オクラホマシティーがレイカーズした

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

オクラホマシティーがレイカーズした

Game Score

ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



1Q
前半は、順調に決め、ディフェンスでは、デュラントをよくカバーし、決めても外しても、殆どのシュートを、イバッカに打たせていました。ウェストブルックは、コービーがカバーし、抑えました。終盤まで、一進一退でしたが、残り3分を切ってから登場したハーデンに続けて決められ、リードを広げられ、レイカーズも、バイナムが続けて決め、追い上げますが、終了間際に、デュラントに3ポイントを決められ、26-20の6点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、セッションズ、メタ、パオ、そして、マクロバーツでもマーフィーでもなく、ヒルでスタートしました。序盤は、オクラホマシティーに、毎回の様に決められるのに、レイカーズは、セッションズのターンオーバーが2回あり、11点ビハインドにされます。半ば前からレイカーズのディフェンスが締まり、約2分間を無得点に抑えると、オフェンスではブレイクのジャンパー、ヒルのオフェンシ・ブリバウンドからのセカンド・チャンス・ポイントもあり追い上げ、半ばに戻ったコービーが決め、2点差にまで追い上げます。その直後に、一旦離されますが、オフェンスでは、又、ヒルが、メタが外した3ポイントのリバウンドを取り、セカンド・チャンス・ポイントに結び付けます。この頃から、ヒルがリバウンドを取ると、観客が歓声が上がるようになりました。半ばからは、コービーとメタが、それぞれウェストブルックとデュラントに、良いディフェンスをするので、2人共、シュートを放つことができずに、イバッカが続けて打ちますが、そのイバッカに、ダンクばかりを決められます。レイカーズは、後半決めたバスケットに、全てアシストがつく、パス周しの良さでした。半ばからは、殆どが4-5点ビハインドで進みましたが、終盤、メタが外した3ポイントのオフェンシブ・リバウンドをパオがボードの後ろで取ると、がら空きのバイナムにパスし、バイナムがスラムダンクを決め、3点差に追い上げると、メタがファーストブレイクで、ダンクを決め、1点差に迫ります。ところが、その直後に、メタが、信じられない安っぽいプレーで、ハーデンの耳の辺りにエルボーし、ブレイグラント2で退場になります。デュラントが、そのフリースローと、終盤にも、フリースローを決め、52-47の5点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
序盤に、前半は1-8と抑えていたウェストブルックと、3-8だったデュラントに決められますが、前半は2-7と抑えられていたコービーは、引き続き外し、リードを広げられます。この厳しい所で、バーンズがオフェンシブ・リバウンドからのティップショットを決めてくれて、助かりました。ところが、その後が続かず、序盤で、11点ビハインドにされます。その後、バイナムが決め、半ば前には少し追い上げますが、レイカーズは、ここから、終盤、ヒルがオフェンシブ・リバウンドからのティップを決めるまで、3分半無得点で、その間、デュラント、イバッカ、パーキンスに交代で決められ、点差を離されます。その後も、レイカーズは、オフェンスにリズムがなく、最大、17点ビハインドにまでされます。その後、ヒルとコービーが決め、追い上げますが、終了間際には、セフォローシャに3ポイントを決められ、16点ビハインドにされます。終了間際に、コービーがファウルを取り、フリースローを決め、77-61の点15でビハインド、コーターを終了します。これで、今日は、もう駄目だと思いました。

4Q
ブレイク、セッションズ、イーバンクス、パオ、ヒルでスタートします。序盤は、ディフェンスが良く、コリソンのオフェンシブ・リバウンドからのティップショットと、デュラントのジャンパーだけに抑えますが、オフェンスでは、ブレイク、セッションズが外し、イーバンクスが、レイアップを決めた上、続けてファウルを取り、序盤だけで、フリスローラインに3回行きますが、全部、1本決め、1本外し、なかなか追い上げられません。序盤に、コービーが登場すると、ブレイクではなくて、セッションズがベンチに下ります。この時に、戻ったのはコービーだけで、バイナムとバーンズは、ベンチのまま、イーバンクスとヒルが、コーターの最後まで、プレーしました。

半ば前には、パオがフックショットを決め、11点差に追い上げますが、直後に、ウェストブルックが外した3ポイントが、長いリバウンドになり、コリソンに取られ、アウトサイドでがら空きだったフィッシャーにパスが行き、3ポイントを決められます。半ばには、ヒルが2回、パオが1回、ファウルを取りますが、これ又、2人共、1本決めて、1本外します。この時点で、11点ビハインドで、レイカーズは、このコーターのフリースローが、6-12でした。半ば過ぎには、コービーが外した3ポイントのリバウンドをパオが競って取り、フックショットをイバッカにブロックされますが、又、しつこく自分でリバウンドを取り、アウトサイドでオープンだったブレイクにキックアウトすると、ブレイクが3ポイントを決めます。これで、約4分半を残し、8点差に迫り、まだ望みがあるかと思いました。ところが、その直後に、ここまで打てば外す状態だったデュラントに、3ポイントを決められ、点差を11点に戻され、もうここまでだと思いました。

ところが、直後にコービーがフローター&1を決めると、次は、ペイントに入りディフェンスを引き付け、アウトサイドでオープンのブレイクにキックアウトすると、ブレイクが3ポイントを決め、5点差に追い上げます。その後も、イーバンクス、パオが、オフェンシブ・リバウンドを続けて取り、パオがティップショットを決め、残り2分で2点差に詰めると、時計が時間切れに近づく中、コービーが、3ポイントラインの後ろを走りながら、左足1本でジャンプし、3ポイントを決め、遂に、逆転します。終盤、約3分を無得点に抑えたのが、逆転につながりました。デュラントに対するイーバンクスのディフェンスが、良かったです。この後、ドライブして来たウェストブルックにファウルし、フリースローを決められ、逆転を許し、1点ビハインドにされますが、ここから、又、コービーが3ポイントを決め、再逆転します。この後、又、ドライブして来たウェストブルックにファウルし、フリースローで同点に追いつかれると、コービーが外しますが、デュラントを1オン1でディフェンスしたイーバンクスが、3ポイントラインの中に入れなかったので、同点にも関わらず、デュラントが3ポイントを打って外し、91-91の同点で、オーバータイムへ。

1stオーバータイム
4Q終了時のメンバー、ブレイク、コービー、イーバンクス、パオ、ヒルでスタートし、バーンズ、バイナムはベンチでした。レイカーズは、パオ、コービーと、決めるべき人が決め、コービーが外しても、動きの良いヒルが、オフェンシブ・リバウンドを取って、得点につなげます。オクラホマシティーは、デュラントが、引き続きイーバンクスのディフェンスに苦しみ、外し続けます。開始直後と、終盤に2回、レイカーズが4点リードしますが、すぐ追いつかれ、最後は、レイカーズは、コービーが外すと、オクラホマシティーは、ウェストブルックが外し、97-97の同点で、ダブルオーバータイムへ。

2ndオーバータイム
引き続き、ブレイク、イーバンクス、ヒルがそのままプレーします。開始直後に、ブレイクがターンオーバーし、トランジションで、デュラントに楽々と決められ、嫌なスタートになりました。ところが、その後は、イーバンクスのディフェンスが良く、デュラントが、2本続けて外します。レイカーズは、4Qの終盤から、ブレイクは、ボールを運ぶだけになり、一旦運んだら、コービーに渡し、コービーがPG状態になっていましたが、ここでも、コービーがドリブルして、フリーになったパオにパスし、パオが長距離のジャンパーを決めると、今度は、パオが、アウトサイドのブレイクにパスし、ブレイクが、3ポイントを沈め、3点リードとします。直後にデュラントに3ポイントの決められ同点に追いつかれると、コービーが、“ノビツキー”を決めリードします。そして、デュラントとコービーが、決めあった後、コービーが決め2点リードとすると、ディフェンスで、イーバンクスがスティールし、コービーのフリースローに繋がり、36秒ちょっとを残し、4点リードとします。その後も、イーバンクスが、しっかり守り、デュラントが3ポイントを外すと、長いリバウンドを取られますが、今度は、又、イーバンクスがスティールし、ファウルをされると、9本目と10本目のフリースローは、両方共、きちんと決め、24秒を残して6点リードとし、ゲームを決めました。


コービー:26得点(9-26、3PT=2-3)、8アシスト、6リバウンド
3Qまでは、シュート3-14と、散々でしたが、4Qからオーバータイムは、6-12でした。デュラントも、3Qまでは、6-15と、良くはなかったですが、まずまずだったのに、4Q以降は、5-19と災難でした。クローザーの違いが、勝敗を分けました。4Q終盤に、2本目の3ポイントを決めた後に、解説のジェフ・バン・ガンディーが、「That is why he is what he is.」(あれが、彼が、彼である理由だ。)と言っていました。「POでは、コービーがいるチームとは当たりたくない」と他チームから言われる理由が分かるゲームでした。

パオ:20得点(7-18、3PT=0-2)、14リバウンド、9アシスト、2スティール
オフェンシブ・リバウンドが、6も有りました。位置取りが良かったです。パーキンスと張り合っていたのが、良かったのかもしれません。49分もプレーしたのに、リバウンド取りで、最後まで、息切れがしませんでした。オーバータイムには、コービーが疲れ気味でしたが、ポイントで、ジャンパーを決めてくれました。

