メタとラマーンがコービーして勝利

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

メタとラマーンがコービーして勝利

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



レイカーズは、コービーが2ゲーム連続の欠場、ニューオリンズは、オカフォー、ジャック、ゴードンが欠場し、トレバーは、ジャージーに着替えてベンチにいましたが、プレーしませんでした。

1Q
序盤は、セッションズのフリースローでの得点はありましたが、バスケットが全く決まらず、イーバンクスがレイカーズの最初のバスケットを決めるまで、開始から4分近くかかりました。序盤にベリネリに3ポイントを決められ、早々と5点ビハインドにされますが、その後、追い上げ、半ば前に逆転すると、僅差でリードを保ちます。メタとバイナムが、全く決まりませんが、パオが引き続きジャンパーを決め、セッションズ、イーバンクスが、よくバスケットにアタックして決めていました。ディフェンスではよく守りましたが、ケイマン1人にやられました。21-19の2点リードで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、バーンズ、メタ、マクロバーツ、パオでスタートします。前半は、ランドリー1人に決められました。パオが、ドリブルで抜かれるのを怖がってか、スペースを与えるので、続けてジャンパーを決められました。他のプレーヤーは、よくカバーし、フリスローすら与えませんでした。序盤、オフェンスでは、相変わらず、ベンチが苦労し、パオ以外は得点できません。ベンチの最初の得点は、この所、3ポイントがスランプのバーンズが、7:20に決めた3ポイントが、初めてでした。序盤に何回か、同点に追いつかれた以外は、僅差ながらリードを保ちます。半ばに、バーンズが、オフェンシブ・リバウンドからレイアップを決めると、ブレイクが、珍しく、ペイントにドライブし、自分でシュートを打って決め、点差を広げ始めます。終盤、バイナムがこのゲームで初めてのバスケットを決め、9点リードにしますが、直後に、バスケスに、このコーター、ニューオーリンズのランドリー以外の初得点になる、3ポイントを決められると、好調ながら、1Q終盤にファウルトラブルでベンチに下り、このコーター終盤に戻ったばかりのケイマンに決められ、点差を縮められます。その後、ベリネリのレイアップと、バスケスの3ポイントで、1点差に詰められ、終了間際にケイマンのジャンパーで、ついに逆転されます。残り、6秒ちょっとからのディフェンスで、セッションズがボールを運んで、オープンのパオにパスし、パオがブザービターのジャンパーを決め、再逆転し、44-43の1点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤は、バスケットを交換し、逆転を繰り返します。レイカーズは、半ば前から、シュートを外したり、ターンオーバーで、得点が止まりますが、ニューオリンズもジャンパーを打っては外してくれたので、点差が広がりませんでした。半ばから、又、打ち合いになりますが、半ば過ぎから、ニューオリンズが毎回決めるのに、レイカーズは、付いて行かれなくなり、徐々に点差を離されます。終盤に、2Qに好調だったランドリーが登場すると、又、続けて決められます。バスケスの3ポイントもあり、一時は9点ビハインドにされますが、終了間際に、バーンズとセッションズが、共に、ドライブしてレイアップを決め、72-65の7点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
開始直後に、3Qまでは静かだったメタが、3ポイントを決め、序盤は、パオもよく決めますが、ブレイクにカバーされているプレーヤーが決め捲くる法則が又も繰り返され、ベリネリに、ジャンパーや3ポイントを立て続けに、決められます。半ばには、ランドリーにレイアップを決められ、8点ビハインドにされます。半ばには、パオがファウルを取ったのに、フリースローを2本共外しますが、この頃から、レイカーズのディフェンスが締まり、殆ど得点を許さなくなります。その後、4点差に追い上げたものの、又、ベリネリに3ポイントを決められ、突き放されますが、直後にブレイクが3ポイントを返し、ディフェンスでは、2Qからずっと鬱陶しかったランドリーを、バイナムがブロックすると、パオがレイアップを決め、2点差に追い上げます。ところが、終盤に入り、又、オフェンシブ・リバウンドを許し、そこかランドリーに決められ、点差を4点に広げられます。その直後には、パオがターンオーバーし、ガタガタ行きそうな雰囲気でしたが、しっかり守り、バイナムのレイアップで追い上げると、ブレイクが、又、珍しくペイントにドライブし、今度はフローターを決め、同点に追いつきます。直後のディフェンスでは、ケイマンが、ふわっと打ったシュートを、パオがブロックし、そのボールをセッションズがよく動いて取りますが、オフェンスでは、なかなか誰もオープンにならず、「競っている終盤に、誰も打ちたがらなくてターンオーバーにする」レイカーズの、得意のパターンかと思いましたが、アウトサイドにスポットアップしたメタにボールが行くと、3ポイントを決めてくれました。この後もしっかり守りますが、オフェンスで又、時間ギリギリになりやっとバイナムが打ち、ケイマンにブロックされ、アウトオブバウンズになります。クロックが3秒ちょっとしかなかったインバンドのプレーで、メタが、3ポイントラインの後ろにいたセッションズにパスすると、セッションズがそのまま打ち、3ポイントを沈め、26秒ちょっとを残し、6点リードとし、ゲームを決めました。


