バイナム30リバウンド、MWP26得点、サンアントニオをホームで粉砕!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

バイナム30リバウンド、MWP26得点、サンアントニオをホームで粉砕!

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



今日は、体調が悪く、昼過ぎに家に帰って来て、昼寝をしました。2-3時間で目が覚めると思ってたのに、起きたら、6時20分頃で、2Qの残り2分辺りでした。そこで、前半は、見ていません。

見始めた時に、丁度バイナムが、16リバウンド目を取った所でした。前半は、バイナムがリバウンドを取り捲り、メタとバーンズの3ポイントがよく決まった様です。バイナムは、前半だけで19リバウンド、サンアントニオは全員合わせて、18リバウンドなので、1人でサンアントニオ全員より多く取りました。その上、サンアントニオに、オフェンシブ・リバウンドを1本も与えませんでした。3ポイントは、メタが3-5、バーンズが3-4、全体でも7-15でした。48-43の5点リードで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、セッションズが決めると、序盤は、バイナム、パオ、メタが、次々と決めます。ディフェンスでは、ダンカンに出足に決められますが、その後は、しっかり守ります。序盤に一気に13点リードにしますが、その後少し追い上げられ、半ばには、点差を一桁にされますが、直後に、セッションズがスティールされそうになり、崩れたプレーから、バイナムへのアリーウープが決まり、点差を二桁に戻します。そこから、メタが爆発します。バックボードの少し後ろから、ファウルをされながら決めたり、フェイダウェイを含め、4連続で決め、終盤には20点リードにします。その後、少し追い上げられ、75-59の16点リードで、コーターを終了します。

4Q
開始直後に、マクロバーツがドライブしてダンクを決めると、序盤は、引き続き好調なメタが3ポイントを決め、そこから、今日は、ジャンパーがあまり決まっていなかったパオが、3連続でジャンパーを決めます。パオの後には、メタが又3ポイント決め、序盤で早くも26点リードにします。サンアントニオは、ダンカンとパーカーが、ベンチでコーターをスタートし、ジノビリも、パオの2本目のジャンパー後に、ベンチに下がり、半ば前には、ボナーもベンチに下げ、白旗モードでした。ところが、レイカーズは、そこから、シュートが全く決まらなくなります。逆に、失うものがないサンアントニオは、3ポイント専門になり、半ばから3本連続で決められ、点差を17点に詰められます。その後、レイカーズのディフェンスが締まり、終盤までの約2分半を、無得点に抑えますが、オフェンスでは、誰も決められない上、バイナムがフリースローを取っても、2本共外します。セッションズも、ファウルを取りますが、1本目のフリスローを外し、2本目を何とか決めますが、そこまで、レイカーズは、序盤のメタの3ポイントから、約4分半、無得点でした。その後も、グリーンに3ポイントとジャンパーを決められ、2分半を残して、11点差にまで詰められますが、オフェンシブ・リブアンドから、がら空きのブレイクが、3ポイントを決め、点差を広げますが。レイカーズは、半ば前から終盤までの6分間、バスケットがありませんでした。その後は、パオのジャンパーと、ブレイクの3ポイントで、残り1分を切った所で、19点リードとし、ゲームを決めました。


パオ:21得点(9-24、3PT=0-2)、11リバウンド、4アシスト
ジャンパーの精度が下っていますが、疲れがあるはずなので、仕方がないです。今日も、40分のプレーです。

バイナム:16得点(7-20)、30リバウンド、2ブロック
ゲーム後のインタビューで、シュートが悪かったことを気にしていましたが、オフェンシブ・リバウンドからのティップを外したのもあるので、数字程、内容は悪くないです。リバウンドをこれだけ取っていたら、失点をかなり防いでいるので、オフェンスはこの程度でも充分です。30リバウンドはキャリア・ハイ、レイカーズの30リバウンド以上は、ウィルト・チェンバレン、エルジン・ベイラー、カリーム・アブドール・ジャバー、ジョージ・マイカンに次ぐ、史上5人目です。シャックも30リバウンドには達していません。最近は、相手がシュートを打った途端に、リバウンドに動く所か、オフェンスに移動していることが目立ちましたが、今日は、常にバスケットの側にいました。30リバウンド目を取った時は、本人は気が付いていたかどうかは分かりませんでしたが、ベンチで、コービーが、立ち上がってガッツポーズをしていたので、狙っていたと思います。ゲーム終盤、ブラウンは、バーンズを入れて、バイナムをベンチに下げたかった様ですが、バイナムが拒否して、そのままプレーしました。リバウンドをこれだけ取れば、そのくらいの我侭は言って良いと思います。子供の頃一番好きだったNBAプレーヤーは、ダンカンだそうです。好きだったプレーヤーの前だったので、張り切ったのでしょうか?これを維持するかどうかが、問題です。毎回30リバウンドという訳には行かないので、この半分位は、コンスタントに取って欲しいです。

メタ:26得点(10-15、3PT=5-8)、4リバウンド、2スティール
3Qに、打てば決まる状態でした。4Qには、時間切れギリギリに3ポイントラインの後ろでボールを貰い、ボールを受けた頭の上当たりから、ジャンプもしないで打って、決めました。

ゲーム後のインタビューで、「良くプレーできなくても、諦めなかった。」と言っていました。「コービーがいないのに、どうしてこれだけよくプレーできたのか?」という質問には、「コービーがコーチしていた。ポポビッチは、偉大なコーチで、タイムアウト中に、調節するが、うちは、コービーが調節した。」と言っていました。これは、良いことなのでしょうか?

