内弁慶同士の対決はホームチームに軍配

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

内弁慶同士の対決はホームチームに軍配

Game Score

ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



1Q
出足にいきなりフェルトンに3ポイントを決められます。その後はしっかり守りますが、オフェンスでは、バスケットが全く決まりません。9分半に、フィッシャーが外したシュートをバイナムがダンクし、レイカーズ最初のバスケットを決めます。その後も、バイナムが続けて決めると、パオも続きます。その間、バイナムが、よくオフェンシブ・リバウンドを取りました。ポートランドは、出足の3ポイント以降さっぱりで、2本目のバスケットは、6分半のオルドリッジのレイアップでした。その後も、レイカーズは順調に得点し、終盤には、マーフィーの3ポイントもありました。ディフェンスではしっかり守ります。半ば過ぎに、オルドリッジに、ポートランドの3本目のシュートを決められますが、このコーターのポートランドのシュートは、この3本だけでした。29-7の22点リードで、コーターを終了します。1コーターで7得点は、ポートランドの球団最低記録だそうです。

2Q
出足に、ブレイクが、3ポイントを2本決め、リードを広げます。その後、バイナムが、フリースロー2本を決め、点差を30点に広げます。半ば前から、ポートランドが決め始め、点差を縮められますが、ここでも、ブレイクがスクープショットと3ポイント決め、踏ん張ります。前半のベンチは、ブレイク・ショーでした。半ば過ぎから、レイカーズが続けて外し、ポートランドには続けて決められ、点差を22点に縮められますが、ここでも、ブレイクが3ポイントを決めます。終盤少し追い上げられ、52-30の22点リードで、ハーフへ。

3Q
開始直後にパオが決めると、キャンビーにすぐ返されますが、その後はしっかり守ります。序盤は、コービーが、続けて決め捲くり、29点リードになります。その後、ポートランドにも続けて決められますが、レイカーズも、コービーとメタが決め、点差を維持します。半ば前から、ポートランドのマシューズ、ウォレスの3ポイントが決まりだし、レイカーズは、外し続け、半ば過ぎには、17点差にまで詰められます。そこで、最初の5本を全部外していたフィッシャーが決め、パオもフリースローを決めますが、今度は、バトゥーンに3ポイントを決められます。その直後、フィッシャーに代わって登場したブレイクが、前半の好調を引き続き保ち、3ポイントを決めますが、ディフェンスで、ほぼ毎回得点を許し、終了間際には、マシューズ、バトゥーンに続けて3ポイントを決められ、80-66の14点リードで、コーターを終了します。

4Q
序盤に、ここまで、3ポイント2本を含む4本のシュートを全部外しているGロックが、得意のフローターを決めます。その後、ファーストブレイクで、バーンズからパオへのアリーウープが決まります。ところが、そこから、連続して得点されると、オフェンスでは、ブレイクのターンオーバーや、バーンズがファーストブレイクのレイアップをブロックされて、得点できません。半ば前には10点差になりますが、ここで、フィッシャーがジャンプシュートを決めると、コービーがフェイダウェイとジャンプシュートを連続で決め、点差を広げます。半ば過ぎには、オフェンスへのトランジションで、全力で走って来たパオに、フィッシャーがパスし、パオが止まれなくて、トラベリングになり、直後には、コービーが、オフェンシブ・ファウルで、2連続ターンオーバーをします。その間、得点を許し、終盤、12点差になった所で、ポートランドが、メタに故意のファウルをする「ハッカ・ワールドピース」を始めます。最初は1本決め、1本外し、次は2本決め、3回目には1本外して1本決めます。3回のオフェンスで、フリースローが4-6、4得点なので、悪くは無かったです。この間しっかり守って、オルドリッジのフリースローからの1点のみと抑えたのが、勝因につながりました。残り2分半には、リバウンドを取ったバイナムが、フロントコートに走っていたコービーに、見事なコーターバック・パスで、コービーが決め、17点リードとし、ゲームを決めました。

コービー:28得点(13-26、3PT=1-3)、3アシスト、4スティール
フリースローが1-2と、極端に少ないですが、バスケットにはよくアタックしていました。決めたシュートの内7本は、レイアップです。