パオ:25得点(10-21)、9リバウンド、4アシスト、2ブロック
コービーがいないオフェンスを引っ張ってくれました。体勢が悪いダンクを2本外しました。脚が動かないのだと思います。コービーが戻っても、20本前後打ってくれたら良いです。

バイナム:18得点(7-17)、11リバウンド
前半は、又、リバウンドをさぼっていて、ハーフ時に、ディフェンシブ・リバウンドが1本しかありませんでしたが、後半はよく取りました。相変わらず、ダブルチームされてから、苦し紛れのパスを出してターンオーバーがありました。ハーフタイムに、コーチから注意されたそうで、後半は、シュートを打つにしても、パスを出すにしても、判断が早かったです。いつも言われたら、その直後は出来るのに、次のゲームになったら、又、同じことの繰り返しです。

メタ:8得点(3-7、3PT=2-3)、4リバウンド
ここの所、大暴れだったので、静かに感じましたが、肝心の4Qに3ポイントを2本、6点と、貢献してくれました。但し、ハイライトにもある、残り1.2秒のスローインで、危うく、ターンオーバーにする所でした。ブラウンは、「バーンズをバックコートに行かせたのは、相手のプレーヤーを1人一緒について行かせて、スペースを空けるため。パオが、セッションズにスクリーンをセットして、セッションズとパオが、反対方向に走り、それでオープンにならなかったら、ブレイクに行く予定だった。それでも駄目なら、タイムアウトがあった。」と言っていました。メタ本人は、「スミスは遅いので、空いている所にボールを投げたら、バーンズが先に行くと思った。計算を間違えた。数学の問題だ。」と、つまらない言い訳をしていました。いいベテランになっても、何時ボーンヘッドをするか分からないので、信頼できないです。解説者から、「今までバスケットボールを見てきて、最悪のプレー」と言われていました。YouTubeには、このプレーが、「メタ・ワールドピースの素晴らしいインバウンドプレー」と、嫌味たっぷりのタイトルや、「レイカーズ史上最悪のプレー」と、その通りのタイトルで、ビデオが沢山アップされています。

セッションズ:17得点(5-9、3PT=1-2)、6アシスト、6リバウンド
ラジオ中継のアナウサーによると、左肩の捻挫は、発表されている以上に悪い様です。ヒューストン戦で、最初にベンチに下った際に、グルグルにテーピングをしていたそうです。「スクリーンにぶつかって、相手のPGを追いかけられないのは、左肩が原因だろう」と言っていました。ドライブして、両手のダンクもありました。一番プレッシャーがかかるクラッチで、よく決めてくれました。もう少し打って欲しいですが、コービーがいないと、セッションズ自身が注意を引くので、なかなか打つチャンスがないです。コービーが欠場したら、シュートの本数が減りました。

イーバンクス:6得点(2-7、3PT=0-1)、2リバウンド
1Qに、2本レイアップを決めた以降は、近距離からのジャンプシュートや、オープンの3ポイントが決まりませんでした。4Qは、ベンチ暖めでした。

バーンズ:9得点(3-5、3PT=1-3)、8リバウンド、2ブロック
オフェンス、ディフェンス、リバウンド全てに、持ち味が出ました。

ブレイク:8得点(3-6、3PT=1-1)、4アシスト
この程度やってくれた、楽です。いつもの通りだったら、負けていました。贅沢は言わないです。今日と同じく、せめて、ペイント近辺までドライブしたら、シュートを放って欲しいです。

マーフィー:2得点(1-1)、2リバウンド

マクロバーツ:無得点(0-0)、2リバウンド、2アシスト


オフェンス
ニューオリンズのペースに合わせないで、セッションズが意識して、ペースを作っていた様でした。ジャンパーがガード並みに決まるパオ以外は、楽をしてアウトサイドから打つことが殆どなく、よくペイントに入って、バスケットの近くから、確率の高いシュートを打っていました。

