ワシントンにも負けた!!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ワシントンにも負けた!!

Game Score


1Q
出足にメタが2本続けて外し、ワシントンに先行されますが、すぐにバイナムのダンクで追いつきます。その後、終盤まで僅差で進みますが、半ばからは、常にレイカーズがリードします。ディフェンスでは、ウォールをよく抑えました。終盤コービーが、シュート2本とフリースロー3本で、7連続得点すると、終了間際には、パオがダンクを決め一気にリードを広げ、29-21の8点リードで、コーターを終了します。

2Q
開始直後にマーフィーが3ポイントを決めますが、バイナムがトラベリングと、ダブルチームからスティールされ、2連続でターンオーバーします。その間連続して得点され、点差を縮められますが、Gロックがフローターと3ポイントを決め、点差を10点に広げます。半ばには、バーンズが3ポイントを決め、リードを広げ、半ば前にマーフィーに代わって久々に登場したマクロバーツがレイアップ&1を決めます。マクロバーツは、終盤にも、トランジションでよく走って、コービーからのアリーウープダンクを決めます。レイカーズは、終盤、殆ど毎回得点し、リードを広げますが、残り5秒からのワシントンのオフェンスで、バスケットまでドライブする時間がないのに、下がって守り、ブッカーに3ポイントを決められ、64-49の15点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤は、パオがファウルを取って、フリスロー4本をきちんと決めますが、前半はよく決めていたコービーが2本外します。それでも、メタが、今日の唯一のバスケットになった3ポイントを決め、バイナムとフィッシャーがファウルを取って、フリースローを決め、半ばに、コービーのシュート&1で、20点リードになります。そこから、バイナム、コービーが外すと、バイナムのターンオーバーで、得点が止まります。その間、少し追い上げられ、終盤、パオが続けてファウルを取りますが、2回共、1本ずつ外します。その後、ヤングに3ポイントを決められますが、コービーが、Gロックと交代する前に、ジャンプシュートを決め、13点リードとします。そこから酷かったです。まず、Gロックがスティールされると、バイナムが、ダブルチームから苦し紛れに、クロスコートにパスを出してターンオーバー、次は、ブレイクが不用意なバウンスパスを出してターンオーバーと、3連続でターンオーバーをします。その間、毎回得点を許し、最後の2分間を、ワシントンの11-0で、83-81の2点リードで、コーターを終了します。

4Q
出足に、コービーが2本外します。ワシントンは、ヤングが3ポイントを外しますが、メイソンが3ポイントを決められて逆転を許すと、直後にメイソンが連続で3ポイントを決め、リードを広げられます。その後、コービーのフリースローと、パオのジャンプシュートで追い上げ、パオが上手くゴールのすぐ側のバーンズを見つけて、バーンズがダンクを決め、同点に追いつきます。その直後に、マックが外しているのに、ボックスアウトを怠って、セラフィンにプットバックのダンクを決められます。半ばには、マクロバーツがファウルを取りますが、フリースローを1本外し、同点に追いつけません。その後バスケットを交換し、半ば過ぎには、又メイソンに3ポイントを決められ、6点ビハインドにされますが、コービーが直後に3ポイント決め、3点差にします。そこからよく守り、終盤にバイナムのレイアップで逆転し、1点リードとしますが、セラフィンにフックショットを決められ、すぐに逆転されると、ローポストでボールを貰ったバイナムが、パオにバウンスパスをしようとして、パオの足に当ててターンオーバーします。その直後のオフェンスで、3ポイントラインの外で、これ以上がら空きになれないという位がら空きのフィッシャーに、コービーがパスを出しますが、見事に外し、そのリバウンドからのファーストブレイクで、セラフィンにダンクを決められます。1分を切ってから、パオのダンクで3点差に追い上げ、直後のディフェンスでしっかり守り、ウォールがジャンプシュートを外しているのに、オフェンシブ・リバウンドを取られ、ウォールにファウルし、フリースローを与えます。ウォールは、1本目を決めますが、2本目を外すと、そのリバウンドを、バイナムが、ワシントンのプレーヤーと争っている訳でもないのに、手に当てて、アウトオブバウンズにします。これでゲームが決まりました。


コービー:30得点(9-31、3PT=3-9)、4アシスト、5リバウンド、4スティール
前半は、6-13の20得点、3ポイントが2-4と好調でしたが、後半は、別人で、3-18の10得点、3ポイントが1-5でした。後半は、バスケットの近くからのジャンプシュートを、リングの手前に当てて外したり、疲れが見えました。

パオ:19得点(6-11)、15リバウンド、3ブロック
パスを貰ってすぐに打ったり、積極的にプレーしていました。

バイナム:19得点(6-8)、6リバウンド、2ブロック
リバウンドが取れません。リバウンドは、51-42のマイナス9です。オフェンシブ・リバウンドは、17も取られています。トレバー・ブッカーなんて、聞いたことがありますか?ワシントンファンと、本人の親類縁者以外は、聞いたこともないと思います。そのプレーヤーに17リバウンドも取られました。その内8はオフェンシブ・リバウンドです。全てがバイナムの責任では無いですが、パオは、15リバウンド取っています。ケビン・セラフィンも聞いたことないと思います。今日は、シュートが7-8です。プットバックダンクやトランジションでのダンクもありましたが、1オン1で、簡単にフックショットを決められたのもありました。

ゲーム終盤には、力で押して決めた直後に、ローポストでボールを貰っているのに、昨日のパオの様な消極的なプレーで、パオにパスしてターンオーバーにしました。ブッカーやセラフィンといった、名前も聞いたことがないプレーヤーにカバーされて、打つ度胸が無いなんて情けないです。打って外すのは、仕方が無いですが、こんな格下相手に打てないで、無理なパスをしてターンオーバーでは、話しにならないです。7ターンオーバがあり、ダブルチームからのターンオーバーが、3もあります。ボールを持っている時間が長いバックコートでも、7ターンオーバーは多いのに、ビッグマンが7では、多すぎます。3秒ルール違反も、時間切れが近づいてきて、チームメイトが打つと思ってリバウンドのポジション取りをしていたのに、チームメイトが打たなくて違反になるなら、仕方がないですが、ペイントの外に立っていて、つま先がペイントにかかっていたために、3秒ルール違反になったのがありました。不注意としか言いようがないです。

フィッシャー:9得点(2-6、3PT=1-2)、5アシスト、2スティール
オフェンスではカバーされていないので、ペイントまで簡単にドライブできるのに、バスケットのすぐ前からのシュートも決められません。

