つためなら、何でもする。ベンチに座って、タオルを振ることも、チームメイトにコップの水を渡すことも、決勝のシュートを決めることも。」
コービー・ブライアント


>>FG%

そういうブザービーターを打たないで、ゲームを終わって「4-10」なら、特別良くないですが、まずまずです。打って外したら「4-11」なので、悪いです。2本打って外したら「4-12」なので、かなり悪いです。その場合の「4-10」と「4-12」では、内容は全く同じなのに、見た目は、大差があります。古参者さんが仰っている様に、「バスケは算数じゃ無い」です。

私は、時々、記事のプレーヤーの部分に、「シュートは、見た目は悪いですが、外したシュートの内1本は、コーター終了間際にバックコートから投げた物で、もう1本は、時間切れ間際にパスされて打ったのもなので、内容は良いです。」という様なことを書きます。この記事の、バーンズの所をご覧下さい。見た目も良いですが、それでも書いています。パオのFG%が低い時にも、「体勢が悪いオフェンシブ・リバウンドからのティップを外したのが多かったので、内容は悪くない。」という様なことを書いたこともあります。この様に、「percentage buster」があって、見た目の数字が実際より悪い場合は、必ず書きます。コービーは、1ゲームに、一体何本「percentage buster」があると思いますか?でも、それが当たり前なので、コービーについて、こう書いたことは、一度もないです。当たり前もそうですが、数が多過ぎて、一々数えていられないです。

ギリギリになって、ボールを返されて、確率の低いシュートを打つなら、最初から1人でボールを持って打った方が、確率が高くて良いと思ったって、責められないです。

2シーズン前だったと思いますが、ロードでコービーのシュートの本数が多くて、確率が低かったけれど、勝ったゲームがありました。どこかは憶えていません。ゲーム後に、廊下で、リポーターが、フィルに「コービーは、決まらないのにシュートの本数が多かったけれど」という様な質問をしたら、フィルが「うちの子供達は、時間切れ近くになると、コービーにボールを捨てるから。」と言っていました。「パスする」ではなく、「捨てる」(dump)という言葉を使っていました。チームメイトは、コービーにパスをしているのではなく、ボールを捨てているんです。確率が下がるのは、当たり前です。大体、フィルが仕方が無いと思っているのに、NBAでプレーしたこともない素人が、批判するのが、おかしいです。フィルにそう言われたら、一体何と言って反論するのでしょうか?勿論、HCは、メディアに対して、スタープレーヤーを庇うために、本心で無いことを言う事もあります。でも、単にそうなら、「dump」なんて言葉を使わないです。


>>チームメイトが遠慮している

NBAでは、コーチから好きに打って良いと許可をもらっているプレーヤーは、各チーム、せいぜい2-3名です。そういうプレーヤーのことを、「グリーン・ライトを貰っている」という言い方をします。グリーン・ライトは青信号のことです。それ以外のプレーヤーは、打ち過ぎると、コーチから注意されます。アリーザが、最初にスターターにすると言われたときに、ベンチにいたいと言って、ルークがスターターになったのは、これが原因です。ベンチなら、ある程度グリーン・ライトなのに、スターターで、コービー、パオ、ラマーとプレーしたら、そうでなくなるからです。アリーザは、結局、グリーン・ライトが貰えるチームに行きたくて、移籍しました。

ベンチプレーヤーでは、6thマン候補になる様なプレーヤー以外で、グリーン・ライトを貰っている人は、まずいません。まして、コービーの様なスタープレーヤーとプレーしていて、続けて2-3本打ったら、コーチから注意されます。

2シーズン前に、シャノンが、キャリアハイではなかったかも知れませんが、レイカーズに来てから最高得点だったゲームがあります。コービーと一緒にプレーしていて、2本続けて決め、その直後に、がら空きでコービーからパスを貰ったのに、躊躇して打たないで、ラマーか誰かに、かなり無理なパスをしました。結局、パスを貰った人か他の誰かがファウルをされて、フリースローになりました。その間、コービーが、シャノンの耳元で何か言っていて、シャノンがしきりにうなずいているのが、テレビに映りました。その後、シャノンは、全く躊躇しないで、打ちまくって、20点前後得点しました。コービーがシャノンに何を言っていたかは、ゲーム後にどちらかが言っているのを聞いたのではないし、まして、言っていることが聞こえた訳ではないので、何を言ったのか、私の推測を書くのは避けますが、その前後のシャノンのプレーぶりから考えたら、何を言ったが、想像がつきますよね。

シャノンが、がら空きなのに、シュートを3連続で打つのを躊躇したのは、「グリーン・ライトを貰っていないプレーヤーが3連続で打ってはいけない。」、「スーパースターとプレーしている時に、ベンチプレーヤーが、続けて打ってはいけない」という、職場のルールの様なものがあるからです。NBAプレーヤーなら、常識です。どのチームにもあります。コービーとプレーしているチームメイトが、遠慮しているように見えるのは、コービーに遠慮しているからではなくて、職場のルールに違反するからです。

勿論、「コービーが打たないで、俺が打ち過ぎたらまずいのでは?」とうい意味で、コービーに対する遠慮はあると思いますよ。でも、それは、コービーから怒られるからではなくて、続けて打って外したら、次から出してもらえなくなる可能性もあるからです。むしろ、ゲーム中に、コービーがアップになると、口元が「Shoot the ball.」(ボールをシュートしろ)と動いていることが、よくありますよね。

Gロックに、「恐れないでシュートを打つから」と、ミニ・マンバとニックネームをつけたり、コービーに全く遠慮しないで打ち捲くっていたサーシャを可愛がっていたりしましたよね。一度、相手のテクニカルのフリースローを、コービーがプレーしているのに、サーシャが、さっさと行って、打っていたのを見て、解説者とアナウサーが、大笑いしていました。「確率が一番高いのが打つものだけれど、それも、誰がプレーしているかにもよる。」と言っていました。本来は、コービーが打つものです。優勝後、団体でテレビ番組に出演する時は、いつもサーシャを連れて行っていました。


>>若手の育成

レイカーズには、二巡目の人しかいないです。二巡目のプレーヤーは、掘り出し物もいますが、元々、半分くらいしか契約に至らないし、契約した人も、殆どが、ルーキー契約が終わったら、NBAではプレーできません。キャラクターは、既にカットされています。イーバンクス、モリス、Gロックの中で、2年後に、1人がNBAでプレーしていたら、良い方です。そういうプレーヤーの育成に、重点を置くことは、現実的ではないです。確かに、リンの様な例外はありますが、稀にしかないから、大騒ぎになるんです。二巡目のプレーヤーを育てて、将来レイカーズを担ってもらえると本気で信じるのは、ティーンエージャーの女の子が、白馬に乗った王子様が助けに来ると、本気で信じているのと同じレベルです。

コービーの後継者は、育てるのではなくて、FAやトレードで獲らないと無理です。育てられる才能がある若手を獲るには、コービーが引退した後、チームが何年も下位に低迷して、ドラフト上位ピックを複数取らなければできません。高いシーズンチケットを買っている個人や企業、高い放映権料を払っているテレビ局が納得しません。

それに、若手の育成は、コービー自身がしています。アリーザがトレードで来たシーズンのオフに、コービーは、オリンピックチームのトレイニング・マニュアルをコピーして渡して、オフ中に、やる様に指示したそうです。アリーザは、ディフェンス要員として獲った
のに、翌シーズンは、オフェンスでも活躍しました。