バイナム:10得点(5-15)、8リバウンド、5ブロック
オクラホマシティーが、ダブルチームする必要がありませんでした。パーキンス相手に、ドリブルしてぶつかったら、外に跳ね返されたり、1オン1でディフェンスされているのに、フックショットをエアーボールにしていました。ゲーム後の番組で、リサ・レスリーが、「やる気がなかった」と言っていましたが、素人目にも、覇気がないのが分かりました。リバウンドでは、突っ立って見ていて、離れた所から吹っ飛んできたヒルが取るのを、見物していました。オーバータイムを含め、4Q以降は、ベンチ暖めでした。

メタ:12得点(4-10、3PT=4-4)、5リバウンド、3スティール
ゲーム後に、記者に対し「あのプレーで、デュラントとイバッカの頭越しにダンクして、とても感情的になって、興奮して、ジェイムス(ハーデン)に、意図的ではないエルボーが当たって、不運だった。彼が、大丈夫だと良い。サンダーは、今年は、優勝に向けてプレーしているので、彼が、大丈夫だと良いし、サンダーと、ジェイムス・ハーデンに、謝罪したい。」と言って、質問は一切受け付けませんでした。発言内容は、レイカーズ球団の広報からの入れ知恵もあったはずです。

ハーデンとは、カバーし合っていたのではないので、エルボーの前に、2人の間に、揉め事があったのではないです。エイルボーしようという意識があってしたのではなく、興奮した勢いだと思いますが、肘を上げているので、故意だと言われても、仕方がないです。それに、例え故意でないとしても、前半にダンクを決めたくらいで、あんなに興奮して、我を忘れるのが、問題です。こんな人に、レイカーズのジャージーを着ていて欲しくないです。今日は、全国中継で、ハーフタイムの番組の解説者の1人が、マジックです。マジックは、「恥ずかしい。私は、解説をしていても、レイカーズを代表していると思っている。去年は、バイナムに恥をかかされて、今年はこれだ。」と憤慨していました。オフには、是非アムネスティーにして欲しいです。

ハーデンは、脳震盪で、後半はプレーしませんでした。メタは、NBAに通じている人達の話を総合すると、3ゲームは出場停止になっても、不思議ではないそうです。「2ゲームだったら驚く」という人もいました。1ゲームは有り得ないようです。そこで、プレーオフい回戦は、2ゲーム出場停止を覚悟していた方が良いです。

セッションズ:8得点(4-10)、3アシスト
1Qには、コービーとのピック&ロールから、レイアップを決めたり、パオに良いアリーウープを出す場面もありました。その後は、まあまあでした。

バーンズ:3得点(1-3、3PT=0-2)、6リバウンド
1Q終了間際に、リバウンドを取るのにジャンプし、オクラホマシティーのプレーヤーの足の上に、右足が着地してしまい、痛そうにしていました。その後もプレーしましたが、ミニッツが少なく、4Q以降は、全くプレーしませんでした。大事を取っているだけだとは思いますが、少し心配です。

ブレイク:13得点(4-9、3PT=3-5)、3アシスト
今更言うまでも無いですが、PGとしては機能しないですが、コービーとプレーしていて、相手の注意を引いて、ブレイクにパスを出す人がいると、3ポイントが活きてきます。4Qの3ポイント2本と、オーバータイムの1本が、大きかったです。ブレイクの3が無ければ、コービーのクラッチもありませんでした。ウェストブルックをコービーがカバーしていて、ディフェンス専門のセフォローシャをブレイクがカバーしていたので、ディフェンスで弱点になりませんでした。

ヒル:14得点(6-11)、15リバウンド、3ブロック
2Qに、リバウンドを取るたびに、観客が歓声が上がりました。ベンチに戻った時には、大歓声でした。まめに、スクリーンをセットしに出てくるし、その後、チームメイトがシュートを放ったら、まっしぐらに、リバウンド取りに、バスケットに向かうし、見ていて気持ちが良いです。コービーがボールを持つと、チームメイトが見物人になるルールを知らないようで、よくペイントにカットして、コービーから、パスを貰って、1本は外しましたが、1本はレイアップを決めました。35分ちょっとのプレーなので、通常、スターティングセンターが、4Qまでプレーするのと、同じミニッツよりやや少ない程度です。これからが楽しみです。

イーバンクス:8得点(1-4、3PT=0-1)、5リバウンド、2スティール
デュラントに対するディフェンスが良かったです。打てば、打ちにくそうで外すし、打てなくて、パスさせていました。ドリブルでも、抜かれませんでした。デュラントは、メタとバーンズがカバーしていた3Qまでは、6-15と、悪いことは悪いですが、イーバンクスが、1人でカバーしていた4Q以降は、5-19でした。ダブルチームする必要もありませんでした。メタのディフェンスより、良いと思います。オフェンスは、実力がなくても、まぐれ当たりがありますが、ディフェンスは、実力がないのに、まぐれで良くプレーできることはないので、これが実力だと思います。デュラントにこれだけのディフェンスができたら、オフェンすはそこそこでも、メタより、リバウンドが取れるので、充分使えそうです。

オフェンス
アシストが一番多いのが、パオの9で、次がコービーの8です。特に、4Q終盤以降、フィルの時代に戻った様なオフェンスで、PG(ブレイク)は、ボールを運ぶだけで、コービーに渡し、コービーとパオが、主にボールを持って、センター(ヒル)は、スクリーンをセット(これはフィルはやりませんでしたが)や、オフェンシブ・リバウンドのポジション取り。PGは、アウトサイドにスポットして、SF(イーバンクス)は、オフェンスでは、アウトサイドにスポットで、崩れた時以外には関わらないで、オフェンシブ・リバウンドには参加。そして、全体の糊の役割をしているのがパオです。この前のオクラホマシティー戦での敗戦後、「OKCは、役割分担がはっきりしている」というコメントがありましたが、イーバンクスとヒルが入った方が、役割分担がはっきりしていて、やりやすそうです。メタが、決まりもしないアウトサイドを乱発することもないし、無理にドリブルして、ターンオーバーする心配もないし、無理にポストでバイナムにボールを入れて、ボールやプレーヤーの動きが止まることもないです。ボールの動きが良いし、久しぶりに、5対5のバスケットボールを見ました。

ディフェンス
コービーが、ウェストブルックをカバーし、3-22に抑えました。デュラントも、11-34と、とんでもない数字になっています。この2人を抑えれば、競っていかれますが、今日は、後半、ハーデンがいなかったので、ハーデンが出てきた時に、どのくらいやれるかが、疑問です。ハーデンは、前半だけで、5-7の14得点でした。オクラホマシティーは、ピック&ロールを、殆どして来ないので、2回戦の相手は、サンアントニオより、良いかもしれないです。


総括
イーバンクスとヒルを、最後まで使ったのは、意外でした。ブラウンのローテーションは、今までも、工夫が無いとか、融通が利かないとか、コンピューターがやっているみたいとか、コメント欄でも叩かれていましたが、かなり大胆なことをやったと思います。もし負けていれば、メディアやファンから、集中砲火を浴びていた所です。クラッチに決めたコービーが目立ちますが、ヒルのリバウンドと、イーバンクのディフェンスも勝因です。ちょっとやそっとの大胆さではなくて、オースターセンターをベンチ暖めにして、ベンチ暖めの2人をプレーさせたので、ブラウンの采配勝ちと言って良いです。

レイカーズは、大量リードを失って負けることに定評がありましたが、今日は、逆で、オクラホマシティーが、レイカーズしてくれました。17点ビハインドからの逆転勝利は、今シーズン、最大だそうです。殆どプレーする機会を与えられなかったイーバンクスと、ヒルが、腐らないで、よく準備していたお陰です。

レイカーズは、1ゲームを残して、メンフィスとは、負け数で1つ少なく、タイブレイクを持っているので、メンフィスに抜かれることはなく、悪くても4位が確定しました。クリッパーズとのタイブレイクも、レイカーズにあるので、木曜日のサクラメント戦に勝てば、3位が決定、負けても、クリッパーズが、あと1敗すれば、3位が決定です。

これで、1位のサンアントニオと2位のオクラホマシティーの負け数の差は2で、タイブレイクはサンアントニオにあるので、サンアントニオが残り3ゲームを全敗して、オクラホマシティーが、残り2ゲームを全勝した場合だけ、順位が入れ替わります。但し、サンアントニオは、勝つ気がないゴールデンステート戦を残しているので、3ゲーム全敗は、有り得ないと思います。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/23 16:56  Lakers | コメント(34)
エディさん、こんにちは。
謝って頂かなくて良いですよね。それ程の問題でもないので。

地元でも、「今年は難しいだろう」と言われています。「バイナムが毎回現れて、パオが2年前に戻ったら、可能性はある」とも言われています。でも、バスケットボールは、マッチアップのゲームなので、分からないです。AがBに相性が良くて、BがCに相性が良かったら、AはCに相性が良いかというと、必ずしもそうではないです。イーストも、ローズがいた時でも、シカゴはマイアミに勝てないけれど、ボストンは勝てると言われていました。1位が2位に勝てないけれど、勝率なら5番目のチームなら、2位に勝てるというが、バスケットボールです。

