出足は良かったけれど・・・・

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

出足は良かったけれど・・・・

Game Score


ゲーム・ハイライト



1Q
序盤は一進一退で進みます。出足に、セフォローシャとウェストブルックには決められましたが、デュラントは、メタが良いディフェンスをして抑えました。バイナムが、久しぶりに、ゲーム序盤から、ディフェンシブ・リバウンドを取りました。オフェンスでは、出足に、パオからバイナムのアリーウープが決まると、コービーが続けて決めます。半ばまでは、リードを許しますが、セッションズがドライブしてレイアップを決めると、セッションズがパオに良いパスを出し、パオがダンクを決め、逆転します。半ばからレイカーズのディフェンスが締まり、5分近く無得点に抑え、オフェンスでは順調に得点して、終盤には、11点リードにします。残り、2分ちょっと、タイムアウト後に、ウェストブルックのフリースロー前にフィッシャーが登場すると、観客が総立ちの拍手で迎えます。レイカーズは、終盤登場したバーンズ、マクロバーツが、トランジションでよく走って、それぞれレイアップ、ダンクを決めリードを広げます。デュラントは、メタのディフェンスが良く、残り1分ちょっとで、ダンクを決めるまで、0-8でした。30-18の12点リードで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、バーンズ、メタ、マクロバーツ、パオでスタートします。序盤、レイカーズは、全く得点できません。最初のバスケットは、開始後3分、6回連続でオフェンシブ・リバウンドを取った後の、バーンズのレイアップでした。一方、オクラホマシティーは、開始直後は苦労したものの、ハーデンにレイアップを決められると、次の3バスケットと1フリースロー、7得点を、フィッシャーに続けて決められ、5点差に詰められます。フィッシャーのシュートは、3本全て、オフェンシブリバウンドからでした。半ばには、パオが連続で決めると、珍しく、ブレイクがドライブしてれいああぷをきめ、コービー、セッションズも続きますが、オクラホマシティーも、毎回の様に得点するので、点差が殆どひらきません。終盤に入っても、相変わらず、オフェンシブ・リブアンドを取られ続けます。その上、ルースボールというルースボールは、全てオクラホマシティーに取られました。終了間際に、コービーがフリースローで得点し、7点リードにしますが、イバッカにフリースローラインの後ろから、ブザービーターのジャンパーを決められ、49-44の5点リードで、ハーフへ。

3Q
開始直後のオフェンスで、パオがファウルしターンオーバーすると、直後のディフェンスで、すぐファウルし、開始後1分しない内に2つのファウルをし、ゲームで3つ目のファウルとなります。そして、10分を切った所で、4つ目のファウルをし、このコーター2分ちょっとプレーしただけで、ベンチに戻り、マーフィーが登場します。その間、パオのフールからのフリースローで4点取られ、直後にウェストブルックのレイアップで逆転されます。その後は、バスケットを決められるか、外せば、オフェンシブ・リバウンドを取られ、そこからセカンドチャンス・ポイントを取られます。半ばには、レイカーズは、バイナムのフックショットと、メタの3ポイントが決まりますが、それ以外が決められません。半ば過ぎには、9点ビハインドにされますが、コービーが続けてファウルと取って、フリースローで得点すると、ブレイクが、レイアップとドリブルしてのジャンプシュートを連続で決め、3点差に追い上げます。ところが、そこから、ウェストブルック、パーキンスに続けて決められると、又、オフェンシブリバウンドからの得点を与えます。終了間際には、インバウンドパスからドリブルしたウェストブルックが、3ポイントラインの遥か後ろから、前のめりにジャンプして打ったシュートが決まり、78-68の10点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
出足にバスケットを交換した後、ハーデンにフリースローを与えますが、2本共外します。ところが、そのオフェンシブ・リバウンドを、パーキンスやイバッカなら兎も角、コリソンがパオの前に入り込んで取って、ティップショットを決めます。これで12点ビハインドにされると、ウェストブルックがダンクとレイアップを続けて決めると、デュラントがアウトサイドからドライブして、ダンクを決め、半ば前に、18点ビハインドにされます。その後、コービーがファイダウェと3ポイントを決めますが、ハーデンに3ポイントを返され、点差が縮まりません。半ばからディフェンスが締まり、メタの2本の3ポイントで、追い上げますが、点差を9点に縮めるのが精一杯でした。


コービー:23得点(7-25、3PT=1-3)、2アシスト、9リバウンド
最初の2本を続けて決めて、出足は良かったのですが、その後尻つぼみでした。最近、このバターンが多いです。41分近いプレーです。

パオ:13得点(4-11)、6リバウンド
オープンのジャンパーが決まりません。パーキンス、イバッカとリバウンド争いをすると、勝ち目がないです。ファウルトラブルのお陰で、32分ちょっとのプレーで済みました。いつもはファウルが少ないパオが、続けてファウルをしたのは、疲れで脚が動かないせいかもしれません。