シャノンがトレードで来た時も、サラリー合わせの「おまけ」で来て、ベンチ暖めでシーズンを終わると、本人も周りも思っていました。シャノンは、最初の練習の日に、練習場に行って、何をしていいか分からなかったので、ボールを持って立っていたら、コービーが歩いて来て、「シュートの練習をしろ。」と言われたそうです。シャノンは、「最初の練習で、コービーから信頼されていると感じた。」と言っています。自分はベンチ暖めだと思っていたのが、スーパースターから信頼されていると、1日目に感じたのは、自信になっただろうし、やる気が出たと思いますよ。


>>オリンピック

コービーは、「自分はディフェンスをやるから、得点は若いのがやれ」と言ったそうです。アルゼンチンと対戦する前のミーティングでも、ジノビリのディフェンスは自分がやると、買って出たそうです。ゲームで肝心なのは、ディフェンシブ・リバウンドと、最初のミーティングで言って、若いプレーヤーは、持っていたコービーのイメージと、実態が違って、驚いたそうです。コーチKが、「最高のオフェンスのプレーヤーが、ディフェンスに力を入れるから、他のプレーヤーのディフェンスに対する意識が変わった。」という様なことを言っていました。デンバーのHCジョージ・カールは、「オリンピックから、メロが別人になって帰って来た。」と言っていました。

だから、オリンピックでは、コービーは目立たなかったです。得点が一番多かったのは、ウェイドだったと思います。ところが、決勝戦、4Q半ばに、スペインに2点差まで追い上げられて、タイムアウトを取った直後に、コービーが続けて決めました。それ以降ゲーム終了まで、アメリカが決めた殆どの得点は、コービー自身が決めたか、アシストしたか、どちらかです。レブロンは、3Qまでは、やたら目立っていましたが、4Q終盤は、いるかいないか分からない常態でした。自分がディフェンスをやって、若いのに得点を任せていたら、2点差に追い上げられたから、打ち捲くったんです。

今年のオリンピックも行くようですが、「スターターでなくて良い」と言っています。冗談だと思いますが、「最後の5分だけプレーしても良い。」とも言っています。


>>不愉快なコメント

不愉快な思いをされていらっしゃる方には、申し訳ないです。コメント投稿を出来なくするようにというリクエストもありますが、私は、不愉快だから、コメントを削除したり、拒否したりというのは、したくないです。全く関係ない、自分のサイトの宣伝や、アダルト系のコメント、特定のコメントされた方への誹謗中傷は、削除したことがありますが、それ以外は、100%ヘイトコメントでも、私への誹謗中傷でも、そのままにしています。私が気に入らないコメントをしたら、削除されるかもしれないと、思っていただきたくないのと、色々意見があって当然だと思うからです。一度、方針を曲げだしたら、キリが無くなります。確かに、単なるヘイト・コメントは、読んで下さる方が不愉快な思いをされるだけなので、投稿を拒否するようにしようかとも考えていますが、Harvさんのコメントは、紙一重的ですが、一応ご自身の論点に基づいて、されているので、拒否はしません。御了承下さい。


>>かずさん

これが普通になってくれたら良いですね。特にベンチが。バイナムは、ダブルチームされた時に、パスを出すのが遅いのは、気持ちの問題もありと思います。ちょっと前に、前半に判断が遅くて、ハーフにコーチに注意されたら、後半は良くなりました。毎回、言わないと、分からないのでは?勉強でも、スポーツでも、1回言ったら、その通りにやる人と、毎回言わないと、忘れる人がいますよね。


>>シジさん

体調管理が良い人なので、まだまだやれると思いますよ。

私は、そんなに器量が大きいとは思っていないですが。(笑)私は、事実に基づいた議論なら、大いに歓迎です。噂や推測に基づいて、議論を持ちかけられるのは、困りますが。でも、好き嫌いは、誰でもありますよね。自分が好きなプレーヤーを嫌いだという人がいたって、良いと思いませんか?何も、自分が好きだということを、正当化する必要はないと思います。


>>LAXさん

休みも大きかったですよね。ミニッツの管理が大事だと思います。Gロックが使える目途がついてきたので、これからは、コービーが毎晩40分近いなんてことは、なくなると思います。


>>しんげんさん

新しいシステムに慣れてきて、自然に動けるようになってきたのでは?

MVPは、まだゲームもやっていないのに、気が早いですね。


>>shinさん

フィッシュとメタがあの程度やったら、大分楽です。ベンチは、慣れてきて、スムーズに動いています。

スティール無しのゲームもありましたよね。いくら何でも。

メタは、スティールしても、自分でファーストブレイクだと、まず決められないです。バスケットまで走って行くのが精一杯です。


>>古参者さん

今シーズンは、100点になかなか届かないので、これを機に、これが普通になってくれると良いです。Gロックが使えるようになったのと、マーフィーが決めだしたのが大きいです。フィッシュは、半分とは言わないですが、3分の1は決めて欲しいです。

トレードは、絶対にして欲しいです。ハワードが駄目でも、獲れても、SFがメタでは無理です。

ベンチとプレーは、最近は、バイナムになっています。バックアップセンター相手にプレーできるので、丁度良いのでは?


>>GADABOUTさん

ランドリー・フィールズとやっているやつですよね。どのゲームでもやっているみたいです。儀式というより、よくプレーヤーが、ゲーム前にやるやつだと思います。レブロンが、クリーブランド時代に、集合写真を撮るしぐさをしていましたよね。何の仕草なのかは、知りませんが。もし、聞いたら、お知らせします。


>>魚さん


バーンズは、あの位の実力があると思います。膝が本調子になってきたのでは?スターターになる必要はないと思います。ベンチがしっかりしないと困るので。
[ 2012/02/20 10:12 ] [ 編集 ]
LAL応援ブログなんだから別にコービーを叩いてもいいじゃないですか。
それで議論していくのはありだと思いますけどね。でも結局ここはコービーを叩くのはタブーという空気に持っていくんですね…。中には熱くなってる方もいらっしゃるようですけど。
私的にはいつもコービー以外をボロクソに叩いてる輩の方がどうかと思いますけど。
いっそLAL応援チームのブログじゃなくてコービー応援ブログにしてはどうですか。冗談ですけど。
[ 2012/02/20 09:57 ] [ 編集 ]
個人的には僕も現状のチーム状況で孤軍奮闘しているコビー批判はないと思いますが、別に批判的な意見があっても、こういう見方する人もいるんだ程度で見てればいいんじゃないですか。それぞれファンによっても見方は違うでしょ。私がこのブログをはじめて見た時、僕のファンのロンロンがボロクソにMayさんに叩かれていて、小さな反抗でこのHNに変えました。いろんな意見があるからこういうブログは面白い訳でレイカーズそのものを批判されないかぎり自分は許せると思いますがね。
[ 2012/02/20 09:13 ] [ 編集 ]
harv
↑真剣に返答して損した
ただのヒネくれたコービー嫌いじゃないですか!
昔からのレイカーズファンではまずないですし、某大型匿名掲示板にいるような輩ですね。
harvはコービーファンを不快にさせたい一心でコメントするような気持ち悪い行為はやめてくれ。
コービー嫌いなら、harvは自分でサイト作ってひたすらコービー貶してればいいんじゃないですか!?