レイカーズは、セッションズが加入したし、シーズン中は、全く戦力ではなかったイーバンクスやヒルが、どの程度やるかで、実力もマッチアップも変って来ます。

少なくても、娯楽として見ているので、悲観的にならないで、優勝を期待して見ましょう。
[ 2012/04/30 04:01 ] [ 編集 ]
内輪揉め、申し訳ない。スミマセン。

私も古参さんのおっしゃることはわかるんですよ。ただモチベーションが下がっちゃってね(笑) ごめんなさい。

地力、本来の力という意味ではライバルチームと比べると物足りなく感じるかもしれませんね。ただ私は、大差はないと思ってます。隣の芝が青く見えるかもしれませんが、他チームから見たらレイカーズも曲がりなりにも優勝候補です。

マジックを例えに出したのは、絶望的という意味です。レイカーズファンが、始まる前から後ろ向き、弱気なこと言ってるとなんだかなぁって思うんですよ。なんたって巨人ですからw偉そうにはせず、でも前向きに応援して、負けたときはその時で認めりゃいいじゃん。と。

コービーもプレーヤーとして衰えてるとは思いません。一番優勝に近い選手で、期待できると思ってますよ。

これにておしまい。

[ 2012/04/29 23:29 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>エディさん&古参者さん

折角劇的に勝ったので、内輪もめは、ホドホドにお願いしますよ。(笑)

レイカーズが負けた時だけコメントに来たり、コービーが悪い時だけコメントに来る人もいますが、古参者さんは、今までのコメント履歴から、そういう嫌がらせ目的ではないのは、間違いないので、冷や水をぶっかけることが目的ではないはずです。今までのコメントから言えることですが、古参者さんは、冷静な方なんですよね。

ラジオ番組に電話をして来るよう、熱狂的レイカーファンでも、「今年の実力で優勝できると思うか?」と訊かれると、「可能性はある」と答える人でも、2-3秒置いてから答えるので、「優勝は無理」というのは、客観的な意見だとは思います。

とは言え、ファンは客観的ことは気が付かないふりをして、「優勝を狙う!」と意気込むものですよね。2年前のボストンも、イーストでは、クリーブランド、オーランドに次ぐ3番手で、ボストンのメディアでさえ、優勝候補には挙げていなかったですから。NBAに関わらず、プロスポーツは、必ずしも、実力がトップのチームが優勝するとは限らないですから。日本のプロスポーツとは違って、レギュラーシーズンが終わったら、ホームの有る無し以外は、同じスタートラインから同時にスタートなので、何かの間違いで優勝というのも、多いにありえます。エディさんが仰る様に、勢いの方が、実力より大切な部分もあります。


>>Venzaさん

シャノンも、シーズン終盤に出て来て、POでも貢献してくれたので、ヒルとイーバンクスには、それを期待したいです。

ハーデンがいないこともありましたが、それでも、デュラントがいるチームに、18点ビハインドからのカムバックは、凄いです。

順位が今のままだと、OKCはDALと対戦ですよね。DALはLALと当たりたくないという噂なので、頑張って勝って、順位を上げないかもしれないです。


>>harvさん

パオとバイナムは、被る部分が多いですよね。それに、どちらも、運動能力が高い方ではないし、スピードもないです。フィルの時も、フロントラインは、パオとラマーがベストでした。但し、たとえヒルを35分プレーさせたとしても、残りの13分は、パオとバイナムが一緒にプレーしないといけないので、スターターは、バイナムとパオで、仕方がないかなとも思います。レイカーズは、コービーとパオが同時にプレーしている時が、一番効率が良いので、パオをベンチスタートにしたくないし、バイナムをベンチスタートにしたら、ふて腐れて、まともにプレーしなくなるのが心配です。

セフォローシャが出ていたら、ウェストブルックはコービーがガードしたらいいですが、ハーデンとウェストブルックが同時にプレーしている時が、問題ですよね。

デュラントは、速い方ではないのも、イーバンクスに有利だったと思います。7フッターが2人もいて、「インサイドで肉弾戦を展開」するのが、レイカーズに足り無いものだったというのも、情けないですね。

Intentioonalなのには間違いないですが、冷静な時だったら、絶対しないです。コントロールを失ったという意味で、accidentalなのだと思います。ただ、そんなのは、言い訳にならないですが。この1年間のフレイグラントのワーストの1位と2位が、レイカーズですよね。メタが1位でバイナムが2位。本当に、情けないです。これで、メタはアムネスティーが間違いないと言われています。


>>エディさん

OFは、まぐれ当たりがありますが、DFは、まぐれはないので、しかも、17-18分、デュラント相手にまぐれが続くことは有り得ないので、イーバンクのDFは、実力だと思います。ハッスルは、特にリバウンドに言われます。リバウンドは、「意思で取る」とか、「ハートで取る」と言われます。
[ 2012/04/25 11:05 ] [ 編集 ]
>>エディさん

最悪過ぎた去年のムードと比べて多少纏まってるところで意味が無いですよ。二回戦で敗退した去年より戦力自体からして低下してるんですから。

それにバイナムの貢献度が上がったところで、得点欲にかられてディフェンスというレイカーズのコンセプトを無視してる張本人なんで大して意味が無いです。

今のレイカーズはロースコアだろうがハイスコアだろうが自分達の勝利の形という物が無くなりました。

ディフェンスは緩い、オフェンスも中途半端。西の3位にいる事ですら不思議なチームです。

第一、サンダーに勝つ直前にスパーズにクソがつく程のボロ負けを2連続でくらったり、またしてもバイナムですが、中心選手の1人でありスターティングセンターである彼が2リバウンドとかやらかしてブラウンに制裁くらったりしてる今の状況を、果たして纏まってると言えるんですかね?

そして経験が長かろうが、リング持ってようが、それを駆使して戦える頭を持ってる選手達やHCがいなけりゃ経験豊富なんて言葉は慰めにしかなりません。

経験を口にする価値があるのはコービーと甘く見てパオまでです。

バイナムは二連覇を知ってるとは言え怪我で時間も役割も大分制限されてたし、他はメタが一昨年1度あるだけです。

しかも言うまでも無いですが、頭の弱さと心身の不安定さに定評がある2人です。欲望だけの男と本能だけの男です。

他はセッションズはプレーオフ自体未経験だし、ブレイクも30代ってだけで意味が無いです。マーフィーももそう。

他のチームから見てレイカーズが経験豊富に映るとしたら、コービー&レイカーズというネームバリューから来る完全なイメージ先行のパターンです。

それからチームに勢いを与えてる若手って誰がいます?

セッションズは良いとして、それとヒルもまぁ良しとして、イーバンクスはまだサンダー戦で1回良かっただけで計算に入れるには早計だし、マクロバーツはまだまだだし、期待されたガウドロックは干されてます。

逆にポジティブ過ぎませんか?この程度のメンバーで。

それからマブスの優勝が経験豊富だったから?

あれは只のマグレですよ。世代交代の波と、自分達の異常な絶好調と、対戦相手の自滅がタイミング良く重なって起きただけです。

経験だけならマブスは前から豊富でした。本当の事を書く訳にはいかない、言う訳にはいかないメディアが経験で優勝したって誤魔化しただけです。

マブスファンが切れますから。

それから、どうも"地力"と"自力"を混同されてるみたいですね。

二連覇した頃のレイカーズは優勝するための"地力"がありました。だから初めから優勝候補だったんです。

実際の優勝への過程でのプレーオフの試合内容がどうこうじゃ無いです。

第一、2年ともバイナムが怪我で出場時間が制限されコービーも満身創痍の中での優勝ですから、対戦相手も大分助けられてた中での優勝です。

"自力"じゃなくて"地力"です。地力の強さってやつですよ。

その前の年もバイナムがプレーオフ不出場でコービーも右手の薬指だかをやったままファイナルまで進みましたから、尚更に地力の強さを感じさせます。
[ 2012/04/25 08:01 ] [ 編集 ]
古参さんへ
言葉使いは勘弁を。笑

このブログのMayさんのスタンスも理解していますし、あなたのnameがどうだからとかも気にしていませんよ。あなた宛の発言なので、失礼のないようにしたまでですので気になさらないでください。

さて、私も古参さんは、現実的な方だと思っていますよ。半分ですが客観的だなとも思います。レイカーズの歴史からも、近年連覇したチーム状況からも優勝以外は失敗っていうのも、まぁそう思っているファンも多いでしょうね。

しかしですね、今って微妙なチーム状態なんですよ。

纏まり→フィルが投げたチームとは違いますよ??モチベーション下がっててダメだったという、昨年よりはマシだと思いますが。
バイナムの態度の悪さは昨年とそんなに変わってませんよ。成績と体調を考えれば、チームへの貢献度は今年のほうが断然良いですし。
ガソルも最近良かですたい。
セッションズもケガしてるとはいえ、フィッシュよりは良いですしね。その他の若手のハッスルもチームを動かしているのは明らかです。
ロンだけは残念ですが。
何より最近のレイカーズには前半戦には無かった一体感を感じます。

経験→まずシーズンとプレーオフとの違い。ポカってそんなん優勝した年もしておりましたわ。レイカーズが経験ないとか言ったら、他のチームのファンはどう思うだろう??そして、昨年のマブス。あれが経験です。