セッションズ:10得点(4-9、3PT=1-2)、5アシスト
コービーがいないと、バックコートで注意を引くので、動き難そうな時があります。

イーバンクス:無得点(0-4、3PT=0-1)、1リバウンド
前半が0-3で、見ていないので、よく分かりませんが、後半外した1本は、バスケットまでドライブしているのに、レイアップが決められませんでした。ヒューストン戦、ニューオリンズ戦を見ても、近くからのジャンパーが決まらないし、使えないと思います。

バーンズ:13得点(5-8、3PT=3-6)、6リバウンド、4アシスト
前半に11点と良かったので、私が見ていた時は、そこそこでした。

ブレイク:10得点(4-7、3PT=2-4)、3アシスト
躊躇しないで打っています。

マーフィー:無得点(0-0)、2リバウンド

マクロバーツ:2得点(1-2)、0リバウンド


オフェンス
3ポイントが11-23と、異常に良く、アシストは、40のバスケットに対し23だけなので、よくオフェンスを組み立てたというより、運が良かったという感じがします。


ディフェンス
相変わらず、3ポイントを13-24と、高確率で決められました。3Qは、よく守っていましたが、4Qは、トランジションでオープンの3を、よく決められました。ペイントのディフェンスは、良かったです。オフェンシブ・リバウンドを、1しか与えませんでした。それも、長めのをパーカーに取られているだけです。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/04/12 17:15  Lakers | コメント(27)
テラさん&harvさん、こんにちは。
まず、お2人共、長文は全然失礼ではないですよ。御心配なく。


>>harvさん

ありがとうございます。

ダンカンに良い所を見せたかったのか、必死にジャンプしていました。仰る通り、センターは、現在人材不足なので、その分楽をしていますよね。バイナムの前に30リバウンド以上をやったのは、PFのラブという所にも、それが現れています。

確かに、得点する選手ばかりが評価される傾向はありますが、ロサンゼルスでは、バイナムが30点以上とっても、リバウンドが一桁の時は、「リバウンドとディフェンスをやらない」と、批判されていました。ロサンゼルスは、ラジオでレイカーズの番組があるし、それ以外のスポーツ番組でも、レイカーズの話題が中心なので、ファンが、知識は豊富になって、リバウンドやディフェンスをやらなかったら、得点が多くても、騙されないです。だから、「バイナムが30点以上取ると、レイカーズは負ける」とか言われていました。逆に、30リバウンド取ったら、シュートの確率が悪くても、得点はまあまあでも、よくプレーしたと、みんな思っています。こんなに良くプレーしたら、益々態度が悪くなるのを心配して、心から喜べないという部分はありますが。自分が応援しているチームのプレーヤーが、歴史的な活躍をしているのに、ファンが心から喜べないというは、寂しいですね。

出し惜しみはあるかもしれないです。でも、スパーズとレイカーズは、お互い手の内が分かっているので、それ程ないとは思います。特に、その前のゲームで、ビッグ3を休ませているだけでなく、ロードに連れても行かないでレイカーズ戦に臨んだので、勝ちに来ていたと思います。


>>テラさん

バイナムの“?”な行動は、オールスター後、スタッツが良くなったら目立ち始めました。こちらでは、「活躍しているから何したっていいだろうという態度」と言われています。

自主的に練習をしないのに、ここまでやれるのは、仰る通り大した者だし、努力しないでこの程度で良いと本人が思うなら、それは自由なので、構わないですが、言動に問題がありすぎて、ファンは愛想を尽かしています。30リバウンドも取っても、反応は冷ややかです。コービーの81得点の時とは、全然違います。
[ 2012/04/15 16:16 ] [ 編集 ]
いつも更新ありがとうございます。どうかお大事にされて下さい。

Bynumの30Rは最初Box scoreを見た時、間違いかと思いました。最近は10cm位しかジャンプ出来てないんじゃないかと思う位、飛べてないのに‥驚きました。

寂しい話ですが、スーパースターから渋いロールプレイヤーまでビッグセンターの人材が豊富だった昔では考えられなかった事です。(例えばヒートのアンソニーがセンターなど、昔だったら考えられませんでした)。バイナムはその恩恵に預かってるとは思いますが、才能は確かなのでそれに甘えず頑張ってほしいです。

皆さんがおっしゃるようにバイナムが得点を減らして、その分、DとRを頑張ってもらった方がいいと思いますが、得点取る選手ばかりが評価されがちな現代の風潮も問題なのではないかと思います。例えば30-10より20-15の方がチームにはよくても、前者の方がより注目を浴びるでしょう。
マイケルジョーダン以後、そういう傾向になってしまったのは少し残念です。

あと、こないだのサンダー戦を見て思ったのですが、優勝を狙うチームは、この時期特にプレイオフに向けて「出し惜しみ」してるように感じます。例えば、P&Rは最大の問題ですが、あえてあまりしてきていないように感じました。スパーズなんて特にそういう老獪なチームなので、額面通り喜べない気がします‥。

長文失礼しました。
[ 2012/04/14 15:53 ] [ 編集 ]
コメントするのは初めてですが、いつも拝見させてもらってます。いつも色んな情報をありがとうございます☆

Bynumは昔は謙虚で好きだったのですが、近年は“?”な行動が多くて複雑です。キャリアを重ねる毎に精神的に幼くなっている気がします(表面的に出てきただけかもしれませんが)。昔は日本の雑誌『HOOP』で毎月Bynum専用のページがあって、日本のファンにメッセージを送ってくれてたんですが、確か「若くてそれなりに注目されてるのにすごく謙虚だな~」と感心していました。やはり、色んな環境が変わった(HCやオドム・フィッシャー離脱・チャンピオンリング獲得・自身のALLSTAR選出などなど)ことが大きいんでしょうね、残念です。

