ジャージー売り上げトップはローズ、コービーは3位、2位は?

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

ジャージー売り上げトップはローズ、コービーは3位、2位は?

昨年4月からの、ジャージー売り上げ順位が発表になりました。昨シーズンMVPのローズが、昨年5位から急上昇で、初の1位となりました。リンは、ジャージーが発売されたのが、2月の半ばだったので、1ヶ月半程の間だけの売り上げで、2位です。アメリカ最大の都市ニューヨークと、世界最多の人口を誇る中国人の、ダブル・ビッグ・マーケットをファン層としているのが、影響しています。


1. デリク・ローズ(ブルズ)
2. ジェレミー・リン(ニックス)
3. コービー・ブライアント(レイカーズ)
4. レブロン・ジェイムス(ヒート)
5. カメロ・アンソニー(ニックス)
6. ドウェイン・ウェイド(ヒート)
7. ダーク・ノビツキー(マーベリックス)
8. ケビン・デュラント(サンダー)
9. ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)
10. ラジャン・ロンド(セルティックス)
11. アマレ・スタウダマイアー(ニックス)
12. レイ・アレン(セルティックス)
13. ポール・ピアース(セルティックス)
14. ドワイド・ハワード(マジック)
15. クリス・ポール(クリッパーズ)

コービーのジャージーは、飽和状態のはずなのに、昨シーズンに移籍したレブロン、メロより上にいるのは、大したものです。

トレード希望か残留希望か、はっきりしなかったハワードは、売り上げに影響が出て、昨年9位から14位に下りました。ファンは、いつ移籍するか分からないプレーヤーの、ジャージーを買う気にはなれないです。

意外なのが、15位のポールです。スーパースターが移籍したら、ジャージーの売り上げが急増します。ガーネット、レブロンは、移籍の直後のシーズンは、売り上げが1位でした。ポールは、昨年は、トップ15にランクインしていないので、上昇することはしましたが、何時移籍するか分からなかったハワードや、やはり飽和状態のはずのピアースより、順位が低いのは、驚きです。地元ファンが少ないことが、原因でしょうか?

チーム別の売り上げは、1位がブルズで、ニックス、レイカーズ、ヒート、マーベリックス、セルティックスと続きます。ブルズは、2000-2001年以来、11年ぶりの1位です。ヒートは、レブロンとウェイドの2名、セルティックスは、ロンド、アレン、ピアースの3名がトップ15入りなのに、コービー1人しかランキング入りしていないレイカーズが、3位でよく頑張っています。

ニックス、ヒート、クリッパーズ、セルティックスといった、ビッグマーケットのチームが、複数ランキング入りしているのに、ブルズとレイカーズは、それぞれ、ローズとコービーの1名のみです。1人突出したスーパースターがいると、人気が集中してしまい、他のプレーヤーのジャージーが売れなくなるのでしょう。一昨年は、パオが、トップ10入りしていましたが、1年だけでした。トップ15入りする程の、人気No.2のプレーヤーが、早く現れて欲しいです。セッションズに期待したいですが、ラマーでもトップ15には入らなかったので、厳しそうです。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/28 15:50  NBA | コメント(6)
前にも一回コメントさせていただいたのですがニックネームを忘れたので「ふぐちゃん」にしました笑

この記事のMayさんのコメントを見て思ったのですが、
Mayさんって男性ですか?女性ですか??


二回目のコメントなのに失礼な質問だと思いますがそれ以上に気になってしまいました(´_ゝ`)
[ 2012/04/30 00:40 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ゆ~すけさん

ローズは、国際的には、MVPを取るまで、無名だったと思います。リングッズは、売り出した直後は、ニューヨークでは、どこに行っても、売り切れだったそうです。ニューヨーカーはや、中国のファンは勿論ですが、アメリカ各地の中国系アメリカ人で、ニックスに全く興味がなかった人も買ったのでは?