>Mayさん
こういう輩はHN変えたりしてここでまた悪ふざけする可能性があるので、IPアドレス抜いたりアクセス禁止にした方がいいですよ。
[ 2012/02/20 04:20 ] [ 編集 ]
普段はコメントしないのですが
>>harvさんへ

「それと管理人のMayさん Mayさんのサイトなのに、燃料投下して、揉めちゃってすいません。」 このブログを読んでいる方達から反感を買うようなコメントばかり残しておきながら、今更こんなコメントを残すなんて喧嘩売っていますよね。あなたがこのブログに書き込みを始めたのは、ちょうどKobeの通算得点が28000点に到達したときでした。いきなりやってきて、どんなコメントを残されたか覚えておられますか?

showtime時代からのLAL fanです。Kobeはもともと好きな選手でしたが、ひどすぎます。入らないのに、狂ったようにシュートを打ちすぎです。BynumやGasolに譲ればいいのに。
今日のようにエゴをcontrol出来なければ、trade or fireも考えた方がいいと思います。それかPGに転向させるのもよいのでは?
2012/01/02(月) 21:42 | URL | harv #-[ 編集]

もう世代交代してbynum中心にすべきです。今シーズンは20-10いきそうだし、post move覚えれば30-15guyもなれるかもしれません。Howard押しの人もいますが、bynumの方が3歳若い事を忘れてませんか?生え抜きスターがいないと外から補強してもうまくいきませんし、数年後にgriffinの獲得を目指すなら、キャップをあけるためにkobeやガソル放出も辞さずでいいと思います。
特に最近のkobeにはがっかりです。「その積極性があったからこそ偉大な選手になった」と言われますが、自分勝手にシュート打った末に達成した最多得点記録に何の意味があるでしょうか?michael,larry,magic,kareem,worthyなどは点取ろうと思えばいつでも取れたはずです。バスケはそんなものじゃないはずです。今のようなわがままを続ければ、カリスマ性はどんどん欠落し、「ただのselfishな選手だった」で終わるでしょう(kobefanなだけに残念です)。
2012/01/06(金) 23:40 | URL | harv #YS9ylDqU[ 編集]


こういったコメントは、私も含めてこのブログを読んでいる殆どの方にとって不愉快でしかありません。

あなたは「Kobeの通算得点記録になど興味ありませんし」とおっしゃっていますが、このブログにやってきては、いつも二言目にはKobeの通算得点に言及されていますよね。そんなにKobeの通算得点が増えていくのが気に入らないのでしょうか?最年少得点記録は目下LeBronが更新中ですし、通算得点に格別思い入れのある方はそれほど多くないと思いますよ。あなたみたいにKobeが嫌いだったら気になるんでしょうけどね。Shaqが好きだったなら尚更。

議論する気があるのなら、直前のコメントにしても、一部を抜粋して批判するのはunfairなのでは、で止めておけばいいわけです。でも、あなたのコメントはいつも明らかにKobeが鬱陶しいというのが本題ですよね。燃料投下して申し訳ないと思われているなら、しばらく黙っていてくれませんかね。
[ 2012/02/20 02:03 ] [ 編集 ]
harvさん、いい議論してますねぇ。個人的にはハワードが第3オプションは当然という人がいて驚きました。ガソルが上?そう言ってる人に限って普段はガソルの事ボロクソに叩いてる人が多いような…笑 確かにガソルがプレーエリアも広いし、引き出しもあるかもしれないけど、それをガソルが効率に使えてるかて言ってらムラがありますよね?それよかひとつの事しかできなくても、そのひとつが優れてるハワードのほうが計算できますよね。しかもガソルはこれからもっと劣化しますよ。そんな選手をコビーとの仲がいいかはしらないけど、大事にしすぎるあまりに、殿堂入り間違いなしの若きナンバーワンセンターを獲得できるチャンスをコビーがサードオプションだ何とか言ってかはしらないですが、逃してしまうのは、ただただもったいないし、悲しいです。ハワードの場合ディフェンスでもチームに貢献できるのでガソルと試合の中での影響力は雲泥の差です。ハワードとれるならコビー以外は誰出してもとるべきです。このデュオは今の私の夢です。
[ 2012/02/20 02:01 ] [ 編集 ]
自分もtskさんの言うとおりだとは思ってますよ。
コービーは昔とは違うんだ、と。ただ昔のコービーとは違うって感じで言い切るのはどうなんだ・・・

ってことです。

コービーがどんな人間なんかそれこそチームメイトじゃないとわからないじゃないですか。
まさか雑誌やテレビのインタビューだけでこの人はこんな人だってわかるわけでもないし。

コメントをちらっとみた感じハワードが絶対来るんだ!って感じで主張しているレイカーズファンにちょっとイラッとしたんでそれでキツく書いてしまいました。
ごめんなさい(´・ω・`)
[ 2012/02/20 01:13 ] [ 編集 ]
シュート成功率において、1つ非常に単純な事を書くのを忘れてました。

FGA20―FGM9

今年は違いますが、コービーは大抵この近辺の数字です。

確率は45%です。

しかし、この11本のミスの内1本でも決めれば50%です。2本なら55%です。当然ですよね?

では果たしてレイカーズには過去~現在にかけて、コービーにイージーバスケットを提供する選手がいたでしょうか?また、それが可能な戦術が敷かれた事があったでしょうか?

そして現在、レブロンやウェイド、デュラント達は毎試合何本もイージーバスケットを決めてますが、コービーはどれだけあるでしょうか?

断言出来ます。多い試合でも2~3本です。

全く無い試合の方が多いかもしれません。アウトサイドのオープンショットすら滅多にありません。

それがPG~SFにかけて優秀な選手がいるかいないか、優秀なクリエイターがいるかいないか、速攻を繰り出せるチームかそうじゃ無いかで生まれる差です。

FG成功率なんて、そんなものです。毎試合たった1本イージーバスケットが多くあるか無いか、決めるか決めないかだけで確率は5%くらいは簡単に変わるんですよ。
[ 2012/02/20 00:37 ] [ 編集 ]
フィールドゴールパーセンテージについては古参者さんと同意見です。

付け加えるなら2009~2010シーズンの序盤のコービーのパーセンテージは49%近くでかなり高確率でした、理由としてはオフにオラジュワンにポストムーブを個人的に教えてもらったことと、序盤にガソルが欠場していてポストでのプレイが多かったことがあげられます。

しかししばらくして人差し指を骨折してしまいそれからは確率が下がりました。 ガソルが戻って外でのプレイも多くなったので。

 なのでコービーのシュート確率がそこまで高くないのはけがの影響も大きいと考えます
[ 2012/02/20 00:28 ] [ 編集 ]
続けてすみません!

>古参者さん
僕が言いたかったレブロン、KDとの違いはまさにそれです笑 要点が明確でわかりやすいですね、見習います!

というより皆さん横ヤリ失礼しました^^;
[ 2012/02/19 23:56 ] [ 編集 ]
> harvさんへ

harvさんの言うように、コービーに遠慮して周りがシュートにいっていないというのは、真実だと思います。尊敬の念と畏敬の念は紙一重ですから。笑
ただそれをコービーのせいだと捉えるのは見当違いではないですか?
自分も試合を観ていて、毎試合、「ここはKB,さすがにパスをさばいた方が簡単に得点できるんじゃないか?」と感じる瞬間はあります。
けどそこでコービーがパスをしないのは、試合中フリーでもゴールにアッタクしない、あるいはシュートにトライしないunselfish(もはや毎試合解説がしつこいほど言っていますが)なチームメイトに「恵まれている」ため、自分が行ったほうが得点に結びつくと判断した結果だと思います。残念なことに、コービーとプレーしている時間帯はより彼らがunselfishになるのは見ていて明白ですね。けどこれはコービーのせいではなく、プロなのにselfishになるハートの強さのない、彼ら自身の気持ちの弱さの問題だと思いませんか?現に結果を出してるバーンズ・Gロック・マーフィーは、コービーとプレイしていても臆さずにトライしてますよね。