どの世界でも一流選手は皆、現時点での自分に満足することなく、常に上を目指してハードワークしていて、これは口で言うほど簡単なことではないと、僕自身、社会人リーグでプレーする1選手なんでよく感じることです。そういう面でコービーなどは本当に尊敬に値します!逆に言えば、それだけの条件を満たしているから一流なんでしょけど。ただ、Bynumは(昔はオフに厳しいトレーニングをしていたと聞いたことがありますが)そのような印象を受けないのに今のそのレベルだという脅威の才能というか、、、Bynumが本気で狙うのなら、色んな人のアドバイスを謙虚に聞き入れ、ハードワークをして上を目指すのなら、シャック級の選手になれる素質を持ち合わせていると冗談抜きで思うので残念です。机上の空論ですが、Bynumの持っている色んな資質にコービー級の「努力する」という才能が加われば、物凄いことになると、妄想をしてしまいます(笑)

でも、コービーって色んな記録を達成して、優勝もして、名実ともNBA1の選手になって尚も満足することなく上のレベルを目指す。ケガに対する精神力も半端ない。本当にすごいです。相当な負けず嫌いなんでしょうね!

Bynumはこんな近くにこれ以上ないお手本があるので、色んなことに気付いたり良い意味で影響されて、これから変わってもらえたら嬉しいです!心を入れ替えて頑張ってもらいたいです!(今のところですが)キャリア全てを伝統ある誇り高きLakersで過ごせていることに感謝と自覚をもってもらいたいです。

初めてなのに長々とすいませんでした。
[ 2012/04/14 13:01 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>シジさん

バイナムは、以前から、得点が多いとリバウンドも取るけれど、得点が少ないと、リバウンドを取らないと言われていました。そこで、1Qの前半に、コービーがバイナムにちょくちょくパスをして、バイナムが得点すると、解説者が、「そうやって、早くにバイナムに得点させて、言い気分させて、ディフェンスで働かせたら良い」と言っていました。でも、以前は、得点が多いと、リバウンドも良く取ったのに、最近は、得点が多くても、リバウンドをサボっていました。

私は、リバースの言う事でも、聞かないと思います。コービーは、プレーヤーだから、本心ではなくても、表面的には、バイナムを庇う発言をします。バレアへのブレイグラントの時は、流石に庇いませんでしたが。そうやって、庇ってくれるから、言う事も聞くのだと思います。コーチは、他のプレーヤーの手前、するべきではないことをしたり、するべきことをしなかったら、庇う訳には行かないです。


>>古参者さん

面白いデータですね。こちらでも、「バイナムが30点以上取ると負ける」と言われていました。バイナムが30点以上とるから負けるのではなくて、30点以上取る時は、リバウンドが少ないです。リバウンドを取らないで、1人だけ先に、オフェンスに行って、ファーストブレイクで簡単なバスケットを稼いでいるから、得点が多いです。リバウンドが一桁で、30点以上取っていて、「貢献した」なんて言っているド素人も勿論いますが、殆どのファンは、騙されなくて、「両サイドでプレーしない」と言っていました。コービーが高得点だと勝つというのは、他のプレーヤーからの得点が少なくて、コービーが打たないといけない状態になるからです。スムッシュやクワミがいた当時とは、内容が違いますが、コービーが打たないと勝てない点では同じです。

レブロンやウェイドが高得点だと負けるのは、他のプレーヤーが駄目で、1人で打ち捲くっても追いつかないからだと思います。デュラントとウェストブルックが高得点だと勝つのは、両方共揃って高得点なことが多いのでは?


>>ロンロン大好きさん

ありがとうございます。もう、大丈夫です。

私は、バイナムは、フィルの言う事は、ある程度聞いていたと思います。私は、誰の言う事なら聞くというのではなくて、何年かしないと、誰の言う事も聞かないと思います。コービーの言う事を聞くのは、いつも庇ってくれるからだと思います。コービーが庇うと、多少ファンもメディアも静かになるし。HCは、庇うわけにいかないです。他のプレーヤーが同じことをやったら、それも認めないといけなくなるので。


>>かいかいさん

確かに、SGとしては、リバウンドの数が多いですよね。セッションズも、結構取りますよ。
[ 2012/04/14 09:23 ] [ 編集 ]
シジさん、私も敵ながらドック・リバースならと…考えた事はあります。ただ家族との時間を大切にしたい、と言ってコーチ業を引退しようとして、それを思い悩み、ボストンに残った訳で、現実的には厳しいかなと。あのダミ声好きなんだけどなぁ。
[ 2012/04/14 09:21 ] [ 編集 ]
かつてラリー・ブラウンがDFリーダーのベン・ウォレスに試合の初めにポストアップをさせていました。それは試合を通してDFを頑張ってもらうためでした。フィルもバイナムのポストアップを序盤に使っていましたね。確かにセンターの仕事はリバウンドやDFだとはいえ、こういうテンションの乗せ方ってすごくうまいと思うんですよ。
バイナムがコービーの言うことをよく聞くのもコービーのテンションの乗せ方がすごくうまいからだと思うんです。お前はDFだけしてればいいと言ってクワミみたいに「俺にパスしないでくれ」みたいになっては困りますからね。コービーはあのクワミとの経験があったからこそバイナムのDFでのプレゼンスの必要性を考えた上でバイナムにはオフェンス面で多少妥協しているのではないでしょうか。
そういう意味で最近のコービーの存在感の発揮の仕方はとても素晴らしいと思っています。
さすがにシャックやフィルとやってきただけありますよね。