結論→まず、連覇した時だって地力に疑問。今年の開幕時よりはチームとして期待が持てる。サンダー、ブルズ、ヒート??プレーオフです、それならスパーズ、ボストンのが怖い。これは主観も入ってますわ

そして何より言いたいのは、巨人こと「レイカーズ」のファンとして、プレーオフに向かって今からって時に、歴史だなんだ語っておいて、負けるだなんだ言ってんじゃないよと。チャンピオンチームのファンって意識なら、勝てないかも…と思っていても前向きな発言くらいしておけばいいですやん。
って思ってます。ようは、バランス。いや失敬


[ 2012/04/25 04:25 ] [ 編集 ]
>>エディさん

ブログ主のMayサンが間口を広く解放されてる方ですし、私個人に対するご不満のようなので、失礼でも何でも無いです。

私自身、新参者→古参者?と、半分冗談みたいな流れに身を任せてname変えてきただけの、ブログのいちファンに過ぎませんから。

それに、別に古参でも無いですしね…汗

と、前置きが長くなりましたが、仰るように私は基本的にネガティブです。

しかし、自分で言うのもなんですが、結構現実を見据えたファンだとも思ってます。

レイカーズはマジックのようなチームとは違います。

レイカーズでは日本のプロ野球で言えば巨人です。

歴史も長く、優勝以外は全て失敗のひとくくりで纏められるようなチームです。

私の中でも判断基準は本当に優勝を狙えるチームか否かです。

しかし現実的に見て、スパーズは微妙だと思ってますけど、レイカーズはマイアミやブルズ、サンダーと比べて明らかに優勝は遠く見えます。

纏まり?本当に現在のレイカーズに纏まりがあるんでしょうか?フィルでも手に終えなくなったのに?バイナムも更に悪化してますよ?

経験?現在のレイカーズに経験の豊富さを武器に出来る選手がコービー以外にいるんでしょうか?ベテラン揃いとは思えない間の抜けたミスを連発するチームなのに?

レイカーズが優勝するには、昨年のダラス並の奇跡が必要だと思ってます。

自分達が実力以上の力を発揮し続ける事と、対戦相手が自滅する事は必須です。

今のレイカーズは、二連覇した当時みたいに地力だけで優勝を狙えるようなチームには見えないです。

勿論、予想が外れて優勝しようものなら、引くぐらい喜ぶでしょうけどね…笑

実力だろうが奇跡だろうが優勝は優勝なんで。
[ 2012/04/25 00:55 ] [ 編集 ]
Mayさんこんにちは。
イーバンクスはこれを自信にして、アイバーソンをしつこくガードしたルーのようにディフェンスで貢献してほしいですね。

ヒルは一夜で人気者ですね。セッションズのデビューの時といいセンセーショナルでいいと思います。この時期に新しいプレーヤーが出てきた事も大きいです。

悲観する方もいるようですが、この試合は素直に喜びたいですね。格上のOKC相手にホームとはいえ、試合を捨てずにOTまで持ち込んで勝ったのですから。ハーデン抜きとはいえ4Qで17点差もあったのに勝ちゲームをひっくり返されたOKCは、西の1位も絶望となって嫌なイメージを与えられたと思います。

何よりLALファンとしてあのような今シーズン最大の大逆転ゲームを見れて興奮しました。LALにとっても3位確定に向けて大きな1勝だったと思います。

OKCはダラスに3-1で勝ち越していますがノビツキーが8点だった試合を除けば2点差と4点差の僅差でした。ノビツキーの出来次第で一方的にはならないマッチアップだと思います。個人的にはダラスが勝ち上がって昨年の仮を返したいところですが。
[ 2012/04/24 23:33 ] [ 編集 ]
乗り遅れましたが、そして試合も見れていないのですが(youtubeに一試合通してアップされているかと思いきや、今回はされていない!)、サンダーに勝ててよかったです。

以前も書きましたが、ビッグマン2人同時起用はどうしてもDのriskが生じるため、プレイオフでも肝心な場面ではオフェンス力が多少下がっても、パオかバイナムどちらかにして、ヒルのような動けるビッグマンと組ませた方がいい気がします。

あとはPG陣がどの程度ウエストブルックを抑えてくれるか..
Kobeがウエストブルックにつくとハーデンのところで攻められる可能性が高く(今回、終盤にD職人のセファローシャ?がKobeを抑えられていなかったのはサンダーにとってはショックだったと思いますし、もし彼があまり守れないと判断されれば、オフェンス重視でハーデンの起用が増えると思います)、その場合はもうKobeにPGをやってもらうしかないと思います。

Ebanksはこれまで不慣れな2番で起用されていたのがよかったのかもしれません。Durantの動きが多少遅く見えたはずです。
ヒルは今後もインサイドで肉弾戦を展開してくれるなら、Lakersに足りないものだったので、使えると思います。

MWPのプレイは、LAtimesにはaccidentalと書かれていましたが、当たった瞬間全く驚いた様子がなく、intentionalにしか見えません。脳震盪はとても危険なものだし、今シーズン出場停止ぐらいの厳罰を望みます。実際プレイオフ出場停止の可能性もあるのではないでしょうか?
去年のBynumも思い出しますが、勝負うんぬん以前に、相手への敬意もなく、Lakersの品位を傷つけるような行動はやめてほしいですね。
[ 2012/04/24 22:30 ] [ 編集 ]
イーバンクスのDFついてはある程度の期待はできそうですね。
ヒルについてですが、成績以上にハッスルとか気持ちの面が大きいんですよね。特にバスケットにおいては他のスポーツよりその重要性は高いですし、レイカーズに最も欲しかったものだと思います。ヒルしかり、今のレイカーズの若手は良いもの持ってますよ。

問題も多いですし、ライバルチームが強いのも確かですが、プレーオフって、結局チームとしてのまとまりと勢い、そして経験です。他のチームからしたらレイカーズは嫌なチームですよ。決して今の段階で悲観するようなチームじゃないです。オーランドのファンが聞いたらキレますわ。
古参者さんのほぼ悲観オンリーがスタンスとして疑問です。なんだろう、プレーオフに向かってって時に、そこまで冷や水ぶっかけなくてもいいんでないでしょうか。失礼承知ですが、イラッとしたんで書きますわ。すいまへんな。
[ 2012/04/24 21:13 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>古参者さん

イーバンクスは、オフェンスでは、全く期待できないですが、ディフェンスは、当たりと外れの日がないので、このレベルでプレーできると思います。但し、ミニッツは、いきなり、35分という訳にはいかないですが。

ヒルは、元々、リバウンドとディフェンスに定評があるようなので、ある程度はやれると思います。

レイカーズは、オクラホマシティーに限らず、ロールプレーヤーが、余程ステップアップしないと、2回戦やCファイナルに勝つのは、難しいです。バーンズがシーズン終盤の活躍を維持して、ブレイクが、3ポイントを高確率で決めて、ヒルが、リバウンドで圧倒しないと、無理だと思います。


>>シジさん

ヒルは、中途半端にやらないですよね。動きが良いし。リバウンドは、いつもインサイドにいます。それに、バイナムみたいに、見ていて、リバウンドが上がったら取りに行くのではなくて、チームメイトが打ったら、直ぐにバスケットに突進していきます。イーバンクスは、ジャンパーは決まらないですが、フリスローをよく取りました。決められませんでしたが。それだけ、バスケットにアタックしていることです。

メタは、リーグが、プレーヤー、審判、本人にインタビューしている様なので、それ次第で、多少出場停止のゲーム数が変わると思います。POに出場停止にしても、サラリーに響かないので、来シーズンの初めと分けて、出場停止になるのではと見る人もいます。


>>あささん

初めまして。

号泣というのは、余程ですね。(笑)

コービーは、ある程度、予想していたことをしたのですが、イーバンクスと、ヒルが予想外でした。イーバンクスは、いつまでもつかと思って、ヒヤヒヤしながら見ていましたが、最後までもちました。

コービーの脚は大丈夫だと思いますが、バーンズは捻挫だそうです。POには間に合うと思います。

私も、セッションズの3ポイントは、もうちょっと使って欲しいです。レイカーズで一番確率が高いです。ジャンパーもよく決まるし、フローターも、結構上手いですよ。


>>ミスドさん

お久しぶりです。

コービーは、全然駄目でも、ここという所で、決めますよね。それも、とんでもないのを決めます。

イーバンクスは、今までチャンスを活かしきれなかったですが、今回でやっと活かしました。得点したくて仕方がなかったデュラントに、パスさせる場面もありました。使える目途がついたと思います。ヒルは、最初のチャンスを掴みました。

私も、今の8人ローテーションでは、実力不足で勝てないと思います。ヒルが出てくることで、パオのミニッツも制限できます。

メタは、身体が接触しているから、誰かがいたのは分かっていたはずです。それも、オクラホマシティーのプレーヤーだというのも、分かっていたはずです。たまたま、コービーや、セッションズがいたら、同じことをしたと思いますか?それに、普通、出会い頭や、振り返りざまに人とぶつかったら、びっくしして、「大丈夫?」とう感じで、その人に注意を払いますよね?それが、あれだけ激しくぶつかって、そのまま素通りだったのは、ぶつかる前から分かっていたはずです。悪気は無かったけれど、最低限の認識はあったはずです。エルボーするというより、押しのけたかっただけだと思いますが。それに、興奮しすぎというのが問題です。前半にダンクを決めたくらいで、訳が分からなくなる程興奮していたら、まともな判断もできなくなります。故意で、しかも、ハーデンを怪我させてやろうと思ってやったと思っている人は、殆どいないと思います。興奮したら、行動をコントロールできないのが問題です。勿論、そうしようと思ってしているのではないですが、いい大人が、悪気はなかったでは済まないです。