それと、なにより、FGAを選出の質を表す指標にとるというのはナンセンスだと思います!自分はまだ二十歳そこそこなのでジョーダンのことはあまり知らないので何も言いません、、、が
明らかにKD, レブロンとFGAで比較するのはバスケットを知る者の意見とは思えないのですが。
彼らとコービーとでは、単純にポジションも違えば、プレースタイル、チームにおける役割も違いますよね。どちらも彼らに匹敵するほど攻撃的かつ彼らをを生かせる選手がガードにいて、負担も少なくフリーでのシュートチャンスはコービーのそれより幾分ましですよね。コービーなんて一試合に一度や二度あるか疑わしいものです。現にレブロンがキャブすにいた時のFGAは0.480程度で大したことないですし。
ケガ・疲労がコービーのスタッツに影響出ているのもありますし、何より二人の優秀(なはずの)ビックマンのいるレイカーズではORを狙って多少きびしいシュートセレクション(Wチーム下や、クロックぎりぎり)でも打つコービーの判断になんの間違いもないと思いますよ。問題はやはりORを必死になって取らないビックマンとクロックぎりぎりまでシュートを打たないteam mateでしょう。別にこれはビックマンがリバウンドとるためだけに存在する、と言っているわけではないですよ!コービーが言う2nd or 3rd optionになれ
というのは、それくらいの攻撃的意欲を持ったチームメイトを望んでいることの裏返しだと思いませんか?もちろん一番は譲らないというのは多くのファンが好きなコービーのエゴの現れですが笑
ただそれくらいコービーはバイナム・パウが恒常的にアグレッシブなビックマンになることを望んでいるでしょう。
それに、仮にコービーがFGA、あるいはスタッツ全般を気にしたプレーをしていたら、lakersはカンファレンス5位にとどまっていることはできないですよ。毎回24秒クロック切れになって終わりじゃないですかね?笑

すみません、書き始めたら次々といいたいことが出て間延びしてしまいましたが、所詮若輩の意見なんで悪しからず!けどこの論争全部decentなPGが入れば解決すると思うんですが。正直コービーもビックマンもベンチのシューターも哀れです;_;
とにかくLakers がプレーオフ進出、ファイナルまで進んでいくことを祈ります。フロント早く動いてくれ~
[ 2012/02/19 23:48 ] [ 編集 ]
harvさん>
僕のサードオプション論はダメだったかしら?w
確かにヨイチさんのおっしゃるようにドワイトのパワーと気力は現役インサイドとしてはNo.1でしょうが攻撃オプションとして使えるパターンが豊富なのはあきらかにガソルでありコービーなのは確かでしょう?
そりゃあガソルのやる気の無さは問題だけども、でもガソルのオフェンスの選択肢よりドワイトのインサイドムーヴがあるとは思えない…
ドワイトはいまだにファウル多かったりもするし、もしドワイトがレイカーズにこれるならオフェンスの負担をガソルに減らしてもらってより彼の最大の持ち味であるディフェンスでチームの柱になってほしいと言う意味での三番目の攻撃オプションに、というニュアンスにはとれませんか?

それはコービーのどんな言葉で言ったのかわからないけれどもドワイトにはお前は三番目だからディフェンスだけしてろよみたいに聞こえてしまったと。
いかがでしょ?



コービーに気を使う>
無いわけではないでしょうね。
ジョーダンとプレイする人も似たようなモノだったでしょう。
でもコービーはガソルにもバイナムにもお前が自分でいけ自分で攻めろと言ってますよね?
この最近コービーが認めていたチームメイト達はシャノンブラウンでありジョーダンファーマーでありGロックでありオドムですよ?
自分でイケる人達ばっかりですよね?
[ 2012/02/19 23:39 ] [ 編集 ]
サポートメンバーのタイプの違う選手同士のシュート成功率を比較してる時点でナンセンスです。

マイケルにはインサイドに得点力の高いビッグマンはいませんでしたが、その分マイケルがペイントを攻めやすいようにスペースを空けてましたし、優秀なクリエイターでありスコアラーでもあるピッペンが終始ついて回りました。ロールプレイヤー達もマイケルに足りないアウトサイドシュートを補えるスペシャリストが揃ってました。若い頃はドライブ一辺倒、晩年はポスト一辺倒、これが高い確率でシュートを決められた理由です。


レブロンやウェイドも味方ビッグマンはピック要員であり彼等からのキックアウト待ちのような選手が揃ってますからペイントは空いてますし、3Pのスペシャリストも揃ってますから、彼等はシンプルにペイント攻めれば良いだけです。それに彼等は速攻からのイージーバスケットが多いチームにいます。第一、アウトサイドに彼等2人いる時点でペリメーターのディフェンスは混乱をきたします。

デュラントもインサイドの選手はペイント空けてますし、ウエストブルックもいますし今年はハーデンも著しく成長しているので彼のマークは緩んでますし、彼が無理やり得点狙わなくても良いのが確率が高い原因です。そしてマイアミ同様、速攻が多いのも、そもそもの原因。


どれもコービーの周りには無かったものです。もしコービーが高い確率でシュート決めたいなら、晩年のマイケルみたいにひたすらポストでプレーすれば良いだけですが、それじゃパオやバイナムが勿体無いし、3Pのスペシャリストどころかまともに入る選手すらいないチームを考えると、コービーはある程度は外中心に攻めるのが1番チームにとってバランスが良いんです。外一辺倒では無くですが。

バスケやった事が無いんじゃ無いですか?


それに、コービーがお山の大将?

それを世間ではヘイトと言うんです。

マイケルが、自身の引退後で自分と比較出来る価値のある選手はコービーしかいないと讃え

マジックが、史上最高の勝者の1人と讃え

バードが、試合に勝つためにプレーするならコービーを選ぶと讃え

NBA関係者、現役・OB選手達へのアンケートで、もし自分の命がかかったシュートなら誰に託すかで1位に選ばれる選手がコービー・ブライアントです。

バスケを上っ面で見すぎです。正直、本当にゲームを見続けてるのかさえ疑いたくなります。
[ 2012/02/19 23:38 ] [ 編集 ]
かいかいさんへ

憶測ということは、僕の意見がいい加減であるということでしょうか

僕は今まで読んで来たサイトや、雑誌等々をもとに、意見をいいました

ファン歴が浅いので、稚拙な発言だととらえられるのはかまいませんが、憶測といわれるのは納得が行きません

ただ、もう少しまともな発言ができるようになるようには努力します

[ 2012/02/19 23:14 ] [ 編集 ]
ハワードが核には厳しいと書いてる時点でハワードをあまり知らないといってるようなもんですよ。今のマジックのロースターみればわかると思いますがオフェンスはハワード頼みという作戦しか立てないようなチームですよ。昔のコービーと同じ位かそれ以下です。そんな中であれだけのディフェンス、オフェンス、リバウンドをしてくれるんですよ。しかもフィールドゴールパーセンテージは五割超え。そんな選手でも核になれないっていわれるとなれる選手はフィールドゴールが五割超えて得点もバリバリしてくれるレブロンだけ(コービーはフィールドゴールパーセンテージ低いんで論外)ってことになりますね。
[ 2012/02/19 23:12 ] [ 編集 ]
harvさんと同様、コービーのゲームが日本で放送された時からファンです。
右からのレイアップにディフェンスが対応してきたので、360度体を回転させてレイアップを決めました。
その時、ジョーダンを神のように見てて真似しても出来ない自分は、同じようにジョーダンのプレーを擦りきれるくらい見て練習して、さらにそれを体現出来るプレーヤーが現れた!と感動しました。
それからは、バッシュもナイキからアディダスに変えたくらいです。
同じクラブチームの同僚からは、そこまで無いんじゃない?と言われてましたが、私はジョーダンの次は彼だと信じました。
それは、コービーの勝利への強い気持ち、それからナンバーワンに成りたいという負けず嫌いな気持ちが伝わってきたからです。
この2つって、プロスポーツ選手にとって一番大事な事ですよね?
バードは、運動能力で黒人に劣っていても、勝つためにはリバウンドもルーズボールも何でもやったし、ラストショットは俺に任せろというタイプだからこそ、皆にリスペクトされていたんです。
harvさんのレイカーズ愛は本物だと思います。
コービーの次を育てなきゃってのも分かります。
でもハワードはオフェンスの核には難しいですよ。
レブロンやカーメロならボールを喜んでシェアすると思うし、デュラントが来たなら徐々にファーストオプションを譲ると思いますよ。
どなたかもコメントしてますが、オリンピック時はエースキラーとしてオフェンスは二の次でしたよね。
それがバードやマジック、ジョーダンに通じるところなんですよ。
彼らやコービーをセルフィッシュと言うのは結果的なスタッツ上の話であって、勝利のために奮闘した結果なんですよ。
周りがやってくれるなら、コービーはオリンピックの時のようにディフェンスを主にやりますよ。