ディフェンス
ランドリーに対するパオの個人のディフェンスが良くなかったですが、ローテーションや、スイッチのチームディフェンスは、悪く無かったです。ニューオリンズの3ポイントは、9-15の60%と、又、良い様に決められましたが、殆どは、バスケスとベリネリで、ブレイクがガードしている時です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/04/10 15:45  Lakers | コメント(15)
ゆ~すけさん、こんにちは。
本人にも言っていると思いますよ。ターンオーバーとディフェンスが問題だと、公にも言っているので。

レイカーズ相手だと、元々どのチームでも、普段異常に頑張りますよね。まして全国中継だと余計です。
[ 2012/04/12 17:17 ] [ 編集 ]
う~んルーキーの若者にそこまで過度のモノを求めるとは…直接こうなんだぞと言い渡してるならわかりますけどね、そこまで頭いい選手なのかしら?Gロックさんは


NOHにギリギリっていうのもあるでしょうがNOHの選手もあえて全国放送されるであろうから張り切ったりもあると思いますw
田舎の母ちゃん俺がんばってるぜ!!みたいなw
[ 2012/04/12 12:37 ] [ 編集 ]
天使の街の湖軍団好きさん、こんにちは。
なる程、そういう見方もできますね。みんなが、Gロックを出せというのは、ブレイクに腹が立っているのが原因だと思います。ブレイクがもう少しまともにプレーしたら、それ程言われないのでは?
[ 2012/04/12 11:09 ] [ 編集 ]
GロックにDを
個人的にはGロックのディフェンスがブレイクに見劣りするとは思えませんが、あえて、SG起用までしてブレイクを出し続けることで、
GロックにOFとDF両方で技術を磨けよ、
とメッセージを出しているんですよ。
ブラウンは。

…と深読みしないとやってられないです。

NOHにぎりぎりじゃあファイナルは遠い夢ですよ…。
[ 2012/04/12 03:40 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>かずさん、daiki24さん、ゆ~すけさん

オドムは、退団したのではなく、Inactiveといって、怪我で欠場して、私服で座っているプレーヤーと、同じ状態です。ただ、オドムの場合は、チームと一緒にいなくて良いと言われた様です。でも、まだダラスの契約下にあるので、シーズン後に、トレードの駒として使うことは出来ます。来シーズンは、チームオプションなので、トレードしなければ、契約を続行しないはずなので、そうなれば、オドムは、無制限のFAになります。レイカーズは、サラリー額さえ折り合えば、オドムと再契約をする意思がある様です。私も、コービーに庇ってもらったら、又、よくプレーすると思いますよ。

オドムは、コンディショニングができていなくて、上手くプレーできなくて、それが、精神的にも影響して、精神面が更にプレーに影響して、どんどん悪くなったと思います。お父さんが、具合が悪い様で、その影響もあったと思います。トレードの件のゴタゴタは、プロとしては最悪で、フィッシャーとは、比べ物にならないです。ベテランミニマムなら、獲っても良いと思います。今年で、評判は地に落ちているので、それ以上出す球団はないでしょう。


>>シジさん

意外だと思いますが、レイカーズは、3ポイントに対するディフェンスが、リーグの中では、良い方に入るそうです。捨てている訳ではないけれど、付いていかれないのでは?

ブレイクは、ドライブしてペイントの近くまで行ったら、シュートを打つくらいのことはしないと。そんな当たり前のことをしただけなのに、凄く良くプレーした様に見えるのは、いかにいつもが酷いかです。


>>古参者さん

ケイマンは、出足に良かったので、ファウルトラブルに助けられました。

古参者さんの、コービーの分析は、当たっていると思います。だから、クロックの残りが少なくて、ボールを渡されても、文句も言わずに打っています。でも、セッションズのことは、結構信頼していると思います。

パオは、PFでも、SFの様なタイプは苦手です。身長があって、遅いから、ある程度は仕方がないですが。抜かれるのが怖くて、スペースを詰められないのが原因だと思います。全然プレッシャーをかけないです。

コービーは、明日もお休みです。


>>ゾロリせんせさん

喜んでいいですが、複雑です。

コービーがいないと、兎に角ビッグマンにボールを入れれば良いというオフェンスになるので、シュートを打てる範囲が広いパオは、問題ないですが、ポストでボールを貰うだけのバイナムは、自分で何とかできないので、苦労します。ワールドピースは、たまにはやってもらわないと。