パオ:16得点(5-13)、12リバウンド、4アシスト
自分でもダンクを決められそうなのに、バイナムにパスして、バイナムがファウルされるプレーがありました。解説者が、「アンセルフィッシュなプレーヤーを批判するのは、し難いけれど」と言いながら、批判していました。そのプレーまでは、少しパスをし過ぎな部分もありましたが、それ以降は、積極的でした。レイアップに行かないで、ダンクに行ってファウルされ決められなかった際には、ゴールポストのクッションを、パンチしていました。いつもこれくらい攻撃的だと良いです。

バイナム:14得点(5-7)、19リバウンド
出足から、リバウンドをよく取って、2Qの序盤には、既に、ダブルダブルでした。今シーズン不調のフリースローは、4-4でした。4Q終盤、コービーへのロングパスの直後に、ベンチに下がりました。コービーとパオはまだプレーしていたので、20リバウンドになるまで、プレーさせて欲しかったです。

フィルは、ダブルダブルやトリプルダブルに近いプレーヤーがいると、点差が空いていても、そのままプレーさせました。コービーが、MSGで、ジョーダンの得点記録を破った時にも、点差が離れていたのに、そのままプレーさせました。20リバウンドが、それ程大事な記録ではないし、得点は20/20までには、かなりあるし、まして、個人記録を優先してプレーさせて、怪我でもしたら、馬鹿馬鹿しいですが、せめて、下げる前に、本人の希望を訊いてもらいたかったです。バイナム本人が、20リバウンドを取りたいと思っていたかどうかは、分かりませんが。

フィッシャー:8得点(2-7、3PT=0-3)、3アシスト
珍しく、1Qに5本も打って、珍しくなく全部外しましたが、後半は、ポイントで、バスケットを決めました。点差が離れた時に、安易に不用意なアリーウープ、ロングパスを投げて、ターンオーバーが、何回かありました。ベテランらしく、点差に関係なく、しっかりプレーして欲しいです。

メタ:6得点(1-4、3PT=0-3)、3アシスト、2スティール
ハッカ・ワールドピースをされていなければ、2得点です。フリースローが良くないバイナムもプレーしていたのに、メタがされました。SFが、フリースローの確率が50%代のビッグマンを差し置いて、こんなことをされて、恥ずかしいと思って欲しいです。これを機会に奮起して、フリースローの練習でもしてもらいたいものです。

バーンズ:4得点(2-6)、6リバウンド
ファーストブレイクでのレイアップとダンクをブロックされました。決めた2本は、両方共、オフェンシブ・リバウンドからの、ティップショットです。バーンズは、よく動くので、余程スタッツが良くない限り、印象がスタッツより、遥かに良いです。

ブレイク:17得点(6-9、3PT=5-6)、1アシスト
最初のシュートを決めて、余裕が出たのか、積極的に打ちました。3ポイントが、面白い様にに決まりました。いつも、こんな調子で決まるはずがないですが、この半分でも決めてくれたら、かなり楽です。

Gロック:7得点(3-8、3PT=1-4)、2アシスト
終了間際のガーベッジタイムに、タコ・クーポンを決める(100点目)ジャンプシュートと、3ポイントを決めましたが、それ以前は1-6、3ポイントは0-3でした。ガーベッジタイムとはいえ、3ポイントが決まって良かったです。解説者が、「かなり早く来て、フローターの練習をしていた。」と言っていました。

マーフィー:3得点(1-3、3PT=1-2)、3リバウンド、2アシスト

カポノ:得点(、3PT=)、
ガーベッジタイムのみのプレーです。ロサンゼルスでは、夕方にローカルニュースがあります。テレビ局によって多少違いますが、スポーツ・コーナーは、5時50分頃と、6時20分頃にあります。レイカーズについては、ゲーム前にもリポートがあることもあります。5時50分頃からのスポーツ・コーナーで、ステイプルズセンター内からのリポートがあったら、カポノが、もう練習していました。最近は、ローテーションから外れていて、全くプレーしない日も多いのに、少なくても1時間半以上前から来て練習しています。実力を発揮するチャンスがると良いです。