ハーデンは、2回戦は勿論、1回戦も大丈夫だと思いますが、脳震盪は、回復の期間が分からないので、心配です。2回戦に間に合わなくて、レイカーズが勝ったりしたら、10年経っても、事あるごとに言われます。


>>ロンロン大好きさん

ロンの場合は、「やるかやらないかではなくて、何時やるか」だと言われています。悪気は無いと思いますが、子供ではないので、「興奮してつい」なんて、言い訳にならないです。

ヒルは、前半も良くプレーしていたし、リバウンドを良く取ったので、そのまま使ったのだと思います。「バイナムに、バイナムがいなくても勝てる所を見せたのが良かった」と言われています。「バイナムは、レイカーズを人質に取っている」という言い方を、よくされます。私も、以前に、コメント返信で書きましたが、「トレードできるならしてみろ。」という態度です。だから、GMとの面接も平気ですっぽかします。これで少しは、態度が変わるのでは?仰る通り、パーキンスのような、タフなセンターがいるチーム相手に、単にポストでバイナムにボールを入れても、決まる確率は低いです。オフェンスでボールを触れないと、腐るので、機嫌を取りながらプレーするなら、ヒルの方がずっと良いです。ファンも、バイナムを見たいと思っていないし。だから、ずっとベンチでも、観客は、何も言わないです。

セッションズは、慣れてきた頃に、コービーが欠場して、違うプレーの仕方に慣れてきたら、コービーが帰って来て、なかなかケミストリーが難しいのでは?


>>ゾロリせんせさん

いつもコメントありがとうございます。

詰めたと思ったらすぐ離されていたので、この程度だと思っていたのに、あれよあれよという間にです。イーバンクスのデュラントへのディフェンスと、マンバだと思います。ブレイクもよくやってくれたし。ずっと3対5でやっていたのに、OTでは、同じ3対5でも、レイカーズが5でした。デュラントとウェストブルックだけだったので、2対5かもしれないです。

コービーと、デュラントと、ウェストブルックの3人のシュートの合計を、ゲーム中に言っていましたが、オールスターが3人揃って酷いものですよね。

仰る通り、メタは、あそこまで行くと、悪意があるかないかの問題ではないです。悪意がなかったら、やっても良いということにはならないです。スポーツニュースではない、普通の全国ニュースでもやっていました。それだけ、重大だということです。

脳震盪は、酷いと、飛行機に乗れないですが、今日、チームと一緒に帰った様なので、それ程酷くない様です。でも、シーズン残りの2ゲームは、大事をとって休むそうです。


>>しゅうさん

お久しぶりです。同じ方なのか、別人なのかと思いました。

4Q前半は、ディフェンスが良かったです。やっと本領発揮でした。OTのコービーは、タイムアウトに歩いていく時なんか、肩が左右にゆれて、きつそうでした。バン・ガンディーは、「レイカーズの2番目の強みはサイズ、一番目は、コービーの技と意思」とも言っていました。ウェストブルックに対してのディフェンスは、セッションズにも、ある程度やってもらいたいです。

バイナムは、表情を見ても、淡々としていて、やる気が感じられなかったです。パーキンスにしっかり抑えられて、フックショットやレイアップをエアボールにしていたので、腐っていたのかもしれません。

ヒルの来シーズンのサラリーは、バイナムの4分の1くらいなので、この調子が続いたら、バイナムはいらないです。このゲームのヒルとバイナムの±の差は、45ですよ。ヒルが一番+が多くて、バイナムが一番―が多いです。

メタは、平均的な人より、ずっと良い人だと思います。困っている人がいったら、損得勘定無しで、助けるタイプだと思います。ただ、興奮してしまうと、思考回路が止まってしまうのだと思います。悪意が無いだけに、直しようがないですよね。


>>天使の街の湖軍団好きさん

イーバンクスは兎も角、ブレイクには、別の意味で、泣かされてきましたからね。

「NBA Thunder Dancer」を検索して、見に行きました。コービーが化け物には、笑いました。私達は、慣れていて、「又、やってるわ」という感じですが。

パオは、パーキンスから、散々ソフトと言われて、頭に来ているはずなので、張り切ったと思います。ヒルの動きは良いですよね。

サンアントニオは今日勝ったので、1位が決まりました。レイカーズが、サクラメントに勝てば、3位が決定です。


>>ひでさん

これは、今シーズン最高の勝利だと思います。ボストンやマイアミ相手も、良い勝利でしたが、18点差をひっくり返したのではないので。そのメンバーは、ファンのパンチングバッグのブレイクとベンチ暖め2人というのが良いですよね。その上、クラッチでコービーが狂ったし。仰る通り、パオはシュートも決めましたが、繋ぎ役で、良い仕事をしました。

コービーは、クラッチショットも凄かったですが、オーバータイムに全員を巻き込んだのが、良かったと思います。OTに、デュラントのアイソレーションが多かったと言っていた人がいたので、スタッツを調べてみたら、OKCは、OTに得点しているのが、デュラント、ウェストブルック、パーキンスの3人だけで、それ以外は、シュートも打っていません。パーキンスは、オフェンシブ・リブアンドからのレイアップです。レイカーズは、OTに、全員得点しています。イーバンクスは、フリースローだけですが、他は、バスケットがあります。OTのアシストも、デュラントは無くて、コービーが2つあります。デュラントとコービーは、得点リーダーで1位と2位ですよね。デュラントは、得点リーダーになりたいのだと思います。デュラントは得点したかったけれど、コービーは勝ちたかったから、その違いが結果になったのだと思います。


>>アレさん

確かに、2人共、P&Rディフェンスは、上手くないですよね。4Q以降に、バイナムを使わないで、ヒルを使ったのは、ディフェンスも原因だそうです。イーバンクスは、メタがいない間は、スターターに周ると思います。


>>かずさん

ダブルオーバータイムなので、20%増しだし、コービーのクラッチショットは、次から次へと見られるし、ヒルも見られたし。コービーが欠場の先週の日曜日に見に行った人とは、雲泥の差です。

イーバンクスは、他に変わりがいなかったから、仕方がなかったですが、ヒルを使い続けて、負けたら、批判されるので、大胆だったと思います。アリーザも、元々は、ディフェンスのプレーヤーだったので、同じ様に成長してくれたら良いです。ラマーがいた時の様に、4、5ポジションを、ヒル、パオ、バイナムの3人で周したら、自然と、ヒルとパオの時間帯ができるので、マクロバーツには、悪いですが、それが良いと思います。

超一流のプレーヤーは、3Qまで凄く悪くても、終盤に決め捲くることがよくありますよね。レブロンみたいに、逆にの人もいますが。デュラントが悪いままだったのが、助かりました。


>>魚さん

一旦、帰りかけた人達が、外のモニターを見て、戻ってきたそうです。私の隣人なんか、3Q終了後に出かけて、帰って来た所に、外で出くわしたら、「又、20点以上で負けた?」と訊くので、「レイカーズが勝った」と言ったら、「面白いこと言うね」と言われました。本当だと知って、悔しがっていました。私も、ブログをやっていなかったら、3Qで見るのを止めて出かけたかもしれません。

イーバンクスは、バーンズの足首の捻挫で、采配というより、他にいなかったのですが、ヒルは、サンアントニオ戦でバイナムが2リバウンドだった後に、使うことを決めていたそうです。とは言っても、終盤もつれた所で使い続けたのは、予定外だったと思いますが。

解説の人で思い出しましたが、「このメンバーでは、1分もプレーしていない。」と言っていました。そう言われてみれば、そうですよね。イーバンクがスターターだった時は、フィッシャーがPGで、ヒルはまだいなかったし、大体ヒルは、ガーベッジタイムにしかプレーしないので、コービーやパオとは、プレーしたことがないです。


>>オカさん

イーバンクスが、あそこまでディフェンスをやるとは、ブラウンも思っていなかったのでは?練習でコービーをガードしているのかもしれませんね。トレバーだったか、シャノンだったかが、「練習でコービーをガードしているから、ゲームになったら楽だ」と言っていたことがありました。

メタは、反省してどうなるものではないと思います。「頭にエルボーしてやれ」と思ってやっているのではなくて、興奮した勢いでやっているので、いくら反省しても、又、興奮したら、何をするか分からないです。ある種の病気みたいなものです。


>>初めましてさん

私も当然だと思いますよ。ブレイクは、ブレイクにアシストする人がいないと、活きないです。


>>のささん

アリーザ程運動能力は無いかも知れませんが、アリーザより、タフだと思います。アリーザは、スピードがあるのには付いていかれますが、メロやレブロンみたいな、サイズがあるのは苦手です。メロやレブロンが得意という人は、まずいないと思いますが。ヒルは、あの調子だと人気が出ると思います。Gロックの人気は、本人の人気自体もあるけれど、ブレイクに対する不満が、Gロックの人気に繋がっているのではと言われています。ヒルがそこそこやったら、バイナムに対する不満が、ヒルの人気に繋がると思います。