バイナム:25得点(10-15)、13リバウンド、4ブロック
オフェンシブ・リブアンドが7と、ありがたいのですが、逆に、ディフェンシブ・リバウンドを、もう少し頑張って欲しいです。特に、今日は、パーキンス、イバッカ、コリソン、3人合わせて、12オフェンシブ・リバウンドも取られています。

2Qに、フェイクに引っかかってジャンプした後、着地の直後にブロックしたのは圧巻でした。リーグのブロックリーダー、イバッカは、平均4以上だそうですが、今日は3でした。バイナムが、ブロックリーダーになれないはずがないです。

最近、MVP候補の会話には、デュラント、レブロンに並んで、ケビン・ラブの名前も挙がります。ラブは、NBAで一番全力でプレーすると言われています。バイナムが、毎ゲーム両サイドで、ラブ程でなくても、手を抜かないでプレーしたら、ラブ以上の成績が出せて、MVPの会話にも、名前が登場するかもしれないです。ところが、それ所が、3ポイントのお陰で、ジョークネタにされています。どうしてこの程度で満足してしまうのか、勿体無い限りです。

メタ:9得点(3-13、3PT=3-6)、9リバウンド、2ブロック
1Qのデュラントに対するディフェンスが良く、メタがプレーしていた時は、デュラントは0-8でした。3Qも、3ポイント1本、1-1と、シュートを打つことが出来ませんでした。デュラントが苦労しているのに、デュラントがプレーしている時に、メタを出しておかないで、ローテーションはいつも通りでした。シュートは相変わらず酷いです。

セッションズ:7得点(3-6)、5アシスト
余裕があった1Qに4アシストです。オフェンスが上手く行っている時は、セッションズが絡んでいるのに、上手く行かなくなって来たり、ビハインドになると、以前の3人でオフェンスするパターンに戻ります。

バーンズ:6得点(3-5、3PT=0-1)、2リバウンド
ディフェンスで、デュラントに付いて行かれませんでした。

ブレイク:6得点(3-5、3PT=0-1)、2アシスト
珍しく、レイアップが2本もありました。

マクロバーツ:4得点(2-3)、2リバウンド
15分半のプレーでした。

マーフィー:無得点(0-1)、0リバウンド
6分半のプレーでした。


オフェンス
前半は、メタが0-6と、1人で脚を引っ張っていた以外は、よく決まっていました。ボールも動いていて、21バスケットに対して、12アシストがありました。後半は、ボールもプレーヤーも動きが悪く、14バスケットに対して、3アシストしかありませんでした。3Q開始直後に、パオがファウルトラブルで、ベンチに下ったのが響きました。

ディフェンス
前半は、デュラントとウェストブルックを合わせて8-26と抑えていたのに、後半やられました。ウェストブルックはターンオーバーが多いのに、今日は、トラベリングによる1のみでした。ディフェンスで、プレッシャーをかけられなかったということです。ディフェンスそのものが、それ程悪い訳ではないのに、オフェンシブ・リバウンドを取られ過ぎで、ルースボールで、全部負けたのが、厳しかったです。ウェストブルックが、エルボーからのジャンパーを決め続けているのに、何故かディフェンスができませんでした。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/03/30 18:20  Lakers | コメント(25)
ロンロン大好きさん&LAXさん、こんにちは。
>>LAXさん

ラブは5年のマックス契約の提示を断って、わざわざ4年にした位なので、移籍を考えているはずです。UCLAには1年しかいなかったのに、家はロサンゼルスにあって、オフはロサンゼルスで生活しています。レイカーズに来てくれる可能性は充分あります。4年後ですが。でも、ミネソタは、パオが欲しいみたいなので、トレードもあるかもしれません。ミネソタは、ラブではチケットを売れませんでしたが、ルビオのお陰で、売り切れです。


>>ロンロン大好きさん

残念ですが、実力差を認めるしかないです。役割分担が明確にできているチームは強いですよね。レイカーズは、本来の仕事ができなくて、それ以外が専門の人はいますが。ディフェンスの専門家だけれどオフェンスがさっぱりのSF、スポットアップシューターだけれど、ゲームの組み立てができないPGとか、オフェンスでは申し分ないけれど、相手にオフェンシブ・リバウンドをよくとられるビッグマンとか。

サンダーをアップセットするとしたら、いくらなんでも、8位のチームがするのは無理なので、4位と5位の勝者ですよね。でも、下手をすると、レイカーズが4位か5位になる可能性があります。
[ 2012/04/02 08:13 ] [ 編集 ]
Mayさん、私も、CP3トレードが無くなったあとも
Kobeの先のLakersのことをたまに考えるのですが、

KevinLoveのFA獲得が個人的には好きなシナリオです。
全力でのプレイもそうですが、
シューター+リバウンダーと、二つも武器を、
それもポジションでは最高レベルの質で持ってるからですね。
(そして、UCLA卒というのもおまけではあります)

