これが実力・・・・

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

これが実力・・・・

Game Score


ゲーム・ハイライト



1Q
序盤は、パーカー以外をしっかり抑え、オフェンスでは、着実に得点して、先行しますが、ターンオーバーが目立ちました。半ばに、セッションズが、早くも3つ目のターンオーバーをすると、セッションズ、バイナム、パオが、続けて外し、逆転されます。後半は、一進一退で、進みます。オフェンスでは、オープンのバイナムが決めたり、イーバンクスがカットして、楽にレイアップを決めたりして得点し、ディフェンスでは、パーカーには、決められましたが、その他のプレーヤーは、ある程度抑えました。28-17の1点リードで、コーターを終了します。

2Q
出足に、ジノビリからスプリターへのアリーウープを決められ、逆転されますが、引き続き好調なバーンズが、3ポイントを返して、再逆転します。ところがそこから、メタ、ブレイク、パオが続けて外します。その間、サンアントニオには続けて決められ、簡単に逆転されると、序盤で、6点ビハインドにされます。半ば前から、しっかり守り、オフェンスでは、パオが続けて決め、ブレイク、セッションズが続き、半ばには、一時逆転します。その後、何回かバスケットを交換し、僅差で進みますが、半ば過ぎに、パオがベンチに下がり、バイナムが登場すると、工夫もなく、ひたすらバイナムにボールを入れる、単調なプレーが始まります。それも、バイナムにボールを入れられれば、まだ良いですが、バイナムにボールを入れるのが分かりきっているのに、無理にボールを入れるので、次々とスティールされます。殆どがこのパターンで、5連続でターンオーバーすると、その間、グリーンの3ポイント2本を含み、毎回得点を許し、あっという間に、16点ビハインドにされます。残り1分30でイーバンクスがジャンパーを決めるまで、レイカーズは、4分以上無得点、しかも、その4分間に、ターンオーバーをし捲くったので、打ったシュートは、ブロックされたセッションズのレイアップ1本のみでした。終了間際に、セッションズが2本決めますが、パーカー、ジノビリに次々と決められ、63-47の16点ビハインドで、ハーフへ。3Q以降も、点差を離される一方で、追い上げる気配は、全くありませんでした。今日は、後半は省きます。


パオ:16得点(8-15)、7リバウンド、5アシスト
ジャンパーがよく決まっています。チームを引っ張ろうと、必死にプレーしているのが伝わってきます。

バイナム:21得点(8-16)、7リバウンド
オフェンスもディフェンスも、まずまずやっていました。前回のサンアントニオ戦では、30リバウンドも取りましたが、今日は、マッチアップしていた、老齢のために欠場しないといけないこともあるダンカンが8リバウンドと、1つ負けました。予想通り、長続きしません。

メタ:11得点(4-11、3PT=0-3)、3リバウンド、3スティール
ディフェンスは良いですが、シュートは元に戻っています。

セッションズ:10得点(5-8)、4アシスト
ディフェンスで、パーカーに付いて行かれませんでした。オフェンスでは、ただボールを運んで、ビッグマンにパスするだけのプレーが多くて気の毒です。もう少し、スクリーンをセットして、セッションズをフリーにして、ジャンパーを打たせたり、ドライブさせたりして、セッションズ自身に得点させるセットプレーをして欲しいです。決まりもしない、メタやブレイクが3ポイントを打っているのに、3ポイントの確率が、リーグでトップクラスの人が、1本も打っていないのは、勿体無いです。ちなみに、セッションズによると、コービーは、自分がスクリーンをセットして、セッションズに打たせるプレーが好きだそうです。セッションズが、「コービーにスクリーンをセットする様に支持すると、喜ぶ」と言っていました。

イーバンクス:9得点(4-8、3PT=0-1)、4リバウンド
ちょっとジャンパーが決まり間始めました。

バーンズ:16得点(6-11、3PT=2-4)、6リバウンド、4アシスト
引き続き好調です。

ブレイク:2得点(1-5、3PT=0-2)、7アシスト
シュートは決まりませんが、よくドライブして、オープンのチームメイトを見つけています。ダラス戦あたりから、少しディフェンスが良くなってきた感じがします。以前と比べての、比較でという意味ですが。