メタ:3得点(1-6、3PT=1-4)、3リバウンド
いつもの通り、安定して外しました。

ブレイク:無得点(0-2、3PT=0-1)、7アシスト
最近見ていて、前半はよく動くのに、後半になると、ボールを渡すだけの感じがします。7アシストの内、6が前半、後半は1のみです。ミッドポスト辺りまでドライブして行って、特にカバーもされていないのに、自分で打たないで、キックアウトしていました。余程自身がないのでしょうか?バスケットの近くまで行くことがあっても、殆ど打たないです。ディフェンスでは、簡単に抜かれるのは、能力がないので、仕方がないですが、ワシントンのファーストブレイクで、ウォールがドリブルしてくるのを、ペイントで待っているのに、すぐそばまで来たら、チャージを取る所か、脇によけて、ダンクをされました。ビッグマン相手ならまだ分かりますが、PG相手に、チャージを取ろうともしないで、よけるなんて、プロとは言えないです。フィッシャーは、シャックからチャージを取ったこともありました。能力が無くて出来ないことは、仕方が無いですが、最初からやる気がないのは、腹が立ちます。

バーンズ:7得点(3-7、3PT=1-3)、3リバウンド
3ポイントが多いです。もうちょっと、ドライブして欲しいです。

Gロック:5得点(2-5、3PT=1-1)
得点は前半だけです。この所、前半は良いのに、後半は無得点が続いています。後半になると、ブレイクがサボっているのと関係があると思います。

マーフィー:3得点(1-3、3PT=1-1)、4リバウンド
マクロバーツがプレーしたので、11分半のプレーでした。その割りには、よくリバウンドを取ってくれました。

マクロバーツ:6得点(2-2)、2リバウンド
久しぶりの登場でしたが、よくプレーしました。無駄なファウルもありませんでした。リバウンド争いに絡んだり、ゴール近辺での動きが良いです。


オフェンス
前半は、ボールよく動いたし、ボールを持っていないプレーヤーが、よく動きましたが、後半は、コービーがボールを持つと、じっと立っているだけで、コービー自身も、動き回る体力がないのか、時間切れちかくになって、難しいシュートを打つことが続きました。スターターは、攻撃のオプションが3人しかいないので、厳しいです。


ディフェンス
後半、アウトサイドのローテーションが悪かったです。最初のディフェンスが良く、外しているのに、オフェンシブ・リバウンど取られ過ぎました。五分五分のリバウンドや、ルースボールは、殆ど負けていました。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/03/08 17:50  Lakers | コメント(33)
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>TAKAさん

TAKAさんは、浦島太郎状態ですね。(笑)

トライアングルだと、ちょと乱暴に言うと、PGもSFもないですよね。「センターとその他の皆さん」という感じです。PGでも、PFでも、職務規定が、あまり変わらないです。PGは、ボールハンドルされ良ければ勤まります。それが、伝統的なオフェンスになると、トライアングルの時にはなかった、PGの職務規定が増えてきます。それが、フィシャーやブレイクでは、こなせないです。こなせるPGがいないのに、トライアングルをしたことがないHCに代えて、システムを変えたフロントにも問題があると思います。ポールのトレードをスターンに潰されたこともありますが、それは結果論で、ポールのトレードが、最初からできなかった可能性だって、ありました。


>>akrさん

一般論を当てはめたら、コービーはセレクションが悪くて、レブロンは模範的なくらい、セレクションが良いです。レブロンは、1対1なら打つ、ダブルチームされたら、パスする。それが、バスケットボールの基本ですよね?レブロンは、模範的なプレーをしているのに、どうしてあんなに批判されるのでしょうか?レブロンクラスになったら、一般論が当てはまらないからです。でも、もしダブルチームされているのに打って外したら、「○○がオープンだった。セレクションが悪い。」と言う人が出てくると思います。コービーは、その状態なんです。

仰る通り、スコアラーだけでは勝てないし、PGが#1得点源では勝てないです。シカゴが優勝できないと言う人は、それを理由に挙げます。レイカーズは、事実上、コービーがPGです。PGが#1得点源のローズの場合と逆で、#1得点源がPGをしているわけです。そういうチームでは、勝てないです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

NBAプレーヤーは、実力がピンキリなのに、1つの基準を、全員に当てはめて、セレクションが悪いと言うことに、無理があります。ジョーダンやノビツキーが打つシュートの殆どは、他のプレーヤーが打ったら、コーチから叱られます。

トロイの木馬は知りませんでした。私もフェストンは、ニューヨークのころから、それ程好きではないのですが、背に腹は代えられないという感じです。でも、フェルトンにイクセプションを使うくらいなら、他のポジションのドライブできて得点力のある人に使った方が良いですよね。



>>シジさん

仰る通り、ペリメターが、無さ過ぎますよね。そこで、コービーがポストプレーをすると、相手もみんな中に集まってきてしまいます。ボールを持っているプレーヤーは、自分が打つプランAの他に、しっかりガードされた時のプランBがないときついです。コービーが、ポストプレーをすると、パオは距離があるとはいっても、せいぜいミドルだし、バイナムは、インサイドだし、相手が内側に集まってきてしまったら、プランBがないですよね。アウトサイドのフィッシュやメタにパスは、相手が望む所だし。あまりにも、武器が少なすぎます。同じ使い物にならないのが2人いても、1人がビッグマンで、1人かPGかSFなら、パスできる人数は少なくても、パスできるエリアは広がります。それが、ビッグマン2人にしかパスできないとなると、狭いエリアにしかパスできないです。
[ 2012/03/11 17:49 ] [ 編集 ]
詳しいご説明ありがとうございます。

しかし昨日考えていたより状況はずっと悪い感じですね・・・
やはり数シーズン前は弱点と言われつつもなんとかカバーできていたPGがここにきてかなり響いてきているようですね。
しかし33?34?歳のコービーに得点、素早いGのDF、ゲームメイクなどおんぶにだっこ・・・よくこれでここまでの成績を収めているなと逆に感心します。
akrさんがおっしゃっているようにバイナムとコービーとPGで強いチームになれるとすればオドムのいない状況もふまえると開幕前のポールのトレードが成立していたならどうなっていただろうと考えてしまいます。
[ 2012/03/10 22:43 ] [ 編集 ]
シュートセレクションは悪くないんですよ。
私もこのブログを読む前まではBOXSCOREを見て、そう思う事がしばしばありました。
しかし、ここで何度もMayさんが書いてくれてるように、じゃあ誰が打つ?なんですよ。
4Qになると打たないしゲーム全体でも15本以内しか打たないバウ、若いのに体力がなく4Qにはへばってるバイナム、打たされる程決められないフィッシュとロン。
唯一の選択肢に成りうるGロックは、コービーの控えなので同時にコートに居ない。
Mayさんも指摘してますし皆さん思ってると思いますが、ブレイクの代わりにGロックでいいんですよね。
PGは、どうせコービーがやらないといけないんだから。