セッションズは、POを控えているので、無理をしないようにしていると思いたいです。


>>shinさん

私も、メタは、悪気はなかったと思いますが、感情が高まったら、自分をコントロールできないことに問題があります。レギュラーシーズンで、訳が分からなく程感情が高まったら、POやファイナルで、ダンクを決めたら、どうなるか分からないですよね?ある意味、悪気があってやったなら、これからはやらないと思いますが、ほぼ無意識でやっているので、何時又やるか分からないです。

それに、最初は、勢いで、肘が当たったと思っていましたが、スローで見ると、肘を自分の肩より上に上げています。単に、腕を横に動かしただけなら、普通は、二の腕が水平になって、肘の位置が肩より下か、どれだけ高くても、肩と同じ位置になるはずです。ところが、肘を下から上に振り上げています。それだけでも問題なのに、イバッカに詰め寄られて、物凄い形相で、向かっていく素振りをしたので、それも出場停止のゲーム数を決めるのに、考慮されるだとうと言われています。5-10ゲームが妥当という話もありますよ。


>>かっちゃん

去年のPOでも、バイナムが酷かったら、メタは忘れられていますが、ダラスとのシリーズのゲーム1か2で、バレアの頭を引っぱたいて、1ゲーム出場停止になりましたよね。2年連続で、POのゲームを出場停止になります。


>>tskさん

私の周りにも、「これでバイナムをトレードできる」と言って、誰とトレードするかを妄想している人達がいます。

メタは、エルボーして怪我をさせてやろうという気持ちはなかったと思います。大喜びしている所に、通り道にハーデンがいたから、目の前に飛んできた虫をを払いのける様な感じで、殆ど無意識に反射的にやったのだと思います。


>>ゆ~すけさん

バーンズは、軽症だけれど、今晩ゲームがあったら、欠場していたそうです。

イーバンクスは、POでOKCと当たったら使えると思います。ヒルも使えば、パオが常にPFでプレーできるので、本人が楽だと思います。


>>hageさん

悪気は無かったと思いますが、良い時でも、悪い時でも、感情が高まると、自分自身をコントロールできなくなるので、いつ又同じ様なことが起こっても、不思議ではないです。

P&Rディフェンスは、ヒルが結構上手いと思います。バイナムを使わなかったのは、サンアントニオ戦のリバウンドも理由だそうですが、P&Rディフェンスで1歩遅いのも理由だっとそうです。POになっても、バイナムがさぼっていて、ヒルが出てきて良かったら、ヒルのミニッツが増えると思います。


>>akrさん

秘密兵器を隠しておく余裕はないと思いますよ。

イーバンクスは、正に怪我の功名ですね。ヒルは、最初のチャンスを掴みました。でも、まさか、OKC相手に、いくらコービーとパオがいたとはいえ、ブレイク、イーバンクス、ヒルで勝つとは思いませんでした。

センターの仕事は、ディフェンスとリバウンドです。本来やすべきことをやらないで、いくら得点があっても、意味ないです。私は、バイナムをオフェンスで使うなというつもりは毛頭ないんです。アリーウープや、オープンでダンクやレイアップを決められる状態なら、どんどん使えば良いし、サイズがあるから、相手のセンターがサイズがない時は、ポストでボールを入れたら良いです。でも、相手がフィジカルなセンターだと、いつも攻めあぐねるので、そういう時まで、無理にバイナムにボールを入れる必要はないと思います。でも、オフェンスでボールを触れないと、ふて腐れてリバウンドもやらなくなったりすることもあるので、それならヒルの方がずっと良いです。

高いお金を払って見に行っている人は、コービーのブザービーターで勝てたら最高ですが、これは、それに近いですね。


>>UWさん

ハーデンがいたらと思うと、心から喜べないですよね。メタのファウルは、プレー中のではないので、余計に酷いです。

ヒルは、来てから1ヶ月ちょっとだし、自分の怪我で、プレーできなかった期間もありましたが、イーバンクスは、スターターからDリーグまで経験して、よく頑張ってくれました。プレーヤーの鏡です。ヒルは、位置取りが良いです。ディフェンスの時は勿論、オフェンすでも、内側にいます。ゲーム中にも、アナウサーが、「又、ヒルがリバウンドを取った!」とう感じでした。


>>LAXさん

特に、イーバンクスは、スターターで始まって、ベンチ暖めになって、Dリーグにも行って、それでも、練習には、早く来てやっていたみたいです。レイカーズは、ボールを追っかけて、観客席に飛び込むのが、最年長のコービーくらいなので、ヒルのミニッツが増えると、気持ちが良いプレーが見られれそうです。

MWPがいないケミストリーは、大丈夫だと思います。OKCに勝ったメンバーには、MWPはいなかったので。


>>サイバイマンさん

いつもは、逆に、ひっくり返される方だったので、嬉しいですね。ヒルは、期待できそうでえす。
[ 2012/04/24 17:34 ] [ 編集 ]
ヒル予想以上に良いですね。

レイカーズのビッグマンに足りないハッスルぶりにブルズのギブソンみたいな印象を受けました。

でも流石に出来すぎだった感は否めません。

イーバンクスも同様。このレベルの貢献をプレーオフでも期待するのは酷だと思いますし、計算するにはあまりにも実績が足りないのでギャンブルです。

イーバンクスに比べたら、ヒルの方が計算は出来そうですけど…

ハーデン居なくても3Qは十分ボロクソにやられてたので、4Qにいたら逆転不可能だったかはわかりませんが、デュラントとウエストブルックを抑えてても今年のサンダーの強さは嫌という程に感じさせられました。

まずバイナムは弱者相手だと圧倒的に強いけど強者相手だと通用しないのは分かりきってますし、パオにもコービーにも優勝した当時程の力は無いです。ましてやコービーはまたしてもコンディションが不安です。

昨日みたいに奇跡的な猛追劇からクラッチ勝負に持ち込めれば、流れは完全にレイカーズにあったので勝てる可能性も生まれるでしょうが、基本的にレイカーズにはサンダーやマイアミのような爆発力が無いのは今までの彼等を見てれば分かるのでマグレにしか見えないですし、プレーオフのような長期的視野で見ればサンダーの勢いについて行けずに終始10点以上の点差をつけられながらの戦いになる姿が目に浮かんできます。

レイカーズがサンダーに勝つには実力以上の何かが無ければ厳しいのに対し、サンダーは地力だけで十分に勝てそうです。

恐らく二回戦での対決になるでしょうが、余程コービーが神がかり的な活躍を見せるか、ロールプレイヤー達が爆発でもしない限り、勝ち目どころか話にもならないように見えました。

レイカーズ戦に関してはデュラント以上に試合のキーを握るはずのウエストブルックも、結局コービーが守る以外じゃ暴走では無く爆発になるのは目に見えてますし。

メタはもういいです。マジックの言う通り、レイカーズに相応しく無い。

それにレイカーズにとっては対レブロンや対デュラント以外に存在意義が無いのに、昨日はそこそこでしたがデュラントはこの2年殆どまともに抑えた事が無いし、レブロンに至ってはこないだのパオとマッチアップして勝手に疲弊した時除いて入団以来只の一度も抑えた事が無いので、何もかも中途半端です。
[ 2012/04/24 16:17 ] [ 編集 ]
ヒルはP&Rの時にきちんと前に出れるのがいいですね。昨日の終盤は特にP&Rでスイッチさせられる場面がほとんどありませんでした。リバウンドに関してもバイナムやガソルと違って脚が動くので良かったです。イーバンクスも結果的にコービーが7試合休んでたおかげで少し試合慣れしてきたかなという感じですね。やはり若手は多少我慢強く使う必要があるんだなと感じました。


メタの件はさすがに擁護のしようがないです。せっかく今月は成績がよくてDFも良くなっていた矢先の出来事ですからね。たとえ意図的でないにしても、複数試合の出場停止は免れないでしょうね。
[ 2012/04/24 13:51 ] [ 編集 ]
はじめまして
あまりの感動に初コメントしてしまいました笑。いつも楽しく見させていただいてます。

しかし、朝からあまりの興奮に疲れました。いつもは興味ない妻も、大興奮大号泣してました。私も遅刻しましたが。

コービーは、次元が違いますね。素晴らしい!イーバンクスとヒルの点差がありながら諦めず、自分達の役割に精一杯プレイし、逆転や勝ちまでになる姿勢も素晴らしかった。新勢力が、期待できるとしたら、明るい兆しですね。

少々心配なのが、コービーの足は大丈夫でしょうか?何回か、左足がぶつかったり引っ掛かったり客席に飛びこんだりしていたので…。バーンズの怪我もですが。

セッションズは、ベンチで肩を押さえなくなったので、大分よくなったのだとは思いますが、PGが弱いレイカーズなので、また引っ掻きまわして是非とも復調して欲しいです。ちなみに、最近打ててない3pointですが、ランキング凄いですね。あれよあれよの間に上位…今年から強みにしたし、あまり自信がないのかもしれませんが、レイカーズに来てから、良い場面で決めてるので、これを使わないなてもったいないなぁ。キャブスファンの友人も3pointが劇的に改善したので今年はビックリしてました笑