MINでリーダーシップをもっと身につけて、
LALに来てくれないかと妄想してます。

2013年にはCP3とDwightもFAになるので、またドラマがありそうですが..
[ 2012/04/01 22:51 ] [ 編集 ]
サンダーは強いね…。分かりきってた事だけど。まず役割分担が明確にできてます。インサイドはディフェンスとリバウンド。パーキンス、モハメド、イバカ、コリソンとブルーワーカーが揃ってます。彼らはオフェンスでの貢献が少ない分、毎試合安定して、ディフェンスとリバウンドに貢献してくれます。アウトサイドに得点は頼るチーム状況になりますが、デュラント、ウエストブルック、ハーデンはアウトサイドが入らない日でも、ペネトレイトでフリースローがもらえるので、オフェンスの効率が凄くいいです。そこにベテランのフィッシュや、守備職人のセフォローシャなどの駒がしっかり脇を固めてるのでなるほどこれは強いなと思いました。なんか全盛期のブルズみたいな感じがします。今のレイカーズが勝つにはコビーの奮起が前提条件で、シリーズを4つ取るのは、それこそコビーが神がかり的な活躍なくしては無理かなと。願わくはどこか別のチームにアップセットしてもらって、イーストからヒートとの死闘でボロボロになったシカゴが上がってくれば可能性があるかなぁ、何て思ってます。
[ 2012/04/01 13:45 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>アレさん

ボールを持って、何か仕掛けようとするけれど、何も起こらないから、苦し紛れにジャンプシュートが多いです。1オン1から、ドライブで抜くのは、もう厳しいと思いますよ。相手も30代なら別ですが。ミニッツの多さも原因ですが、年齢もあるはずです。もっと、ボールを持たないで、動いて、パスを貰って打つ様にした方が良いのですが、恐らく、そうしようとしているのに、コービーの手からボールが離れても、ぐるっと周って戻って来たりします。これは、セッションズが慣れてきたら、改善されるのでは?

私は、スランプなのではなくて、疲れが大きいと思います。スランプは、打ち続けないと脱出できないと言うのですが、疲れが原因だったら、打ち続けても脱出できないです。ACのシュナイダーは、「プレーし続けて、打ち続けないといけない」と言っていましたが、解説者「休むしかない」と言ってます。


>>daiki24さん

ビデオをありがとうございます。

運動能力はある人なので、アウトサイドが決まれば使えると思います。ディフェンスも、バスケットの近くなら、ブロックもできそうなので良いですが、ペリメターディフェンスが、どの程度できるかになると思います。


>>たかみさん

私も、デュラントがトップだと思います。レブロンと違って、どこからでも得点できる強みがあります。今年のMVPはデュラントが獲ると思います。一時は、デュラントより先にメロが獲ると思った時もあったのですが、もう、メロがデュラントを抜き返すことは無いと思います。

シーズン序盤に、ブラウンが、確率が高い位置でコービーにボールを渡せる様にしていると言っていて、暫くそうだったのですが、又、元に戻った様な感じです。パオやバイナムにもっとボールを入れるだけでなくて、パオがもっとポストやペイントに入った方が良いです。ポストをバイナムだけと決める必要はないです。バイナムだと、ポストでしっかりディフェンスされると、ターンオーバーになる確率が高いし、苦し紛れにパスするのが精一杯ですが、パオだとそこから良いパスを出せます。


>>オカさん

フィッシャーは歓迎してもらって、サンダーファンから、最初のゲームでは、層立ちで拍手だったし、気持ちよくプレーしているのでは。子供になかなか会えないのが、辛いらしいですが。

私のブログが気に入らないと言って、毎日読んで、コメントしている人がいるからギスギスします。


>>ゆ~すけさん

フィッシャーは、優勝に近くなりましたからね。日本でも、「正直者はバカを見る」と言いますが、アメリカでも、「良い奴はビリになる」と言います。人柄の良い人が、良い思いをしているのは、気分が良いです。

POは、サンダーも厳しいですが、サンアントニオも厳しいです。どこかと違って、ベテランのミニッツ管理をしっかりしているので。


>>天使の街の湖軍団好きさん

メタは、ディフェンスでは言う事なかったのですが、折角良くても、ベンチにいたら、何もできません。

Gロックとブレイクを比べたら、ブレイクが良いのは、ボールハンドルだけですよね。ボールハンドルが悪いから、Gロックを使わないなら、それはそれで良いのですが、ブレイクのミニッツが多すぎます。

フィッシャーは、ベンチスタートで、ミニッツも少ないから、気楽にできるのでは?


