オフェンスが爆発

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

オフェンスが爆発

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



1Q
開始直後に、昨日は3-21と散々だったコービーが2連続で決めると、セッションズも続けて決めます。前半は、レイカーズはコービー、セッションズのバックコートが決め、パオ、バイナムのビッグマンが外しました。ゴールデンステートは、トンプソンとライトのウィングが決め、他は外します。序盤にリードしますが、半ば前には、ディフェンスで2回続けてオフェンシブ・リバウンドから得点を許し、追い上げられます。半ばに同点に追いつかれた後、リードを奪われ、一時は3点ビハインドになりますが、終盤に入っても、コービーが決め、ブレイク、パオがファウルからのフリースローを決めます。残り、2分を切った所で、バイナムがリバウンドから着地の際、左足首をひねって、ベンチに下がり、そのままロッカールームに戻ります。終了間際に、トンプソンに3ポイントを決められ、逆転されますが、直後に、ブレイクが滑った様にしか見えなかったのに、ジェファーソンのファウルになり、ブレイクがフリースローを決め、27-26の1点リードで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、バーンズ、メタ、マーフィー、パオでスタートします。前半は、逆転、同点を繰り返し、一進一退となります。メタが出足にレイアップを2本決め、半ばには、パオがジャンプシュートを決めると、ジェファーソンに3ポイントを決められた直後にブレイクが3ポイントを返します。かろうじてリードを保ったので、コービーを6分まで休ませることができました。バイナムの怪我で、後半に入っても引き続きプレーしているマーフィーが、オフェンスでは3ポイントを決め、ディフェンスでは、リバウンドで踏ん張ります。半ば過ぎに、ジェンキンスにレイアップ、ライトにアリーウープを続けて決められ追い上げられますが、バーンズがまず3ポイントで返すと、セッションズ、コービーが続けてレイアップを決めます。半ばから終盤まで、パオがベンチで、フロントラインは、マーフィーとマクロバーツがプレーしていましたが、その間二人共、よくリバウンドを取り、オフェンシブ・リバウンドを1本も与えませんでした。終盤、コービーとパオが続けて決め、9点リードにしますが、その後、バスケットが決まらず、ゴールデンステートには、毎回バスケットを許すか、フリスローで得点を与え、残り6秒で、1点差にまで詰められます。ここから、セッションズがベースラインからのインバウンドパスをパオに出すと、走りこんで、パオからボールを貰い、端から端までドリブルし、レイアップを決め、57-54の3点リードで、ハーフへ。

3Q
出足にパオが決めると、コービーが外したジャンパーのオフェンシブリバウンドを、マーフィーが取ると、殆どバレーボールの様に、アウトサイドのセッションズにパスし、セッションズが3ポイントを決めます。ディフェンスでは、相変わらず、トンプソンとライトにやられます。半ば前から打ち合いになりますが、ゴールデンステートは、リーがよくボールを持つようになり、レイアップを決められます。レイカーズは、コービーとパオが決めます。半ばには、12点リードにすると、脚の怪我をしたジェンキンスに代わって登場したネイト・ロビンソンに3ポイントを決められますが、今日の最初の2本のフリスローを外したセッションズが、4本続けてフリースローを決めます。終盤に入ると、レイカーズのディフェンスが良くなり、オフェンスでは、コービーとマーフィーの連続3ポイントが決まり、15点リードになります。その後、マグワイアーにジャンプシュートを決められ、89-76の13点リードで、コーターを終了します。

