勝つ気があるサンアントニオに大敗

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

勝つ気があるサンアントニオに大敗

Game Score



ゲーム・ハイライト



1Q
序盤は、サンアントニオの、パーカーとダンカンの、ピック&ロールや、ピック&ポップが多く、パーカーとダンカンが、続けて決めます。レイカーズは、怪我から復帰したコービーが、開始直後にバスケットにカットしてレイアップを決め、パオのジャンパーもありましたが、それ他のプレーヤーは、決まりません。序盤で早くも、7点リードにされ、半ばにフリースローもあり少し追い上げますが、後半も、序盤と同じように、パーカー、ダンカンに決められ、ベンチから出て来たジノビリにも、ドライブされて決められます。終盤、マーフィー、バイナム、コービーが、続けて決めますが、ディフェンスで止められないので点差が縮まらず、32-25の7点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、バーンズ、メタ、マクロバーツ、パオでスタートします。出足に、メタが、ドリブルでジャクソンを抜いてレイアップを決めると、直後のディフェンスでは、ジャクソンから、スティールします。序盤は、サンアントニオの得点を、ボナーのジャンパー1本に抑え、オフェンスでは、全員が交代で着実に決め、序盤で同点に追いつき、逆転します。半ばは、戻って来たパーカーとダンカンに決められますが、レイカーズも、好調なバーンズの3ポイントと、コービーのフリースローがあり、逆転を繰り返し、どちらがリードしても、僅差で進みます。ところが、終盤に入ると、レイカーズのシュートが決まらなくなり、ディフェンスでは、サンアントニオがよくパスを周し、オープンのプレーヤーが決め、一時は8点ビハインドにされます。その後、レイカーズのディフェンスが締まり、最後の2分近くを無得点に抑え点差を縮め、56-52の4点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
開始直後に、コービーがフェイダウェイを決めますが、サンアントニオは、パーカーが、よく動いて良いパスを出し、毎回の様に決めるので、点差が縮まりません。序盤にコービーの3ポイントで、一時は5点差に追い上げますが、開始直後に、セッションズが、3つ目と4つ目のファウルで、ベンチに下がり、変わりに登場したブレイクが、まず、レイアップを外すと、直後にはターンオーバーし、バインマウもジャンパーを外します。序盤で、すぐ点差を8点に戻され、半ば前から、まずバイナムが決め、コービーが続けて決め、パオもダンクを決めますが、ディフェンスでは、パーカーに好き放題され、ジャンパーを決められたり、ピック&ロールからダンカンに良いパスを出したり、パスをよく周して、レイカーズのディフェンスを崩し、がら空きのディアウがレイアップを決めたりと、全く、点差が縮まりません。半ばには、サンアントニオが、コービーに気を取られて、ブレイクががら空きになって3ポイントを打っているのに、リングにも当たらないで、ボードに直接当て、長くて速いリバウンドから、ファーストブレイクで、パーカーにレイアップを決められると、次は、ブレイクがドリブルで時間を使って、単にパオに渡すだけで、時間切れギリギリにパオがエアボールを放ち、次は、パオが、無利にバイナムにボールを入れようとして、ターンオーバーと、全くリズムがありませんでした。この3回のオフェンスで、コービーが1度もボールを触りませんでした。その間、サンアントニオに続けて得点を許し、あっという間に点差を広げられ、終盤には、18点ビハインドにされます。終盤に入ると、レイカーズのシュートが決まり始めますが、サンアントニオに毎回得点を許すので、全く点差が縮まりませんでした。91-73の18点ビハインドで、コーターを終了し、ほぼゲームをきめられました。4Qも、序盤から続けて得点を許し、序盤で25点差になり、全く勝負になりませんでした。


コービー:18得点(7-12、3PT=1-3)、1アシスト
前半は、あまりオフェンスに絡まなくて、傍観していることが多く、7得点でしたが、3Qは、11得点でした。