>>かぼちゃケーキさん

コービーと、デュラントは、途中まで、シュートの確率が殆ど同じだったのに、終盤になるにしたがって、デュラントが上がって行ったのに、コービーが下がって行きました。ウェストブルックも、途中まで悪くて、ハーフタイムの番組中には、「2人合わせて、こんなに悪い!」と言われていたのに。

コービーは、ボールを持たないで、スクリーンから出てきて、ボールを貰って打つのは、結構上手いのですが、ボールを持って、スクリーンを使うのが、あまり上手くないと思います。パオと、ピック&ロールをやって、はまるとがら空きになって、上手くいくのでは、なかなかはまらないです。

ブレイクのミニッツが多すぎますよね。最近、セカンドユニットが、完全にブレイクとプレーになっています。


>>ゾロリせんせさん

こちらこそ、いつもありがとうございます。

去年から、最初は良いけれど、後が続かないのが多いです。

デュラントは、レブロンより上だと思います。アウトサイドが良いので。それに、レブロンは、決まらないと、打てなくなるそうです。デュラントは、決まらなくても、打ち続けましたよね?

ワールドピースは、点とらなくても、5本くらいうつなら良いですが。

バイナムは、凄い良いディフェンスをしたかと思ったら、突っ立ているだけだったり、最初から最後まで、プレーできないです。


>>かずさん

3Qが良くなかったです。やっぱり、パオがいなくなったのが、両サイドで響いたと思います。でも、ビッグマンがファウルトラブルは、有り得ることなので、今の内にヒルを使っておいて欲しいです。


>>ジェイさん

本当です。「ビデオを見た感想は?」と訊かれて、「注意していなかった。気合を入れていた。フィッシャーは、偉大なレイカーだったし、トレードされた時は、寂しかったけれど、やるべきではなかったかもしれない」と言っていました。


>>K当さん

私も、セッションズのディフェンスは、凄く良かった訳でもないですが、悪かったとも思いません。コービーは、昨季は膝が痛かったから動けなかったけれど、今年は、1月まで良かったし、オールスターの直後も良かったので、休んだら大丈夫だと思います。でも、シーズン最終の週まで、2日以上あくことがないのが厳しいです。


>>ケビン愛さん

殆どのチームは、ファンもメディアも、自分がHCをやった方がいいと思っていますよね。自分がGMをやった方が良いと思っている人も多いです。


>>akrさん

ウェストブルックには、最初にガンガン決めさせた方が良かったのかもしれませんね。(笑)

オフェンスは、駒不足だと思います。レイカーズは、トライアングルを長くやって来たせいか、スクリーンは、セットするのも、使うのも、あまり上手くない感じがします。マーフィーは、上手ですよね。

セカンドユニットは、Gロックがプレーしないで、コービーがベンチに下ると、メタが出てきますよね。だから、スピードがあるのが、バーンズと、マクボブだけになります。あまり、活かせないです。

コービーのミニッツは、いい加減何とかして欲しいです。パオも多いし、最近、バイナムも、多いです。


>>家鴨さん

初めまして。

そうなんですか。地元のファンは、1ゲームごとに、ボロクソに言う人が代わって、忙しいです。セッションズなんか、ポートランド戦くらいまでは、「次のフランチャイズプレーヤー」だったのに、ゴールデンステート戦で、4Qにフリースローを2本外したら、「ラマーン・ワールドピース」になりました。バイナムも、オーススター後は、「ハワードより上」だったのに、リバウンドをサボりだしたら、「リバウンド・アレルギー」で、3ポイント打ってベンチに下げられてふてくされたら、「アムネスティーにしろ」です。極端なんてもんじゃないです。私は、良くても悪くても、コロコロ変わらないですが。


>>国士さん

フリスローは、すっかり忘れていましたが、「これを決められたら仕方ない」は、仰る通りです。精神的なダメージも大きいですよね。

確かにメタは、まだまだ通用しますが、使わなければ、ガードできないです。POに向けて、バーンズを試したと思いたいですが。


>>shinさん

パオのファウルは、3つ続けてなので、痛かったです。脚が動かないのかもしれないです。みんな、コービーのミニッツのことばかり言うけれど、パオのミニッツだって、まともではないです。

コービーは、ちょっとレイ・アレンがやるような、ボールを持たないで、動き回って、スクリーンを使って、キャッチ&シュートが上手く行くときもあるのですが、それが上手く行かないと、時間がなくなって、変なのを打つことが多くなります。


>>UWさん

7点というだけでなく、7連続得点です。

ローテーションは、分かりません。ブレイクの起用や、ヒル、Gロックの不起用は、100歩譲って納得するとしても、デュラントを0-8に抑えているメタを、どうしてベンチに下げないといけないのか?


>>BLACK MAMBAさん

出足は、サンダーは、年寄りばっかりだからとレイカーズを甘く見ていたのでは?