思い出して欲しいのは、スコアラーだけじゃ勝てないということです。
新人の頃のジョーダンはPGやりながら得点もあげてました。
チームは勝率5割。
ピッペンがPGをやりだして、ジョーダンは得点に専念出来たし無理なシュートも無くなりチームは強くなった。
アイバーソンもラリーブラウンがSGにコンバートしてファイナル進出。
そう考えると、やはりPGなんですよね、みなさんの御認識通り。
ビッグマンは、ディフェンシブな要素があれば充分です。
だから、ハワードよりPG。
若いスリーが打てる平均的なPG、コービー、バイナムで充分強豪になれますよ。
これはMayさんが何度も言ってますね。
[ 2012/03/10 10:24 ] [ 編集 ]
コービーが、シュートセレクションは、確かに悪いです。コービーの打つシートの殆どが、セレクションが悪いシュート、決めるシュートの殆ども、セレクションが悪いシュートです。セレクションを良くしようと思ったら、10本打てるかどうかです。その分、ステップアップして打つ人がいますか?



👆
コービーのセレクションは問題無いと思います。
このレベルの選手だと自分のタイミングで打てていれば見た目程の
タフショットではないのかなと。
ジョーダン然り、ノヴィ然り。
MAYさんに意見に全部賛成です。
ただ、フェルトンをリストに加えるのは反対。
ブレーザーズファンの間では
フェルトンをレイカーズに送り込むことを
トロイの木馬作戦と読んでいるそうですよ。
[ 2012/03/10 09:28 ] [ 編集 ]
コービーのセレクションはずっと問題にされていますが、ヒート戦で見せていたようなポストアップを繰り返すのがやはり効率的だと思うんですよね。以前も書いたんですが、若かりし頃はフィルからアウトサイドでのオフェンスの構築とスコアリングを一人で任されていてそれを普通にこなせていたわけですよね。
でも昨シーズン辺りからそれでは試合終盤に体力が持たなくなっているのにペリメーターでコービーを補佐できる選手を入れていないところに問題があるわけですよ。

例えばイグドラ辺りをバイナムと交換してくれたらありがたいんですけどね!
いずれにしろコービーがスコアリングに専念できる環境を整えて欲しいなと思っています。
PGでもSFでもポジションにこだわる必要はないと私は考えています。
[ 2012/03/10 09:10 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>じょんさん

私も、トレード以外に、改善の余地は無いと思います。マジックも、「トレード、トレード、トレード」と、3回並べてツイートしていました。

それに、コービーがセレクションを良くして、パスをしても、そこそこにしか決められないので、それで負けたら、今度は、「どうして自分でもっと打たなかった」と言われるんです。


>>ケビン愛さん

初めまして。

コービーが、シュートセレクションは、確かに悪いです。コービーの打つシートの殆どが、セレクションが悪いシュート、決めるシュートの殆ども、セレクションが悪いシュートです。セレクションを良くしようと思ったら、10本打てるかどうかです。その分、ステップアップして打つ人がいますか?

メタやフィッシュの本数を増すなんて問題外だし、バイナムは、1オン1でしっかりディフェンスされたら、かなり確率が下るし、大体、スタミナがないから、20本も打つ調子で飛ばしたら、4Qにはばてて、動けなくなります。パオは、メンフィスで自分が#1オプションだった時ですら、15本前後で、解説者から「今のはパスしないで打つべきだった。」とか、「アンセルフィッシュ過ぎる」と言われるくらいで、打つべき時ですら打てない、打たない。1ゲームで、2-3回、「打つべきだった」と言われることもあります。打つべきなのに打たないのも、セルフィッシュだし、セレクションが悪いと思います。

その上、パオは、本数が、12-13本以内なら、確率は60%近いかそれ以上ですが、本数が多くなると、確率が下って、50%を切ることもあります。「パオは確率が良いからもっと打たせろ」と言う人がいますが、楽なシュートだけ選んで打っているから良いので、楽でないシュートを打ち出したら、確率は下ります。

それに、バイナムや、パオを、良いポジションや、比較的オープンでボールを渡せれば良いですが、3対5でプレーしていたら、それも難しいです。まして、バイナムは、ダブルチームされたら、バッドパス、トラベリング、3秒ルール違反で、かない高い確率でターンオーバーするし。セレクションが悪くても、打てば決まる可能性もありますが、打たなかったら、可能性は0です。

コービーは、06-07シーズンは、「打ち過ぎ」、「セレクションが悪い」とよく言われました。07-08シーズンは、打つ本数も減ったし、セレクションが悪いとは、言われなくなって、コービーが40点、50点得点するのが恋しくなった、地元メディアから、逆に、「本数が少ない」とか、「攻撃的でなくなって来た」とか言われたこともあって、コービーが「今は、武器が沢山あるから、自分でいつも打つ必要がない」と、説明をしていたこともあります。それから4歳年を取っているのに、どうしていきなり、又、セレクションが悪くなって、本数が増えたのでしょうか?セレクションを改善するには、武器がないとできません。

ところで、ケビンは、ガーネット?、デュラント?、ラブ?、誰でしょうか?それとも、マーティンでしょうか?


>>KB24さん

ロンドは、出すものが大きくなると思います。


>>Maさん

パオやバイナムにも、コービーが悪い時は、「俺が何とか」という気持ちを持って欲しいです。終盤に、2本続けて決めるのは勿論、2本続けて打つこともしないです。それも、ボールを貰わなかったら仕方が無いですが、貰っているのに、打たないです。フィッシャーは、それができました。ボストンとのファイナルのゲーム3は、コービーにパスしようなんて、全く考えていなかったです。パオやバイナムは、口ばっかりで、そういう意識がないです。

2006年のPOは、色々言われますが、あの前のゲームも、コービーがかなり得点して、負けていますよね。あのゲームでは、調子が悪かったのではなくて、前半はコービーが大量得点しているのに、ビハインドでした。LAタイムスに、半年くらい前に記事がありました。自分がいくら得点しても、チームメイトも得点しないと勝てないと分かったから、パスしたという内容でした。コービーが消極的になるとは思えないので、勝つためには、そうするしかないと思ったから、したのだと思います。私は、ルークや、クワミみたいな、役立たずにパスするより、コービーが、40本でも、50本でも打って欲しかったですが。