4Q
ブレイク、バーンズ、メタ、マクロバーツ、パオでスタートします。出足に、パオが決めますが、トンプソンのレイアップを挟み、ジェファーソンとロビンソンに3ポイント決められ、一気に7点差に追い上げられます。普段なら、ブレイクが最初の4-5分プレーするのに、僅か1分半で、セッションズが登場します。セッションズ登場後、パオのダンクと、マクロバーツの、オフェンシブ・リバウンドからの豪快なプットバックダンクが決まり、一時は、点差を広げますが、その後、リーとジェファーソンに連続でレイアップを許すと、トンプソンに3ポイントを決められ、序盤で4点差に追い上げられます。半ばに、ロビンソンの3ポイントとトンプソンのレイアップで1点差に追い上げられますが、セッションズが3ポイントを決めると、コービーのフリスローで離します。点差を詰められた直後にすぐ離していたので、それ程、追い上げられているという感じがしませんでした。半ば過ぎには、又、当たり捲くっているロビンソンに3ポイントを決められますが、直後にコービーが、3ポイントを返します。残り4分ちょっとで10点リードとし、逃げ切れそうな感じがしました。ところが、その少し後には、又、ロビンソンに3ポイントを決められ、点差を詰められると、ジャファーソンのジャンパーと、リーのレイアップ&1で、残り2分を切って、3点差に追い上げられます。ここで、コービーが3ポイントを決めますが、次のディフェンスで、又、得意のオフェンシブ・リバウンドを取られ、シューターのジャファーソンが、3ポイントラインの後ろでボールを貰っているのに、カバーに走ったメタが、何故か、ラインの2-3メートル後ろで止まり、ジェファーソンに楽々3ポイントを決められます。この直後のオフェンスで、ゴールデンステートがコービーに気を取られて、メタをがら空きにしたのに乗じ、3ポイントを決め、ディフェンスの大チョンボの借りを返しました。その直後のディフェンスでは、3ポイントのディフェンスのため、マーフィーをベンチに下げ、ビッグマンはパオだけ、セッションズ、コービー、メタ、バーンズの、スイッチできる布陣で臨みましたが、何故か、シューターのトンプソンがベースライン近くで、がら空きになります。ここで、トンプソンが3ポイントを外してくれて、助かりました。この後、故意のファウルからのフリースロー2本を、メタが外す御愛嬌つきでしたが、最後は楽勝でした。



コービー:40得点(16-28、3PT=3-3)、5アシスト
キャリア最悪の翌日は、大当たりでした。これだから、コービーは分かりません。決めたシュートの中には、昨日打って外したものより、遥かに難しいものがありました。“ノビツキー”もありました。ゲーム終盤、ジェファーソンが3ポイントを決めた直後、審判が、タイムアウトを取って、ビデオで3ポイントかどうかの確認をしましたが、その間、スコアラーのテーブルに行って座っていました。かなり疲れているのだと思います。

パオ:26得点(11-17)、11リバウンド、6アシスト、3ブロック
ジャンプシュートが安定しています。バイナムが、怪我で退場したので、40分ちょっとのプレーでした。ゲーム終盤競っていると、打つべきなのに打たないで、パスのし過ぎでターンオーバーの原因を作ることが多いですが、今日は、それが、ひとつも無く、躊躇しないで打っていました。

バイナム:得点(0-2)、3リバウンド
1Q、10分ちょっとのプレーです。骨折はなく、軽い捻挫だそうです。火曜日のニュージャージー戦は、未定です。

メタ:9得点(4-10、3PT=1-4)、5リバウンド
ゲーム終盤のディフェンスのチョンボと、直後の3ポイント以外は、良くも悪くも目立ちませんでした。

セッションズ:23得点(7-10、3PT=2-3)、9アシスト
ここで点が欲しいという所で、よくドライブして、レイアップを決めたり、ファウルを取ってフリスローを決めました。バイナムがプレーしていた1Q中も、よくドライブして決めていました。レイアップに行って、多少接触があっても、決められる、強さがあります。得点能力があるので、パスすることばかり考えないで、もっと自分で打ってくれたら良いです。昨日のニューオリンズ戦と、先週のゴールデンステート戦では、4Qにフリスロー2本を外して、ラマーン・ワールドピースと言われたりしていました。今日も、最初の2本を外してどうなることかと思いましたが、その後の7本を全部決めました。ペイントにペネトレートして、レイアップを決められる、スピードがあるプレーヤーを見るのは、楽しいです。23得点は、レイカーとしては、最多です。もっと、セッションズを、スコアラーとして使ったら、ファウルも取れるし、何より、見ていて楽しいです。

バーンズ:5得点(1-4、3PT=1-1)、4リバウンド、3ブロック
数字は良くないですが、ディフェンスが良かったです。ラッシュのダンクを、手がバスケットの後ろに押されながらブロックしたのが圧巻でした。

ブレイク:7得点(1-3、3PT=1-2)、5アシスト
やっとミニッツが減って、15分ちょっとでした。SGでのプレーもありませんでした。

マーフィー:8得点(3-5、3PT=2-3)、11リバウンド
27分のプレーで、これだけリバウンドを取ってくれたら充分です。

マクロバーツ:2得点(1-3)、8リバウンド
17分半のプレーです。バーンズと同じで、数字以上に貢献度があります。マクロバーツがプレーしていると、オフェンシブ・リブアンドを取られ難いし、オフェンスでは、全体が軽い感じがします。