レイカーズのピック&ロールに対するディフェンスは、去年から悪いですよね。ピックする人とロールする人をカバーしているプレーヤー同士の意思疎通ができないない様な感じがします。でも、去年は、簡単にスイッチして、毎回パオがPGをガードしたり、メタメタでしたが、少しは改善して来たと思います。ウェストブルックは、PGとしては大きいし、元々SGだから、得点もできるし。ルーキーの時は、ドライブ一本やりだったけれど、最近はアウトサイドもよく入るし。

バイナムは、フックは結構上手くなってきていると思います。以前との比較の問題ですが。スクリーンアウトは、できないのか、しないのか。レイカーズは、リバウンドではリーグでトップクラスなのに、オフェンシブ・リバウンドを取られることでも、トップ(ボトム?)というのが、不可解です。


>>LAXさん

MWPについては、全く同感です。そのために、契約したんでしょうと言いたくなります。

3ポイントは、ポジションに関わらず、打つ許可をもらっていないプレーヤーは、打ってはいけないです。どのチームもそうです。センターでも、オクアーは許可をもらっているだろうし、PGでも、ロンドなんかは、全く打つなとは言われていないでしょうが、アレン並みに打ったら、絶対注意されます。そういうルールなんです。

ラブは、the hardest working player in NBAと言われていますよ。私は、シカゴのノアもそうだと思います。あんな風にプレーしたら、結果が悪くても、応援したいです。ラブは、契約を4年延長したけれど、4年目は、プレーヤーオプションなんですよね。球団は、5年にしたかったけれど、ラブが4年が良かったそうです。4年後にレイカーズに来てくれないでしょうか。


>>シジさん

私も、役割分担については、同感です。パオは体力的、バイナムは精神的に、ブルーカラーはできないです。バーンズがその分やってくれていますが、フロントラインに、そういう人が欲しいです。

サンダーは、DFの寄せも速いけれど、兎に角何でも速いです。


>>のささん

ありがとうございます。本当に疲れます。最近、記事を書くのも楽しくないので、ついつい遅くなって、睡眠不足です。

前半はリードしているのに、後半ひっくり返されるのは、残念ながら、実力だと思います。強いチームは、3Q途中くらいまでビハインドでも、終わると勝っていますよね。3ピートの時のレイカーズは、ハーフにビハインドだったことが多かったです。
[ 2012/04/01 08:46 ] [ 編集 ]
コービーは疲れがあるのかと思いますが、最近特にシュートセレクションが悪いような気がします
苦し紛れに打つぐらいなら周りにいる誰かに預けてオフェンスリバウンドに備える方が良いかと
コービーはオフェンスリバウンド取る動きや位置取りが上手いですから
あとは最近特にストップした状態からのジャンパーに頼りがちですし入りません
あれはやめた方が良いかと
ドライブ警戒されればジャブステップで相手は警戒して後ろに下がりますが、最近はシュートだってもっぱら思われてドライブ警戒されてないです
しかしドライブ警戒されてなくてドライブしてもマークが中々抜けません。
なんならボールを持つ時間を短くして、ダメならパスしてまた貰うでもいいと思いますし、ムキになってシュートしても昔は入る時は入りましたが、最近は入らないです。
これがミニッツの多さや年齢からなのかわかりませんが。
とにかくコービーはシュートにいくアプローチを変えてみた方がいいと思います。
上手くいかないときは、カットプレーで上手いことゴール下に入るとか色々やってみるのもいいでしょう
最近はシュート成功率がどうにも思わしくないので、それも同じようなミスが多いので、修正もきかないぐらい厳しい状況なのかと思ってしまいます。
最近のコービーが心配です。
これがPOでずっと良くなる伏線ならいいんですが、不調の次は好調で、POでずっと好調ならって思ってしまいます。
どうにかシューツランプから抜け出してほしいです。
また同じような事書きますが、今シーズンは1試合の中でシュートスランプい陥ると中々6・7本連続で外すことが多いです。
そして外すときは大体無理なシュートでシュートタッチがおかしくなってなってるような気がします。
無理な体勢からシュートして決まれば良いですが、決まらずシュートタッチまで狂ってしまって泥沼にハマるという感じですが
本当にプレーがめちゃくちゃになってしまうのが今のコービーって感じです
コービーの大ファンとしては今の状態がとんでもなく心配です。
現地ではコービーのシュートスランプについてなんて言われてますか?
[ 2012/03/31 16:52 ] [ 編集 ]
[ 2012/03/31 15:54 ] [ 編集 ]
デュラントはレブロン同様、無我の境地にたどり着いてしまいました。
かつてコービーと同等の能力と感じた選手はマジックの時のT-mac位ですが、さらに5cmプラスしてノビツキー張りにシュートが入るという…
コービーの様な多才さやレブロンの様な派手さはないですが、ただ点を取る能力は現在1番かと思われるのですがどうですかね?
レブロンもデュラントもセレクション良くて確率も鬼なのでもはやコービーより上という意見が大方だと思います、ただ個人的にシュート打ちまくるコービー、好きですよ(笑)
かつては40本くらい打つ試合もありましたしそれこそコービーの魅力じゃないかなぁと…
最近見てて思うのはカットインが減ったというか単純にDFを抜けなくなったなぁと…そして苦し紛れのシュートで落とすパターンが増えてます。
元々難しいシュート好きなので中々変えれないとは思いますがもう少しシンプルにバスケしてもいいかもですね。
2000年代初期のファイナルで完全にシャックのサポート役に回るコービーも怖いプレイヤーだったので、もう少しパウやバイナムに預けるのも今後の為ですね。
[ 2012/03/31 15:48 ] [ 編集 ]
サンダーはやっぱり強いですね~。フィッシャーはレイカーズにいたときより生き生きとしてるんじゃないでしょうか?まわりは若い選手ばかりだしw
サンダーの二枚看板はやはり強力ですね。KDを抑えてもウエストブルックが止められませんから、暴走を願うだけですね。レイカーズだとやはりパオとバイナムに頑張ってもらわないと…。あとサンダーの選手は役割分担もよくできてますね。ブロックのイバカにディフェンスのセフォローサ、シックスマンのバーデン…。
もしかしたらサンダーはこのまま突っ走っちゃうかもしれませんねw