オフェンス
1Qは、解説者が、「今のは、パスを周し過ぎ」と言うくらい、パスがよく周りました。スターターは、いつも通りですが、ベンチはブレイクが1人で頑張ってくれたので、助かりました。ブレイク、Gロック、マーフィーの内、1人が爆発するか、全員がそこそこに3ポイントを決めたら、かなり楽です。

ディフェンス
よく動いて、カバーしていました。オープンでも、最初から諦めないで、走ってディフェンスに行っていたので、慌てて打って外したこともあると思います。3Qは、やられましたが、前半揃ってあれだけ外していたら、揃って決まることもあるので、仕方が無いです。年齢から来る衰えがあるとはいえ、リバウンドに定評があるキャンビーに、1Qは1本しかリバウンドを取らせなかったのが、スタートダッシュにつながりました。最終的には、13本取られましたが、出足に抑えたのが、大きかったです。


元々、ポートランドとレイカーズの対戦は、お互い、ホームで異常に強いです。その上、今シーズンは、両チーム共、ホームでは強いのに、ロードでは、殆ど勝てません。内弁慶同士の対戦だったので、楽勝でも、手放しでは喜べないです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/02/21 18:22  Lakers | コメント(21)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>まめさん

セッションズとリドナーがいたら、楽ですよね。SFは、メタかルークより悪いのを探す方が大変です。ビーズリーでなくても、誰か獲れれば、贅沢は言いません。


>>LAXさん

ビーズリー欲しいですよね。PGも2人欲しいです。

そう言われてみれば、Lord of the Ringsに出てそうな顔していますね。(笑)最近気が付いたのですが、リドナーではなくて、リドナウアーなんですね。もし、レイカーズに来たら、ちゃんと発音して上げたいです。通訳は、下準備が大変ですが、NBAなら、元々好きなことなので、楽ですよね。私は、今はしていませんが、一時はアメリカ人の友人に頼まれてやって、口コミで広がってしまって、車のディラーから、ネイル・サロンの視察まで、通訳をやりました。


>>ミスドさん

ヒューストン・ロケッツ絡みのサイトかと思いました。アドレスもアドレスですが、空けたら赤いし。

メイウェザーなんて、批判もされないレベルですよ。スパイク・リーが、ツイターで、何か言っていたみたいですが。この人は、それ以下ですね。
[ 2012/02/23 11:06 ] [ 編集 ]
>LAXさん

セッションズありきで、さらにリドナーも来たらなぁ~ということですよ!そりゃセッションズがいいです!ただ、二人ともなら、フィッシャーとブレイクをどちらも使わずに済むので、ストレスなく観戦出来ますからね(笑)
どうせMINは同レベルの選手で溢れてるんだから、ビーズリーだけじゃなくて他の選手もくれよと。誰が来ても、レイカーズでは戦力になるよ。メタ以下のNBA選手なんか、オレはルークしか知らねぇよ。
[ 2012/02/23 02:03 ] [ 編集 ]
BeasleyはMINいってからはあまり問題は起こしてないですし、
選べるならSessionsですが、Ridnourでももちろん歓迎です。

Ridnourといえば、NBAデビュー戦は03-04シーズンのJapanGamesなんですよね。
当時僕は通訳のバイトをしていて、JapanGamesの会見/インタビューを担当してました。
Ridnourのことは全然知らず、第一印象は「Lord of the Ringsの人?」でしたが(失礼)、
これからのキャリアに向けて目をキラキラさせていたことが印象的でした。
[ 2012/02/22 23:56 ] [ 編集 ]
記事に関係ないですがジェレミーリンのフィーバーっぷりはすごいですね。

先日のボクサーの差別発言に続いてまた炎上のニュースのようです。

http://rocketnews24.com/2012/02/22/185568/

しかしヤオの時はここまでならなかった気がしますが。なぜリンだとこうなったのでしょうか??

ヤオは元から注目されててリンはドラフト外だから?それともニューヨークだから?