ちなみにロンロン大好きさんの質問にも横から失礼しますが、是非答えさせて下さい。私も最近のヘッドコーチはカリスマ性がないなーと思っています。懐古になってしまいますが、ライリー、フィル等々を産み出した80~90年に比べたら最近のヘッドコーチはとても地味です。でもドック・リバースのカリスマ性なら十分レイカーズのヘッドコーチが務まると思います。
だからリバースが昨年一時期報道で噂に上がった時はリバースになればいいのにと少し思っていました。すぐにセルティックスが5年契約しましたけど。
バイナムも彼の言うことなら聞くのでは?
でもやはりセルティックスからレイカーズのコーチというのはファンにも受け入れられませんかね(笑)
[ 2012/04/14 03:49 ] [ 編集 ]
ゆ~すけ さん<

得点数としては、その通りです。むしろコービーがいる時と大して変わらないくらいの数字を稼いでます。

でも、バイナムとパオ以外で活躍が目立ったメタ、バーンズ、ブレイクの3人で49点。

それだけでもコービー含めた1試合での4人合計での平均得点くらいで出来すぎなのに、加えてありえないくらい高いFG成功率、しかもありえないくらいのスリー成功数に確率と、ペイント中心で稼ぐツインタワーに対し彼等はしっかりアウトサイド中心に稼ぐなんて、得点効率に攻撃のバランスにと、あまりにも都合が良すぎて軽く引きます。

はっきり言って、コービーが居るとか居ないとか通りこした次元での出来でした。

そこにスパーズの酷い出来も加わります。

結果14点差…

この点差を大きいと見るか、小さいと見るか…

ちなみに話は変わりますが、レイカーズは現在37勝22敗の勝率.627の西の3位です。

レイカーズの試合でビッグ3の表面上の活躍に限定した面白いデータがあります。

【コービー】56試合

30点以上 17勝7敗(.708)

35点以上 9勝1敗(.900)

40点以上 4勝1敗(.800)


【バイナム】54試合

25点以上 6勝4敗(.600)

30点以上 2勝3敗(.400)

15R以上 12勝5敗(.706)


【パオ】59試合

20点以上 12勝7敗(.632)

25点以上 5勝2敗(.714)

15R以上 5勝3敗(.623)


つまり基本的にはコービーは点を取れば取る程にチームの勝率が上がり、35点以上取れば、まず負けない。ちょっと驚異的な数字ですが、6~7年前のレイカーズを匂わせる悲しいデータでもあります。

バイナムは逆に点を取れば取る程に勝率が下がり、リバウンドを大量に稼いだ試合は勝率が高い。つまりフィルが言い聞かせてた、オフェンスに夢中になってる暇があったらディフェンスやリバウンドに力を入れろって事です。

パオは地味な数字が多いですが、バイナムのオフェンス機会増やすくらいならパオに攻めさせろって事が表れてます。

そしてオマケで、マイアミやサンダーの得点源2人ずつ抜粋したデータです。

【レブロン】

30点以上 17勝6敗(.739)

35点以上 6勝5敗(.545)

40点以上 1勝1敗(.500)


【ウェイド】

25点以上 12勝5敗(.705)

30点以上 4勝4敗(.500)

35点以上 0勝1敗(.000)


【デュラント】

30点以上 15勝6敗(.714)

35点以上 5勝3敗(.625)

40点以上 2勝1敗(.666)


【ウエストブルック】

30点以上 10勝4敗(.714)

35点以上 3勝2敗(.600)

40点以上 2勝0敗(1.00)

互いに勝率.700以上を誇る、まさに強豪チームらしいデータになってますね。
[ 2012/04/14 00:54 ] [ 編集 ]
Mayさん、体調は大丈夫ですか?そんな中、更新ありがとうございます。バイナムは確かにコビーの話は大真面目に聞いてますよね。バイナムをコーチできるのはコビーしか無理でしょうね。今いるヘッドコーチでバイナムをコントロールできそうな人いますかね?ロッドマンが自伝でフィルに出会って、やっと見つけた。と語ってました。そのフィルですら無理だったならば、彼をコーチできる人なんていないのかもと思ってしまいます。こればっかりは誰が合うのかなんてなって見なければ分からないですが、ブラウンじゃ無理なのは分かりました。Mayさんは誰ならいいと思いますか?自分は思いあたりません。
[ 2012/04/13 20:06 ] [ 編集 ]
コービーって得点力もそうだけど何気にリバウンドをたくさん取ってくれるのが大きいと思う
[ 2012/04/13 16:57 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
メタは、この2シーズン、背中が痛かった様ですが、最近良くなって思い通りにプレーできるようになってきたと、今日、ラジオのインタビューで言っていました。それを聞き間違えたのでは?それから盛んに、「テンポが大事」と言っていました。
[ 2012/04/13 16:30 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
御心配をおかけして、済みませんでした。昼寝をして、すっきりしました。ゲームを見ている時は、元気でした。記事を書くのも、苦になりませんでした。特に、ゲーム内容が内容なので。ありがとうございます。


>>ひでさん

コービーがいなくて、みんなシュートの確率が下っていますが、何故か、メタのシュートの確率は上がっています。リバウンドは、コービーがいなくても影響がないので、そこだけは頑張って欲しいです。