オフェンス
3ポイントが10-19でした。これくらい決まると楽です。パスがよく周って、オープンのチームメイトを見つけていました。オフェンスが良いゲームは、見ていて面白いです。ディフェンスも良くないと、優勝はできないですが、92-85なんてゲームは、見ていて窮屈です。セッションズが、20点とまで行かなくても、15点くらい取ってくれたら楽です。

ディフェンス
ペリメターのディフェンスが、良くなかったです。コミニケーションのミスで、ローテーションが利かないために、簡単バスケットまで行かれるプレーもありました。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/04/02 17:18  Lakers | コメント(21)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/04 10:00 ] [ 編集 ]
シジさん、こんにちは。
全然失礼ではないですよ。情報ありがとうございます。この間、怪我の噂の時は、ESPNのサイトを見たら、何も無かったのに、今見たら、day to dayになっていました。残念です。早く見たいのに。
[ 2012/04/03 16:54 ] [ 編集 ]
追記で失礼します。
ジョーダン・ヒルはMCLの捻挫で本人曰くあと10日くらいは出れないみたいです。
[ 2012/04/03 16:36 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>古参者さん

同感です。ブロックされたのもありましたよね。コービーは調整するのが上手いです。人差し指を骨折しても、「打ち方を調整するだけ」と言って、普通に決めていました。疲れて、ジャンプできなかったら、それなりに、打ち方を調整するのだと思います。バイナムがいなくて、ポストが空いていて、やりやすかったのもあるかもしれないですね。だからと言って、バイナムは、リバウンドに必要だし。やっぱり、フィルの時代の様に、バイナムは、ディフェンスとリバウンドで、オフェンスは、コービーとパオが中心の方が、リズムが良いと思います。

4月はきついです。今シーズンは、終盤に、POで対決しそうな組み合わせを沢山組んだそうです。


>>ジェイさん

真ん中の黒人は、元NBAプレーヤーで、レイカーズでもプレーしていたノーム・ニクソンです。向かって左の白人は、スポーツキャスターのパトリック・オニールで、昨シーズンまでは、ゲーム中のフロアーリポートや、ゲーム後のインタビューをしていました。今シーズンからは、ゲーム前、ハーフタイム、ゲーム後の番組のキャスターをしています。右の大柄な白人は、元NBAプレーヤー、キキ・バンダウェイで、ダラスで、ノビツキーとナッシュとも一緒にプレーしたことがあります。引退後は、デンバーでGMもしていました。

ニューオリンズ戦の、最後のコービーの3ポイントの前のタイムアウト中のハドルで、ブラウンを始め、プレーヤーがみんな、コービーに打てと言っていたそうですが、そのハドルに、バイナムが入っていなくて、ゲーム後に、「どうして入らなかったのか?」と質問されたら、「禅にひったっていた」という様な事を言いました。そのビデオが、番組中に流れたはずです。それについて、ノームが、「リポーターをからかうために言ったなら構わないが、本気でそう思っているなら問題だ。」という様なことを言いました。それに対して、パトリック・オニールが、「バイナムが、ゲーム前に、チームメイトと一緒に、レイアップを打ったりの練習をしているのを見たことが無い。」と言っていました。

そのゲーム前の練習というのは、必ずしもゲーム当日、一切練習をしないという意味ではないです。勿論、そういう意味かもしれませんが。ゲーム前には、プレーヤーによって早い人と遅い人がいますが、みんな、Tシャツ姿でコートに出てきて、シュート練習をしています。ゲーム開始時刻が近づくと、一旦ロッカールームに戻り、ジャージーに着替え、上にウォームアップスーツを着て、開始時間の少し前に、全員で揃って出てきます。その後、全員で、シュート練習をします。その練習に、バイナムが参加しているのを見たことが無いという意味です。

それに対して、ノームが言ったのは、「プレーヤーは、ゲーム前にすることで、好きな事と嫌いな事があるけれど、全員でやることは、嫌いなことでも参加しないといけない。」という内容のことを言っていました。