マクロバーツ:2得点(1-2)、1リバウンド
マーフィーがプレーしたので、13分ちょっとのプレーでした。

マーフィー:無得点(0-1)、3リバウンド
ガーベッジタイムも含めて、12分のプレーでした。

ヒル:4得点(2-2)、2リバウンド、1ブロック
ガーベッジタイムに出てきたので、注目していましたが、ディフェンスは良く、シュートは、1本は、フリスローラインの後ろ辺りから決めたジャンパーで、タッチが良いです。相手もベンチですが、サンアントニオは、ベンチもレベルが高いので、これだけやれたら、ある程度使えると思います。

オフェンス
48.8%決めているので、問題はバスケットを決めることではないです。ターンオーバーが19と、多すぎました。殆どが、バイナムに無理にボールを入れようとしたり、安易にアリーウープをしようとして、スティールされたり、アウトオブバウンズした、ターンオーバーでした。テレビで見ているド素人の私でも、次に何をするか、どこにボールが行くかが分かる、単調なオフェンスなので、スティールされて当たり前です。


ディフェンス
サンアントニオに59.5%も決められています。パーカーが、やりたいことができました。パーカーは、3Qまでしかプレーしていないのに、14-20の29得点でした。ダンカンも、ダンクはあるは、バイナムが1オン1でディフェンスしていて抜かれて、レイアップを決められ、解説者が、「数年前に戻りました」と言うようなプレーをされました。ダンカンは、9-14の19得点です。ジノビリは、6-13の15点だったので、ある程度抑えました。



ホームで20点差以上を付けられて負けたのは、2007年3月以来だそうです。コービーの欠場1ゲーム目のフィニックス戦を同じような、大敗です。4連勝中は、キャリアハイとか、シーズンハイとか、数年ぶりとか、まずない程良くプレーするプレーヤーが、毎ゲーム複数いました。全員が、自分のスタッツ通り、つまり実力通りにプレーすると、この程度です。4連勝は、運が良過ぎたと思って、諦めるしかないです。

ゲーム終盤に、解説のレジー・ミラーが、「そろそろコービー・ブライアントが戻らないといけない時ですね。」と言っていましたが、コービーは、明日のゴールデンステート戦も、欠場が決まっていて、金曜日のサンアントニオ戦を目標にしているそうです。まだ走ってはいないですが、昨日から、シュート練習を始めました。

ところで、フィニックスで大負けした翌日に、ラジオのレイカーズの話題が中心の
スポーツ番組で、アッシャーの「Without You」が、繰り返し盛んに流れていました。最初は、「どうしてアッシャーなんだ?」と思っていましたが、歌詞を聴いて、思わず苦笑してしまいました。始めの部分です。



I can’t win, I can’t reign
勝てない、支配できない

I will never win this game
このゲームを、絶対に勝てない

Without you, without you
あなた無しでは

I am lost, I am vain
迷い、空虚だ

I will never be the same
決して同じではない

Without you, without you
あなた無しでは


明日は、ゴールデンステートなので、そんな事を言わないで、勝って欲しいですが・・・・


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/18 16:51  Lakers | コメント(14)
ひでさん、こんにちは。
4勝が出来過ぎで、それ以上やれというのが、無利な相談だと思います。ガソルとバーンズもよくやりましたが、メタが頑張ったと思います。昨日のゲーム中に、「コービー欠場中に、誰が一番こうけんしたか?」という三者択一のアンケートがあって、バーンズ、バイナム、メタが選択肢でした。番組の終わりに結果がでたら、バーンズが18%、バイナムが34%、メタが48%でトップでした。

コービーは、明日プレーするようです。
[ 2012/04/20 05:01 ] [ 編集 ]
コービーがいないという影響がモロにでたような試合だったのかなと思いました。

オフェンスでは単調なオフェンスになってしまい、相手にバレバレなのでターンオーバーになってしまったり、ディフェンスでは後手後手になって相手を止められなかったりで、スパーズとの差を思い知らされてしまいましたね・・・

それでも、4勝できたし、コービーがいない中、残りのメンバーがステップアップしてチームによく貢献できていたことがよかったと思いたいです。
特にガソルとバーンズはよくチームを引っ張ってくれたと思います。

コービー、もうすぐ帰ってくるんですね。
コービーが帰ってくると単調なオフェンスなどにはならないと思うので、ケガ明けの調整も兼ねてだとは思いますが、期待したいです。
[ 2012/04/19 17:57 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>LAXさん

タイムアウトは、2回目か3回目のTOの後にありました。タイムアウトから出てきて、又、2-3回続けてTOしました。

理想のシードは、OKCが1位、SASが2位、レイカーズが3位で、クリッパーズとMEMは、4位、5位(順不同)、ダラスが6位で、レイカーズの1回戦の相手です。そのためにも、SASには勝っておきたかったです。