色んな人種の方がいるアメリカではもっと話題なのでしょうね。

ちなみにMayさんに補足ですが、なぜか日本ではここ数年、韓国出身のアイドルや歌手が大人気という不思議な?現象が起きてて売上のチャートでも凄まじいことになっています。

少女時代というのはその中でも中心?グループのアイドルユニットです。ご存じない時のためにあしからず。

あとこのリンク先の広告がなぜか若干アダルトですので見られる方はご了承ください笑。
[ 2012/02/22 23:50 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>まめさん

ミリチッチも、バックアップなら良いですが、ちょっとサラリーが高いですよね。ビッグマンだと、この程度も仕方がないかもしれませんが。ビーズリーが来たら、セカンドユニットの方が良いと思います。

私も、ハワードは厳しいと思っていましたが、昨日、ネッツがニックスに勝ちましたよね。デロンが3ポイントを8本決めたそうです。でも、ニューヨークのメディアは、リン一辺倒で、デロンのことは、全く話題になっていないです。同じニューヨークのチームなのに。ハワードは、注目を集める所に行きたいから、移籍したいのに、ネッツに行ったら、注目されないです。所詮、ネッツは、「ニューヨークのもう1つのチーム」です。まだ、ボストンやシカゴに行った方が良いです。ニックスのチャンドラーが15/15だったら大騒ぎして、ネッツのハワードが20/20でも、静かなものだと思います。それ所か、下手をしたら、悪役に成りかねないです。何のために、移籍したか分からないです。


>>ロンロン大好きさん

そうですよね。本人も、感謝していると言っていました。これから、記事にします。

ブランAが成功しても、PGもビーズリーは欲しいです。そんな上手い話はないでしょうが。


>>LAXさん

コービーは、人には聞こえない所で、パオにサポートを表していたのだと思いますが、公に言われたら、やっぱり気分が良いですよね。

ドワイトやデロンが駄目なら駄目で、早く分かって欲しいですね。そうなったら、トレードイクセプションが、かなり上手く使えると思います。

ビーズリーは、ミネソタに行ってから、結構大人しくしているのでは?もしレイカーズに来たら、マイアミより先に優勝したいというモチベーションもあるでしょうし。


>>harvさん

毎度お騒がせされています。(笑)

コービーだけでなくて、実績はある人は、批判の対象でなくなることは、日本でもありますよね。むしろ、日本の方が、現在の実力より、過去に実績を重んじる部分があると思います。オーナーのジェリー・バスも、実績があるから、ファンは絶対に批判しないです。闘病している訳でもないし、ボケたなんて噂がある訳でもないし、それ所か、時々ロサンゼルスのカジノでポーカーをしている所が、パパラッチされて、ゴシップサイトに載ることもあるくらいなので、頭ははっきりしているはずです。最終決定は、ジェリーがしているのは、ファンはみんな知っているはずなのに、知らない振りをして、何かというと、息子ジムを批判しますよね。ジェリー・バスは、ロサンゼルスのキム・ジョンイルみたいになっていて、誰も批判できないです。コービーも、その域に入っていると思います。その辺りが、ロサンゼルスのファンと、他の地域のファンと、ギャップがあるのかも知れないです。まして、日本のファンなら、ジェリー・バスを批判できないとは感じていないですよね。

コービーは、NFLだったら、WRでしょうか?サイズ的には、プラキシコ・バレスくらいなので、かなりでかいですよね。性格はQBかもしれませんが。バスケットをやっていた人は、フットボールをしても、動きが良くて良いみたいです。そう言えば、セインツのTEジミー・グラムが、フィニックス戦に来ていました。彼は、大学で4年間バスケットとやった後、1年だけフットボールをやったそうです。メタは、NBAから引退したら、NFLでTEでプレーしたいそうです。フットボールなら、ドリブルもフリースローもしなくて良いので、丁度良いのでは。


>>学生のレイカーズファンさん

なんでこんなに差があるか、不思議です。仰る通り、メンタルしかないですね。他には、ロードだと、ベンチはホーム程、良くプレーできないです。去年までは、事実上スターターのラマーがベンチにいたので、ベンチが、ホームでもロードでも、それ程差がなかったと思います。