仰るとおり、バーンズは、得点はそこそこでも、ディフェンスとリバウンドでいつもコンスタントに貢献していますが、その上得点もあると、かなり心強いです。

コービーがいると、厳しくなったら、コービーにパスすればいいですが、パスする相手がいないので、覚悟を決めているのが良いのでは?だから、パスを周し過ぎてターンオーバーがないです。

私も、コービーには、早く戻ってきて欲しいですが、折角3ゲーム休んだのに、完治していないのに戻って、振り替えしたら勿体無いので、しっかり直してから、戻って欲しいです。


>>Venzaさん

ロサンゼルスも暖かいです。年末に一度寒い日が何日かあった以外は、ずっと暖かいです。雨が降っても暖かいです。変な気象ですよね。御心配ありがとうございます。


>>UWさん

ロサンゼルスでは、平日の午後に、レイカーズの話題を中心にしたラジオ番組がありますが、「コービーがいない方がレイカーズは強い」というメールがあるそうです。2人でやっている番組ですが、1人が凄く沢山来ている様な言い方をしていて、もう1人「どのくらい来ているのか?」と訊いたら、「7件」と言っていて、噴出しました。ロサンゼルス中からメールが来て、7件だけです。

メタは、そのラジオ番組に出ていて、去年から、背中に痛みがあったと言っていました。最近よくなってきたそうです。

セッションズは、ミニッツは増えていませんが、プレーで負担がかかっています。パオは、ミニッツもプレーでも、負担があります。パオとバイナムのシュートの確率も、かなり影響があります。特にバイナムのシュートの確率への影響が大きいです。日本でも、「手負いの動物は危ない」と言いますが、アメリカでも同じことを言います。スーパースターがいないと、暫くは、みんな必死になるので、かえって勝率が上がったりしますが、長期になると、無理をしているので、怪我人が出てきます。パオが怪我をしないかが、心配です。


>>かずさん

メタのシュートは、決まり過ぎですよね。こんな調子が続くとは思えないです。バイナムのリバウンドとディフェンスも、懐疑的な人が多いです。続いたら続いたで、更に態度が悪くなりそうだしと、どっちにしても、手放しで喜べないのが、辛い所です。

スパーズがインサイドに入る気が無かったというより、入れなかったのでは?

セッションズは、コービーがいなくて、シュートの本数も、アシストも減っています。肩の怪我より、コービーがいないことが影響しているのでは?


>>アレさん

バイナムは、やる気になったらできます。運だけでは、30リバウンドは取れないです。ディフェンスでも、脚を動かして相手の正面に立ったら、まずペイントには入られないです。やればできるのに、やらないから、余計批判されるし、こんなに頑張っているのに、どうせ続かないとしか思われないです。

コービーは、明日は、欠場は決まっていないようですが、まだ分からない様です。


>>SHAWさん

バイナムは、リバウンドだけでなくて、ディフェンスもです。最初の頃はよくやったのに、いつの間にかやらなくなりました。続かないと思っている人の方が、多いと思います。メタの方が、まだ期待があるのでは?


>>TAKAさん

何もかも、上手く行き過ぎです。メタは、仰る通り、レイカーとしては、最多得点だそうです。

セッションズとバイナムはそれ程でもないですが、パオのミニッツが心配です。


>>shinさん

メタがここまでとは言わないですが、この半分くらい、コンスタントにやってくれたら、かなり楽です。

ブラウンが、時々、ベンチでバイナムに何か言っていると、バイナムが、いかにも聞きたくなさそうな顔をしている時があります。それが、ニューオリンズ戦の途中に、コービーがバイナムに何か言っていたら、大真面目な顔で、しきりに頷きながら聞いていました。バイナムは、昨日のゲーム中に、メタがタイムアウト中に話しかけたら、離れて歩いて行ったので、バイナムは、ブラウンの言っていることを聞かないというより、誰の言っていることも聞かないけれど、コービーだけは聞くのかもしれませんが。


>>akrさん

コービーは、フィルの時も、タイムアウト中にボードを持って、チームメイトに指示をしていて、フィルが周りを歩いていただけのこともありました。

バイナムについては、仰る通りです。折角自分のチームのプレーヤーが、大活躍しているのに、「どうせ続かないだろう」とか、「続いたら、態度が更に悪くなる」とか、喜べないのが寂しいですよね。


>>古参者さん

偶然が重なり捲くりました。30リバウンドは、この15年間で、2年前のラブの31リバウンドと、今回で、2回目です。カリームだって、2回しかしていません。メタの26得点も、まずないです。メタは10点獲ったら良い方だったので、「良い方」だったら、バイナムが30リバウンド取っても負けていました。

慢心が問題ですよね。バイナムがこれだけディフェンスもリバウンドもやっても、心から喜ぶより、「今までのあれだけ態度が悪かったのに、30リバウンドも取ったら、どれ程悪くなるか?」とか、「ディフェンスが続くかどうかが疑わしい」とか、「契約延長したら、更に酷くなるのでは?」とか、先を心配する意見の方が多いです。これだけ頑張ったのに気の毒ですが、そういう評判を作ったのは自分なので、自業自得です。


>>神戸くん

3Pは、こんな調子で決まり続けるはずが無いです。メタもこんな調子で決まり続けるはずがないし、バイナムも、幾らなんでも、30リバウンドは勿論、毎回20なんてある訳がないし、バーンズやブレイクが、毎回、こんな調子も有り得ないし、たまにしかないことが、一度に起こりました。