[ 2012/02/19 22:54 ] [ 編集 ]
tskさんへ

コービーが昔と違うっていう反論も下の自分の意見も全部憶測な気がしますがね。

憶測で反論して憶測で意見を述べるってのはいかんでしょ。

コービーが昔とどう変わった、変わってないと言えるのは若い頃と今を知るフィッシャーくらいでしょ。

まあ、プレースタイルとか見て分かる様なところは僕達でも言えるでしょうがね。でもそれだけですよ。
[ 2012/02/19 22:25 ] [ 編集 ]
確かに周りもKobeに甘えていたり、気を使いすぎてるのもあると思います。
Dリーグに行っちゃったEバンクスなんかも見込みはあるんだから、Kobeを無視してガンガン行くような積極性が欲しかったなぁと思います。
パオもバイナムもガンガンポストアップしてチャレンジしてほしいし、Kobeもそれを後押ししてほしいです。

それと管理人のMayさん
Mayさんのサイトなのに、燃料投下して、揉めちゃってすいません。
[ 2012/02/19 22:15 ] [ 編集 ]
シャックと揉めてたころのコービーと今のコービーは違うと思いますが

ハワードとバイナムのトレードの噂ですが、それはあくまで噂ですよ
レイカーズに来てもFA移籍するとか、まず来てプレイしないと分からんし
それに、一番僕が疑問に思ってるのは、コービー側はこの話について、何か言ってるのかってとこです
この話が原因で、ハワードがレイカーズ来ないんだったら、コービー側、もしくはレイカーズ側が何か反論のコメントをするんじゃないですか
レイカーズはオフにハワード獲得を画策していたんだから、未だハワードを獲得したいはずですし
それと、オプションが何番だのどーのって、ぶっちゃけ変な話でしょ
ESPNのサイトみたら、予想されるトレードのシチュエーション?みたいなのでは、ガソルも放出(ロケッツ)、となってます
NBAの情報でメシ食ってる人が言ってるくらいだし、ほとんどの人はバイナムとハワードを対価には考えないでしょう
ましてや、ベテランのコービーがそれが分からないということは僕には考えられないです。
あと、プレーしたい人がいなくなるとかいうことについてですが、ハワード関連のそのコメントの後にデロんが移籍したいとか言い出しましたよね?
その時デロンはレイカーズを移籍候補にいれてますよ
コービーのうち過ぎって、チームメートが彼に甘えているのも理由の一つじゃないでしょうか


[ 2012/02/19 21:58 ] [ 編集 ]
あと自分が言う周りを活かすというのは、ダブルチームされてパスを捌くというのでなく、思い切ってボールを預けて1on1させるという意味です。
ノーマークでシュートを決めればいいだけなら、クレイグホッジスがいればいいわけで。
そうやって実戦でチャレンジさせないと若手は育たないと思います。
[ 2012/02/19 21:40 ] [ 編集 ]
自分はバイナムのファンなわけでもKobeをhateしてるわけでもありません。
バイナム⇔ハワードが消えつつある話ですが‥確かにハワードはシュートレンジは狭いかもしれないですが、仮にもマジックで20点取ってる選手です。33歳の全盛期過ぎつつある選手が、26歳でこれからプライムタイムを迎えるリーグno1センターに向かって実質Dだけしてろと言うのは、違うんじゃないかと思います。そもそも誰がno1オプションかはコーチが決める事で一選手が決める事じゃないでしょう。真偽がはっきりしないのに言うのも何ですが、そもそもDだけしてろというなら、デアンドレやタイソンチャンでもいいわけで、もし本当にKobeがそう言ってハワードが興味をなくしてしまったのだとしたら、それこそinsaneだと思います。

自分は常々、打てば増えていく得点よりもFGAの方が選手の質を直接的に反映するのではないかと思っています。確かにビッグマンはイージーバスケットが多いと言われますが、KobeはFGAは4割5分以下で、ビッグマンじゃないレブロン、デュラント、あるいは昔のマイケルよりずっと下です。彼らだって、Kobeとサポートはそれほど変わらないと思うし、勝負所で任されてるのも同じです。
要は大して確率がよくないんだから、もっとアテンプトを分け合った方がケミストリー的にもいいし、若手も育ちやすい&他チームのスターも来やすいという事です。バイナムはともかく、パオなんか能力も技術もあるのに、サクリファイズを強いられてる感がして、ある意味かわいそうです。
そこには、チームの勝利だけ純粋に追い求めるのでなく、自分がエースでno1オプションでいたい、お山の大将でいたいというエゴが見え隠れする気がするのです。3ピート時代にシャックと揉めてたのも結局そういう所じゃないかと思います。
確かに周りは力量不足だと思いますが、もう少し我慢して周りを生かす努力をしてほしいです。
[ 2012/02/19 21:30 ] [ 編集 ]
〉harvサン

十分に周りを活かしてますよ。今のレイカーズはコービーが居なければチームの体をなさなという事は数字と結果が証明してますし、自分にディフェンス集中させて味方にオープンを作ってパスを捌いてます。

そこから先はオープンなのに決められない周りの責任です。

特にレイカーズはもう何年も前からPGとSFは足枷です。

ほぼ常にオープンなのに大した確率で決められない選手ばかりでした。

彼等がしっかりオープンショット決めてるプレーオフの一部のシリーズ等ではコービーのアシスト数もエライ事になってますから、ようは周りが決めるか決めないかで印象が変わってるだけです。

次に、バイナムのポストアップを無視した…って、そりゃポストアップすりゃ必ずパス出さなきゃいけない訳じゃあるまいし、ましてやバイナムはソレでマークが自分に集中しだしたら得点どころかパスも出来なくなる選手ですから、バイナムにオフェンスを集中させるのはチームにとってマイナスです。

コービーやパオとは訳が違います。それは結果が証明して来てます。

当のコービーですら、良いポジションにいても要求すれば100%ボールが来る訳では無いですが。

それと偉大な実績を残して来て未だトップクラスの選手である大エースに対し、周りが多少なりとも遠慮したとしても当然です。現状でコービーに遠慮せずにガンガン攻めるべき選手はパオくらいです。

重要なのはセレクションですよ。打つべきシュートは打つべきです。コービーが試合中によく指示してるじゃ無いですか。

怒られるって子供じゃ無いんだから。一応、彼等はプロアスリートですよ。

それにコービーは通算得点なんかより優勝の方が確実に興味あるように見えます。

コービーは自分がチームを引っ張らなければいけないような展開以外じゃ、シュートすら打とうとしない時間も少なくないです。

ここ何年かに比べて今年そういうシーンが減って、積極的にシュートしてるシーンが目立つのは、単純にチーム力が著しく低下して、余裕の展開で進む試合が滅多に無くなったからです。

初めてのアメリカ代表入りして金メダルを目指した北京オリンピックの時も、信頼できるオフェンスオプションが集結してたので、自分は一歩引いて裏方に回ってるシーンの方が目立ちました。

つまり、現状のレイカーズにおけるコービーの状況は文字通り周りのせい。

コービーが変わらない限り優秀な若手が来ない?