それがあるので、多少打ち過ぎても、気にならないです。それに、コービーからパスをもらった後に、ろくなことをしないですよね。パオもバイナムも、弱気になってパスして、ターンオーバーにしたり、パスを手やお腹に当てて、ターンオーバーにしたり、判断が遅くて、トラベルしたり。パスを貰って、攻撃的に責めてのターンオーバーなら仕方が無いですが、弱気なプレーや、集中力を欠いたプレーでターンオーバーが多いです。シュートを打つことすらできないことが、ちょくちょくあります。打つにしても、7フットもあるのが、格下のビッグマンを相手にフェイダウェイを打ったり。そんなのを見せられるくらいなら、少々無理にでも、コービーが打ってくれた方が良いです。メタやフィッシュにパスは、問題外だし。


>>まめさん

噂自体が、事実かどうか、怪しいものです。トライアングルを知っているのは、スターター5人と、ブレイク、バーンズだけですよね?「一部のベテランで」ということは、バイナムは入らないです。ブレイクは、自分でトライアングルに合わなかったと言っているし、メタは、トライアングルが分からなかったと言っているし、バーンズは、トライアングルでプレーしたのは1シーズンだけなので、トライアングルに戻したいと思っている可能性は、極めて低いです。残りは、フィッシュ、コービー、パオだけです。「フィッシャーが、そんなことをメディアに漏らすとは考え難いし、コービーなら、ブラウンに直接言うか、メディアに言うなら、こっそり言わないで、はっきり言う」と言われています。


>>TAKAさん

お久しぶりです。“無事”で何よりです。

御理解の通りです。パオは、口ばかりで、プレーが伴わないです。口を開いて、非難され捲くった直後は、ちょっと良かったですが。

ジェレミー・リンは、ニューヨークのPGです。台湾系アメリカ人で、NBA初のハーバード大学卒業で、昨シーズンに、ドラフト外で、ゴールデンステートに入団して、レイカーズ戦でも、ちょっとプレーしました。シーズン後にカットされて、ヒューストンと契約しましたが、シーズン開始前だったか、開始直後にカットされて、ニューヨークと、ギャランティーではない契約をしました。2月の1週目だか2週目の金曜日が、ギャランティーではない契約の期限で、その前にカットする予定だったらしいですが、その1週間ちょっと前の、ニュージャージー戦で、怪我で欠場中だったメロが、ダントニーに、リンを使うように提案して、使ってみたら、良かったので、次のゲームからスターターで使ったら、毎ゲーム20点以上得点して、6連勝しました。その内の1勝が、レイカーズ相手です。連勝中、アマレも、弟が亡くなって欠場していました。メロもアマレもいた時は、負けてばかりだったのに、二人共いなくなって、リンが出て来たら、連勝しました。2連勝辺りから、ニューヨークのメディアが大騒ぎしだして、リンの名前に引っ掛けて、Linsanity(Lin+Insanity)とか、リンデレラとか言い出して、ニューヨーク・ポストやデイリーニュースは、毎日、一面は勿論、裏面も、リンでした。急遽、リンのジャージーやグッズを売り出しましたが、全部売り切れで、手に入らない状況でした。リンがスターターになってから、チャンドラーの得点は増えるし、殆ど存在しなかったノバックが、二桁得点が当たり前になるし、直前までは何時クビになるか分からなくて、観客が「フィル、フィル」を大騒ぎをする程だったダントーニの職は、安泰になりました。ニューヨークは、ハワードを獲得するためなら、リン以外は誰でもトレードと噂になるくらいです。メロやアマレが決めても、ニューヨークの観客は静かなものですが、リンが決めると大騒ぎになります。スパイクリーは、リンのハーバード時代のジャージを着て観戦に来ていたこともあります。メロがなる筈だった救世主に、リンがなってしまいました。バロン・デイビスは、怪我から復帰しましたが、リンのバックアップです。リンは、スカウトされだして、数字が多少下って来たのと、バロンが結構良いので、これから先、リンが良くなくて、バロンをスターターにしたくても、もしそんなことをしたら、ファンが暴動を起こすのではと、心配の声が上がるくらい、ニューヨークのファンに人気です。

アジア系のハーバード卒業は、ゴロゴロいますが、NBAでは珍しいのと、カットされる直前に“発見された”ことから、ニューヨークファン以外の、アジア系の人は勿論、アメリカ人全体に、夢と希望を与えて、凄い人気です。最近、ちょっと落ち着いて来ましたが、それでも、芸能ゴシップサイトにまで、記事があります。


>>りゅうさん

その話は、私も聞きました。出所が誰だかも分からない噂なんて、意味ないです。選手だけのミーティングなんて、どのチームだってやるし、フィルの時代でもやっていました。フィルの時は、「フィルを締め出して選手だけで・・・」なんて報道はしなかったのに、ブラウンになったらいきなり、ブラウンは蚊帳の外みたいな報道をしているだけです。


>>アレさん

バスケットにアタックできる人が、コービーしかいないのが問題です。普通は、1-3の誰かがバスケットにアタックして、ペイントに入れなかったキックアウト、ボールを貰った人がオープンなら、ジャンプシュートですが、そうでなかったら、又、バスケットにアタック。それで、又ペイントに入れなかったら、キックアウトと、オプションがありますよね?ところが、レイカーズは、コービーがアタックして、フィッシュかメタにキックアウトしたら、オープンでも決められないし、バスケットにアタックできない。又は、しても、近距離からのシュートを外す。

メタは、まだディフェンスで仕事をしますが、フィッシャーは、両サイドでできないから、どちらかと言われたら、フィッシュですよね。


>>fansさん

インタビューの一部だけ取り出すと、ニュアンスが全然違ってくることがよくあります。メディアは、わざとそういうことをして、煽ることがあります。ゲーム後のインタビューの一部だけを取り出して、「○○がこう言った!」と騒いでいることがよくあります。そう言ったのは事実だし、その部分だけ聞いたら、問題発言の様に聞こえますが、インタビューを最初から最後まで聞いていたら、全然そんなことないです。これは、アスリートに限らず、芸能人、政治家でも、しょっちゅうあります。それに、パオの言うことなんて、誰も相手にしないです。又、口ばかりの奴が、文句言っているくらいにしか思わないです。