4Qは20点以上開いていましたが、パオ、バイナム、セッションズを出しているのに、終盤に11点まで詰められましたよね。今のレイカーズは、20点差あっても、安全圏ではないです。4Q前半に引き離して、後半はベンチのつもりだったのが、追い上げられて、そのままスターターがプレーし続けてた結果になりました。

オドムのトレードは、サラリー額合わせではあると思いますが、欲しくて獲るチームはないと思います。獲ったら、来シーズンのサラリーを満額支払わないといけないです。


>>LAXさん

プレーヤーが外さない時に、解説者やアナウサーが、「He can’t miss.」(外せない)と言いますが、昨日は、メタのことをそう言っていました。

POのポジションに関しては、私も同感です。メンフィスは、余程のことが無い限り、5位より下に下ることはないし、レイカーズも、余程のことが無い限り、2位以上になることはないので、問題は、レイカーズとメンフィスが、4位、5位になる可能性です。これは、大いにありえます。それを避けるためにも、3位を死守したいです。レイカーズとクリッパーズが4位、5位で、メンフィスが3位で、サンアントニオが1位、OKCが2位は、合いえると思います。これでも、OKCとはファイナルまで当たらないです。

イーバンクスは、オープンのジャンパーが決まらないです。これでは、話にならないです。


>>K当さん

メタは、コービーとプレーしていないミニッツも多いです。1Qと3Qは、早めにベンチに下って、2Qと4Qに、コービーに代わって出てきます。そのコービーがプレーしていない時に、ポストアップしてプレーしたら良いと思います。ジャンパーもよく決まっているのに、必ずしも、ポストアップだけにこだわる必要もないし。まぁ、そんなんい上手くかどうかは、今までのプレーからして、疑わしいですが。


>>だいさん

私も、パオはよくやっていると思います。コービーがいない間、パオが一番、得点で、安定して貢献しています。

#2シードは、レイカーズが残りを全部勝っても、スパーズが残りを4勝6敗でないといといけないので、無理だと思います。レイカーズが全勝するということは、スパーズは2敗はするということですが、あと4敗は厳しいです。レイカーズに2敗して、メンフィスとポートランドに負けても、4敗。他は、スパーズは、フィニックとゴールデンステートが各2ゲーム、サクラメントとクリーブランドが1ゲームずつあります。ここから2敗は、不可能とは言わないですが、かなり確率は低いです。それも、レイカーズが残りを全勝という前提なので、1敗でもしたら、スーパーズは、7敗できます。


>>まめさん

ディフェンスはやる気の問題もありますが、疲労で動けないのもあるので、持続するのは難しいかもしれないです。

私も、ブレイクにカバーされているプレーヤーが、ガンガン行かないのが、意外でした。スパーズのビッグマンは、ブレアは身長がないし、ダンカンは高齢のため欠場しないといけないくらいなので、サイズがあるチームには、弱いはずです。
[ 2012/04/13 13:20 ] [ 編集 ]
古参者?さん>
たしかにみんなよくヤりすぎですが、その変わり毎試合30点くらいとってくれるあのお方がご不在なのです。
イーバンクスの変わりに25点くらい取ったとするならちょうどメタがいないのくらいな感じですよ



ところでそのメタが背中を慢性的に痛めていて引退するなんて話ネットにありましたがいかに?
[ 2012/04/13 13:07 ] [ 編集 ]
体調が悪い中、更新お疲れ様です。
ゆっくり休んで、体調を治してくださいね。


今日もレイカーズ勝ててよかったです。
僕は試合全体は見れませんでしたが、ハイライトとスタッツをみると、メタとバイナムがよかったみたいですね。

最近、メタの調子がだんだん良くなってきているので、プレイオフに向けてはイイ感じですね。

バイナムもここ2試合はよくないと思っていたのですが、30リバウンド取ったのには驚きました。

ベンチプレイヤーもバーンズやブレイクがよく自分の仕事ができていてよかったと思いました。
特にバーンズはディフェンスがいいですし、シュートも決まると、すごくチームに貢献してくれますよね。

コービーがいなくて3試合目ですが、選手たちはコービーがいないときの自分の役割がわかってきて、それぞれがシュートを打つ意識を持ってきているのがいいのかなと思いました。

ただ、僕はNBAのなかで1番コービーが好きな選手なので、早くコービーのプレイが見たいなーと思っています。
でも、故障を治すためにゆっくり休んでほしいような・・・
最近は複雑な気持ちです(・.・;)
[ 2012/04/13 11:42 ] [ 編集 ]
Mayさん大丈夫ですか?試合後は直ぐにでも安静にしたほうがよかったことと思いますが、ブログ更新を普段の日通りの内容できっちり仕上げるのは、いつにも増して重労働だったと思います。

そんな中、試合がいい勝利だった事が唯一の救いです。こちらは3月から異常気象で初夏のような暑さで半そででしたが、今週から気温が下がって今朝は33度でした。娘も朝に熱を出して、ちょっとこの天候には調子が狂います。

ともあれ、Mayさんお大事に。



[ 2012/04/13 02:08 ] [ 編集 ]
体調の悪いなか更新ありがとうございます
あまりムリをなさらずに
 でも今日の快勝で
MAYさんもゆっくり休めますね♪

ただこんなことがあると
コービー抜きのLAのが
強いだとか、アンチコービーファンに火がつきますよね↓
スーパースターの宿命なので仕方ないですが。  自分はコービーをたまたま見てNBAもバスケも好きになったので
コービーのプレーが
待ち通しくてなりません
皆さんも同じですよね