試合とは関係ないですが前のコメント欄がなんかギスギスしてますね。試合に勝てれば皆のフラストレーションも和らぐと思うんですけど…。
[ 2012/03/31 14:32 ] [ 編集 ]
パーキンスがまたぞろなんか言いそうですなw

とりあえずフィッシャー張り切ってんじゃねえ!!w


正直西プレーオフで負けるならここ以外とは負けないで欲しいです。
負けるなら負けるで昨年みたく何もなすところなく負けるよりは若手達にしっかりバトン渡して欲しいです(ウェイド・レブ様には渡すな笑)

あ、いや、優勝しますけどね(滝汗)
[ 2012/03/31 14:09 ] [ 編集 ]
サンダーの鬼ディフェンス
序盤こそレイカーズ優勢でしたが、
総じてインサイドのパーク、イバカ、コービーに対するセフォロージャのディフェンスに隙がなかったです。

レイカーズの得点源がスローダウンさせられ、サンダーの得点源のデュラント、ウエストブルックが最後は仕事をした、という印象でした。

メタはかなり良くやりました。
まぐれの3Pも入りましたし。

ここからチーム力を上積みしないと、POを勝ち抜けないでしょうね。

やはり、レイカーズのディフェンスはそれほど悪くはなかったですがブレイク、マーフィーがディフェンスの穴になっていたように見えました。
どうせ穴になるなら、Gロックを使って、オフェンスの方を上積みし、
マクロバーツかヒルを使って、デフェンス、リバウンドを上積みした方が良いんじゃないかと思いました。
あと、もっとセッションズがチームに馴染んでケミストリー上積み…と。

akrさんが指摘する走れるセカンドユニットも面白いですね。

プレイオフでは何らか策を使うのでしょうが(コービーをウエストブルックにつけるとか)とにかく今のままではファイナルへは進めないと感じました。

最後にフィッシャー。
のびのびやってていい感じでした。
7点も取って…。レイカーズの時より取れてるんじゃ…とニヤニヤしました。
[ 2012/03/31 13:35 ] [ 編集 ]
うーん悔しいですねぇ。何だかレイカーズの選手と一緒に自分の気持ちもゲームから離れていってしまいました 涙
最初0-8?だったデュラントが終わってみれば10-22で、出足好調だったコービーが7-25ですから、要因を考えてみるとやっぱりコービーの方がずっとタフショットが多いですよね。良いPGが来ればコービーのもっと楽なシュートが増えるかななんて考えていましたが、そんな甘いものではなかったてすね。
ファンとしてはコービーの持ち味であるタフショットを決める姿も見たいですが、年齢もありますし、スクリーンを使ったりフリーになったりしてイージーバスケットで得点を積み上げるエネルギーを抑えたコービーも見てみたいです。レイカーズのためにも。どうしてコービーの楽なシュートが増えないのでしょうか?この素人めに教えてください(>_<)

それから2ndユニットはもっとセッションズと組ましてほしいです、移籍直後みたいに。マイク・ブラウンの4Qの口が開いたままの表情は「打つ手なし…」って感じでした。8人ローテなんて堅い事言ってないで、もっと起用に柔軟性を!…長文失礼しました。
[ 2012/03/31 12:52 ] [ 編集 ]
こんにちは。いつも、ありがとうございます。

なんだか、前回と似た感じでしたかね。最初は良くて、最期はどかんと。前半にしぶとく一桁でついてこられたのが大きかった。ホームだし、前半でかたをつければ逃げられるのではないかと思ったんですが。ま、それでも追い付かれるのがレイカーズの特徴なんですけど。

コービーは、レブロンはもちろんですが、デュラントにもすっかり追い越されちゃった感じですね。それが今シーズンの正直な印象です。個人としても、エースとしても。誰も歳には勝てません!ただ、それでも彼が奮起してくれないと、このチームは脆い。本当に脆い。だから一向に彼に「楽」はさせてあげられない。

ラッセルさんについては、もうお手上げですわ。セッションズのディフェンスが悪かったようには見えません。「元SG」の恐さというものを感じました。デュラントを抑えればサンダーは狂いますが、狂ってもドタバタしながらパンチあびせてくる。彼らの底力を思い知らされました。ワールドピース、いい守備はしてたんですが、なんかごめん。デュラント抑えるだけじゃ、足りないみたいだ。けれどもワールドピースに点はとれないし。