ガウドロックは、サイズがないから、ディフェンスで弱点になるで、使いたくないそうです。それなら、ブレイクだって同じなのに。


>>ロンロン大好きさん

コービーがいないと、全員に影響があります。以前にフィッシャーが、「コービーは、何もしないで、コートを行ったり来たり走っているだけでも、相手の注意を引くから、チームに貢献する」と言っていました。

レイカーズの問題は、SF、バックアップPG、ベンチの3点です。バックアップPGが解決すれば、ある程度ベンチも同時に解決します。セッションズの怪我は、どの程度か分からないです。メディアは、コービーの怪我に、みんな集中していて、他のことに構っていられないという感じです。


>>ゆ~すけさん

ポポビッチは、12月に、スケジュールを見た時に、昨日のゲームを休ませる決定をしたそうです。コービーとは、内容な全然違います。そんなことを言ったら、ローズを休ませているシカゴも同じですよね。


>>ひでさん

終盤、ディフェンスが良かったのが勝因だと思います。負けたゲームは、終盤得点しても、得点を毎回許すので、追いつけないパターンが殆どでした。

パオは、コービーに対する依存心が高い方なので、いなくなったら、かえって良かったとおもいます。

バイナムは、コービーが欠場したら、ダンクの数ががたっと減りました。コービーがいると、相手は、コービー以外をカバーしている人も、コービーが気になります。時々、スローのリプレイを見ると、ボールを持っているプレーヤーをカバーしている相手のプレーヤーが、コービーをちらっと見て、その隙にオープンになって、打っているのがあります。

メタのインバウンドパスは、ESPNで散々やられていました。小学校低学年の子供達のゲームを見ている様です。

コービーは、明日も休みます。


>>かずさん

パオは、コービーがいないから、危機感を持ってプレーしていたみたいです。

バイナムは、態度が問題という評判が定着してしまって、変なファウルは、ESPNのニュースでも、「バイナムは、態度が悪いことで知られていますが、」と言って、その部分だけをやっていました。そういう評判ではない人がやったら、ニュースにはならないのに、バイナムだから、ニュースになります。相乗効果で、どんどん評判が悪くなっていきます。コービーがいないから、相手も躊躇無くバイナムをダブルチームできるから、しっかりカバーされて、決まらないですが、たまたま決まらないくらいにしか、思っていないと思います。

3Pは、ブレイクが追っかけているのに振り切られてオープンになって打たれたのが多かったです。




>>神戸くん

メタは、しつこくインサイドに入れば、そこそこできると思います。スパーズの主力は、2ゲーム続けて休むことはないと思います。

仰るとおり、熊は、3位の可能性もあります。3-5位が、まだ分からないです。

ヒルは、右膝の捻挫が良くないみたいです。


>>akrさん

パオは身長があるので、殆どの場合、ミスマッチになるはずです。パオ自身も、アウトサイドを打つビッグマンのカバーが下手なので、相手のPFも、パオのアウトサイドのジャンパーをカバーするのは、やり難いと思います。それに、パオは、パス技術があるから、シュートが打てない状況なら、オプションがあります。

コービーは、明日も欠場だそうです。
[ 2012/04/11 16:45 ] [ 編集 ]
極端に言えばレイカーズはインサイドをとても固く守って外は捨てるチームですからスリーを決められるとキツイですよね。機動力がないからサイドからサイドへボールを振られるとチェックに出れないチームです。シーズン序盤はまだチェックに出てましたけど最近は脚にきているのか出れませんね。

珍しくブレイクの終盤のいくつかのバスケットがチームを助けた試合でした。スリーだけではなく、ブレイクがインサイドにドライブしてレイアップとは相手も意表を付かれたでしょう。
[ 2012/04/11 14:47 ] [ 編集 ]
勝っただけ良かったですね。

ウエスト最弱、主力欠けまくりのホーネッツ相手とは言え、最終Qの戦いぶりだけはまともでした。

ケイマンがファウルトラブルに陥らなかったら、多分負けてましたが。

改めてコービーが休みたがらない理由がわかる2試合でしたよね。

本人は滅多に欠場しないのは自分のプレーを望むファンのためと語ってるみたいですが、それだけじゃ無く、自分が抜けたレイカーズがどうなるか良く理解してるんでしょう。

口ではチームメイトを褒めたりしてますけど、それは打たれ弱い選手ばかりなので、コービーに本音を言われたら立ち直れない選手達ばかりだからでしょう。

本当の意味で信頼できるチームメイトなんて、恐らくレイカーズには1人も居ないんじゃないかな?