パオ:11得点(4-10)、8リバウンド、3アシスト、2ブロック
シュートは、時計の残りが少なくなってから、ボールを渡されたことが何回かあったので、確率が良くないのは、仕方がないです。ハイライトの1:46辺りにありますが、リバウンドでは、相変わらず脚を動かさないで、自分の所に飛んでくるのを待っていて、全速力で走って来たスプリターに、目の前のボールを取られました。こういうのが、見ていて一番腹が立ちます。

バイナム:17得点(5-9)、2リバウンド
サンアントニオのHCポポビッチは、バイナムに、身体をくっつてプレーする様に指示したそうです。リバウンドが全く取れません。ハワードが、ヘルニアの手術の為、オリンピックに不参加となるので、バイナムが代役ではと噂になっていましたが、「夏は休みたいから、行きたくない」そうです。

メタ:10得点(3-9、3PT=1-2)、3リバウンド、3スティール、2ブロック
シュートの確率は良くないですが、以前の様に、決まりもしない3ポイントを打ち捲くっているのではなく、インサイドに入っているので、良いと思います。ディフェンスが、冴えてきました。

セッションズ:5得点(2-9、3PT=0-1)、1アシスト
パーカーへのディフェンスで、気を使ったのが、オフェンスにも影響した様です。3Qにファウルトラブルでベンチに下ったが痛かったです。

バーンズ:14得点(5-11、3PT=1-4)、5リバウンド、3アシスト
引き続き、オールラウンドな活躍です。リバウンドを取れなくても、ジャンプして争っているので、見ていて気持ちが良いです。

ブレイク:6得点(2-4、3PT=2-3)、5アシスト
最近アシストが増えてきています。オフェンスでは、オープンにされている割りには、決められません。

マーフィー:2得点(1-1)、リバウンド
11分弱のプレーです。

マクロバーツ:5得点(2-4、3PT=1-1)、4リバウンド
18分ちょっとプレーしましたが、ガーベッジタイムの4Qに12分プレーしています。

オフェンス
残り時間が少なくなってから、打つことが多かったです。3Q終了時には、47.3%打っていたので、オフェンスが敗因ではないです。

ディフェンス
ピック&ロールから、パーカーに気を取られれば、ダンカンが、がら空きになって決められるし、スイッチすれば、パーカーに決められるし、いつもの通り、ピック&ロールディフェンスが悪かったです。アウトサイドも、サンアントニオがパスを周している内に、がら空きになることが多かったです。ローテーションも遅い、又は、戻りが遅くて、オープンにすることが、何度もありました。サンアントニオに、61%も決められました。

リバウンドでも、42-29のー13と、圧倒されました。サンアントニオのシュートの確率が良かったので、ディフェンシブ・リバウンドの数が、多少少ないのは分かりますが、それなら、オフェンシブ・リブアンドでは勝っていても良さそうですが、それも11-10のー1でした。

唯一良かったのは、早目に大差を付けられたので、コービー、パオ、バイナムのミニッツが、30分を切ったことくらいです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/21 16:32  Lakers | コメント(16)
harvさん、こんにちは。
そうですね。surgeryとは言わないで、treatmentと言うので、手術ではないですね。バイナムは、来シーズンが、契約最終年なので、良い成績を残したいはずです。でも、良すぎると、MAX契約になるから困ると、今から心配しているファンがいます。

スパーズだけでなくて、どこが相手でも、レイカーズは、ボードで圧倒しないと、厳しいです。3がないから、同じ本数を決めたら、相手は3が多いはずなので、得点が多いです。スパーズにリバウンドで負けたら、勝っていることがないです。
[ 2012/04/23 04:34 ] [ 編集 ]
前の試合になりましたが、返信ありがとうございました。

バイナムは手術ではなく、Kobeがやった、「膝に自分の血液の成分である血小板や白血球を注入して、傷んだ組織を修復したり炎症を抑える」という治療をするみたいですね。著効例の報告もあるみたいですし、ロンドンを見送って、オフにこの治療に専念するのは、ある意味賢明なのかもしれませんね。