ステイプルズセンターは、ウハウハですよ。キングスは今日勝ったら、スウィープです。しかも、#8シードが#1に勝つことになります。バンクーバーのゴーリーは、オリンピックで金メダルを取った現役最高と言われるルオンゴという人ですが、去年のファイナルでは、肝心な所で弱くて、レブルオンゴと呼ばれていました。今晩も、それを期待したいです。

ドジャースは、去年のMVP次点だったマット・ケンプが良いです。ブルー・マンバと呼ばれ始めています。


>>harvさん

セッションズのディフェンスは、こちらのファンの間でも話題になっていて、メチャクチャにいっている人もいるのですが、「パーカーにやられるのは、セッションズだけではない。リーグの殆どのPGがやられる」という意見がありました。確かにそうだと思います。それよりも、ペイントから出たがらなくて、ヘルプに来なかったバイナムが悪いといって、「lazy ass Bynum」と怒っているファンも多いです。私は、セッションズだけの責任にするのも、バイナムが怠けていたというのも、極端な意見で、その間くらいだと思います。特に、バイナムが悪いという意見は、セッションズはファンから好かれていて、バイナムは嫌われているから、悪いことは、みんなバイナムのせいにしたいので、公平な意見ではないです。

バイナムが止められたのは、バイナムにボールを入れて一人でやれと任せられる実力がないのが分かっているのに、動いたり、パスを周して、ディフェンスを崩して、ある程度バイナムをフリーにしてから、ボールを渡さないで、何とかの一つ覚えで、ひたすらボールをいれる、工夫の無いオフェンスを繰り返したからです。バイナムが、しっかりディフェンスされたら決められないのは、分かっているはずです。ファンでも、バイナムはコービーがいなくなったら決められなくなったと分かっています。それなのに、何も対策を打たないで、毎回同じ様に、ただボールを渡しています。決められないバイナムが悪いのではなくて、決められる状況にするプレーをさせないコーチ、又は、コーチがさせようとしているのに、しない(できない)プレーヤーの責任です。

ディフェンスは、確かに酷いです。P&Rディフェンスが、一向に改善されないです。セッションズが、スクリーンの前から行かれないのは、肩の怪我の影響もあると思います。大分良くなっている様ですが。

イーバンクスは、良くて、所謂「キャリア・バックアップ」だと思います。メタは兎も角、バーンズの方が貢献できます。私は、むしろ運動能力があるアイエンガに期待しています。イーバンクは、どれを取っても、ここが売りというものがないです。ディフェンスが売りらしいですが、平均より上というくらいだし、シュートタッチは良くないし、運動能力は、悪くはないですが、飛びぬけて良い訳でもないし、遅くはないけれど、速くもないし、ソフトではないですが、タフかといえば、これも平均より上という程度です。むしろ、Gロックの方が、PGにコンバートして、ボールハンドルを良くしたら、使えると思います。あの身長で、SGにこだわるなら、NBAでは使い物にならないですが。

私も、ふがいない敗戦で、コメント返信というより、愚痴になって済みません。(苦笑)


>>Yoshiさん

スパーズは、バックトゥーバックトゥーバックの真ん中だったので、本来は、このゲームで、ビッグ3を休ませる予定だったそうです。それが、前回恥をかかされたので、全力でやってきました。コービーがいても、実力は均衡しているのに、いなかったら無利です。前回は、たまたま運が良過ぎただけです。メタのファールトラブルも要因の1つですが、ターンオバーを繰り返したのは、メタがベンチに下ったからではないし、メタがカバーしていないパーカーに散々やられたので、メタがいても、結果は同じか、殆ど変わらなかったと思います。

私も、時々、イーバンクをメタと間違えます。オフにウェイトトレイニングをして、体重を増やしたようなので、結構当たられ強いですよね。思ったよりタフだけれど、思ったほど運動能力はない感じがします。


>>UWさん

スパーズ、サンダーは、「取りこぼし」でしょうか?今年は、相手がレイカーズに負けたら、「取りこぼし」と思われそうですが。ファンは、そのくらいの図々しさがあった方が良いですが。(笑)