それから、バイナムは、久しぶりにリバウンド・スコアリング双方に奮起しましたが、ディフェンスが甘いですね。ここをもうひと踏ん張りしてくれれば。それでも、ORを7つもとってくれたことに、感謝感謝。。ガソルは、なんかもうドンマイとしか。でも休めたと考えたら美味しいのかな。次戦に期待します。
[ 2012/03/31 12:02 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。ただただくやしいです。サンダーの良い流れをコービーに断ち切って欲しかったですが、難しかったですね...。

そんなにディフェンスが悪かった訳ではなかったように思いましたが、点を取られ過ぎです。

コービーは後半に行くにつれて、調子が悪くなる傾向があります。疲労があるからだと思いますが、プレイオフを考えたら、もっとミニッツ抑えないといけません。若手を使っていくしかないっしょ。

せっかく、バイナムが良かったのに、今度はパオが良くなかったです。ツインタワーがいるのに、リバウンドの取られ過ぎるのは、武器を活かせていませんね。

それにしてもサンダーはいいチームですね。このままでは、フィッシャーに先に6個目のリングを取られてしまいます。レイカーズ頑張れ!!!
[ 2012/03/31 10:35 ] [ 編集 ]
試合前にフィッシャーのレイカーズ時代のビデオが流れて、フィッシャーの功績を称えましたよね。それを、バイナムが試合後のインタビューで、「するべきではなかった」と言っていたらしいのですが、本当ですか。
[ 2012/03/31 10:02 ] [ 編集 ]
セッションズは相当張り付いてたにも関わらずやられてしまいましたね。
コービーに関しては良くなかったですね。疲れもあるのでしょう。ただコービーはこういう試合で難しいシュートを決めて強引に流れを戻してたり、要所では外さなかったんですけどね。
昨季辺りからそういう所が少なくなってきてますね
プライドが許すか分かりませんがスクリーンをやって貰ってでも頑張ってほしいです
[ 2012/03/31 09:11 ] [ 編集 ]
最近Gロックの出番がないのが気になりますね。
それ以外にも選手の起用法について、おかしいと思う部分が多々あります。
みんな「自分がHCやった方がまだマシだ」と思ってるんじゃないかな。
HCの仕事は選手のプレータイム配分だけではないですが、何故こんなに皆に叩かれてる選手起用を続けるのか理解に苦しみます。
我々には分からない事情があるにしても、明らかに酷いです。
[ 2012/03/31 07:20 ] [ 編集 ]
どうやったら勝てますかね?

デュラントには、まだメタが通用するのが分かったのは好材料ですね。
ウェストブルックのTOが1だったのも驚きです。
むしろ彼にはガンガン点をとって貰って調子に乗りすぎてTOを増やさせると、サンダーのオフェンス崩壊なんですけどね。

レイカーズのオフェンスで言えば、やはり高さを生かしたハーフコートオフェンスと絶対エースのコービーの1on1に、最近はセッションズのドライブが加わりましたが、もう一工夫が必要です。
コービーの難しいシュートは、周りが見てるだけもあると思いますが、そろそろスクリーンをもらってのジャンパーも多用して欲しいです。
ジョーダンも33歳の頃はそうでしたし。
良いディフェンダー相手にドリブルからの1on1は段々厳しいかと。

もうひとつは、若い走れるユニットを作って欲しいですね。
スタメンはベテランかつ高さで勝負なんですが、流れがわるいときはバーンズ、マクロバーツ、セッションズ、ヒルらで走れる場面も欲しいです。

フィルはスタメンで調子がでないと、思いきって若いBチームを投入して流れを引き寄せたりしてましたよね?

メンバーは居るのだから可能だと思います。
ブラウンに、その勇気と決断力を期待したいです。
そうすれば、コービーの41分のプレイタイムなんて簡単に削れると思います。
4Qの残り5分にエネルギーを残して置いて欲しい。
[ 2012/03/31 07:13 ] [ 編集 ]
適当に検索してたらたどり着きました。
他所ではレイカーズもコービーもボロクソに言ってるところが多くて悲しかったのですが、ファン目線のブログもちゃんとあることがわかってちょっと嬉しくなりました。
ピッペンが大好きで2000WCFの時はレイカーズもコービーも憎らしくて仕方なかったのにいつのまにかファンになってました。
過去の記事もゆっくり読んできます。
これからも更新期待してるので、頑張ってください。
[ 2012/03/31 05:00 ] [ 編集 ]
悔しいですが、地力の差を感じました。理由は2点です。

1つ目に、サンダーのホームだとサンダーのFT地獄にはまって、もっと点差が開いたのではないかという危惧が残る点です。各チームのGMアンケートで、最もHCAの恩恵を受けているフランチャイズで、あのユタを抜いての1位ですし、レイカーズも2年前のPO1回戦で2試合連続50FT献上で苦しんだ記憶があります。