ハーフタイムの番組でも、このことが話題になって、ゲーム前に全員がシュート練習をしている時に、バイナムが、通路を歩いたり、軽くジャンプしているビデオが流れました。その際に、ノームが同じ事を繰り返し言っていました。

チームスポーツのプロアスリートは、やらなかったら、出場させてもらえなかったり、罰金になったりする義務と、義務ではないけれど、チームプレーヤーとして、やるべきなことがありますよね?ゲーム直前に、全員でシュート練習をするのは、義務ではないけれど、やるべきことなのだと思います。


>>ロンロン大好きさん

ガーネットは、マリブに家があります。意外にコービーと仲が良いです。友達という訳では無いらしいですが。ホームでのボストン戦の後も、コービーが、ガーネットに何か言っていました。ガーネットは、あれだけ闘志むき出しで、「狂犬病にかかっているのでは?」とまで言われるのに、昨シーズンのゲームで、コービーがシャックにぶつかられながらシュートを決めたら、笑っていました。共通のリスペクトがあるのだと思います。ガーネットに来てもらって、バイナムをどやしつけてくれたら良いですが、バスケットボールが好きではない人に、何を言っても無駄だと思います。昨日のゲーム後の番組で、バイナムが怪我で長期休む可能性の話をしていたら、去年まで、ゲーム中や、ゲーム後のロッカールームでのインタビューをしていた人が、「休んでいる間に、ゲームに対する愛を発見してくれたら良い」と言っていました。しょっしゅうインタビューしている人から、ゲームを愛していないと思われています。ノーム・ニクソンも、それを聞いて、笑っていました。


>>国士さん

セッションズ加入後も、シュートの本数は増えていないそうです。フィッシャーが二桁行くことは、まず無かったですよね。7-8点取ったら良い方でした。セッションズだと、7-8点だと悪い方です。単純に2人の得点差を計算しても、5-10点違います。その上、アシストがあるから、10-15点は、上乗せされているはずです。3ポイントの確率は、凄いですよ。コービーよりずっと良いです。でも、コービーとセッションズが、アウトサイドでスポットアップしていたら、相手は、コービーに注意が行きますよね。だから、もっとセッションズをもっと使ったら良いと思います。

私も、ナッシュは魅力ですが、レイカーズは、ベテランと契約して、怪我されて、結局全くプレーしないで終わるケース(ディーバッツ、ラトリフ)が以前にあるので、若い人が欲しいです。ナッシュの分のサラリーは、別に使いたいです。

デュラントは、MVP確実だと思います。ただでさえ、投票する人達は、レブロンが嫌いな人が多いので、何かと理由をつけては、レブロン以外の人に投票しますが、直接対決で、圧倒したので、決定でしょう。


>>神戸くん

ありがとうございます。

私も、ブラウンは要らないですが、4年契約なので、余程のことがない限り、暫くいると思いますよ。B.スコットが、クリーブランドのHCにならなかったら、今頃レイカーズのHCだったかもしれないと思うと残念です。

私も、バイナムは、ネッツはロペスがいないし、無理にプレーさせる必要はないと思います。仰る通り、クリッパーズとは、順位がひっくり返る可能性があるので、ネッツに負けても、クリッパーズには勝ちたいです。

ナッシュは魅力ですが、バックアップPGは、怪我が心配なベテランより、若い人が良いです。それに、仰るとおり、まだバックアップにはなりたくないと思います。


>>TAKAさん

コービーは、なまじこういうことがあるから、ブラウンが一向に調整しないです。これで、昨日も2-20だったら、ちょっとは考えたでしょうが。

マーフィーは、この位のミニッツがあって、まともなPGとプレーしたら、ある程度得点できると思います。


>>かずさん

昨日はあまり疲れなかったです。

何だかんだ言っても、点の取り合いは、面白いですよね。ブラウンは、インタビューや記者会見で、「コービーのミニッツ」と、やいのやいの言われると、少し良くなりますが、すぐ、元に戻ります。

パオとバイナムは、お互い、相手に任せる部分があるのかもしれないですね。2人共、手を抜くのが得意だし。ヒルは、バイナムが退場になった時に、ちょっとだけ使って、リバウンドも取ったのですが、どうして使わないか、不明です。