メタは、最近のローテーションでは、コービーがベンチの時に、プレーヤーしているので、その時に、バーンズと一緒に、オフェンスを引っ張ってくれたら良いです。


>>かずさん

2Q途中にガタガタになった以外は、均衡していたんですよね。点差も、その後さほど広がらなかったし。

リバウンドが強みのはずなのに、そこで負けたら、勝ち目はないです。昨日は、リバウンドより、むしろディフェンスとTOが敗因ですが。

ウォーリアーズは、ドラフトピックの順位を上げるために、わざと負けているので、幾らなんでも、勝つとは思いますが。


>>かぼちゃケーキさん

バイナムのリバウンドが敗因だとは思いませんよ。でも、もうちょっとやって欲しいです。ラブやハワードみたいに常にやっている人なら、たまたたそうなっただけと思うのかも知れませんが、サボるこを期待されているプレーヤーだから、そう思うのかもしれませんが。

ベンチは、サンアントニオはトップクラス、レイカーズは、リーグ最低です。シャーロットよりも、ワシントンよりも、クリーブランドよりも、ロスターを埋めるのに苦労したニューオリンズより下です。

ディフェンスが悪いのは、コービーがいないのも、影響しているはずです。コービーは、オフェンスに注目が行きますが、ディフェンスでも、リーグトップクラスです。相手のPGが良いと、よくスイッチして、コービーがカバーしていましたよね?ウェストブルックとか、デロンとか、古くはアイバーソンとか。その突端に、決まらなくなったりすることが、よくありました。もし、コービーがいたら、2Qの途中で、セッションズとスイッチして、コービーがパーカーをカバーしていたと思います。

単調で面白味に欠けるのは、勝っていてもつまらにですよね。ダンカンの全盛期は、毎回ダンカンにポストでボールを入れて、強かったけれど、チームもダンカン自身も、「great but boring」(偉大だけれど退屈)と言われて、人気がでませんでした。レイカーズは、コービーがいないと、同じ退屈なパスケットボールをやっています。それだけでも、つまらないのに、同僚や隣人と、ゲームの話しをしようと思って、「ゲーム見た?」と訊くと、「コービーがいないのに、見て楽しくなりから見なかった」と言われて、勝っていも話も出来ません。


>>アスさん

デンバーと同じです。メロがいなくなって、喜んでいたプレーヤーもいて、むしろ成績は良くなりましたが、POになったら、あっさり負けました。同等か下のチームとの対戦や、上のチーム相手でも、上手く行っている時は、スーパースターがいなくても良いですが、上手く行かなくなり出したら、1人で勝てるプレーヤーがいないと厳しいです。だから、上手く行かなくなり出したら、いつもはコービーにパスするけれど、コービーがいないから、自分で何とかしようとしないで、厳しくても何でも、ひたすらバイナムにパス入れようとして、ターンオーバーを繰り返します。

レブロンは、才能はずば抜けている超一流プレーヤーですが、精神面では、機微しい場面になるとシュートを打ちたくない一流止まりのプレーヤーと、変わらないのでは?


>>akrさん

セッションズはアウトサイドも決まるし、ドライブもできるので、もっと使った方が良いというのもあるし、セッションズがもっと打つ様になると、相手もビッグマンにばかり注意していられなくなるので、バイナムの楽なバスケットも増えるはずです。いくらコービーがいないとはいえ、オフェンスが単調過ぎます。レイカーズが何をするか、ファンでも分かると言われています。

コービーは、4時前からシュート練習を始めていて、かなり良いそうですよ。ラジオ中継のアナウサーが、「プレーしないと思うけれど、しても驚かない」と言っています。


>>tskさん

この曲をバックグラウンドに、ボコボコにやられたフィニックス戦中のアナウスを流していたので、最初はアナウスだけ聞いていて、曲は全然気にしていませんでした。それをしょっちゅうやるので、又同じだと思って、歌詞に気が付きました。I can’t winだけならともかく、I will never win this gameで、噴出しました。

もっと負けていても、全然不思議ではなかったのに、4勝もしたので、仰る通り、それを喜んだ方が良いです。


>>ゆ~すけさん

コービーは、毎年、NBAオール・シフェンシブ1stチームに選ばれているので、コービーがいないと、オフェンスだけでなく、ディフェンスにも影響があります。PO前には時間があるので、ディフェンスを立て直す練習はできると思いますが、オクラホマシティー戦の前は、無理でしょうね。