>>ppidさん

ありがとうございます。

バックコートがB-は、良すぎると思いませんか?コービーが、1人で引き上げているのかも知れませんが、1人で同時にパスしてシュートを打つ訳には行かないです。


>>せーのさん

コービーは、盗みが好きみたいです。3-4年前に、ダンカンのバンクショットを盗んだと言っていました。オリンピックで、CP3のドリブルだか何かも盗んだそうです。


>>アレさん

コービーが、ジャンプシュートばかり打っている時は、疲れや、怪我という程ではなくても、どこか痛むかするのだと思います。


>>アスさん

新しいシステムだと、動きも思うとおりに行かないので、パスも難しいと思います。チームメイトが、いるべき所にいなかっりすることもありますよね。ターンオーバーが多いのも、それが原因では。

ワールドピースは、名前が名前なので、面白いですよね。でも、これから、終盤、SFが武器のチームと競っている時に、心配です。

トランジションで、コービーが先に走っているのに、見つけられないことも、よくあります。それに、フィッシャーは、よくロングパスが長すぎて、ターンオーバーにしますよね。昨日のバイナムは、見つけるのが早かったし、パスが完璧でした。だから、嬉しかったのでしょう。


>>かずさん

ブレイクは、抜けないですが、ドライブするだけでも、相手を引き付けるから効果があります。

バイナムの判断は、前半悪くても、ハーフに注意されたら、後半は出来るので、気をつけていたら、できると思います。でも、コーチが、毎回言わないと、忘れのでは?謎の湾ドリブルは、謎ではなくて、足腰が弱いからだと思います。

マーフィーは、いつもそうです。やるべきことを、いつもきちんとやります。それで、気が付いたのですが、マーフィーについて、何も書いていなかったですね。以前は、見ながら、記事を書いていて、ゲームが終わったら、すぐ完成していたのですが、最近、見ているだけで、終わっても、暫くテレビ見たりして、記事を書き出さないので、夜、遅くなって、眠くなって、最後はいい加減になっています。カポノの所は、ゲーム前に書いてしまったので、気が付きませんでした。


>>akrさん

バイナムは、格下でもサイズがある人に弱いですよね。ヘイウッドは、サイズはあります。ノビツキーに対するディフェンスは、パオよりラマーの方が良かったので、心配です。ウェストブルックは、フィッシャーもブレイクも無理ですよね。考えただけでも、嫌になります。


>>かぼちゃケーキさん

普通なら、半分か半分以下なので、「決めてくれ」と思ってコールしたのでしょう。

カポノは、SFが武器でないチーム相手なら、使えると思います。特に、ハッカ・ワールドピースをされ出したら、メタをコートに置いておけないので、カポノの出番もあるかも知れません。

パオとバイナムなら、パオの方が、できることが多いのでパオを取っておきたいですが、バイナムは、ハワードのトレードに取って置かないといけないです。でも、基本的にサイズのある人を出して、PGというのは、反対です。複数トレードで、PFが取れたら別ですが。


>>古参者さん

解説者が、「レイカーズは、昨日、休みだったから、今日は元気がある。」と嫌味を言っていました。

オルドリッジに対して、パオはいつも良いディフェンスします。キャンビーは、リバウンドは取っても、オフェンスの武器ではないし。

ブレイクは、点差があったのと、最初が決まって、気が楽だったのもあると思います。競っているゲームで、同じ様にやれるかですね。決まるかどうかという意味ではなくて、躊躇しないで打つという意味で。

バイナムは、膝に問題があるから、早目に下げた方が良いのは分かります。でも、20リバウンドなんて、まずないですよね。ちょっと、プレーヤーの気持ちを考えて欲しかったと思います。バイナム本人がどう思っているかは分からないですが。


>>obukorikoriさん

そうんですよ。昨日はその件で、大騒ぎでした。「コービー対レイカーズ」とか言って、メディアが騒ぎ立てています。

確かに、パオの気持ちも分かりますが、プロアスリートは、誰でも、いつトレードされるか分からないですよね?デッドラインまで、冷や冷やなのは、パオだけではないです。


>>まりやぎさん

ありがとうございます。(^o^)