プレーヤーがどう思おうと、球団はトレードしたかった、「Go ahead」して、トレードします。そんなの当たり前ですよね。そんなことを言うこと自体がおかしいです。球団は、プレーヤーから、そんなこと言われる筋合いないです。何時トレードされるか分からないのは、パオだけではないですよね?コービーみたいにノー・トレード条項がある人は数える程しかいないです。99%以上のプレーヤーは、何時トレードされるか分からないです。何時トレードされるか分からないから、全力でプレーできないなんて言ったら、99%のプレーヤーは、トレード期限まで、全力でプレーできないです。ロンドは、20以上(22?)アシストして、17リバウンド、17得点のゲームがありましたよね?ゲーム後のインタビューで、「トレードの噂に助けられている。」と言っていました。若手がそうなのに、いい歳して、チームメイトのコービーが、メディアに何か言わないといけないと思う様なプレー振りなんて、情けないです。昨PO中の、「嘘を噂がプレーに影響した」にしてもそうだし、甘いというか、意識が低いというか、プロ意識に欠けています。コービーがパオをかばう発言をしたあと、メタが意見を聞かれて、「俺達はみんな、同じリーグで、同じ契約を持っている。」と言っていました。誰でも条件は同じで、パオだけが特別ではないと言いたいのだと思います。メタの言っていることの方が、ずっと筋が通っています。
[ 2012/03/10 09:06 ] [ 編集 ]
コメントから感じると、今のメンバーではコービーの出来次第で勝ち負けが決まるので、ファンはコービーに要求してイライラしてしまうと思います。他の選手には期待出来ないので。ましてスターターですらも。
ここ数試合、偶然が重なって勝てているようなものなので、もっと負けていてもおかしくないです。
今は勝ち負けより、選手の入れ替えの朗報が肝心ですし、我慢したいです。最低でも優秀なガードは取って欲しいです。

そして、これ以上コービーに何を批判できるのか私にはわかりません。
[ 2012/03/10 08:07 ] [ 編集 ]
初めまして。

確かにコービーのシュートセレクションの悪さは、コービーの数少ない弱点だと思います。
コービーは、イージーショットをなかなか打たせてもらえないというのも勿論理解していますが、無理に行ってタフショットが多い。
周囲のメンバーが悪いからパスできない状況が多々あるのも事実ですが、毎回一番確率の高い選択肢を選べてるわけではない。

特にチームが負けてる時や競ってる時にコービーは自分で撃っていくので、調子が良い日はそれで勝てます。
ただコービーが衰えてきたここ数年、それで負けるパターンをよく見ます。

現状ではコービーに負担がかかりすぎなんですよね。
頼れるチームメイトがいないから必要以上に自分で打ってしまう、打たざるを得ない。
一日でも早いトレードを期待します。

ただ、やはりコービーにはシュートセレクションの改善の余地があると思います。
[ 2012/03/10 07:30 ] [ 編集 ]
CP3がいたらよかったな(-_-)

やっぱドライブしてくPGが必要だなw

フィッシュもブレイクもしないからねー

ロンドでいいじゃないw
[ 2012/03/10 05:00 ] [ 編集 ]
コービーの乱発は、味方が頼りないからというより、

「俺がなんとかしなければ。」
という責任感か、

「俺が何とかしたい。」
「俺が何とかする。」
という希望、意志なんではないかと思います。

ただ結果がうまくいかず、空回り的な感じになってしまうのでは?
結果がどうあれ、勝負にいってる気持ちは見えます。

私が、コービーに対して一番腹が立ったのは、2006年プレイオフ対サンズの第7戦の4Qです。
記憶があいまいな部分もありますが、15点程度リードされていて、コービーは全く得点を狙いにいかず、あっさり敗退しました。

「チームで攻めないとああいう状況は打破できない。」

みたいなコメントを試合後にコービーがしていましたが、

「そうゆう状況を何とかすんのがエースだろうがぁ?!」

と腹が立ったのを覚えています。

私は、ラストショットをエースが打って、外して負けるならしょうがないと思う人間なので、あの第7戦では、結果だめでもガンガン行って欲しかった。

ただ、今回のような乱発を、肯定するわけでもありません。

・・・なにを言いたいのか自分でもわからなくなってきましたw
難しいですね、バスケってw
とにかくGo LAKERS!ですw
[ 2012/03/10 00:10 ] [ 編集 ]
味方が打っても確率が低いからコービーが打った方がいい、という考えは間違っています。コービーの判断も間違っています。そんな考えではいつまでたってもチームとして向上しません。コービーはもっとチームプレイを考えるべきです。そうすれば自分へのマークももう少し分散されると思います。前回のボストン戦の前半はいい感じでした。
[ 2012/03/09 22:33 ] [ 編集 ]
>りゅうさん

結局、最高峰のNBAであっても、自分のせいじゃなくて他人のせいにする人間の性は変わらないんですね。どうして自分達の実力が足らないと思わないんでしょうかね?今のレイカーズじゃ、きちんとしたスターターレベルなのはたった3、4人しかいないから、たいして勝てる訳ないのに。バーンズだって、半分以上のチームではスターターにはなれないでしょうし。

トライアングルまたやるって、フィッシャーとメタなんかトライアングルやってた昨シーズンでもすでにかなり酷いスタッツだったんだから、今更戻しても、焼け石に水でしょうが。。。。。ブラウンは最高じゃないけど、良いコーチですよ。選手起用は若干悪いが。まぁ確かに、良いコーチ止まりで優勝できるかは、怪しいですがね。最高でも良い選手でもない奴らが、良いコーチに責任転嫁するのには腹が立つ。
[ 2012/03/09 22:01 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。無事受験が終了しました。

久しぶりに来たのであんまりよく状況を知らないですがまたメタは使えない状況でまたコービーが満身創痍でまたそのコービーに頼らないといけない状況が続いていると読み込んでよろしいでしょうか?

パオのトレードがあがっているようですがまぁまた連覇のメンバーが欠けるのは悲しいものですね。

あと全然関係ない話で申し訳ないですがジェレミー・リン?って誰ですか?
[ 2012/03/09 21:42 ] [ 編集 ]
選手の一部がコーチ不信?
LAL: 選手の一部がコーチ不信?