>>アレさん

確かに、バイナムは、ディフェンスで引っ張り出されたこともありましたが、ヘルプに出ないで、ペイントでサボったとも言われています。

短期間なら、スタープレーヤーが欠場するのは、むしろ良いことだと思います。仰る通り、責任感がでてくるし、メタやパオのベテランリーダーシップも見られました。
[ 2012/04/19 09:47 ] [ 編集 ]
前回のようにはいかないと思いましたがここまでとは...
試合は見れなかったのですが、2Qの18-0Runの間、タイムアウトはあったのでしょうか..
私は優秀なコーチとは、相手チームのモメンタムを作らせないことに長けてると思いますが
ディフェンスがとりえのブラウンがそれを修正できなかったのが気になりました。
(ディフェンスというより、単調すぎるオフェンスが原因でしたが)

1-4であれ、2-3であれ、OKCよりSASと同じブラケットのほうがいいと思ってきましたが
1-4になったら初戦はMEMです。Westernはさすがにタフな相手がたくさんいます。

LACとNHLのKingsがプレイオフ進出を決めて、StaplesCenterをホームにする3チームが全て
プレイオフ進出するのは初めてのことだそうです。
Dodgersも9-1と絶好調ですし、Angelsも今後多少復調することが予想されますので
ロサンゼルスにとっては、2012年はいいスポーツイヤーとなりそうですね。
[ 2012/04/19 07:52 ] [ 編集 ]
セッションズが全く付けていかなかったのが、直接の敗因だと思います。技術的な問題なのか、能力的な問題なのかはわかりませんが‥オフェンスは大違いですが、残念ですが、ブレイクとDは大差ないと思います。ウエストブルックが待ち構えているプレイオフで、今日のようにやられなければいいですが‥。もしプレイオフでも今日の出来では、KobeにPGも兼務してもらい、Kobe、バーンズ、メタ、イーバンクスで1~3を回すしかないのではないでしょうか?
またバイナムが途中から止められたのも敗因でした。仮にも次期エースを目指すなら、苦しい場面で決めれる選手になってほしいです。
相変わらずP&Rの対応も全く出来ず、ビッグマンは相手のアウトサイドを守れず‥ディフェンスが崩壊しての敗戦で、Kobeがいたからといって勝てたとは思えません‥。

そんな中、イーバンクスの動きが少しずつよくなってるのは収穫です。まだ不安定ですが、将来優秀なオールラウンダーになる可能性を十分秘めていると思っています。ステップアップを促すためにも、メタかバーンズのどちらかをシーズン終了後出した方がいいのではと思っています。

フィルジャクソンにも言えましたが、マイクブラウンのベテラン偏重主義というか、若手を信用しない、使わない姿勢にはうんざりします。目先の成績はよくても中長期的には決してチームのためにはなりません。もっとGロックやヒルも使ってほしいですね。

すいません、ふがいない敗戦でつい色々書いてしまいました‥
[ 2012/04/18 23:15 ] [ 編集 ]
んーやっぱりこのメンバーでスパーズ相手に連勝は厳しいですね。
バーンズがコンスタントに結果出すので良いですね!メタは相変わらずスリー安定しないですが、オールスター前よりよっぽどましなのでこれくらいをキープしていてくれればと。今日は序盤のメタのファールトラブルが厄介でしたね。

とにかく今日の収穫は全員ミニッツ抑えられたこととヒルを見れたことですかね、、、ある意味「大敗のおかげ」です。

ところでイーバンクスの骨格やら動き、走り方が時折メタに見えるのって僕だけでしょうか?
[ 2012/04/18 22:51 ] [ 編集 ]
クリッパーズに0.5ゲーム差ですね、熊とやりたくないので3位キープしたいですが残りのスパーズ、サンダー取りこぼし避けたですね、
メタ、バーンズの活躍のKEEPとイーバンクス、ヒル、Gロックも
起用気になります

メタはポストなど
コービーと被っていたため
今まで点数のアベレージ少ないんでしょうか(コンディションの調整不足もありますが)今後のこともありメタのオフェンスがあれば
いいですが
コービーのポストプレーは絶対的な武器なので
メタが以前みたく
外で棒立ちなんですかね
[ 2012/04/18 22:26 ] [ 編集 ]
半分更新お疲れ様です。
いや~見事な負けっぷりです...。いままでが出来過ぎていたので、今回はしょうがないですが、それにしてももうちょっと頑張って欲しかったです。