プレイオフは、予想ではスパーズに勝ってCFでサンダー、Finalはヒートで、ヒートはインサイドが弱いので勝機もあるかもと考えていました。
しかしスパーズの強さを見誤ってました。
ファン失格かもしれませんが、今日の試合の完敗ぶりを見て、このままプレイオフもこの調子で2回戦あたりで惨敗するんじゃないかと悲観的になり始めました。
まぁ今年はアメリカ大統領だって代わるかもしれないし、何事も何が起こるかわかりませんので、とりあえず勝つと信じたいと思います‥
[ 2012/04/23 00:31 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>アレさん

コービーがいない間、オフェンスは結構上手く行っていたので、前半は、コービーが、あまり絡まないようにしていた様に見えました。シュートの本数も少なかったし、手を上げてボールを要求することがなかったです。3Qは、元に戻って、決めましたが。ブレイクは、役に立たないですが、今からいきなりディフェンスが良くなったり、ドライブしてレイアップを決めだしたりするはずがないので、諦めるしかないです。

椎間板ヘルニアで、選手生命がどうのというとこは、ないですよ。フットボールプレーヤーでも、そういう人がいるくらいなので。どっちみち、ハワードは、レイカーズには来ないと思います。自分が#1になれるチームが良いそうなので。レイカーズだと、#2にしかなれないです。


>>ひでさん

どこも、強みがあります。例えば、シカゴならディフェンスとか、オーランドやフィニックスクスなら3ポイントとか。シカゴがディフェンスが悪かったり、オーランドやフィニックスが、3ポイントを決められなかったら負けます。レイカーズは、3ポイントはないし、スピードはないですが、強みは、リバウンドです。それが発揮できなかったら勝てないです。

バイナムがあんなことをするのは、初めてではないと思いますよ。チームメイトは、「又やっている」くらいにしか思わないのでは?パオがやりだしたら、ビックリするでしょうが。

サンダーには、1勝はしておきたいですよね。でも、負けて、4位になって、クリッパーズが3位に上がると、ひょっとしたら、2回戦で、クリッパーズが、サンダーに勝つかもしれないです。


>>LAXさん

2ゲーム続けて、同じような負け方ですよね。間に、何をやっていたのかという感じです。それも、オフェンスが問題ではなくて、ディフェンスが問題です。なんのために、ブラウンと契約したか分からないです。

パーカーは、最近MVP候補に挙がってきています。デュラントには追いつかないとは思いますが。


>>かいかいさん

拒否するのは、本にの自由なので、構わないですよ。バイナムに是非言って欲しいと思っている人も、殆どいないので。「愛国心がない」とか、「夏はバスケットボールなんかやらないで、パーティーしたいからだ。」と批判している人達も、もし、行くと言ったら、「ロンドンのクラブで遊びたいんだろう」とか言って、批判するんだし。バイナムは、ロサンゼルスのレブロンなので、何を言ってもやっても、結局批判されるんです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

パオは、疲労もあると思いますが、シーズン開始直後や、去年だったら、2日空いている時でも、同じことをしますよね。前科があるから、又だと思って、頭に来ます。同じことをバーンズがやっても、たまたまボールを見失ったのかくらいにしか、思わないと思います。評判で判断されるのは、仕方がないと思います。評判を作ったのは、自分なので。

ブレイクは、あの程度が限界だと思います。やる気がないとか、手を抜いているのではなくて、全力でやっても、実力がないから、あの程度しかできないです。そんなのに、20分もプレーさせているコーチが悪いです。でも、オフにトレードしようと思ったら、ある程度のスタッツを残させないといけないので、仕方がないのかも知れませんが。レイカーズが、短時間に一方的にやられる時は、ブレイクが絡んでいることが多いですよね。


>>シジさん

スパーズは、プレーヤーを獲得する時に、得点の役割ができるプレーヤーを獲得していると、昨日のゲーム中に、解説者が言っていました。3ポイントだけとか、リバウンドだけとか。そこで、他チームだったら使えないプレーヤーが、充分機能しているそうです。

バイナムの手術は、今日の夜のニュースで聞きました。最初の20名の選考に漏れた時に、「興味がない」と負け惜しみを言ったので、今更頼まれても行きたくないのでは?