ピースもシュートある程度打つことで
やっとフィットしてきたように思えます
今日は出来過ぎですが
SFの得点不足解消になればなによりです

イーバンクスもスカウトされたら
シャットアウトなのでしょうかステップアップして欲しいです
後コービーが休めている分のセッションズ、ガソルの負担深刻で不安です

でも今日の勝利は嬉しかったです
バイナムおめでとう
[ 2012/04/13 02:04 ] [ 編集 ]
体調不良の中、更新お疲れ様です。Mayさんとにかく体を大切に、たまには休憩してください。

なんとスパーズに勝ちました。コービー欠場、セッションズの怪我、苦手ロード、相手のビックスリーは休息たっぷりという悪条件がそろっていたのに楽勝でした。

とにかくメタとバイナムがすごかったです。メタのシュートが入る入るトレードしなくて良かったです。これだからメタはわかりません。味方も敵も混乱しますよね。
バイナムのリバウンドすごいですね。やはりNo1センターになるポテンシャルを持っています。シュートが入らなくてもこれだけリバウンドを取れば誰も文句をいいません。バイナムがそれに、気づいてくれるといいのですが...。バイナムのいたインサイドはディフェンスがです。良かったです。

それにしてもスパーズにリバウンドを取る気があまりなかった気がします。ほとんどの選手が3Pライン付近にいて、インサイドに選手がほとんどいませんでした。ツインタワーをなめているのでしょうか?いかにダンカンが偉大な選手でもリバウンドを取らせるわけにはいきません。

セッションズの怪我が心配です。ドライブにキレがありませんでした。肩を怪我していて全力のドライブは無理があります。
もう大満足したので、そろそろコービー戻ってこないですかね?もしコービーが引退したらこんな感じなんだと思ってしまいました。
[ 2012/04/12 23:04 ] [ 編集 ]
バイナムはやっぱ特別な選手ですね
30リバウンドなんて狙ったり、たまたまでできるようなことじゃないですし
これは天性というか獣というか何なんでしょう?
パーカー封じることを念頭においたディフェンスも素晴らしかったです
初めにバイナムがパーカーのペネトレイトを長い腕で完璧にブロックしたのが大きかったですね。
あれでパーカーが中に入るの躊躇して得意でもないミドルショットを厳しい体制で打たして外させたのがゲーム作る上で大きかったと思います。

コービーは次でれそうですか?
そろそろコービーのプレーが見たくなってきました。
[ 2012/04/12 23:01 ] [ 編集 ]
体調の優れない中更新して下さるMayさんに感謝します!


バイナムが30リバウンドを取るのも、メタが26得点するのも、全く予想外でした笑


今日位はバイナムを手放しで誉めたい所ですが、スパーズのインサイドはかなり弱体化してますね。
去年もグリズリーズのインサイド陣にボコボコにされてましたし。
バイナムが弱いものイジメだけではなく、これからずっとリバウンドに積極的になってくれたら誉めたいと思います笑


後は今シーズン終了までメタの好調が続くのを祈ります(^_^;)


コービーもMayさんもお大事になさって下さい(*^^*)
[ 2012/04/12 22:16 ] [ 編集 ]
いやー正直言って予想外の大勝でしたね。

DFがよくしまっていたと思います。パーカーをあそこまで綺麗に抑えたのはできすぎ感がありますが、それでもリバウンドを完全に支配してよかったです。

それにしてもメタはどうしたんですかね?
多分レイカーとしては最多得点ですよね。
もちろん嬉しいですけどなぜか手放しで喜べません笑

あとは申し訳ないほど毎回言っていますがプレータイムはどうなってんだって感じですよね。
パオ40分バイナム36分セッションズも37分でしたっけ?
パオが昨シーズンの序盤みたいにならないか心配です。
[ 2012/04/12 21:45 ] [ 編集 ]
MAYさん体調大丈夫ですか?



メタgoodjob!な試合でしたね
AS以降調子いいですしトレードしなくてよかったかもしれません。
まあいちがいに安心しきれないのがメタなんですけど(汗
コービーばりのタフショットを見せてくれましたし今日はメタに感謝です。

ブラウンは横にコービーがいると
どうしても選手はコービーのいうことを自然とよくきいてしまうのでやりにくいのはある程度しょうがないんですけど、、、

フィルの後釜ですし難しい仕事というのも重々わかりますが、
カリスマ性というか、指導力をもっと高めていってほしいです。
[ 2012/04/12 20:25 ] [ 編集 ]
メタのコービーが調節したってのは、良いことなんでしょうか?には笑いました(笑)
セッションズが来る前は特にコートの中で指示してましたが、タイムアウト中の方が伝わりますもんね。
父親譲りもあるのかな?(笑)
今日、ディフェンスが良かったのも、KB24コーチの指示かも知れませんね。

バイナム、やれば出来るのを知ってるからこそ地元の人は、誉めるよりも毎試合やれよ!って突っ込みの声の方が多いのかな(笑)

ナイスゲームでした!
[ 2012/04/12 20:15 ] [ 編集 ]
まだ試合見れて無いんですけど、データ見る限り偶然に偶然が重なった勝利の匂いがしますね。

ペイント内はレイカーズが支配するのは目に見えてました。

しかし、いくらなんでもスパーズは本当にNBAのチームかってくらいリバウンド取れてなさすぎですし、メタばかりかバーンズやブレイクまで大当たりなんて天変地異の前触れかってくらいのもんです。

レイカーズのスリーがこんなに決まるなんて、偶然以外の何物でも無い。

NBAで最もロールプレイヤー達の貢献を期待出来ないはずのレイカーズが、正反対のスパーズの御株を奪うなんて偶然以外の何物でも無いです。

パーカーも抑えられすぎですよね?