チキング様は、昨年は、たまたま移籍したから上がっただけで、元の位置に戻っただけです。この数年、コービーが2位の時は、1位は移籍直後のプレーヤーだけです。その点、今回は、ローズなので、ちょっとは若手が出てきました。デュランチョラは、なにせオクラホマシティーなので、難しいでしょう。


>>たかみさん

よく、色々なスポーツ雑誌や、サイトが、「好きなアスリート」「嫌いなアスリート」というアンケートをするのですが、好きのトップ10の半分くらいが、嫌いのトップ10にも入ります。大したことないアスリートは嫌われないので、両方に入るのは、トップクラスの人です。それに、両方に入るのは、フランチャイズスポーツのプレーヤーです。偉大なプレーヤーは、自分のチームのファンからは好かれますが、それ以外からは嫌われます。個人スポーツのアスリートは、好かれるか、嫌われるか、どちらかです。コービー、レブロン、Aロッドは、両方に入ります。ウッズは嫌いな方だけ、ベッカムは、どっちにも入りません。

アメリカ全体でみたら、NFLが特出していて、MLBとNBAがほぼ同じくらいで、少し離れて、NHLで、メジャー・リーグ・サッカーは、地元にチームがあることも知らない人もいます。

でも、地域によって、全然違います。ロサンゼルスは、フットボールチームがないので、当然トップではないし、NBAと言っても、レイカーズとクリッパーズでは、全然違います。スポーツでは、一番がレイカーズで、次がドジャースで、最近はクリッパーズも上がっていますが、それでも、USCのフットボールの方が、人気では上だと思います。

ニューヨークでも、単純に野球とは言えないです。ヤンキースとメッツでは、人気が全然違います。ヤンキースの方が、ニックスより上ですが、メッツはニックスより下だと思います。

テキサスに行ったら、カウボーイズ(NFL)がトップ、テキサス大のフットボールが2番、3番目が、地元の高校のフットボールチーム、NBAやMLBは、その下です。テキサス・レインジャースの、ワールドシリーズのゲームがあっても、地元の高校のフットボールのゲームがあったら、そっちを見に来ます。殆どの人が、翌朝になっても、レインジャースが勝ったかどうかなんて、気にもしないと思います。

ボストンは、ひょっとしたら、ペイトリオッツ(NFL)より、レッド・ソックス(MLB)の方が、人気があるのでは?北東部は、野球が人気があって、南部はフットボール、インディアナやケンタッキーは、バスケットボールが人気があります。インディアナは、NFLのコルツが移動して行った時は、ペーサーズの人気に追いつけという感じだったと思います。

ダルビッシュは、アメリカでは、ダービッシュと発音しています。交渉権の入札額が、異常に高かったのと、契約期限のギリギリに契約したので、その時はニュースになりました。ESPNの様な全国メディアでは、よく取り上げられます。でも、テキサスなんか行ったら、地元では注目されないですよね。ボストン、シカゴ、ニューヨクだったら、地元では、スーパースターですが。まだ、カリフォルニアのチームの方が、注目を浴びます。

基本的に、NFL以外のフランチャイズ・スポーツのアスリートを、全米が注目することはないです。全国ニュースでは、スポーツは、大きいことしかやらないし、ローカルニュースでは、地元のチームのことしかやらないです。それに、ファンは、よそのチームのプレーヤーのことなんか、全く興味がないので。レブロンの移籍や、リンサニティーは、全米が注目した、例外ですが。松井なんか、今でも、ニューヨークに行ったら、ヒーローで、街中を歩くのが大変だと思いますが、ロサンゼルスやサンフランシスコの街を歩いていても、殆どの人は、気が付かないと思います。野茂の方が、最初だったので、全国的にも多少は騒がれました。地元では、凄かったです。


>>akrさん

アメリカは、フットボールファンが、家でジャージーを来て、テレビを見て応援する人がいますよ。

私は、友達で50何インチかの、大きなテレビを持っている人がいて、レイカーズのゲームは、週末やPOになると、時々そこに集まって見ることがあるのですが、コービーのジャージーを着てくる人がいますよ。週末に夜のゲームだと、昼間からBBQをやって、多いと30-40人集まって、コービーのジャージーの人が、3分の1くらいいる時もあります。#8もいます。#32(マジック)も1人来たことがあります。