>>国士さん

ガソルのスイッチは、しなくて良い時に安易にするのに、しないといけない時に、遅かったりします。

レイカーズのビッグマンは、トライアングルが長かったので、スクリーンが下手ですよね。バイナムは、プロになってから、P&Rなんて、やったことがないから、仕方がないですが、パオは、スペイン代表チームでもプレーしているから、もうちょっとやっても良さそうなものですが。


>>アスさん

二番目に好きなチームがある所が、日本人らしいですね。(笑)

PO前に、課題を修正できたら良いです。去年は、終盤、レイカーズがダラスに勝ちましたが、POでは、スウィープされたので、それ程悲観することはないと思いますが。


>>かずさん

スケジュールがきつくて、まともに練習ができないのも、ディフェンスを調節できない原因だと思います。PO前に、調節できたら良いです。

バイナムのリバウンドが当てにならないのは、今に始まったことではないので、2リバウンドは兎も角、これからも、16リバウンドの次が、5リバウンドなんていうのが、あるはずです。

確かに、終盤までもつれて、コービーが40分近くプレーして、それで負けるよりは良かったです。


>>TAKAさん

確かにダンカンのミドルが決まりすぎでした。でも、プレッシャーが、全くかかっていなかったのも、原因だと思います。

LACもですが、MEMとも、1敗差しかないです。下手をしたら、5位です。


>>tskさん

コービーは、3Qが良かったですが、前半は、ちょっとおとなしくし過ぎでした。

P&Rディフェンスは、PGに2人でプレッシャーをかけるなら、それはそれで良いのですが、2人共くっついて行っているのに、中途半端で、楽にパスを出させたりします。

バイナムが30リバウンド取った直後に、数人で話をしていて、1人が「シーズン中に、5リバウンド以下があると思う。賭けても良い。」と言ったのですが、誰も、反対に賭ける人がいなくて、賭けが成立しませんでした。みんな、5リバウンド以下があると思っていたんです。でも、いくらなんでも、2リバウンドとは思いませんでした。


>>akrさん

ゾーンも悪くないですが、サンアントニオは、3ポイントもあります。3ポイントは、ゴールデンステートが、わざと負け出す前は、リーグトップでしたが、今は、サンアントニオがトップです。3があるチームに、ゾーンはできないです。

私は、バイナムにアメリカ代表になって欲しくないです。それに、オリンピックチームは、得点できるプレーヤーが沢山いるので、センターは、ディフェンスとリバウンドをしっかりやる人が良いです。シュートが打てないと、ふて腐れて、ディフェンスもリバウンドもやらなくなるうようなのは、いらないです。

OKCは、デュラントをメタに頑張って抑えてもらって、ハーデンを何とかすれば、ウェストブルックが乱発すると思います。2敗しているので、1つくらいは勝っておいたいですね。


>>サイバイマンさん

初めまして。今更、バイナムが、あんなことをやっても、「又か」くらいで、話題にもならないので、何だか知りませんが、最後のプレーで接触があったようなことをアナウサーが言っているの、ファウルにならなかったのが気に入らなくて当り散らしたのか、何かだと思います。
[ 2012/04/22 16:41 ] [ 編集 ]
なんかコービー入ったことで、チグハグしてたのは気のせいですかね?
コービーもチームのリズムに慣れていない感じでした。
ディフェンスはPGとビッグマンの守り方がマズイですね
なんか意思の疎通がうまくいかない感じでした。
ブレイク見てるだけでイライラが^^;

そういえばハワード椎間板ヘルニアの手術受けたみたいですが、椎間板ヘルニアって選手生命に左右される怪我ですから、今じゃバイナムの負傷よりハワードの今後の負傷リスクが高いかもしれませんし、何よりハワードが以前のようにプレーできるようになるかは微妙です。
オフに完全にハワードの獲得見送って、バイナムとの再契約に全力注いだ方がいいかもしれませんね。
[ 2012/04/22 15:00 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