今シーズン、ロードで6勝14敗のLAレイカーズ:
7日の試合(@ワシントン)でも、21点のリードを守りきれずに逆転負けを喫しているが、レイカーズの選手の一部には、マイク・ブラウンHCとコーチングスタッフがチームにとって正しい戦術を持っているのか、不信感を持つ向きもあるらしい。

一部のベテラン選手は、昨シーズンまでチームが採用していたトライアングル・オフェンスの採用を希望し、選手同士で個人的にミーティングを行って、トライアングル・オフェンスの基本的な部分を採用することを話し合っているのだとか。

レイカーズでは、先月21日にも、コービー・ブライアントとデレク・フィッシャーが中心となって、選手だけでミーティングを行い、ブラウンHCの戦術や、ポウ・ガソルのトレードのウワサなどについて話し合いをしたらしい。

ESPN.com,
[ 2012/03/09 18:47 ] [ 編集 ]
ここまでアウェーで勝率が悪いのは、ホームとロードでのシュートタッチの違いもあるのでしょう
ロードではジャンプシュート中心より、積極的にバスケットにアタックした方がいいのかも
メッタやフィッシャーも全然ロードだと入りませんし
しかし移動や疲れなどもあり、どうも物事が良い方には進まない理屈になってしまってます。
フィッシャー、メッタのどちらかは絶対に代えないと
どちらも代えないとですね。
自分ならフィッシャーですね。
トレード期限まであと少しですが、GMは仕事してくれるのか?
昨シーズンのこともあるので心配です。
[ 2012/03/09 17:03 ] [ 編集 ]
If there is movement and I am one of those involved, go ahead. No problem
Mayさん

返事をありがとうございました。私は逆にスペインのメディアですからこそ、パオが本音を洩れてしまったのではないかと思います。
自分もKobeの大ファンですが、下位チームとの2連敗の負け方に本当に頭にきました。Kobe一人のシュート回数はスターターの他4名の合計と一緒であるなんて、あまりにもバランスが悪すぎですね。
現在はトレードしか期待できませんが、パオからも下記発言があり、
スペイン語:
"Si hay movimientos y yo soy uno de los implicados, adelante. No hay problema"
英語:
: "If there is movement and I am one of those involved, go ahead. No problem"

自分はトレードを受け入れるという。
もしかしたら、もうすでにどこかのチームとある程度話ができて、パオもそれを知っているから、そういう発言をしたのでは?

Source:http://tinyurl.com/6ttrp8m
[ 2012/03/09 16:44 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>fansさん

これは、スペイン語からの翻訳なので、微妙なニュアンスは、正しくないかもしれないです。それを踏まえて、パオがこういう発言をすると、だれも、賛同しないですよね。逆に、そういうことを言う資格がないと言われます。「もっとボールに触りたい」発言の時も、ケチョンケチョンに言われました。ゴールの目の前でボールを貰っているのに、自分でシュートを打たないで、パスしてターンオーバーにするのが、アンセルフィシュなんでしょうか?高い給料を貰っているのに、コービーが悪い時でも、自分がチームを引っ張るという意識が、かけらも見られない方が、セルフィッシュだと思います。


>>せーのさん

点を獲れる人も、動いて、相手のディフェンスを崩せる人も、コービー1人しかいないです。


>>UWさん

普通は、ボールを持っている人が、誰にパスをするかを決めるなら、4者択一ですよね?それが、レイカーズのスターターがプレーしていて、コービーがボールを持ったら、2者択一で、半分です。それも、その2者が、1-3ポジションなら、コートのどこにいてもパスできますが、ビッグマンだと、ペイントから離れた所にいたら、パスする意味がないです。せめて、もう1人いたら、多少楽ですが。


>>ぽんさん

ありがとうございます。

私も、早くそういう記事を書きたいです。

全然上から目線ではないですよ。PGは欲を言えばデロンですが、現実的ではないので、実際に可能性がある人なら、ヒューストンのロウリーか、シャーロットのオウガスティン。その次が、クリーブランドのセッションズか、ポートランドのフェルトン。ヒューストンのドラギッチも良いですが。


>>魚さん

1人でもガードしなくていいのがいたらきついのに、2人もガードしなくていいのがいたら、たまらないです。メタなんか、アウトサイドにいたら、走って来る所か、慌てて離れて行かれるくらいです。メタはディフェンスが良いから、出しておきたいなら、せめて、フィッシャーを下げて欲しいです。


>>かずさん

後半に足が動かなかったのは、疲れがあると思います。

終盤に、得点を全く期待できない人が2人もプレーしていることに、問題があると思います。ビッグマンも、ここという所では、逃げてパスするし。それも、今回が初めてではないですよね。パスしてターンオーバーもそうですが、最初からパスを手に当てて落したりとか。終盤に、情けないプレーが多いです。


>>SHAWさん

私も、結構、今の内に負けておいて、ミッチとジム・バスにプレッシャーがかかった方が良いと思う部分もあります。

バイナムとハワードの1対1は、あり得ないですが、大人数が動いて、PGが獲れるというのは、あるかもしれません。


>>まめさん

ヘラヘラしていたのは、気が付きませんでした。東でのゲームは、早いので、録画して後で、結果が分かってから見ているので、気が付かないこともあるんですよね。

PGは、2人共代えないと困ります。SFは1人いればいいですが。一体、いつまで、メタを使うつもりなのでしょうか?ビッグマンは、4人はいないと、バイナムが脱落した時に困るので、マクロバーツは出さないと思います。


>>匿名の方

必死にやっていて抜かれるならまだしも、よけるのは情けないです。それも、でかいのが走ってくるならまだしも、同じPG相手に。


>>ロンロン大好きさん

本当に、情けないです。終盤は、ガス欠もあったと思いますが。マジックも頭に来て、トレードしろとツイートしているみたいですよ。


>>akrさん

武器が少なすぎます。相手からしたら、フィッシュとメタは、ガードしなくて良いので、楽なものです。

昨日はバイナム、一昨日はパオが、肝心な所で、格下のビッグマンを相手に、打たないでパスしてターンオーバーにしています。どちらがオールスターか分からないです。


>>tskさん

確かに、後半は、ディフェンスでのローテーションが遅いし、ルースボールへの出足も、1歩遅かったです。バックトゥーバックもありますが、時差がある所への移動の辛さは、時差のない日本に住んでいる人には、分かり難いかもしれません。特に、西から東が辛いです。若い人も欲しいし、兎に角まともに得点できるSFと、PGができるPGが欲しいです。


>>LAXさん

点差が開くと、ブレイクが途端にドライブをしないで、単にボールを渡し始めます。他にも、原因は色々あると思いますが、昨日ベンチがリードを吐き出したのは、それが原因だと思います。


>>ゾロリせんせさん

初めまして。

コービーのショットセレクションは、悪いと言えば、悪いです。でも、fansさんへの返信でも言った様に、選択の種類が少ないです。レジー・ミラーも、以前に、「それなら、誰に打てと言うんだ。」と言ってましたが、その通りだと思います。そもそも、PGではないコービーに、フィッシュもブレイクもできないので、PGをさせておいて、パスを出す相手は、2人しかいなくて、しかも2人共ビッグマンなので、ペイントの近くにいて、コービーがドライブして相手がペイントに集まってきたら、ビッグマン自身もオープンになり難いです。それも、相手は、メタやフィッシュがアウトサイドから打ってくれたら儲け物なので、2人は放っておいて、ペイントに集まって来ます。