それはサラリーのせいであり、順位のせい。

無理矢理すぎます。

アナタが考えてる数十倍コービーとプレーしたがってる選手は多いですし、尊敬されてます。
[ 2012/02/19 17:54 ] [ 編集 ]
>harvさん

>Kobeに周りが遠慮しているのも多分にあると思います。シュートを打つ時も、「え、Kobeを差し置いてオレが打っちゃっていいの?Kobe怒らないかな..」

これはないでしょう。
こんなのあったらそもそもプロ失格ですしレイカーズには必要ないです。
ミニマンバをコービーはシュート打つことを恐れない選手だと評価してます。
シュートを打って怒られるのが怖いとか発想はチャンチャラおかしいです。
クワミみたいに外すのが怖いからパスしないでという消極的な考えこそコービーが最も嫌う考え方ですよ。

そもそもコービーはまだ出来ますし譲るとかいう考え自体どうなんですかね?
譲るような選手も現状いません。
バイナムのポストアップを無視と言い方もコービーを嫌ってるみたいに見えますよ。
ポストアップしたらパスしなきゃ駄目ということもないですし。
コービーと心中とか?ですし、ピッペンみたいな役割をコービーがすればいいっていうのが正しいとは限らないでしょう。
自分はコービーは引退までジョーダンと同じゴートゥーガイでいてほしいですけどね。
今のままならそれも可能でしょう。

どうもコービーの揚げ足取りがしたい書き込みに見えますね。
そもそもボールがほしいならコービーに直接どんどん俺にパスしてほしいって言えばいいんですよ。、
[ 2012/02/19 17:32 ] [ 編集 ]
よく周りがだらしないからKobeが仕方なく..という論調を目にしますが、試合を観た印象では、Kobeに周りが遠慮しているのも多分にあると思います。シュートを打つ時も、「え、Kobeを差し置いてオレが打っちゃっていいの?Kobe怒らないかな..」
「今日はオレけっこう調子よさげだけど、Kobeがボール欲しがり始めたから、やっぱおとなしくしとこっかな」
そんな感じに見えてしまうのです。それは周りをこれまで積極的に生かして来なかったKobeにも責任はあると思います。
Suns戦も序盤bynumが好調だったのに、一度ポストアップしたのにKobeが無視してドライブしていったあたりから急におとなしくなった気がします。

ミスドさんのおっしゃった、「Kobeは若手に譲りたいのかそれともまだまだエースで極端な話引退までエースでいたいのか…」そこが自分が懸念しているところです。このままKobeとともに心中していくのか、それとも有望な若手を獲得し、若手の教育のために一歩引いてもらって(通算得点記録をあきらめてもらい)、昔のピッペンのような役割にするべきなのか?

一つ確かなのは、Kobeが変わったところを見せないと、有望な若手は誰も来てくれないということです。


ゆ~すけさん
確かにshowtime時代は特別でした。もうあんな時代は訪れないだろうし、それと現在を比べるのはナンセンスかもしれませんね..
[ 2012/02/19 15:34 ] [ 編集 ]
〉harvサン

ハワードは仮にレイカーズに来たとして、パオがチームに残ってるなら3rdオプションになるのは当然ですし、現状のままなら、バイナムがオフェンスで幅を利かせるようにするにはゲーム見てて明らかに物足りないのも当然だと思います。

シュートクリエイトする力を発揮出来るのはインサイドが明らかに弱いチームか、マッチアップとのミスマッチが激しい時ぐらいですし、体力も無いので試合が進むにつれて面取りすら出来なくなります。

ダブルチームの対応も下手ですし、フリースローさえ大して稼げませんから、確率が高いと言っても彼にかつてのオールスターセンター達のような試合への影響力はありません。

失礼ですが、バスケは算数じゃ無いので、単純に確率が高いから優れてるという訳では無いですよ。

実際、彼が決めてるシュートのほとんどが、周りに作って貰ったイージーバスケットばかりです。

コービーにしてもアナタがどう思おうが、バードにまで「勝つためならコービーとプレーしたい」とまで言わせる選手です。自己中心的に映るんだとしたら、余程コービーが嫌いで色眼鏡で見てるだけです。

コービーのシュート数が多くなるのは、周りのせいな事がほとんどです。決めて当然のシュートしか決められないビッグマンや、すぐ消極的になるビッグマン、決めて当然のシュートすら決められないロールプレイヤー達に囲まれてるのが現在のレイカーズです。

苦しい時間帯、ショットクロック間際、嫌でもボールはコービーに集まります。時間的な問題で初めから外れるとしか思えない状況からシュートを打つしか無い事もしょっちゅうです。

コービーはコービーの仕事を全うしてるまでですよ。
[ 2012/02/19 15:07 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。すっかりコメントに乗り遅れましたが、ようやく試合を見ました。

久しぶりにオフェンスが爆発しました。コービーの動きが良く、シュートにパスにリバウンドにと良く動いていました。今日の試合を見ると、やはりミニッツを調整していかないとダメですね。

ベンチ陣が出てきた場合のバイナムを1人インサイドに置いて、後の4人がアウトサイドで待つパターンが良くありますが、ダブルチームされた場合のバイナムの判断が遅いため、中々うまくいきませんね。

コービーに関する議論が起こっていますが、私はコービーの大ファンなので、ハワードの話を聞いたときに、逆にハワードに対して、意見もしっかりしないし、小さい男だなと思ってしまいました(笑)。バイナムとパオを両方を出すほどの選手かなと思い始めました。(バイナムと交換なら歓迎ですが)
どちらかというとPGの方が今のレイカーズには必要ですね。
[ 2012/02/19 15:03 ] [ 編集 ]
続きでバイナム>



みんなバイナムの有能性なんかは認めてるでしょ?
ボストンにボコボコにされて優勝出来なかった時はバイナムさえいればなんて言ってましたし…実際いる時のオフェンス・ディフェンス・リバウンドでどれだけ他チームにアドバンテージになっていたか…

でもあきらかにもっともっとできる才能がありながら自分で力を抜き手抜きプレイの連続。
発言は勘違いでお前がちゃんとしろよ!!という突っ込み待ちな状態。
はるかに小さいガードやフォワードにリバウンドを競り負けぶっ飛ばされ押し込めず決めきれないからその姿が、どんどんシャキールにも重なってきて…(もちろんダメな時のねw)
シャキールもそうでしたしバイナムもそうですが、その持てる才能をバスケでしっかり活かして欲しいんですよ。
適当にやっても通用するとかじゃなくて…彼(彼等)に期待するからであって興味も関心もなく実力もない人になんか誰も注目なんかしませんよ。


テメーやればもっと出来るんだからちゃんとやれよ!!やらねえんなら出てけよ!!みたいなところでしょLALファンのバイナム批判は。


ファンだからなんでもかんでも擁護する方が気持ち悪い。
他よりマシだからいいじゃんなんて選手のためにもチームのためにもならないんじゃない?
[ 2012/02/19 13:49 ] [ 編集 ]
よぅしもめろもめろw




harvさんならびにサードオプション発言そしてバイナム>
まずドワイトへの話、これは直接ドワイトに『君はさぁうちきたら三番目の選手なんだからディフェンスだけしててよ』ってゆうことを言った訳じゃなくて、『うちに来てくれたらオフェンスは俺とガソルがやるから君はディフェンスでチームを助けてくれ!!』くらいな発言でも受け取り方ではだいぶ違いますよね?そんなとこでしょ。
受け取り的には三番目でいてねとゆうところにもうちの弱点を君の力で助けて欲しいと言う感じにね。