確かに、ゴールデンステートのジャンパーは、しっかり守って決められたのもありましたよね。ロビンソンが、小さ過ぎて見失ってがら空きもありましたが。マクロバーツとファーフィーだけの方がオフェンシブ・リバウンドを取られないのは、問題と言えば問題ですよね。何のための7フッターか分からないです。


>>たかみさん

私も、ニューオリンズ戦の方が、セレクションが良かったと思います。

スパーズは、ファンもジェファーソンを出したかったので、良かったのでは?ジャクソンの方がフィットするかもしれないです。

セミファイナルで当たるし、サンアントニオにホームコートがあるし、厳しくなります。でも、3位をキープすればの話しですが。


>>シジさん

パオがポストでパスを貰ったら、選択肢がありますよね。もっとパオをポストで使ったら良いと思います。コービーがポストでボールを持つのも、打てれば打つ、カバーされたらキックアウトと、選択肢があります。バイナムがポストでボールを持つと、決めれば良いですが、そうでないと、動きが止まるし、苦し紛れのパスは、高い確率でターンオーバーになります。パオやコービーが、ポストでボールを持ったら、注意を引くので、バイナムがオープンになりやすくなって、ダンクの機会が増えると思います。

バイナムがいないと、リバウンドが厳しいので、ヒルを使ったら良いと思います。何も、勿体つけているのか、分かりません。


>>のささん

ネタと分からない程度にしたんです。あまり派手だと、一目で分かってしまうので。

起用法が不可解なのは、コービーだけではないです。4Qにコービーが戻ってきたのに、セッションズが戻らないで、どうしてだと思っていると、それから1分もしない内に、セッションズが戻ったりします。そんなちょっと遅らせる、どういう意味があるのかと思います。

私も、ヒルを見たいです。スピードがありそうで、面白そうなのに、残念です。


>>SHAWさん

私も、どうしてヒルを使わないのか、理解できません。いくらマーフィーがリバウンドを取るといっても、マーフィーは、PFです。

そういえば、ピーキングって聞きますね。オリンピックなんかで、それに失敗して、早く来すぎちゃったとか。全然でしゃばりではないですよ。良い情報をありがとうございます。


>>LAXさん

セッションズは、最低35分はプレーしてもらいたいです。トレードで来たばかりで若いから、多少遠慮があると思いますが、ガンガン行って欲しいです。

マクロバーツとラッシュは、インディアナでチームメイトだったですよね。マーフィーは、必要な時によくやってくれました。

MWPも、多少は3ポイントが入る様になってきました。オープンにされているせいもありますが。


>>アレさん

同感です。幾らなんでも、8本なんて多すぎますよね。決まっているなら別ですが。でも、動けないからそうなるのでしょうね。ニューオリンズ戦は、昼間だったのも影響したと思います。バイナムが中にカットする選手へのパスが上手くないのか、チームメイトがなかなかカットしないで、バイナムに任せっきりにしているのか、バイナムのパスが上手くないから、カットしないのか、鶏が先か、玉子が先かみたいなものですね。


>>akrさん

トレーナーは、その時のコンディションに合わせてメニューを変えるので、今は、疲れを取ることを優先しているのでは?

点を取るだけでなくて、取り方も、ファーストブレイクで、気持ち良いです。セッションズが来る前は、点を取っていても、重苦しくて、見ているだけで、胸焼けがしてきそうでした。(笑)


>>UWさん

絵文字やら何やら、派手ですね。(笑)

コービーが40点くらい取ったら面白いですが、何より、セッションズが面白いです。ペネトレートからフィニッシュは、見ていて気持ちが良いです。「ペネトレート」なんて言葉を、キーボードで打ったことがないので、打つだびに、間違いますよ。

バイナムの怪我は、大したことないと思います。1人で歩いていたし。


>>tskさん

今週は、バックトゥーバックのセットが、間が1日で、3回あるので厳しいです。バイナムは、ニュージャージー戦は休むようです。マーフィーがスタートするみたいです。

若手がディフェンスが悪いから使いたくないなら、それはそれで分かるのですが、ヒルは、ディフェンスとリバウンドが売り物のプレーヤーですよね。それなのに、使わない理由が不明です。
[ 2012/04/03 15:22 ] [ 編集 ]
コービーは爆発こそしたものの、やっぱり動きは重いままに見えました。打点も低かったですし。