では、長々失礼しました。
[ 2012/04/24 10:53 ] [ 編集 ]
いつも更新有難うございます。久々にコメントします。
大勝利ですね!コービーの神クラッチぶりが凄すぎましたね笑。3Qまでで9点だったとか本当に漫画や映画みたいです。まさに"Closer"でしたね!!
ヒルとイーバンクスの活躍は本当に助かりました。ただメタさんの影響でイーバンクスのタイムが伸びたのも事実なのでちょい複雑ですね。それでもデュランチュラにいいDしてたのはかなり良かったですが。ヒルもようやく登場ですね。レイカーズの”最終秘密兵器”になれるように今後も期待したいですね。

今シーズン勝てば選手、負ければブラウンの責任になってたものが大概ですが、ポストシーズンもどうなるか注目ですね。いつも通り行くのか、この試合を参考にいじっていくのか。プレイオフでいきなり変更は結構、賭けな気もしますが、予定外の選手の活躍がなければ勝ち抜くのは厳しい気がします。

メタの件ですが否定的な意見がコメント欄でもアメリカでもかなり多そうですが、Mayさんや皆さんの言うほど悪くは見えないですし、自分的には故意には全く見えません。むしろ事故かと。あたりはひどいですが、かなり気合いの入ってたみたいなので興奮しすぎではないでしょうか。無論限度は超えていますがデュランとを抑えることもありこの試合に相当気合いが入ってた様に思います。

ダンク決めて、「よっしゃー!!」みたいなところで誰か(ハ―デン)がいて「ちょっとのけこらー!」ていう風に見えます。もちろん興奮しすぎには間違いないですしハ―デンの容態は心配ですが。

レイカーズ関連でも少なくとも去年のバイナムや、いつかのPOでのスコラに対するフィッシャー、当時スパーズのオーリーのナッシュにラリアットとかみたいに明らかな故意にやろうとしたものではないと思います。

こういうのはやっぱりパレスの乱闘や今までのこともありメタのイメージがある分普通よりかなり悪く見えて損しているような気がします。まあそれをしたのも本人なんですが苦笑。でも今回の件に関しては事故的な感じかなあと思います。


一バスケファン的には主力が欠けてやるよりはフルメンバーでのPOを見たいのですがどうなることやら。
ハ―デンに2ndラウンドまでに復帰してもらってフルメンバーでサンダ―を叩き潰してもらうのでやっぱり理想ですね。
そしてフィッシュにはサンダ―見限ってもらってレイカーズにACとして来期是非戻ってきてもらいたいですね笑。


とりあえずメタの欠場の間にイーバンクスの奮起に期待ですね。勿論メタのロンロンのころのプレーは優勝には不可欠だと思いますが。とにかくもうすぐポストシーズン!

Go!Lakers!!!

長文失礼しました。
[ 2012/04/24 09:31 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。まぁ色々課題もあるでしょうが、この時期まできたら、いかに勢いつけてプレイオフに入るかでしょ。そこにうちのロンがやらかしてしまいましたが…それにしてもブラウン思いきりましたね~。ヒルが出てきた時はどうせすぐに交代かなと思ってたんですが、まさかほぼフルで起用するとは。バイナムの見切りの速さに驚きました。はっきりいってサンダー戦に限れば今日のラインナップが機能しますよ。パークを相手にバイナムが活躍出来る事はないでしょう。彼のローポストのディフェンスとフィジカルはナンバーワンだと思ってます。バイナムが弱い訳じゃないです。相手が悪すぎます。そこを攻めるのは効率的じゃないです。それより自己犠牲の強いヒルのような選手の方がいいと思います。それより最近セッションズがあまり目立ませんね。不用意なターンオーバーも結構あるし。
[ 2012/04/24 08:34 ] [ 編集 ]
おはようございま~す!
いつも、更新ありがとうございます。本当にお疲れ様です。

さすがに、今回ばっかりは、逆転するだなんて誰も予想できなかったのではないでしょうか。流れ星のごとく、あれよあれよという間に時間と得点が流れて、気が付いたら捕まえていました。

コービーが、今シーズンで一番コービーになっていました。ただ、やはり3Qまでは打ちまくって外しまくって散々だったので、完璧だったとは言わないですが。ディフェンスでも気合が入っていて、頼もしかったです。ワールドピースは、大きな処罰をもらったほうがいいと思いますね。最悪ですよあれは。わざと、わざとじゃないとか、そういう問題で済むレベルを超えていましたし。もっとも、もしハーデンがいたなら普通に負けていたゲームだと思うので、ある意味ではワールドピースも勝利に貢献したのかもしれませんが。…すみません不謹慎ですね。

ところで、ハーデンは、結局大丈夫だったのでしょうか?サンダーファンの方々には、かなりダメージを与えたと思います。つか、こんなことする選手がいるチームと、そりゃあPOで当たりたくないですよね(笑)。ただでさえレイカーズは、去年のバイナムの件もあるのに。いらないですよこんな選手…。
[ 2012/04/24 08:28 ] [ 編集 ]
お久しぶりのコメントです。

久々に熱くなったゲームでした。
3Q途中でもうダメだ、またサンアントニオのときと一緒かと見てて諦めましたが、4Q途中からは全く違うゲームになりましたね。
2OTではコービーはヘトヘトに見えましたが、最後はきっちり締めてくるあたりはさすがコービーですね。
バン・ガンディーの言葉がすべてを物語ってますね。
ウェストブルックに対してのDFはとてもすばらしかったです。
しかし、プレイオフで当たったとき、4勝するまでDFし続けるのは相当きついと思うので、PGがある程度抑えてもらえないと困ります。
せっかく気持ちよく勝てたのに、バイナムの覇気が感じられないプレイが今でもイライラします。

ジョーダン・ヒルはドラフト8位だけあって、能力は高いはずですからね。
周りに何人いようがボールに飛びついてくハッスルさが好印象でした。
まだまだ若いし、戦力として十分計算できそうです。

メタについて。
ここ数試合いい調子が続いていただけにとても残念でした。
個人的な考えでは、メタは熱くなるくらいが調子がいいし、チームも盛り上がるので興奮するのはいいと思ってます。
実際退場するまではいい活躍してましたし。
だからと言って、あれは批判されても仕方ないでしょうし、出場停止も当然でしょう。
わざとでなくても(自分は悪意はなかったと思います)、当たったことは確かなので。
自分はメタのDFがプレイオフでは絶対必要になると思います。

長々と失礼しました。
[ 2012/04/24 05:03 ] [ 編集 ]
泣きました。
ブレイクとイーバンクスに泣かされるとは思いませんでした。

NBA Thunder Dancerさんのおっしゃるように、コービーがデュラントよりもだいぶ物凄い化け物であることを証明した試合でした。

パオもよくリバウンドを取ってくれてましたが、
ヒルのインサイドワークは見事にレイカーズに足りないものをうめてくれました。

そして、プレイオフさながらの緊迫した試合を見せてくれた両軍の選手に感謝です。

観客としてプレイオフがとても、とても楽しみになってきました。

ここまで来たら、スパーズが来ようが、サンダーが来ようが対した違いはないか、と思うようになってきました。
[ 2012/04/24 04:52 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

本当にすごい試合だったと思います。
勝ててよかったです。

皆さんも言われてますが、イーバンクスとヒル、いい活躍でしたね。
特にヒルはスクリーンをよくかけに来るし、リバウンドには積極的に取りに行くし、すごくエネルギッシュで良かったです。
ヒルがスクリーンに来ることで、チームオフェンスに動きがよくあったと思いました。

ガソルもオーバータイムでのシュートを良く決めたと思いました。

そしてやっぱりコービーはすごいですね!
あの勝負強さは本当に心強いです。
ディフェンスでもウエストブルックを抑えたのが良かったです。
オフェンスでもディフェンスでも、さすがだと思いました。
今日の勝利は本当にうれしいです。

この調子でサクラメント戦にも勝って、いい状態でプレイオフを迎えてほしいです。
[ 2012/04/24 00:30 ] [ 編集 ]
今日あらためてわかったことが
P&Rに対するディフェンスではガソルとバイナム両方使うと弱点になってような?
ヒルの俊敏な動きからのディフェンスは素晴らしかったです
イーバンクスは良いですね。
メッタの出場停止でチャンスを生かしそうな気配がします。
というか、ぜひ生かしてほしいです
[ 2012/04/24 00:14 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。
ホーム最終戦見事な勝利です。見に行ったファンは儲けものです!