フィッシュが打つ3ポイントは、殆どが、コービーからのパスです。昨日も終盤、パスをもらって、がら空きなのに外しました。マーフィーにも、コービーはよくパスしますが、どのゲームか憶えていないですが、オールスター後のゲームで、バスケットの正面で、コービーからパスを貰って、オープンなのに、エアーボールにしました。決まらないのは仕方が無いですが、プロが、真正面から、がら空きで打って、ボールをリングにも当てられない。あんなことをされたら、パスしたくなくて、当然だと思います。ブレイクが怪我で欠場中、GロックがPGでコービーとプレーしている時は、よくコービーからパスを貰って3ポイントを決めていました。2-3回続けて、Gロックにパスを出していたこともありました。昨日も、フェイクだったのかもしれませんが、アウトサイドから自分で打とうとしたら、マクロバーツが走ってくるのが見えたのか、打たないで、アリーウープにしました。決められる人がいたり、ビッグマンが良いポジションを取ったら、パスします。


>>のささん

ブレイクは、消極的もありますが、NBAのPGとしては、実力不足です。以前にも何回か話題になっていますが、ブレイクにアシストする人がいないと、活きないです。

消極的なのは、ビッグマンです。肝心な所で、パスして逃げます。4Qの途中まで良いのに、終盤にボールを貰うと、途端に消極的になります。終盤は、コービーにやってもらうことに慣れているのでしょうね。私もビーズリーが欲しいです。PGは絶対に欲しいですが。


>>fansさん

スターターで、終盤の競っている場面で、打てるのは、3人しかいないです。昨日は、コービーががら空きのフィッシュにパスしましたが、外しました。コービーがいくら当たっていなくても、フィッシャーやメタよりはましですよね?ビッグマンは、自分でドリブルしてシュートを打てないので、誰かがパスしないといけないですが、PGのフィッシュにはそれができないです。結局、コービーがボールを持って、ビッグマンが良いポジションだったらパスできますが、そうでなかったら、ただボールを渡しても意味ないです。それに、普通は、PGがドライブして、しっかりカバーされなかった自分で打つ。カバーされたら、アウトサイドにキックアウトしますよね?でも、コービーがドライブして、カバーされたら、キックアウトする人がいないです。アウトサイドから、メタやフィッシュにがら空きで打ってもらうより、ペイントでダブル、トリプルされているコービーが打った方が、確率が高いです。だから、シーズン当初は、ゲーム終盤、役に立たない、フィッシュを出ださないで、ブレイクを出していたのだと思います。それが、ブレイクもだらしないので、最近はフィッシュを出していますよね。最初から、コービーは、2人しかパスする相手がいなくて、2人共ビッグマンなので、良い位置でボールを渡さないと意味無いです。そこで、自分で打たないといけない状況に、常になります。ブレイクも駄目なら、Gロックを出すとか、工夫が無いですよね。
[ 2012/03/09 15:47 ] [ 編集 ]
With Kobe Bryant firing away, Pau Gasol addresses Los Angeles’ ‘selfishness’
ガソルはもう我慢できなかった。チームの中にセルフィッシュなやつがいるという発言をしました。
"(There is) lack of concentration, overconfidence and a certain level of
selfishness, in general. I'm not a person or a selfish player, but we have to
move the ball more, and we have to look further the team game, because we
have enough talent to use different players," said an upset Gasol to the
Catalan public radio.
ソース:http://tinyurl.com/7pxmt2t
[ 2012/03/09 13:02 ] [ 編集 ]
ここ二日はコービーが悪いですね
他にバックコートで点取れる人いないのでコービー悪いとお手上げですね。
[ 2012/03/09 12:31 ] [ 編集 ]
コービーのセレクションの悪さ、打ちすぎを非難する人いますがそうさせてるチームが悪いですね
セッションズ早くきて
[ 2012/03/09 09:06 ] [ 編集 ]
二度目のコメントです。
毎日拝見させていただいてます。
更新ありがとうございます。

デトロイト、ワシントンに負けたのはさすがにへこみます。
1日も早く
【速報!○○獲得!】なんて見出しの記事が見たいですw
ところで、あまりこういうのは、お好きではないと思いますが、Mayさんが望むロスター、いや、PGは誰ですかね?w
なんか上から目線なコメントになっている気がしますが、全くそんなつもりはありません。気分を害されたら申し訳ないです。

【速報!○○獲得!】
の記事楽しみにしてますw
[ 2012/03/09 02:10 ] [ 編集 ]
そろそろブラウンも何か考えるべきなんじゃないでしょうか? 一時期上がったコービー3番、2番Gロックも試してないし、(まあpgがあの体たらくではという意見もあるでしょうが、)終盤もつれたときにメタにボールが行っても、期待できないし、 多分ブラウンは自分の売りとしてのDを意識する余り、シュートはあれでもメタをつかいたいのでしょうか、bleacher reportでも読みましたが、スターターが終盤が出てくると、Bigには一人づつ付けて、コービーにダブル、メタとフィッシュの二人には一人のみでポジションによってはコービーにトリプルもありとすると、超効果的だそうです。、確かにその通りだと思いました。小学生にでも明らかなことだと思います。
コービーがもう少し若くて怪我がなければ切り抜けていたかもしれないですが、現状はいくらなんでも負担かかり過ぎでしょう。 ブラウンも切り替えてほしいのです
[ 2012/03/08 23:22 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
2日連続でくやしいです~~...。

今日の試合は今シーズン一番ひどかったと思います。後半は足が動かずディフェンスが全くできませんでした。オフェンスリバウンドも取られ過ぎで、見ていてイライラしました。

今日のコービーは正直に打ち過ぎでした。疲れが足に来ていて後半はほとんどシュートが入りませんでした。でも他に誰が打つのよっていうのが、今のレイカーズの状態です。誰も積極的にボールを欲しがりませんよ。バイナムも足にきてましたし、パオは性格上良くも悪くも積極的にはなりません...。
PGとSFが頼れない現状、コービーが打つしかないんじゃいですか?
後はもうフロントに頑張ってもらうしかないですね。
[ 2012/03/08 22:43 ] [ 編集 ]
去年のプレイオフのマーベリックス戦を思い出させるような逆転劇ですね(--;)


ただトレードデッドラインが迫っているので、言い方は悪いですが試合結果より補強の方が気になります笑


ちなみに私はハワードよりもPG+層を厚くするトレード(FA)を願います(^_^;)