ディフェンスは悪いし、リバウンドは取れないし、こんなのでは絶対に勝てないですね。
今回の敗戦は本当に悔しいです。

復帰したコービーのシュートタッチは良かったですし、もっとコービーにボールを集めた方が良かったんじゃないかとも思いましたが、オフェンスが敗因ではないので、ディフェンスで相手を止めれないとキツイですね・・・

1番腹が立ったのは、1Q終了時にバイナムがチームメイトに怒鳴っていることでした。
あんな態度をとって、チームが良くなると思っているのでしょうか?
何を言っていたのかはわかりませんが、あんな態度は雰囲気を悪くするし、最低だと思いました。

次のサンダーこそは絶対勝ってほしいです。
コービー本人は気にしてないかもですが、得点王争いもファンとしては気になります。
残り2試合、頑張ってほしいです。
[ 2012/04/22 14:28 ] [ 編集 ]
完敗です。
ポポビッチ師匠にブラウンは一矢報いることができませんでした。
Philと比べちゃかわいそうですがブラウンはどうしても、戦略の適応力が無いように思えます。
なんというか「軌道修正が手遅れ」な印象があります。

それにしてもSAS、強いですね。
Duncanの熟練されたジャンパーやP&R、
まったく止めることのできないParkerの突破、
そしてなんともベンチが深くて、若手もいい選手を持ってます。

[ 2012/04/22 11:07 ] [ 編集 ]
オリンピックは無償で、商品である自分達を使わせる行為ですから出場拒否も仕方無いなと思います。

レイ・アレンも出場してもいいが金をくれって言ってましたしね。
[ 2012/04/22 10:05 ] [ 編集 ]
甘いですよ
パオに対しては指揮官のせいで疲労が濃いとは思いますので、
もうちょっと手加減した論評でも良いかなと思いました。

ただ、いくらファウルトラブルでのプレイタイム増加だったとはいえ、ブレイクにはまだまだ甘いですよ。
パーカーにドリブルで抜き去られて、パスをスティールされて、
まともに、ビッグマンにボールが入れられず、見ていて本当にイライラしました。
それでも彼を使わざるを得ないぐらいLAのPGは手薄なんですね…。

プレイオフではこういう場面でしたら、コービーにPGをしてもらって、
SGをバーンズなどで、時間稼ぎしないと、あっさり敗退しちゃうな…と
ため息出ました。

オルストンでもとっておいた方がよほどましだったのでは…なんて。
[ 2012/04/22 04:08 ] [ 編集 ]
層の厚さが半端ではないですよスパーズは。若手がどんどん出てくる環境はうらやましいと言わざるを得ませんし、戦術もシンプルなピック&ロールを以前より多用するようになりましたね。以前みたいなダンカンのソロポストをほとんどやらなくなってます。


バイナムはオフにドイツで手術を受けるみたいですね。コービーの紹介でしょうか。バイナムも昨年のインタビューではオリンピックに出たいと言っていたんですが、気持ちが変わったんでしょうかね。個人的にはチームが一番でオリンピックは二の次というのはそれはそれでプロとしてはアリかなと思っています。
[ 2012/04/22 02:43 ] [ 編集 ]
さすがの、スパーズのP&Rだったですね。完勝した初戦は、序盤にバイナムのパーカーへのブロックと高いシュートチェックがあり、それ以降はドライブ侵入の脅威を抑えて、外はセッションズがはりついて守れたのですが…

今日は、ダンカンのスクリーンを使ったマークマンのはがし方が特に上手かったと思います。ダンカンのスクリーンにかかったセッションズは仕方ないので、後1歩ガソルが早くスイッチしないといけないんだろうな…と思いました。後はバイナムが、で~んとゴール下に構えてブロックやリバウンドで圧力をかけて、せめてゴール下だけはレイカーズのテリトリーにしないと分が悪そうです。