ただバイナムが早々に負傷退場した分、逆にやりやすかったような印象も覚えました。

これでブラウンが勘違いしてコービー酷使させ続けたら最悪です…汗

ところでバイナムは軽傷なんですよね?膝じゃ無いですし。

4月はクリッパーズ、マブス、スパーズ×3、サンダーと厳しいゲームが多いので、崩壊気味のディフェンス、バイナムの負傷、コービーの疲弊と不安要素だらけのレイカーズにとっては怖い月になりそうですね。
[ 2012/04/03 12:45 ] [ 編集 ]
春休みでロサンゼルスにいます。試合を見ました。試合の前に、真ん中が黒人の人で、両側が白人の人でやる番組がありますよね。それで試合の前に、左側の白人の人が、「試合前にバイナムが練習しているのを見たことがない。」と言ったと思います。本当にバイナムは試合の前に練習したことがないのでしょうか。それからその後、黒人の人が色々言っていました。何を言っていたのでしょうか?教えて下さい。
[ 2012/04/03 11:42 ] [ 編集 ]
ナッシュとか理想的ですよね。ガーネットはオフはロサンゼルスで過ごすらしいので可能性ないかな?バイナムにきつく言える選手だと思うんだくど。
[ 2012/04/03 10:08 ] [ 編集 ]
セッションズは、本当に速いですね。セッションズ加入以来、100点ゲームが半ば当たり前になってる気がしますが、ファーストブレイク効果なんでしょうか?後、発展途上中の3Pも本数は少ないですが、意外な高確率で驚いています。先の話になりますが、再契約の際には6milくらいで残ってくれると嬉しいです。

マイアミ行き?の噂もあるナッシュですが、私もレイカーズに来て欲しいです。平均20分先発出場してくれたら、ベンチと相性のよいセッションズをベンチ中心に回せますし、フィッシャーのトレード以来、ヘルプの仕事から解放されて少し(ディフェンスを)だらけているインサイド陣にも刺激を与えられますし。何より、数少ない96年組の一線級プレーヤーですから、コービーとのプレイを見てみたいです。マイアミに行ったらビビー2世になりそう…

話が変わりますが、今日の試合でサンダー勝ち&マイアミ負けで、シーズンMVPがほぼ決まった気がします。デュラントのMVP3冠とフィッシャーの6個目のリングは何としても阻止したいですね。
[ 2012/04/03 00:48 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

コービーさすがというとこですが、やはりHCの選手起用が気なりますよね。

バイナムが開始早々ベンチにさがって今日は試合に戻らないのも早めにわかっていたのにガソルの40分出場、コービーの37分・・・。
私にはとてもPOを見据えているHCの選手起用とは思えません。
選手がいないというなら分かりますが、前半戦プチブレイクしたGロック等いるのに使わない。
もうあきれています。正直。
まだ早いかも知れませんが、私は今年の成績に関係なくマイクブラウンには去ってもらいたいです。
まだB・スコットやB・ショーのほうがいいとおもいます。
ラリーブラウンなどの優勝経験のあるHCも大歓迎ですが。

バイナムは正直次のネッツ戦は様子見してその次のクリッパーズ戦に備えてほしいです。
クリッパーズは今5連勝中と勢いがあるし、同ディヴィジョンでの首位争いという面も考えてもそちらの方が大切だと思います。
ネッツ戦がどうでもいいというわけではありませんが。

ナッシュとテリーの件は個人的にはナッシュに控えのPGを務めてもらえると・・・。とか妄想が。
やはり持病の腰痛がかなりひどいみたいなのでセッションズの控えでプレイタイムを減らして・・・。
まー彼がそんな役割引き受けてくれるとは思いませんがw
ヒートに行くくらいならレイカーズに来てほしいなー。
[ 2012/04/02 23:10 ] [ 編集 ]
コービーは本当に読めないですね。
ただ確かなことは疲労が確実に蓄積しているってことですが。
ブラウンがこの爆発によってほら見ろ俺が正しかったじゃないかみたいな感じに思っていないことを祈ります。

マーフィーとマクロバーツのリバウンドがよかったです。
マーフィーはこのシュートの調子が続くとは思えないですがこのくらい決めれればOFにもずいぶん幅ができるんですが。
マクロバーツのハッスルプレーは見ていて気持ちいいものがありますしぜひヒルにも期待したいです。
フィルならシャノンのごとくヒルをしてくれるんじゃないかと妄想しています笑
[ 2012/04/02 23:05 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!!!
いや~壮絶な点取り合戦でした。昨日のコービーなら確実に負けていました(笑)。昨日が絶好調で今日がダメだならわかるのですが、逆ってすごいですね。疲労困憊だと思いますが、精神力が疲労を凌駕しています。でも休息した方がいいとは思います...。