POに向けて、リバウンドが相手と同じでは話になりません。+10ぐらいにしないと勝てないです。レイカーズのディフェンスは中々うまくいきませんね...。

あまりネガティブになってもしょうがないです。いよいよ真打登場ということで、満を持してコービーに戻ってきてもらいましょう。

明日のウォリアーズ戦は絶対負けてはいけません!ヒル良さそうなら多少使って欲しいですね。

[ 2012/04/18 21:05 ] [ 編集 ]
自分もバイナムのリバウンドについて責めるのは酷かなと思います。相手のORを特段許した訳でもありませんし。それにしてもSASは層が厚いですね。ベンチからジノビリ、ジャクソン、二ールが出てくる訳ですから。それに対してレイカーズはバーンズはともかくブレイク、マーフィー、マクロバーツ・・・。ぐすん(´_` 。)

ディフェンスが最悪ですね。ブラウンは何のために来たのでしょうか?2Qまでにパーカーに好き勝手やられてたのに何の修正もできないし。今日に限って言えばSASの選手達が良すぎたのかも知れませんが、ここ5試合での失点98.4点はリーグで真ん中より少し上の13位。10試合だと103.6点で何とワースト5です。

今年は過密日程が影響してか、昨年と比べてリーグ全体で見ても失点は減少傾向が強いです。にもかかわらずレイカーズの失点は0.2点しか減っていません。得点が4.5点減って失点が去年と同水準(あるいはリーグ全体で失点が減っていることを考えるとそれ以下かも)では勝てなくなる訳ですよね。おまけにMayさん仰るように単調で面白味にかけるバスケでは踏んだり蹴ったりです。

少し感情的になってしまいました。おかしなこと言っていたらご指摘ください。長文失礼しました(汗)
[ 2012/04/18 20:40 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

>ホームで20点差以上を付けられて負けたのは、2007年3月以来
とありましたが、上手くいっているときはそれなりの選手達で問題ないですが、そうでない時はやっぱりコービーの力が欲しいですね。
上手く行かない中でもチームをなんとか引っ張る選手に、パオ、セッションズ、バイナム辺りもなってくれれば言うこと無しなんですが。

上手くいっている時のパフォーマンスは例えばレブロンなんかは最高峰だと思いますが、上手くいかないときにコービーや去年のノビツキーのように振舞うのはやはり、かなり大変なのでしょうか。

明日は、「あなたなしでは」とは言わず、誰かが上手くいかないときのリーダーとして、ステップアップする切欠にでもなってくれればと願います。
[ 2012/04/18 20:29 ] [ 編集 ]
Mayさんの記事通り、今までが出来すぎで、ラッキーだったと喜びましょう。
セッションズのプレーを増やすべきですねー。
バウあたりがトップオブザキーまでスクリーンに行ってあげたら、スルスルとゴールまで行けるし、外にさばけるし。。。
中が有利なのは分かりますが、それなりに散らさないと読まれまくりですよねー。
コービーはシューティング始めたんですね。
金曜日のゲームは慣らしなんで、ハッスルしないようミニッツコントロールしてほしいです。
[ 2012/04/18 20:06 ] [ 編集 ]
アッシャーのWithout Youはちょっと聞いたことがあるくらいなので、何故だ?と思いましたが、なるほど、上手いですね笑

最近はゲームを観るのが楽しかったですが、このゲームはちょっと観たくないな…汗
まぁでも負けは残念ですが、それよりこの間に4連勝できたことを喜ぼうと思います。
[ 2012/04/18 19:48 ] [ 編集 ]
コービーが来たらイーバンクスの得点に+20はつくので問題ないですよ(マテ笑)


しかし一回ディフェンスの意識をしっかりしてはほしいですね。
最終戦の前辺りに3日空くみたい何でしっかり調整して欲しいです。

しかしやはり4位におちてクマちゃんとことやりたくはないですねぇ。
[ 2012/04/18 18:26 ] [ 編集 ]
今日はバイナムのリバウンドは仕方ないんじゃないですか?
相手に60%近くも決められ、パーカーにスイッチされる場面が何度もありましたしね。
オフェンスリバウンドも運悪く取られたりはありましたが、RBはサボったりはなかった気がします。
前に比べボックスアウトしっかりやり、リバウンドへの意欲も感じられます。
彼はコービー抜きで逆に自分がという責任感を植え付けられたのがよかったのでしょう。
コービー抜きでチームを引っ張ったのは見事でした。

コービーが帰ってきたら万全なレイカーズが見られると思います。
スタメンもセカンドユニットもコービーなしや苦しい時にコービー頼りみたいなことがなく、自分でどうにかしようとすることを覚えたと思うので。
[ 2012/04/18 17:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。