朝起きて会社に行く前に、試合を見たら第4Qの残り2分でした。そこから2ndオーバータイムまで行くとは夢にも思わなかったです(若干遅刻しました)。
コービー、パオ、ブレイク、イーバンクス、ヒルってどういう状況と思いましたが、ブラウンはなかなかの采配をしますね。
この試合で2人のヒーローが誕生しました。POに向けてのラストピースになるかもしれません。

特にイーバンクスは、アリーザを彷彿とさせます。大事に育てた方がいいかもしれませんね。メタがメタメタになってしまったことですし。

個人的には、バイナムはそんなに悪くなかったと思いますが、ヒルが最高の出来でした。バイナムとパオだと、どうしても躍動感がないので、パオとバイナムを一緒に使わないで、バラバラに使った方がいい気がします。ヒルは個性的で良いです。パオとバイナムとは違う種類の選手ですね。

4Qから見たので、コービーは絶好調かと思いました。POでレイカーズと戦いたくないチームの気持ちがわかりました。
[ 2012/04/24 00:03 ] [ 編集 ]
本当に素晴らしい試合でしたね。これだからバスケットは面白い。4Q始まりで16点ビハインドで相手はサンダー。 ほとんどの人が諦める状況から始まりました。
ブラウンの采配も偶然ではないと思いたいですが、はまりましたね。
今3/4Qを見直してますが(見直したのはceltsとのファイナル以来です)、解説の人が言っていて嬉しかった台詞ですが、4Q13点ビハインドでヒルとイーバンクス"still fighting" と4Qの最後の面子を見て、マイクブラウンは"energy group"を選択ーー
本当に気持ちいい勝利でした。
[ 2012/04/23 23:14 ] [ 編集 ]
世界平和さんやっちゃいましたね。今日の勝利はハーデンの離脱も大きいと思うので少し複雑な気持ちです。
イバンクスが予想以上にデュラントを抑えられたのは予想外でした。ほんと腐らずに頑張ってくれたと思います。もしPOでOKCとあたることになったならイバンクスをスターターにするのもアリだと思います。メッタと違って暴走の心配はないだろうし。

メッタにはマジックに恥ずかしいとまで言わせた行為を深く反省してもらいたいですね。まあそれが出来るならこんなことにはならなかったかもしれませんが…。
[ 2012/04/23 22:27 ] [ 編集 ]
ブレイクがボールを運んでコービーにボールを渡すのは当然じゃないかな?ナゲッツ時代から彼のプレースタイルはドライブで崩すのではなくスコアラーに持たせキックアウトされたボールを3P打つなり、フリーなインサイドにパスを捌く。LAL加入もコービーの邪魔をせずチームの弱点の3Pを見込まれての事だし
[ 2012/04/23 21:56 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。

勝ちましたね!
イーバンクスがアリーザと同じような感じに育ってきましたね。2009年のナゲッツとのCFではアリーザが肝心な所でスティールしてくれましたよね。今回の試合を見ててイーバンクスがアリーザとダブりましたよ(笑)。
ヒルも好感が持てそうです。ああいうエネルギッシュなプレーはチームの士気を上げるのに非常に有効ですからね。
セッションズがこの頃ちょっと静かですね、ケガの影響でしょうか?もっと果敢に攻めて欲しいですよ~。
コービーはあいかわらずの勝負強さを見せてくれたので安心しました。
[ 2012/04/23 21:24 ] [ 編集 ]
いやーいい試合でした。


たまたまシュートがはいったとはちがうので、
イーバンクス ヒルはPOでも十分使える戦力だと思います。

メッタですが故意ではなく感情が高まったプレーだとすれば
僕はそんな悪くはないきがします。
ホーム最終戦で勝ちたいという気持ちがより一層たかまったのでしょう。

いくらメタでもPO前のこの時期に
あそこでわざとひじ打ちをするようなことはしないでしょう。
一回ぶつかって人がいることをきずいたけれども
感情の高まりによるガッツポーズを止めることができなかのだと僕は思います

2年前のPOではメタのおかげで優勝できたこともあるわけですし、
できるだけ処分はできるだけ軽く済ませてほしいです。

今年のレイカーズはいろいろ問題点もありますが、
POでは底力をみせてくれるときたいしています。
[ 2012/04/23 21:09 ] [ 編集 ]
Metta world peaceについて
Metta world peaceやってくれましたね(汗)
でも僕はまだ何かやらかしてくれそうな気がします。PO入ったらいろいろな意味で覚醒しちゃいそうな感じですね。

まぁ観客をぶん殴るような人なんで何をするのか見当もつきませんが、出場停止を食らうようなプレーはPOでは止めて欲しいものです。
[ 2012/04/23 20:05 ] [ 編集 ]
ヒルいいですね
この活躍がマグレでなければ、バイナムは来季にトレード要員になるかもしれないですね
セッションズといいヒルといい、ミッチ恐るべし
来季も期待です

メタのあれはなんなんだか…
ハーデンにいったんぶつかってからの肘打ちですから、わざとじゃない、というのは通じないんじゃないかなと思います。

コービー健在ですね!
POが楽しみになってきました

[ 2012/04/23 19:50 ] [ 編集 ]
バーンズどんなもんでしょか?
セッションズ共々怪我を考慮して大事取っただけなら良いですが。


とりあえずイーバンクス・ヒルにはこれがいい自信になったでしょうからプレイオフでも使って欲しいですね。
[ 2012/04/23 19:30 ] [ 編集 ]
MWP残念でしたね。良い活躍してこれから乗ってくるという時にアレですからね…。有り余る闘争本能が変な方向に出ちゃったと思いたいです。
まぁ私は感情を爆発させるようなパフォーマンスは好きですけどね。

それにしても内容では完全に負けてましたので果たして喜んで良いのかどうか。
とにかくP&Rに対するDFを何とかしないと厳しいと思います。

強豪相手では大人しくなるバイナムが活躍できないとなると、DFとリバウンドで計算できそうなヒルを長く使った方が良いかもしれませんね。
[ 2012/04/23 19:01 ] [ 編集 ]
万が一ですが。。。
ヒルとイーバンクスを、このゲームまで秘密兵器として隠してたなら、ブラウンは知将なんですが(笑)
ま、違いますよね。
イーバンクスは、メタの退場とバーンズ負傷の棚ぼたミニッツだし、ヒルは前の試合で2リバウンドのバイナムが本ゲームもリバウンドをサボってた罰ですもんね。
でも、なんだか隠し持ってた秘密兵器のようでメチャ嬉しいですね。
私もMayさんと同じ考えで、センターにはディフェンシブな要素を期待します。
10点でいいからリバウンドは10本はノルマにしてほしい。
2リバウンドのセンターなんて要らないです。
まさに、パーキンスがなぜOKCで先発なのか?です。

コービー!コービー!コービー!
グレイト!

今日見に行ったお客さんは、堪らないゲームでしたね。
今年一番かも。
コービーが40点取って、ギリギリ勝った試合よりも、見所満載且つコービークラッチで最高じゃないですか!
次もきっちり、取りこぼさないよう勝ちましょう!
[ 2012/04/23 18:38 ] [ 編集 ]
ハーデンが抜けOKCはオフェンス停滞しましたね
素直に喜ぶべきか複雑なキモチです

今日ワールドピースは
随所にダンクしたり良いディフェンスがあったりと
好調だっただけに残念ですLAファン目線でも
悲しいことなので
OKCファンは相当でしょうね↓ウェイドのコービーに対するプレグラント並のファールの比じゃないですね



イーバンクス、ヒルが腐らず準備してくれありがたいです
POでは経験がないぶん
スカウトがまだされにくいメリットを活かし
存分に活躍して欲しいです↑↑
ヒルの15Rは意外な分
とても嬉しいです
やる気がバイナムと違うので
ハングリー差にこれからの成長が伺えます
[ 2012/04/23 17:32 ] [ 編集 ]
まさかの逆転劇でしたね。
そして、なにからなにまでいろんなことが起きた試合でした。

Bynumはまたしてもやる気の無いプレーを露呈し(でも思いのほかふてくされコメントはしませんでした)、
ベンチの頼みの綱のBarnesが怪我し(軽症で大事をとっただけと信じてますが)、
Ebanksが予想外の好ディフェンスで(もしKobeとEbanksでOKCの二人を封じられれば勝ち目ありかと)、
Sessionsの代わりにBlakeが起用され(謎っちゃ謎ですが、要所で3ptを決めたので...)、
JordanHillがブレークし(あと一人でも安定的なロールプレーヤーが欲しいので切実です)、
MWPのエルボーが炸裂し(私も3-5ゲームのサスペンションはあると思います、情けないです)
そしてKobeがKobeでいてくれました。

Mayさんの記事通り、EbanksとHillはよく腐らずに「準備」していてくれました。
Ebanksはまだ攻撃では役にたちませんが、ディフェンス達人になってくれればさらにMWPを処理しやすくなります。
Hillも、Fishの代わりなので個人的には勝手な期待をしてますが、
あれだけハッスルしてくれて前向きな姿勢でいてくれるのはとても好印象でした。

もはやセカンドラウンドはどこと当たろうと構いませんが、
とにかく次も勝って3位を確定させたいですね。(MWPいない前提でのケミストリーも含め...)
[ 2012/04/23 17:31 ] [ 編集 ]
最高!!!
ほんとにうれしい一勝です!!!3Q一気にサンダーに点を離されてもうだめだと思ってましたが、さすがコービーでしたね。でもワールドピースは残念。ヒルすごい良いですね。果敢にリバウンドに飛ぶ姿は3,4年前のトゥリアフを思い出しました。これから出場時間が増えるといいですね。
[ 2012/04/23 17:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめteみた.【オクラホマシティーがレイカーズした】
ゲーム・ハイライトレイカーズ・ハイライト1Q前半は、順調に決め、ディフェンスでは、デュラントをよくカバーし、決めても外しても、殆どのシュートを、イバッカに打たせていました。ウェストブルックは、コービーがカバーし、抑えました。終盤まで、一進一退でしたが、残...
[2012/04/23 17:12] まとめwoネタ速suru
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。