まぁバイナムがそのままハワードになるならいいんですけどね…
[ 2012/03/08 22:26 ] [ 編集 ]
今日の3Qでの気の抜きようには呆れました。21点差ついたら、コービーとバイナムはヘラヘラしてましたからね。コービーはシュートをはずすより、そっちの方が困る。さらには、ベンチまで楽勝ムードにひたってましたよね?自分達の実力をわかってるんですかね?ベンチだけなら、下から5番以内もあり得るのに、なぜか気を抜いて、相手のベンチに一気にやられるとか。。。。

補強は絶対に一人じゃ足らないですよ。せめてセッションズクラスを3人は連れて来ないと。

ただ、久しぶりに10分以上出たマクロバーツが、持ち味をある程度出せてたのは収穫でした。若い・安い・ビッグマンの3拍子揃ってれば、それなりのガードと変えれるはず。OJ・メイヨとのトレードが消えてなければいいんですけどね。スペイツいるからもういらないのかな?
[ 2012/03/08 21:26 ] [ 編集 ]
ブレイクスルー
ブレイクのウォールへのDは本当にがっかりですね。
PG補強してくれないかな、もう誰でもいいからw
[ 2012/03/08 21:17 ] [ 編集 ]
あちゃ~20点リードを守れなかったですか…しかもウィザーズ相手に。連覇時の試合巧者ぶりをもう現チームには望めないのかもしれませんね。トレード期限まで残り少なくなりましたが、PGの補強だけは最低限フロントは職務をはたしてほしいです。俺の大好きだったフィッシャーは勝負強くて頼りになり、チームの勝利に地味ながら貢献できるタフな男だったんだが、今はどんどんそのキャリアに汚点を塗り重ねている状況な訳でフロントにはフィッシャーを守ってほしい。もうボロボロになるフィッシュは見たくない。今まで築き上げてきた経験を次の世代に伝承する時がもう来てます。
[ 2012/03/08 20:48 ] [ 編集 ]
コービーの不調もありますが、3Qに21点差から僅差まで追い上げられたのが敗因ですよね。
4Qの僅差になれば、エースが打つしかないわけですが、周りの協力がないので楽なシュートは期待できず。
連戦の4Qですから、こういう日もあります。

。。。しかし、バウ、もう少し攻めてくれー。
連敗は痛い。
やっぱ、バイナムやな。
連戦の時こそ、若さでチームを引っ張って欲しい。
[ 2012/03/08 20:09 ] [ 編集 ]
ウォールはあんま活躍してないですが、無名な選手にこんだけやられるのはがっくりきますね…
ただ、彼らにやられたのは彼らの若さと、レイカーズの選手の疲れが原因だと思います
若さが欲しいです。
そういう面でもビーズリーはとるべきだと思います
個人的にはデリックウィリアムズの方がいいですが
デロンをとれるなら、主力の放出も考えていいと思いますが、最近はビックトレードをするより、ベテランをまあまあの若い選手に上手く代えていくトレードをして欲しいと思ってます。
[ 2012/03/08 20:09 ] [ 編集 ]
最悪ですね。ほんとにもう。
WAS相手に21点差をひっくりかえされるなんて。

昨日はともかく今日は楽勝と思ってたのに...
でもLALのAwayの勝率は、WASのHomeの勝率と互角なのでこんなもんでしょうか...

今日は、96年12月17日、MJ率いるCHIに22点差を逆転されたのに次ぐ逆転負けです。
[ 2012/03/08 19:45 ] [ 編集 ]
はじめまして、初投稿です。
いつもこちらのサイトを読ませていただいてます。毎ゲームこうして記事を作っていただいて、ありがとうございます。

ところで、昨日のピストンズ戦もそうですが、コービーのショットセレクションが悪いような気がします。彼の乱発は別に今に始まったことではないですし、それによる爆発でこれまで何度も負けゲームを勝たせてももらいましたが、今日のように、コービー自身が不調の時くらい、もう少しガソルやバイナムに持たせてあげてほしいです。

PG、SFが計算できない故、コービーの負担も大きいのは重々承知ですが、だからといってあまり好き勝手打たれたらチームオフェンスも糞もないです。

もう若いころのような支配力はない訳ですし、もう少し、もう少しだけでもボールをシェアしてあげてほしい。チームの為に必死にやってくれているのは解っているんですが、やはりこれではチームの為にもコービー自身の為にも悪いような気がします。

ブラウンも、良い意味でコービーをコントロールしてあげてほしいです。

愚痴みたいになってしまって、すみません…。
[ 2012/03/08 19:14 ] [ 編集 ]
昨シーズン以来という、めちゃくちゃ久しぶりにコメントさせていただきます。今日の試合は見れていないので本当はコメントすべきではないのかもしれませんが。こんな時でも更新してくださるMayさんに感謝してます。まさかWASにも負けるとは、ガッカリです。しかも、21点差を跳ね返されるなんて!少なくとも二連覇の時は三連敗はあったけれどこんな酷い負けはなかったはず。今年のレイカーズはチーム全体の士気が下がってませんか?優勝してやろうという意気込みがあまり感じられないような気がするのですが・・・。コービーはプレイオフが大事だと言っていますが、その言葉に甘えているプレイヤーがいるのでは?と疑ってしまいます。Mayさんがよく「全力でやろうとしていない」、「消極的」だとおっしゃっているとおりだと感じています。今日はブレイクが「消極的」みたいですね。コービーが疲れているときにアグレッシブにプレイしてくれる選手が欲しいと思っています。そういう意味でボクもビーズリーをとるのはいい案だと思うのですが、PGが変わってくれた方がベターですよね。バイナムは押し込めないみたいなので、PGで合わせのパスを出せるような選手が来てくれれば一気に攻めやすくなるはず。ドリブルで押し込む必要もないですし。それと、みなさんが「コービーを見れる時間はもう限られている」と言っているのを聞いて思ったんですが、フロントは「コービーがいる間に優勝できるレイカーズ」を作るのか「コービー後のレイカーズ」を作るのか悩んでるんですかね?もし、「コービー後」を目指すならパオは駒としても使ってもいいと思いますが、「コービーで優勝」を選ぶならパオは出さないべきだと僕は思います。パオには衰えてもコービーのように新たなスキルを身につけるだけの力があると僕は思っています。

今日のレイカーにとってのグッドニュースはネッツのファーマーがブザービーターを決めてくれたことですかね。

長文失礼しました。
[ 2012/03/08 18:36 ] [ 編集 ]
試合を実際に見てないですが、Scoreだけをみると、Kobeはやはりシュートを打ちすぎだと思ってしまいます。Kobeにも責任があるですが、コーチの無策ぶりが痛々しいですね==
[ 2012/03/08 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。