それにしても、皆さん、絵文字がお得意ですね。


>>シジさん

81点の時の話しは、知りませんでした。チームスポーツなので、個人の記録は二の次なのは分かりますが、20リバウンドは、ちょっと勲章だと思うんですよ。「今シーズン、20以上は何ゲーム」とは言いますが、「19リバウンド以上は何ゲーム」とは言わないです。あそこまで頑張って来たんだから、もう1本取らせて上げたいと思わないのが、不思議です。

殆どのファン同様、私も、ブラウンになって、嬉しくは無かったですが、批判の内容には、殆ど賛成ではないです。最初から反対だったから、批判する材料を見つけている感じがします。新しいシステムが、すぐ浸透するはずがないし、フィルだったら批判しないことでも、ブラウンだから批判しますよね。でも、バイナムをベンチに下げた件は、ちょと疑問に思いました。タイムアウトは、確かに違いを感じます。
[ 2012/02/22 14:45 ] [ 編集 ]
>LAXさん

悪いトレードではないですよね。個人的にはリドナーまで付いて来てくれれば、今すぐにでも断行して欲しいです。そうすれば、PG二人とSFの補強になってフィッシャー・メタ・ブレイクを全て使わずに済むようになるので。リドナーは一応SGも出来ますしね。てか、バイナムの怪我のリスクを考えて、代わりにミリチッチでも良い。

ただそうなるとスタートはバーンズですかね?ビーズリーはDF微妙過ぎるので。リバウンドはバーンズ並に出来るんですが。ビーズリーは6thマンとして好き勝手にシュートを打ってもらった方がいいはず。

私はハワード・デロンのトレードは完全に諦めているので、LAXさんのクオリティくらいのトレードが起こってくれれば充分です。
[ 2012/02/22 12:53 ] [ 編集 ]
パウは自分の胸のうちをコビーに言ってもらって嬉しいだろうなぁ。今回の件はコビーが発言した事に意味がありますよね。仮にガソルが自分で発言してたら、プロ意識に欠けるだとか、キャリアローの成績に対する言い訳と捉えられて、批判されてたでしょうね。そういったコビーの振る舞いはやはりリーダーの鏡だなぁと思いました。これでガソルがやる気を取り戻してくれればいいですね。プランBを他の方のコメントで拝見させていただきましたが、それだったらレイカーズのウィークポイントを上手く補えますね。ビーズリーはシックスマンとして使ってセカンドユニットで得点してくれたら、ベンチの得点不足が解消できるかもしれませんし。
[ 2012/02/22 12:48 ] [ 編集 ]
快勝でしたね。Kobeのフロントへの発言でPauが奮起してくれたのなら、思うつぼです。
ホームで勝てるということは、ホームコートアドヴァンテージが無くても
アウェイで1勝できればPOは勝ち進めるので、あまり楽観視するわけじゃないですが好材料です。

あと、トレードについてですが、BlockbusterDeal(DwightかDeron)が無理だった場合のPlanBとして、
イクセプションでMINのBeasley、ドラフト権でSessionsを獲得する案もあるみたいです。(ESPNで言ってました)
これはこれでいい補強だと思います、ツインタワーを放出せずに、穴は多少なりとも埋まりますし。