私は、#8の黄色いTシャツを持っていました。色が落ちて、ベージュに近い様な色になって、肩が綻びて、もう着ませんが。10年くらい前まで働いていた会社で、時々チケットを貰ったので、車の中にTシャツを入れて置いて、チケットを貰うと、取りに行って、着て行きました。Tシャツだけだと、往復外を歩くに寒いので、ブラウスの上に着て、下は、仕事に行く時のスカートかパンツで、靴はハイヒールなので、奇妙な格好でしたよ。

今の時期は、ロサンゼルスにいると、楽しいですよ。Cファイナル辺りになると、空港のライティングも、ダウンタウンで一番高いビルのライティングも、紫と黄色に変わるし。車に旗を立てて走っている人も増えてくるし。お祭り気分です。


>>わたるさん

初めまして。

同一チームで、14年プレーしているピアースが、トップ15に入ることでも、凄いと思うのに、コービーは3位ですから、凄いですよね。特に、ニューヨークに移籍したばかりのメロより多いのが驚きです。

レイカーズは、ベンチプレーヤーでも、ジャージーが発売されるので、チームの売り上げが良いのかもしれません。シャノンは人気があったので、記念に良いのでは?
[ 2012/04/29 10:01 ] [ 編集 ]
ローズは去年MVPで慌てて買った人が増えたのかな。
リンは主に中国・東南アジア・そしてニューヨーク等ですかねw

しかしいい加減コービー師匠超えるスター出ないと…
チキング様が自ら落ちていっちゃいましたからねぇ(^-^;
デュラとかもがんばれ
[ 2012/04/29 09:39 ] [ 編集 ]
お疲れ様です、いよいよプレイオフが始まりますね。個人的にはマブスの方が良かったですが…
ところで2つほど質問あるのですが…
日本で有名なアメリカにいるスポーツ選手といえばタイガーウッズ、Aロッド、ジーター、ベッカムあたりですが、実際コービーはアメリカだとどの位の格付けなのでしょうか?
NBAはアメフトやMLBより人気ないと聞きます。日本でもサッカーより野球の方が明らかメディアの取り上げ方が多いですが、NBAもそんな感じなのですかね?
それともう一つバスケとはズレるのですが…ダルビッシュってアメリカで騒がれてますか?
日本だと全米注目みたいにいわれてますが実際どうなのかなと…
教えてくれたら嬉しいです。
[ 2012/04/29 02:44 ] [ 編集 ]
ジャージといえば、#8はずいぶん前にゴールド&パープル両方持っていたのですが、#24は持ってませんでした。
今年3月に友人がハワイに行ったので、FootLockerで白の#24を買ってきてもらいました。
なので、私も今年の売り上げに貢献した一人です(笑)
日本のプロ野球では、阪神ファンの人は自宅観戦でもユニフォーム着て帽子かぶってメガフォン持って応援しています。
阪神ファン以外からは笑われてますが、私は羨ましく思って見ています。
それだけ、その球団や選手に思い入れが出来る事が出来れば、仕事やプライベートでの悩みやストレスも吹き飛ばす事が出来るはずです。
人生の中で、それだけ夢中になれるものがあるかどうかってのは、その人の人生を左右すると思うんですよね。

あれ?偉そうな話になって、すいません(苦笑)

Mayさんは友人宅で観戦する時は、ジャージ着てたりしますか?
[ 2012/04/28 17:48 ] [ 編集 ]
はじめまして!
コービーは長年上位ですごいですよね!
同じ今年のオールスタープレーヤーでも、バイナムのジャージーを買おうという人は少ないでしょうね。
フィッシャー・ガソルあたりなら買ってもいいかなと思えるのですが。

去年香港にあるNBAショップでシャノンのオルタネート(白)が売っていて、当時、シャノンのダンクが好きでたまらなかったので買ってしまいました(笑)シーズンオフに移籍しちゃいましたけど。
[ 2012/04/28 16:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。