バイナムの怪我が軽そうで良かったです。バイナムがいない時にパオが絶好調でした。やはり同時起用するとお互いに手を抜く傾向がある気がします。
パオとマクロバーツのセットとバイナムとマーフィーをセットで使っていくとバランスが良くツインタワーも積極的にオフェンスとディフェンスしてくれないですかね?
今日こそヒルが出ると思いましたが、これでも出なかったです。何か問題があるんですか?
まぁマーフィーが頑張ってくれたからいいですけど。なんかインサイド陣が分厚いです。

ディフェンスは難しいジャンプシュートを良く決められた印象なので、そこまで悪かったとは思いません。オフェンスリバウンドも比較的取られなかったと思います。マクロバーツとマーフィーがスクリーンアウトをしっかりしていたからだと思います。
[ 2012/04/02 22:50 ] [ 編集 ]
今日のコービー、確実に昨日よりセレクション悪いですね(笑)凄いシュートばっかりです。
バイナムここらで休んどいた方がいいかと、いつ大きい怪我するかわかんないので…
最近スパーズ強いですね、明らかいらなかったジェファーソンを放出してジャクソンとディーオウ獲って確実強くなりました。
ジャクソンといえば03年のレイカーズ4連覇を放出阻止した時のスパーズのメンバーでしたね、あの時のコービー(とフィッシャー)の涙は忘れません。
冷静に99年からスパーズってずっと強いですよね、尊敬に値します。
このままいけばカンファレンスセミファイナルでやりますが厳しい戦いになりそうです…
[ 2012/04/02 22:37 ] [ 編集 ]
今日はオフェンス面ではバイナムがいなかったことによってコービーとガソルがポストを有効に使えていたと思います。やはりガソルは以前のようにはゴールまでアタックが出来ていなかったですが、それでもポストからパスを捌けるのは彼の強味ですよね。
以前から言っているようにコービーをポストに置いてスコアリングに集中させることができれば、コービーの得点もシュート率も上がると思います。

しかしながらバイナムがいないとDFとリバウンドのクオリティが下がってしまうのがここ数年のレイカーズのジレンマなんですよね。
そこらへんの攻守バランスの確立をマイク・ブラウンには期待したいです。
[ 2012/04/02 22:25 ] [ 編集 ]
SHAWさん
トレーナーを目指してた方からコメント頂いて光栄です。

ピーキングですね?
我々素人レベルも大きな大会の前一週間に追い込み練習をします。
そのあとは、軽い練習に切り替えます。
もちろん素人なので、アバウトですが。
それを1年を通してプレイオフ前に持ってきてる計画なんでしょうね。
しかし、最近の疲労具合を考慮してくれてますかね?
シーズン最初に決めた計画をコービーは意地でもやりとおそうとしてるんじゃないかと心配してるんですよ。

しかし、そこは一流のトレーナー、ティム-グローバーを信用しときましょ。

あとは、ブラウンさんの思考回路も柔軟性が欲しいものですね(笑)
[ 2012/04/02 22:13 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。
昨日のはエイプリルフールネタでしたか~。Mayさんの疲労がやばいんじゃないかと心配しましたよ。

コービーはこういう人ですからね~。良い意味で「わからない」ですよね。ただ勝ったとはいえコービーの起用方法の疑問が消えたわけではないので浮かれてもいられないです。4Qに追いつかれなければ、コービーを休ませられたんですけどね。

そろそろヒルを使って欲しいですよ~。Gロックは最近まったくださせてもらえてないです。若手が育たないというジレンマから抜け出せていないです。
[ 2012/04/02 20:48 ] [ 編集 ]
コービーはさすがですね!
前のゲームであれだけ外したので意地もあったのでしょう!