Beasleyはスラッシュもできてオープンショットも決められるので、Philはいなくとも、
Kobeがいることでお行儀よくできれば、即戦力だとは思います。
[ 2012/02/22 11:12 ] [ 編集 ]
皆さんこんばんは。毎度お騒がせしてますharvです。mayさん、akrさんにご返事しようと思ったのですが、サンズ戦後の大激論からすでに2試合経過してしまい、こちらに書かせて頂きます。
blazers戦、ハイライトしか見れてませんが、パスがよく回って快勝したみたいでよかったです。
Kobeについては、Mayさんがおっしゃるように、確かにこれまで散々熱狂させてもらったんだし、もう少し温かい目で見守っていこうと思います(エースだから、一番厳しい目で見られるべきだと思います)。
ところでKobeはオフに取り組んでいたノウィツキばりの半身フェイダウェイを完全にものにしましたね。色々批判してきましたが、あれだけ実績のあるベテランなのに、新たな技を身に付けようとするその向上心には脱帽します。Gロックのフローターも、これから磨いて多用するようになるかもしれませんね。
そういえばまだ若い頃、ピック&ロールのDがうまくいかず、ペイトンに習いに行き、当時ペイトンが「とにかくうまくなりたいという意欲はすごくよくわかった」と言ってたのを思い出しました。根本には、バスケが本当に好きなんだろうと思います。
またどうでもいい話ですが、Kobeは最近、NFLのTEのブロンカウスキにEaglesに来ないかと誘ってくれてたみたいで(可能性0ですが)、元phillyとしてはうれしかったです。
[ 2012/02/22 01:53 ] [ 編集 ]
しかしレイカーズはホームでは無敵ですね!! 今日も快勝です
しかしホームとロードでこれほど勝率が違うんですからレイカーズの問題は選手の技術、体力ではなくメンタルでしょう。 こういう問題は昨シーズンまではなかったと思うんですがこれもヘッドコーチが変わった影響ですかね?

なにかが変われば一気に強豪チームに戻れるような気もするんですがやはり難しいですかね
[ 2012/02/22 01:49 ] [ 編集 ]
Mayさんお久しぶりです。今日は凄かったですね。
職場でPlay-by-Playを見ながらだったので、詳細を書いて頂いてありがたいです。

さて、話題は変わりますがNBA公式ページの方にシーズン中盤での通信簿が発表されてました。
まだ話題に上がっていないようなので貼らさせていただきますね。

http://www.nba.com/reportcard/midseason/2012/lakers/
[ 2012/02/22 01:39 ] [ 編集 ]
コービーいい感じですね。
今シーズンからナッシュ,ノビの片足フェイダウェイ使ってますけど精度いいですね。コービ-といいドュラントといいホントに凄すぎる。
きつい試合続きますが間違って連勝してくれることを願ってます。
[ 2012/02/22 01:17 ] [ 編集 ]
コービーがよくゴールにアタックしてよかったです。
こういうプレーがどんどん見たいです。
最近はドリブルからのストップ・ジャンパーがあまりよくなかったですから、今日のようなポストからのフェイダウェイと積極的なペネトレイトが良いですね。
[ 2012/02/22 00:07 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

相手の状態が酷かったとは言え、レイカーズの元気な姿が見れて、単純に観客として楽しめました。別に楽勝だった訳じゃ無いんですが。接戦で競り勝ってよしっ!て喜べる試合も増やして欲しいものです。

パスしすぎ(を目指す)くらいがレイカーズに合っているのでは? とパッシングゲームでの特にコービー、パオバイナムのパフォーマンスを見て改めて思いました。ボールの止まる試合で苦戦するのが何年も続いてます。
勿論今日のディフェンス相手のようにいかないので、バイナムはよパスしろよ等々,でも空いたら打てよといつもの話に戻るわけですが。

ワールドピース!コール、笑いました。なんのデモ活動だよ、あ、ロンのことか、って最初思いました。

自由に動けて存分に活躍しているコービーを見れて満足でした。でも一番印象良かったのは、バイナムのロングパスから得点したシーンでした。大好きな選手が喜んでいる姿を見るのは、特に好きです。
優勝して喜んでる姿も見たいです。何度でも。
[ 2012/02/21 22:28 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。
いや~、連戦の疲れを心配しましたが、みんなよく動いていました。コービーのドライブはもちろんブレイクもペイントにドライブしていてびっくりしました。やはり今のメンツでそれなりのPGが来れば、いいチームになりますね!