だいたいずっと見てきてますけどコービーの発言はちょっと足らないと言うかあんまり頭良いとは思わないのでw
コービーの師匠がフィルだって言うのもあるでしょうがw
ドワイトも十歳年下だしニュアンス感じるよりも直接感じ取ったんじゃないかな?
直接会って話したわけじゃなくTELだとそうゆう勘違いって多いですよね日常的にも。
まぁそうゆう話が漏れてからまたコービーからTELでもしたら慌てて言い換えたみたくなっちゃいますし。



それでコービーのセルフィッシュかどうか…
そりゃあ確かにセルフィッシュでしょう。
でもそれでもコービー、パス出しますよね?
ちゃんと試合見てますかね?
回りが決めきれないし、パス出してノーマークの選手がダブルチームくらったコービーにまたパス返して時間が無くなり仕方なくコービーが無理矢理打ってはずしてしまう…
MAYさんが何度もこのブログで書いてるような事がこの数年頻発しているのも間違いない事実です。
あれノーマークの選手が普通くらいに決めてれば毎年コービーもアシスト7や8くらいは決めてるはずですし全然印象も違うはずです。
良い例がマジックを倒した年ですが。
シェアしないんじゃなくてシェアした相手がまた返してくる。
普通他のチームなら考えられないこんな行為が今のレイカーズクオリティなんですよね(苦笑)

でもharvさんも勝負所でしかけるコービーは評価しますよね?
各チームのコーチが勝負を決めるシュートを打たせるのならコービーと言ってますし。

正直ショータイムの頃見ていた人は、あれが特別すぎるんだと思った方がいいと思います。
あんなもん求められても厳しいしw
それにウォージーの話はコービーに当てても…ねぇ…勝ちたい気持ちコービーより持ってる選手なんかジョーダンくらいしか知りません…ガソルやバイナムになら激しく同意ですが
[ 2012/02/19 13:38 ] [ 編集 ]
そういえばLA在住の宮地さんという記者がTwitterでこの試合にティム・グロバーが来ていてコービーに新しい取り組みをしているんだと言っていたとツイートされていましたよ。その矢先の活躍だったので今後もまだまだ若いコービーが見れそうでワクワクしています。


ところで私はMayさんの器量の大きさに感銘を受けています。嫌なら見なければ良いというよくどこのサイトでも見られるような排他的な姿勢が見られないからです。自分と意見が違う方でもきちんと論理的に対応されていてとても好感が持てますよ。器量が大きくなるのはやはりアメリカにおられるからですかね?(笑)
[ 2012/02/19 13:25 ] [ 編集 ]
毎度更新お疲れ様です。
あくまで真偽はわかりませんがハワードとの電話の件が仮に本当だとしたら自分はちょっと残念でした。
akrさんのおっしゃるマジック応援ブログに誰か他のコメントで
『コービーには、その心意気や良し。1stオプションが欲しいなら力づくで奪ってみろ、ぐらい言って器のでかいとこ見せて欲しい』
みたいな内容が書かれていて自分は激しく共感しました。実際問題何番目とかは別として大先輩としてこれくらいは言ってたらハワードの受け止め方もかなり違ってた気がします。
まぁあくまで噂の話なのでウソなら意味ないですが。

セルフィッシュかどうかは分かりませんがこないだのホークス戦はシーズンローでも笑顔があったように個人的な記録等には気にしてないように思います。まぁ試合前に何故かヴァネッサとチューしてたみたいだし機嫌がよかっただけかもですが(笑)

チーム事情からしてコービーが一番多く打つのは当たり前だとして、将来を託せる若手の台頭もしくはトレードで誰か連れてくる事は必須ですね。コービーがもっと衰える前に次の『核』を見つけれるかはフロント次第ですね。

ただコービー自身はどう思ってるんでしょうか?若手に譲りたいのかそれともまだまだエースで極端な話引退までエースでいたいのか…
[ 2012/02/19 13:20 ] [ 編集 ]
コービーはセルフィッシュですかねー?
以前の記事にもありましたが、仕方なくアテンプトが多いんですよ、周りがだらしないから。
自分の得点だけ気にしてるなら、毎年得点王になってますよ。
今年は久々に得点王かもしれませんが、それは周りがだらしないからです。
コービーから言わせたら、お前ら俺を楽にさせろよ、だと思いますよ。
まして手首の靭帯切れてるのに。

それからハワードですが、3rdオプションで当たり前でしょ。
あれだけフリースロー入らないんだったら、ボール預けられなですよ。
優秀なディフェンダーだとは思いますが、オフェンスに関しては3rdオプションですよ。
マジック応援ブログの記事を読んでも、そう書いてますよ。
[ 2012/02/19 12:53 ] [ 編集 ]
>harvさん

『一部を抜粋して~unfair』とありますが、Kobeの噂の噂みたいなレベルの話を取り上げてセルフィッシュだとか失礼な奴と言うのも、同じレベルでunfairだと思いますが(笑)

てか、ハワードが3rdオプションてそんな失礼ですかね?妥当だと思いますが。マイアミだったら4thオプションだし。オフェンスの幅とプレイエリアの狭さを考えたら、当然かと。
[ 2012/02/19 11:30 ] [ 編集 ]
久々に気分の良い勝利でした。
パスもよくまわりましたし、随所でモメンタムを失わないプレイを続けました。
今年はやはり、練習で連携を高めたり、ベテランが休める、休み明けが良いです。