バイナムは大事に至らなくて何よりです。
こんな時こそヒルを使えたらいいんですけど…

コービーの疲労やGロックを使わない事もそうですが、ブラウンは先が全く見えて無いですよね(^_^;)


akrさん

トレーニング方法は一人一人の状態(健康状態だけでなく年齢や体格、目的、その他様々なデータ)に合わせて作成、処方するのが基本なので、コービーにはコービーの為のトレーニングを与えているハズです(いろいろ考慮した結果ジョーダンと同じトレーニングの可能性は有りますが笑)


また、コンディショニングの手法にピーキングというテクニックが有ります。
これはあえてコンディションに波を付けて最終目標(コービーはプレイオフ)にピーク(最高)の状態を合わせるという手法です。

人間誰しも好不調が有りますので、一時的にわざと調子を落とす訳です。

ティムグローバーは超一流なのでコンディショニングに関しては問題ないと思います。

問題はブラウンです笑


学生時代にスポーツトレーナーを目指し勉強していた為ついでしゃばってしまいました(^_^;)笑

[ 2012/04/02 20:25 ] [ 編集 ]
キャリア最悪のシューティングだったかと思えば、今日は絶好調でした。

好調を抜きにしても、今後の好材料が少し見えてきた試合でした。

Sessionsは今日くらいのミニッツや積極性を発揮したほうが輝きますし、
McRobertsのブロック(ファールコールはされましたがRushも「やられたよ」と笑ってました)
とプットバックは彼らしさがよく出てましたし、
Murphyも、ダブルダブル時代のようなリバウンドを披露し、Bynumが抜けたあともふんばれました。

MWPは目立ちませんでしたが、プレイコールでMWPに打たせた3pt、
ぎこちないMWPよりも、自信あふれるRonRonが垣間見えた気がしました。

すべてが続かないのは承知のうえで、上昇気流に乗って欲しいです。
[ 2012/04/02 20:00 ] [ 編集 ]
今日のコービーは最初からスリー多く打たないのが良かったと自分は思います。
シュートタッチも崩れるようなこともなく、悪くなさそうでしたし、珍しく良い形で多くボール貰えてたのも良かったです。
特にポストでボールを受けた時は早くシュートする方が確率が良いような気がします。
バイナムもパスアウトだけではなく、中にカットする選手へのパスが上手くなってくれればいいなって思いました。
[ 2012/04/02 19:42 ] [ 編集 ]
コービー復活ですね。
このゲームまでの調整法を変えたのかな?
ティム-グローバーが今もパーソナル-トレーナーだと思いますが、ゲームのある日のトレーニングは何をやってるんですかね?
ジョーダンの時は、早朝に毎日のように部位を変えつつ筋トレをやって、朝食でした。
正直、コービーがそれをやってるんじゃないかと心配してます。
素人レベルで恐縮ですが、35歳過ぎると前日に筋トレすると、乳酸や疲れが抜けなくて翌日のバスケでは脚が使えません。

セッションズが来る前のコービーの負担を考えたら、ジョーダンと同じメニューをこなしてたなら相当な蓄積疲労だと思います。

以前、どこかのソースでコービーのグローバーへの要求は、プレイオフ1試合目にレギュラーシーズン最初のフレッシュさが欲しい だと読みました。
それは何年か前、グローバーがコービーと契約した頃だと思います。

日常のトレーニング量やミニッツの調整で、プレイオフい向けてフレッシュ-レッグに仕上げて欲しいです。

セッションズいいですね。
期待通りです。
Mayさんの言うように、これくらい点が入らないと窮屈で華やかさがないですよね。
ナイスゲームでした。
[ 2012/04/02 19:03 ] [ 編集 ]
コービーの真骨頂
キタ━(((゜∀゜)))━!!!!

久々の40点ですね
嬉しい限りです

セッションズ23点も
大きいですよね



…とうとうバイナムがケガしちゃいましたね
コービーの強気ないつものコメントに
安心してしまいましたが

[ 2012/04/02 18:00 ] [ 編集 ]
コービー凄いですね…
ただ、物凄く疲れてるはずだし、ここで爆発するよりも、休んで欲しいです

バイナムは軽い怪我で良かったです
彼もミニッツ多いですし、ニュージャージー戦は休んだ方がいいと思いますが、どうなるんでしょうか

ところで、最近特に若手を使わないのは、以前よりディフェンスが締まらないということも関係してるような気がしますがどうなんでしょうか
ブラウンはディフェンスが締まらないと安心して若手を使えない性質なんじゃないですかね?
あくまで推測ですが

[ 2012/04/02 17:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。