バイナムよりかはマシとは言えパオもそうです。

昨日は積極的にシュートしてオフェンスを引っ張ったのは良いですけど、ディフェンスでは去年のプレーオフに続いてまたしても、弱い者イジメの代表格であるランドリーに好き放題やられてます。

ランドリーもパオに対して完全に自信を持ってしまっています。

ランドリーは例えばハリントンとかみたいな運動量や身体能力を活かすタイプでは無く、相手が格下と見たら徹底的にポストからゴリ押ししてくるようなタイプなのに、サイズで相当勝ってるはずのパオがランドリーに"弱い者"として認識されてるのが、見てて情けなかったです。

さて、次のスパーズ戦から始まる謀ったかのようなウエストの強豪との連戦、コービーには休んで癒してほしいような、出てチームを引っ張ってほしいような…ジレンマです。

極端な話、仮にコービーの欠場が最後まで続いたら、全敗なんて事も無くは無いですよね…汗

プレーオフはギリギリで乗るんでしょうが。
[ 2012/04/11 12:36 ] [ 編集 ]
なんだかんだスーツのコービーもかっこいいですよね。
おそようございます。夜更かしして、授業を寝過しました。暇です。

コービーがいてもOTになるくらい、力の拮抗している(笑)ホーネッツ相手に、コービー抜きで勝てたんだから、喜ぶところですかね?喜んでいいんですよね?いや、喜びますよ俺は。

ま、今まで長い間コービーにおんぶにだっこだったので、こういう経験もチームには必要かもしれませんね。とくにセッションズやブレイクには、チームのトップスコアラー不在の中、どうやってゲームを作るのかを試す機会になったんではないかと思います。つっても、ブラウンのオフェンスじゃあ、ゲームメイクしようがないような気もしますけど。ここは、PGには少々酷なチームかもしれないですね。そして、ワールドピースまたまた良いところで漢を見せましたね!彼のおかげで勝てたといっても良いくらい。…続かないでしょうが(笑)

にしてもコービーが出ないのに、いまだにガウデロックが干されているのが不憫で不憫で…。イーバンクスはびっくりするくらいミニッツを与えられているのに、なんだかやりきれないです。腐るなよ、頑張れよ…。
[ 2012/04/11 11:50 ] [ 編集 ]
まぁ勝つには勝ちましたが…このチームはコビーがいなけりゃ話にならない事はよく分かりました。ただでさえ弱いホーネッツ相手でしかもオカフォー、アリーザ、ゴードン、ジャックとスターターが4人も休んでいるようなチームにコビー1人抜けただけのチームがあんな勝ち方しかできないとは悲しいです。この状況をフロントは改善する必要があります。いくらコビーが神がかっているとはいえ今回のようにケガしてしまう事も高齢な訳で当然あります。これがプレイオフでなかったのが不幸中の幸いです。じゃなかったらスウィープされてますね。あとセッションズのケガはプレイオフまでに完治するのでしょうか?
[ 2012/04/11 07:37 ] [ 編集 ]
今日はスパーズがBIG3全員休ませました。
コービー休ませたから同じだね♪なんて人いましたが全然内容違いますね。

スパーズは他の選手も30分出た人が2人いるだけでサブのメンバーも全員しっかり20分以上試しています。一試合くらい負けてもいいやという構えですね。
片やレイカーズはまた若手はイーバンクスのみで上積みというよりなんとか勝った試合。
まぁ負けるよりはいいですがw

とりあえずあと10試合くらい?
調子を上げていって欲しいですね。



オドム>
正直今年のていたらくのままならいらないですよ来期も。
何を言われてもプロスポーツ選手なんだから、与えられた仕事はしっかりこなすべき。
ただでさえバカ高い給料貰ってるんだから。
元々ハートが強い人ではないですが、情けないです今シーズンの姿は。
それに較べればトレード直後にレイカーズとやってしっかりしてたフィッシャーはさすがですねやはり(移籍後一番点取ったのがレイカーズ戦なのですが笑)
[ 2012/04/11 02:18 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