2つ目は、スーパースターが2人いるため、「これを決められたら仕方ない」得点が多いことです。3Qのウェストブルックのミドルジャンパーは、セッションズがはりついていても連続で決められましたし、後半を通じてデュラントにもやられました。

他方で収穫ですが、未だにデュラントに対してメタのディフェンスは(FTを与えない点でも)効果的だったと思います。以前負けたアウェーでのサンダー戦では、ウェストブルックにコービーがついて抑えました。とりあえずは、サンダーの誇る2大スターをおさえる駒があると思うので、どのように打倒サンダーに照準を合わせていくのかを期待したいです。
[ 2012/03/31 00:57 ] [ 編集 ]
敗戦くやしいです。

ウェストブルックに終始やられてしまったという印象をうけました。
パオは最初調子がいいかなとおもっただけにファウルがかさんでしまって、
ベンチにひっこまなければいけなかったのでパオがもっとでてればもう少し可能性はあったかもしれません。
あとコービーは難しいシュートが多かった気がします、
正確には難しいシュートをうたされていたという感じですが、、、
もっとドライブするだとか周りがもっと補助するだとかしてコービーが打ちやすい環境を作っていってほしいと思いました。

つぎはホームでホーネッツなのでくれぐれも落とさないように頑張ってほしいです。
[ 2012/03/30 23:53 ] [ 編集 ]
フィッシャー7点とりますか

やはり2ndユニットも
問題ですね
ブレイクのプレーが歯痒い
PG若手使うなり
ローテーションが
みなさんおおせの通り
疑問に思います

[ 2012/03/30 23:12 ] [ 編集 ]
WOWOWで試合見ました。

確かに出足はThunderのdefenceが機能していなかったのとDurantとWestbrookのoffenceがなかっただけでした。

ここ何試合か見ていて感じたことはLakersの相手のピック&ロールに対するdefenceです。ここがうまく対応できれば更に硬くなるはずです。

まぁWestbrookが1番ってのはかなり強みですよね。ほとんどのチームに対してミスマッチで勝っています。そして何よりもチーム力としてもThunderが上回っていると思います。

Bynumはもっとフックシュートの練習が必要かと。Howardと比較するまでもないですが、技術が無さすぎます。あと、基本的なスクリーンアウトがまったくできていません。


Fisherの繋ぎの活躍には驚きと悔しさでいっぱいでした(笑)
[ 2012/03/30 22:56 ] [ 編集 ]
適材適所を
Mayさんやシジさんのコメントにもありますが、
サンダーの方が、個々の役割が明確で、
プレイヤーもそれを全うしてるところに強さがあると思います。

MWPはあれだけ成果をあげていたら、KDと全く同じタイミングだけプレイするように
ローテーションを工夫すればよかったと思います。
MWPの役割は「エースストッパー」ですよね、
じゃなきゃあれだけオフェンスで足を引っ張ることとつりあわないです。
仕事をすべきタイミングでプレイしなければ、意味がありません。

それは一昨日のBynumが持ち前の幼稚さを抜きにしても批判されるのは、
「ショットクロックがたっぷり残ってるタイミングで3PTを打つこと」は仕事じゃないからです。

「だってPauだって打ってるじゃん」というかもしれませんが、
それはBynumのためにペイントのスペースを空ける調整としてペリミターに出てるだけです。

Bynumはせっかく今季好調で、体格というギフトを持っています。
(もちろんその筋力を維持するために努力をしていないとは言ってません)
それを全力で活かすだけ気持ちをもってくれたらいいのですが。

私もK-Loveは、見ていて気持ちがいい選手の一人です。
ハッスルするのに才能はいらないですが、才能があってもハッスルしなくていいわけではないです。
[ 2012/03/30 20:11 ] [ 編集 ]
悔しいですが地力の差を認めずにはいられませんでしたね。サンダーが強いのは役割分担がしっかりしているからだと思います。インサイドの選手はレイカーズほど得点力もスキルもないですが、その分割りきってリバウンドには集中しています。ああいうブルーカラーの選手が1人いればなと思ってしまいましたよ。バイナムにブルーカラーを求めるのはどうも無理なようですし、ガソルはそもそも体が強くないですし。

どこのチームが相手でもそうですが、サンダーはDFの寄せが特に速いので今日の1Qのようにボールを止めずにオフェンスをしていくことが大事だと思います。
[ 2012/03/30 19:31 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。お疲れ様です。
負けたとはいえ、あの点差から9点差まで詰めれたことは良いことだと思いますし、パオのファウルトラブル、コービーの不調などあっては、今のレイカーズがサンダーに勝つのは難しいですよね。セッションズも今日の試合ではあまり活躍できませんでしたし。チーム全体が前半と後半とでは別のチームになってしまっていました。前にサンダーと戦ったときもそうでしたが、前半はほぼ互角の戦いをできるのに後半になるとやられてしまっています。この点をどう改善するかがキーですかね~。
[ 2012/03/30 19:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。