バイナムはダブルチームされた時の判断がまぁまぁ早かったです。注意されたんですかね?
相変わらず謎のワンドリブルはありましたが...。後少し改善できればもっといい選手になれるのに惜しいです。

マーフィーが一生懸命スクリーンアウトしているシーンがありました。スタッツにはでないプレイです。バーンズもお含めて裏方もできるいい選手ですね。コストパフォーマンスが悪い選手たちも見習ってほしいです。

まったく関係ありませんが、ブレイクはDr HOUSEの主人公ヒュー・ローリーに似ていますね。今日は何度もアップになったので、初めて顔をちゃんと見ました。
[ 2012/02/21 22:20 ] [ 編集 ]
今日は言うことなしです。
気分の良い日です。
さて、ロード2連戦、格上のビッグマンが居ないのだから、バイナムには頑張って欲しいです。
ガソルにはドイツの彼のディフェンスに頑張って貰いたいです。
サンダーでは、あの二人をどう抑えるかですね。
ウェストブルックは、Gロックに対応させたいですが、ルーキーには荷が重いかな。。。
[ 2012/02/21 21:57 ] [ 編集 ]
メタは「ワールド・ピース!」コールされてましたね。その効果あってか「いつもよりは」FTが入った…。ファンは何を思ってのコールだったんですかね?

カポノの件は良い話ですね( ;∀;)サンズ戦も追い上げてきたと思ったらカポノがあっさり抜かれて決められてジ・エンド…ってな感じでディフェンスに難があるので大事な場面でコートに立つのは難しいかもしれませんが、彼にスポットライトが当たることが1試合でもいいので訪れてほしいです。カポノだけでなく、マクロバーツやモリスなんかも、出番がなくても、主力が良いプレーをすると立ち上がって拍手してて好感が持てます。

ところで仮にパウかバイナムどちらかで同じプレーヤーが獲得できるとしたら、どちらが優先順位が上なのでしょうか?もちろん他のトレードや相手もあることなのでケース・バイ・ケースなのでしょうが。自分としてはパウの方が、周りとの順応もうまいし、コービーとのコンビプレイも大好きなので、パウに残ってもらいたいんですけどね。バイナムの方がずっと若いし、純粋なCは貴重なのも分かってはいますが。いろんなトレードの噂を耳にしてるとパウの方が名前が挙がることが多いので、現地ではどういった論調なのでしょうか?
[ 2012/02/21 21:34 ] [ 編集 ]
昨日の反動のような展開のような試合でしたね。

1Qの攻防で試合が決まってました。

ブレイザーズにはペイントへの侵入を許さず、逆にレイカーズはバイナム、コービー、パウでペイントを攻められたのが大きかったです。外はフィッシュが打ちまくり外しまくりましたが。

それにしてもブレイクは凄かったですね。外しても痛くない試合展開のシュートなら躊躇もしないし、あんなに決まるんですね・・・笑

バイナムの交代は、膝が心配だからと先日の練習休んだからとかでしょう。今年は珍しく怪我してませんが、ガラスの膝ですからね。

[ 2012/02/21 21:11 ] [ 編集 ]
コービーが、ガソルをトレードするのかしないのかはっきりしてほしいようなことをチームに言っているようですね。コービーは、トレードに断固反対のようですけどね。

まぁ、プレーする側からしたら、モチベーションが上がらないということでしょうか?

デッドラインまでは、こんな感じが続くんですかね~、レイカーズ。コービーも苦労が絶えなそうですね★

ガソルやバイナムがアグレッシブになればいいんですがね~。
[ 2012/02/21 21:08 ] [ 編集 ]
いつも読ませていただいています(^o^)
[ 2012/02/21 18:49 ] [ 編集 ]
フィルはそういうところがあって好きでした。81点の時はアシスタントコーチの助言でコートに残したそうですが。
ブルズ時代から例えば味方が得点ランしたらタイムアウト取って会場がスタンディングオベーションになったりしていました。
あとはレギュラーシーズンではタイムアウトをわざと取らずに選手に試練を与えたりしていた光景ばかり見てきたので今ブラウンが素早くタイムアウトを取るとあーコーチが変わったんだなと感じてしまう次第ですよ (笑)


試合の方は見れていませんがオールスターブレークがもうすぐなので少し追い込んで試合をしてほしいです。
[ 2012/02/21 18:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。