レイカーズ、勝ててよかったです。
4Q最初に負けていても、コービーのいない中でよく追いつき、逆転できたと感じました。

ここ2試合はガソルが積極的にオフェンスに参加していて、点もとっているので頼もしいですね。
コービーが復帰しても、ガソルがこの調子でいけば、相手にとって脅威になっていいですね。

反対にバイナムはここ2試合なかなかシュートが決まらないような・・
やっぱり、コービーがいるとディフェンスを引き付けれてバイナムが生きるという感じなんでしょうかね。

メタは終盤、よく3ポイントをいれてくれたとは思いますが、最後のインバウンドパスには危なっかしくてビックリしました。

コービーに関しては、みなさんが言っておられる通り、もう1試合くらい休んでもいいと思いますし、しっかり故障を治してもらいたいです。
[ 2012/04/11 00:20 ] [ 編集 ]
オドムがマブスと決別みたいですね
[ 2012/04/11 00:09 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です!ホーネッツ相手とはいえ、コービーのいない中よく勝ちましたね。

パオは気合いが入って、迷いなくシュートを打っていました。コービーのいる時もこれぐらい頑張ってくれれば、もっと相手のディフェンスが分散すると思います。スパーズ戦も期待したいと思います。

バイナムは相変わらずイラついて変なファールをしたり、精神的に幼いです。
ボールを持つとすぐにダブルチームされて中々シュートにいけませんでした。とにかくイージーシュートが打てないので、どうしても効率が悪くなります。
「コービーがいないと俺の実力はまだまだこんなもんか、よしこれからは心を入れ替えてNo1センターを目指すぜ」みたいな感じにならいですかね?(そんな熱い男だったらいいのに...)

コービーがいないとドライブ等でゲームをクリエイトできるのが、セッションズだけになってしまい。前の状況に逆戻りです。オフにPGを補強して欲しいですね。

ディフェンスはローテーションが多少改善されてインサイドは固くなりましたが、どうしても3Pシュートをフリーで打たれてしまいます。それにしてもここ数試合相手の3Pが入りすぎなので、運がない部分もかなりあると思います。

そういえば、オドムがマブスを退団した(?)ようですね。みなさんは来シーズンレイカーズに戻ってきて欲しいですか?個人的にはコービーと組めば、まだまだできると思うのですが。
[ 2012/04/10 23:10 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

今日は4Qだけ試合みました。
最初負けてたのでおいおいまたかよっておもいましたが、勝ててよかったです。
終盤の勝負どころで3点差に広げるのメッタの3Pを見たときはあの第7戦の3Pを思い出しました。
あのときみたいにやってくれれば・・・と常々思います。
最近メッタさんが活躍するのでこのままでいてほしいですね。
いつもとに戻るかわかりませんが。

コービーに関しては次も休んでいいと思いますが、スパーズは今日主力休めていたのでLAL戦は出ますね全員。
さすがに3位との勝負で主力は休ませないかw

今日は熊がクリパに勝ったのでこれで3位まで順位がわからなくなってきましたね。
ただでさえ強豪との試合が多いのに・・・。
せめて上位シードは確保してほしいです。
しかし熊さんは本当によくわからんですねー、困ったもんです。

そろそろジョーダンヒルが戻ってくる頃ですかね?
もしかしてまたブラウンの若手嫌いで試合に出てないだけなんでしょうか?
情報あればお願いします。
[ 2012/04/10 21:28 ] [ 編集 ]
勝てて良かったです。
Mayさんが仰るように、ガソルにはいつも20本打って欲しいです。
いつも15本前後ですもんね。
ビッグマンのアウトサイドは、ノーマークで打てるシチュエーションが多いですもんね。
コービーには、もう1試合我慢して休んで欲しいです。
[ 2012/04/10 20:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【メタとラマーンがコービーして勝利】
ゲーム・ハイライトレイカーズ・ハイライトレイカーズは、コービーが2ゲーム連続の欠場、ニューオリンズは、オカフォー、ジャック、ゴードンが欠場し、トレバーは、ジャージーに着替えてベンチにいましたが、プレーしませんでした。1Q序盤は、セッションズのフリースロー?...
[2012/04/10 15:55] まとめwoネタ速suru
KARAニコル まるで“別人”の姿に「後悔しても遅いカラ」
 韓国の人気グループ「KARA」が10日、都内で行われた大塚製薬「ソイカラ」(11日発売)の新CM発表会に出席した。 同製品は大豆を使ったスナック菓子。振ると中に入った粒が「カラカラ」と音を立て...
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。