それにしても、スクリーン1つでダンカンや(いわく付きの)KGは凄いですね。スクリーンを面倒がるプレーヤーや、マーフィー、ノアのように決して上手くはないけど積極的なプレーヤー、ダンカン、KG、マローンのような完璧なプレーヤーといろいろいるなぁ…と、悔しいながらもダンカンの凄さの1場面を見せられた気がします。
[ 2012/04/22 00:59 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

流石にスパーズは良い試合しますね。

一番好きなレイカーズと次に好きなスパーズのお互い本腰になりそうな一戦(かつ休日!)とあって、楽しみにしていたのですが、残念です。

これだけディフェンスを崩されるともうなんにも始まらないですね。
もうずっと問題になっている部分ですし、これからどれだけ修正できるでしょうか。心配です。
[ 2012/04/21 22:41 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
コービーが復帰しましたが、見事に負けました...。本当にディフェンス最悪です。POまで時間がないのに修正できるのでしょうか?

ピック&ロールのディフェンスも気になりますが、リバウンドの方が問題です。頼むからバイナム頑張ってください、お願いします。

今日の試合コービーが飛ばし過ぎなくて良かったです。POに向けて、徐々にペースを上げて欲しいです。
[ 2012/04/21 22:37 ] [ 編集 ]
ピック&ロールのDFももちろん悪かったですがダンカンができすぎだった気がしないでもないです。
パーカーにはホントやられたい放題ですね。
スパーズではパーカーとジノビリは多少しょうがないからほかだけはしっかりと抑えてほしいです。

それにしても順位がますます微妙になってきました。
LACは接戦だとCP3が神掛かった活躍をしますからね。
とりあえずこのまま3位で終われればいいんですが・・・
[ 2012/04/21 22:19 ] [ 編集 ]
めっちゃダッシュしてるプレーヤーがいる、誰だ!と思ったらコービーでした。
休養は効果的ですね
こっから徐々にギアを上げて欲しいです
大敗は悔しいですが、コービーが見たいので、このゲームは後で見ようと思います。

ピック&ロールはホントどうにかなりませんかね。自分もピック&ロールのディフェンスは苦手ですが、もう少し何とかなるだろ、と思います。ブラウン、頼むよ…
バイナムはホント何がしたいんでしょうか
30リバウンドとったときとかは好意的に見ていると書きましたが、結局こうなので、こいつのプレーは注視しないことにしようと思います
[ 2012/04/21 19:49 ] [ 編集 ]
ピックアンドロールのディフェンス、これに尽きますね。
シンプルなプレーは、最高のプレーヤーがやれば防げないですもんね。
ストックトン&マローンなんか、分かってても止められなかったし。
ゾーンディフェンスは有効かな?
パーカーやダンカンに好きにやらせないためには、良いような。
スパーズの3pt確率次第ですかね。

コービーの復帰が良いニュースでした。
少しずつでいい、焦らずに。

それにしても、バイナム、リバウンド少ないやろ!!
アメリカ代表も拒否るなんて、以前からMayさんが言ってるように、バスケットを愛してるわけじゃないのが伝わってきますね。
できの悪いどら息子みたいで、始末に終えない。。。
やれやれ、という言葉がピッタリ。

OKCには何とか勝ちたいですね。
ウェストブルックには、1Q好きにさせて気分よくさせて、2Qからはタイとなディフェンスでドライブさせるように仕向けて無理なシュートを乱発!
。。。そんなに上手くはいかないか(((^_^;)
[ 2012/04/21 18:35 ] [ 編集 ]
いつも見させてもらってます。初めてコメントします。ハイライト見たんですが、1Q終わってなんでバイナム怒ってたんですか?
[ 2012/04/21 17:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

改善率90%以上!椎間板ヘルニア改善法を初公開します!
実は手術やブロック注射に頼ることなく椎間板ヘルニアを改善する方法があります。
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。