harvさんのコメントについてですが
私もKobeがチームを私物化してるような印象は無いですね。
Kobeは勝利をなにより優先していて、その結果としてセルフィッシュと思われるような
プレイが勝利への答えだと感じたときはそうしてると思ってます。
ただ、相手がいるスポーツなので、毎度のように上手くいくわけでもないですが。
[ 2012/02/19 10:42 ] [ 編集 ]
アレさん、しんげんさん、ありがとうございます。Kobeが活躍して快勝した後に、水を差すような事言ってすいません。ESPNの事は、正確に伝えたくて書きました。
少し自分の身の上話も入ってしまいますが、Kobeの事を書かせて下さい。
自分が初めて本格的にNBAを観たのは、bad boysによりshowtime時代が終わり、Kareamが引退しようとしていた頃です。その試合でのWorthyの鬼子母神のような活躍。またその翌年、サンズとのプレイオフで、敗色濃厚な中、普段はパスするマジックが一人で狂ったように攻めてた試合‥。結局チームは負けましたが、そこには金のためでも自分の記録のためでもなく、ただlakersというチームを誇りに思い、がむしゃらにチームのために頑張る、laker prideのようなものを感じました。それ以来、セバロスがエースだった暗黒時代も含め、欠かさずLALを応援してきました。
Kobeとの出会いは高校の時、本屋でダンクシュートを立ち読みしてたら、Shaq移籍が大々的に報じられる中、キャップを空けるためにディバッツを放出、代わりに17歳の高校生獲得、という小さな記事を見つけた時でした。
自分は子供の頃、Merionからも近い、Philly近郊に住んでいたこともあり、すぐにKobeの大ファンになり、ずっと応援してきました。
自分もその貪欲さ、セルフィッシュさがかっこいいと思っていましたが、最近はあまりそう思えなくなりました。バスケはチームスポーツであり、自分が同じチームでプレイしてたらどう感じるか、考えてしまうのです。
点取り屋であるKobeにシュートアテンプトを減らして若い選手とシェアしろというのは、息をするなと言ってるようなものですので、今後チームのために本当に後進に譲るか疑問に思わざるを得ません。
もしそうだったらハワードにお前はno2オプションだの3オプションだのとわざわざ言わず、オプションなど気にせず、一緒に頑張ろうと言えるはずです。ハワードはどんな気持ちだったでしょうか‥
バスケはチームスポーツだから、つまらないかもしれませんが、FGAの高いビッグマンにボールを預けるべきだし、まがりなりにもバイナムというビッグマンが育っている以上、(特に勝負所で教育のためにも)そこにもっとパスしてあげるべきだと思います。
前にmayさんが「ここはファンサイトだから感情的になってもいいし、自由に議論していい」とおっしゃってくれていたし、LALを愛する気持ちは共通じゃないかと思い、つい色々書いてしまいました。
長文失礼しました。
[ 2012/02/19 10:40 ] [ 編集 ]
ディフェンスは今シーズンになってとても良くなってますが、最近、オフェンスや気持ちの面での緩さが、少しずつですが、よくなって来たのかな?と思います。好いことがシーズン通して続かない彼らなので、まだまだ"?"は抜けませんけど。心なしかパオの表情も締まってきたきがします。
年配チームなので、内外共に怪我人が出たときに、最近出番のないモリス、マクロバーツあたりの奮起も期待できますし…
harvさんへ。
コービーファンは、コービーのそのセルフィッシュさ、エゴイストなところを肯定的に捉えてるから好きなんだと思いますよ。どこかのキングがかつて、試合に負けた後、"チームは負けたが、俺は勝者だ"みたいなことを言ってました。コービーはそれと真逆で、勝つことがすべて。勝つためならなんでもする。勝つための、セルフィッシュでありエゴイズムなんだと思います。僕はそういうところがかっこ良くてたまらないと思います。
もう少し年老いて、勝つためには自分が点取るより裏方がいい、と判断したら、
迷わず裏方に回るはずです。
Mayさんへ。シャック対チャックのMVPは、確かにファン投票なのでリンが強いですが、僕はグリフィンを推したいですね(^^)
[ 2012/02/19 07:52 ] [ 編集 ]
>harvさん

自分はバイナムはよくやってると思いますし、チームでも欠かせない特別な選手だと大半のレイカーファンはバイナムを認めてますよ。
今シーズンのオールスターの人気投票の数の多さもバイナムがレイカーファンから認められてる証拠ですしね。
逆にダメなプレーならガソルにあんな差をつけた票数にはなってますから
ただ問題の態度ややる気とか、
そこらへんのMayさんの指摘は的外れな部分はないですよ。
的外れな事を指摘するならまだしも、正論を書くことがアンフェアではないでしょう。
攻守の切り替えの遅さやスタミナ不足は24歳の選手かと疑いたくなるって普通ですし事実です。
コービーがチームの私物化していってるみたいな意見は?です。
チームのエースにHC等などの重要な人事などの案件を相談するのは普通かと・・・
別にコービーの意見を全面的に認めるってのではなく、あくまで意見を参考までに聞くことが大切だったと思いますけどね。
コービーの意見でもNOならNOでいいんですがね。

そしてMayさんが管理人のサイトでMayさんが何を書こうがいいんです。
嫌ならこのサイトを見なければいいだけです。
[ 2012/02/19 05:47 ] [ 編集 ]
ESPNの全国中継を自分も観ましたが、Mayさんがおっしゃっているようなbynum批判が中継中に展開されていたわけでなく、むしろビッグマンの重要性を強調するニュアンスが多かったように思います。
例えばもっとビッグフェラにローポストでボールを預けろとか、(tradeの噂を意識してか)、He gotta be a Lakerとはっきり言っていました。確かに練習態度はquestionableと言ってはいましたが、それはin the past yearsの話で、フレディーローチとトレーニングして今年はshapeされているとも指摘していました。

言葉尻をつかむわけでなく、また決してバイナムを擁護するわけではありませんが、全体ではなく一部を抜粋するのはunfairではないかと思います。

本当かどうかわかりませんが、Kobeにお前はNo.3オプションだとか言われ、Howardは今やLakersに対し興味をなくし、Lakersに移籍してもFA移籍するかもとまで言っていると噂されています(本当だったらリーグNo1センターにあまりに失礼な話でしょう)。Orlandoのオーナーはやる気みたいですが、ジムバスはバイナムを獲ったのは自分の功績だと思っているため、バイナム⇔ハワードはほとんど消滅したと考えていいと思います。

Kobe大ファンのMayさんには申し訳ありませんが、自分はLALを応援しているのであって、Kobeの通算得点記録になど興味ありませんし、試合内外でたまに見られる自己中心的な態度に辟易しています。そういう意味では、Brown招聘もオドム放出もKobeが蚊帳の外だったのは、Kobeのチーム私物化を防ぐという意味ではよかったと思います(Kobeの怒りはOdom放出だけでなく事前に話がなかったことにもあると思います)。
[ 2012/02/19 01:33 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。

勝ってくれて非常にうれしいです。今日の試合はフィッシュとまあデイフェンスのみですがメッタ、あとベンチが頑張ってくれました

やっぱりPGとSF、ベンチの調子がいいと全く違いますね~

あと今日は相手をスティールしてくれたのがなんだか気持ちよかったです。

いつもレイカーズはスティールされてばかりだったのでいつも試合見るたびにイライラしてしまうのですがやっぱりこっちがやってやると、きぶんがいいです。


メッタはあそこまでレイアップがひどかったでしたっけ、ボールハンドリングが悪いのは昔からしってはいましたがまさかあそこまで下手とは・・・

個人的に嫌いな選手ではないのでデフェンス専門でもなんでもいいのでレイカーズで頑張ってほしいです。
[ 2012/02/19 01:06 ] [ 編集 ]
110点も取りましたね。メチャメチャ久しぶりに。

100点越えすら今シーズン4度目ですもんね。

コービー出てない時間帯にも得点の気配がした試合も久しぶりだった気がします。

よくパスも回ってましたし、バーンズは本当に良く動きます。

フィッシュも今日は出来すぎでしたが、常にオープンなんだから、チャルマーズくらいの確率で決めてくれないものでしょうかね?

理想高すぎる事はわかってるんですが。

メタの速攻からのアレは本気で笑いました・・・笑

セカンドチャンスのシュートも、ただ投げてるだけですよ。アレは・・・。

デッドラインでミッチが本当に動くの かと、翌々戦のサンダー戦が怖いです。

次のロードのサンズ戦も確実に勝ってほしいです。

コービーのプレー時間も、周りがしっかりしてれば40分越え連発とかにならないので、パオとバイナムにはベンチとプレーする際は上手くリードしてほしいですね。
[ 2012/02/19 00:22 ] [ 編集 ]
質問お願いいたしますm(__)m
レイカーズ戦リンが試合前に二番の選手と何か面白い儀式してましたが、あれは何なんですか?
[ 2012/02/18 23:19 ] [ 編集 ]
私がコメント一番乗りになるとは??
フィッシュが珍しく爆発したので、名前にちなんでゲットさせていただきます。
ベンチ良し、フィッシュよし、メタもDで頑張るという最近にない、いい試合でしたが
バーンズ素晴らしいですね、brownも多いにadmireしているとテレビでも言ってませんでしたっけ?
今日はファウルも少ないし、リバウンドも本当にいいところで出て来てくれます。
スタートではフィッシュと同じ理由でメタをスタートにせざる終えないことから今後もスターターにはなれないのかもしれませんが、それにしてもいい働きしてくれます。
[ 2012/02/18 22:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。