主力のコンディション次第ですが、レギュラーシーズン中とは違いペースもタフさも変わるプレーオフで当たればレイカーズの方が強いんじゃないかとは思っていましたが、まさかレギュラーシーズン中の試合で、しかもコービー抜きで大勝するとは。

流石にこれがスパーズとの力の差だとは到底思えないです。

レイカーズが良すぎたのと、スパーズが悪すぎたタイミングがうまい具合に重なっただけでしょ。

しかしながら、メタとバイナムは良くやった!

自信にも繋がるでしょうし、非常に価値ある1勝です。

ただ、お得意の慢心だけはヤメテくれ。次のナゲッツ戦は相性が悪い相手だけど、苦手のハリントンもいないし、キッチリ白星を!

そうで無いと今日勝った意味が無くなる。
[ 2012/04/12 19:52 ] [ 編集 ]
更新お疲れさまです。

僕は最初からみてましたが3Pが異常でしたねw
今日は昔のロンロンが見れてよかったです!
僕も2Q途中くらいにスコア開いたらバイナムが15Rとってたので!?っと思いました。
正直厳しいなーとは思っていたのでよかったです。
コービーがいなくてもウエスト8位には入れる戦力なのだと僕は思ってるので、これを機にもっとコービーいなくてもやれるんだということ自覚してほしいです。

しかし4Qで20点以上開いて相手が主力をさげてるのにそこからセッションズとガソルが戻ってくる選手起用はどうなんですかね?
プレイタイムだけみたらどっちが勝ってるかわかりませんよ。
ましてやセッションズは怪我してるのに・・・。
コービーがコーチしたほうが機能してる時点でマイクブラウンは何のためにあそこに座っているのかわかりません。
正直この試合、この状況でチームのエースであるコービーが試合に疲労が原因の怪我で出れないというのは・・・。

ダラスはオドムをトレードの駒にして戦力補強すると明言したみたいですね。
まぁあのサラリーと今年のプレイをみてとりに行くチームはいないとは思いますが。
来年FAのハワードを狙ってるチームがサラリー空けるために取るくらいかな?

長文失礼しました。
[ 2012/04/12 19:01 ] [ 編集 ]
MWPの大当たり、Bynumの記録と珍しい形での勝利でしたね。
4QのMWPのジャンプさえしないで打ったシュートが入ってるあたり
NBA Jamの「He's on fire!」を思い出しました。
(それかSAS戦のMcGrady、Bucks戦のLeBronというか、要は打てば必ず入るパターンです)

これでウェストのシードがおもしろくなってきますね、
個人的には、やはり「OKCとConfFinalまで当たらないこと、MEMと当たらないこと」が理想です。
MEMはZachが帰ってきて、去年と同じ臭いがするので・・

にしてもEbanksひどいですね、、一時は「Ariza再来」とまで言われたのが嘘のようです。
こないだCoachBrownがESPNでGoudelockを使わない理由に「背丈的にディフェンスの穴になるから」だそうです。
Blakeのことが視界に入ってないのでしょうか... それはBlakeと併用してるからってこともありますしね。


いやー、とにかく今日のNYK対MILとか、勢いづくBOS、楽しみになってきましたね!
[ 2012/04/12 18:28 ] [ 編集 ]
AS以降メタがFG%相当上げてきますね。
今は結構フィジカルを生かして上手くやってくれてるんですけどね。コービーが居たらしないでしょうし、やれないでしょう。コービーもポストやりたがるとき結構ありますし
コービーが戻ってきてもアテンプトをこれくらいチームで共有出来れば良いんですけど
[ 2012/04/12 18:23 ] [ 編集 ]
なんかメタがこれだけオフェンスすごいとギャグみたいでおもしろいですね。つい笑っちゃいました!笑  バイナムすごかったですね!でも自分は一番パオがよくやってくれてると思います!今日も40分でて20得点10リバウンド!自分は試合はみれずMAYさんのブログでしかわからないですがコービーがいない中で引っ張ってくれてると思います!  結果的にコービーも休めてるのでいい感じですね!!   第二シードとってほしいです!!!  
[ 2012/04/12 18:08 ] [ 編集 ]
これぞコービーがいない時の勝ち方、と言わんばかりのゲーム内容でした。特に前半のDFは本当に集中していて、足が良く動いていました。スパーズは面食らってましたよ!!コービーが帰って来ても、このDFは継続出来るはずなですが、はっきり言って全く信頼は出来ないですがね。チームが高齢だから足的にも持続するか不安です。

それにしても、ブレイクのところを徹底的に攻めようとしない相手チームには、はっきり言って唖然としますよ。ミルズは確かに1on1が得意ではないかもしれませんが、ブレイクのDFはそもそもNBAレベルじゃないですからね。スパーズは、チームはバランス良く攻めるべきという意識が徹底していて、レイカーズとしては逆に有難いですね。そしてスパーズはツインタワーに弱い。昨年POのグリズリーズ戦しかり。レイカーズには良いことずくめ。
[ 2012/04/12 17:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【バイナム30リバウンド、MWP26得点、サンアントニオをホームで粉砕!】
ゲーム・ハイライトレイカーズ・ハイライト今日は、体調が悪く、昼過ぎに家に帰って来て、昼寝をしました。2-3時間で目が覚めると思ってたのに、起きたら、6時20分頃で、2Qの残り2分辺りでした。そこで、前半は、見ていません。見始めた時に、丁度バイナムが、16リバウン?...
[2012/04/12 17:25] まとめwoネタ速suru
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。