[速報] デリク・ローズ前十字帯断裂でシーズン終了

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

[速報] デリク・ローズ前十字帯断裂でシーズン終了

ローズは、本日、対フィラデルフィアとのプレーオフ一回戦、ゲーム1、終盤残り1:22、ペイントにドライブして、ジャンプをした際、左膝が内側に入り、床に倒れこみました。ゲーム後直ちに、MRI検査を受けた結果、ACL(前十字帯)の断裂であることが分かりました。



ローズが怪我をした、ゲーム終盤残り1:22の時点で、シカゴが12点リードしていて、既に勝利が決まっていたのに、HCティバドーが、何故、ローズをプレーさせ続けていたのかと、シカゴのファンやメディアから、批判されています。

シカゴのゲームの後に行われた、ニューヨーク対マイアミのテレビ中継の、ハーフタイムの番組を担当している、マジック・ジョンソンは、批判について、「ローズは、今シーズ、怪我が続いていたのが、今回の怪我の原因だ。今日怪我をしなくても、いつか怪我をしたはずだ。」と言っていました。

ローズは、今シーズン序盤に、背中の痛めて欠場し、復帰後直ぐに、太ももの内側を痛めて欠場し、復帰戦で、足首を捻って又欠場と、欠場を繰り返し、39ゲームの出場に留まっていました。シーズン終盤、一度は復帰しましたが、最後の6ゲーム中、最終戦を含む4ゲームに、大事をとって欠場し、ポストシーズンに、備えていました。

これで、今シーズンのプレーオフ出場は絶望の上、オリンピックの出場も不可能となりました。前十字帯の断裂は、通常、復帰までに、10ヶ月前後かかるため、来シーズンの開幕にも、間に合いません。

↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/29 08:16  Teams Bulls | コメント(20)
パープルゴールドマンさん、こんにちは。
スーパースターでなかったら、怪我をしても良いという訳では無いですが、努力家の人がすると、残念ですよね。適当にやっている人なら、天罰だと思いますが。でも、若いから、回復も早いと思います。
[ 2012/05/01 07:45 ] [ 編集 ]
開幕前ではハードなトレーニングで身体を作ったりとても努力家で知られているローズが…本当残念です。なぜ
彼 なんだ(涙)レイカーズファンですが
ローズにはゆっくり治して復帰してもらって是非チャンピオンリングをとってほしい!!
[ 2012/04/30 18:36 ] [ 編集 ]
ゆ~すけさん、こんにちは。
シーズンが終わる様な怪我がないですよね。まだ分かりませんが。

コービーは、怪我をしていることを忘れますよね。でも、利き手の手首に靭帯断裂は、大怪我ですよね。手術して休んでいたら、レイカーズはPO進出は無理でした。
[ 2012/04/30 18:02 ] [ 編集 ]
でもようよう考えれば今年これだけ回りがボコボコ怪我だなんだがある中でレイカーズは不思議と大きな怪我人いないですね。

あっ、1人いますけど一番怪我を無効化しちゃう人ですね(テヘペロ)
[ 2012/04/30 09:11 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ひでさん

私も、焦らないで、ゆっくり時間をかけて欲しいです。来シーズンは、全休でも良いと思います。

ぶつかったりとか、倒れたりとか、人の足を踏んでとかは、誰でも平等に可能性がありますが、こういう怪我は、運動能力の高い人や運動量が多い人しかしないので、ベテランや運動能力が優れていない人には起こり難いです。レイカーズなら、セッションズが、運動量が多いバーンズがちょっと心配です。


>>かぼちゃケーキさん

ローズの場合は、バスケットボールが好きでやっている感じがします。お金が欲しいとか、注目を浴びたいとかではなくて。実際、最近、地元で注目を浴びすぎるのが、心地良く無いというようなことを言っていました。一年目にはアウトサイドが駄目だったのに、2年目には、3も決めだしたので、努力家でもあると思います。そういう人が大怪我をするのは、残念です。

特にシカゴは、ローズに頼っていますよね。ジャージの売り上げの記事でも書きましたが、チームの売り上げはトップだけれど、レイカーズと一緒で、1人しかランクインしていないです。ローズのいないシカゴは、コービーのいないレイカーズみたいなものですよね。シズラーのステーキです。


>>魚さん

去年はMVPで、ジャージの売り上げもトップの人が、一番肝心な時いなくなっちゃいましたからね。来シーズンも、恐らく、完全復調まで行かないと思います。

DALは、ずっとリードしていたのに、最後にひっくり返されました。デュラントは、決めたというより、ラッキーでした。リングに当たったボールが、ボードに当たって戻って来ました。でも、「ラッキーになるには、上手くないといけない」という言葉があるくらいなので、まぐれではないですが。
[ 2012/04/30 04:17 ] [ 編集 ]
ローズのケガ、本当に残念ですね。
今後のキャリアに影響しそうな大ケガなので心配です。
時間をかけてでも、完治してもらいたいです。

レイカーズの選手も、プレイオフという大事な場面でケガをしないようにしてほしいです。
1人でもケガしてリタイヤなんてことがないように願ってます。
[ 2012/04/30 00:00 ] [ 編集 ]
残念でなりません。敵チームの選手でもそう感じるのは、NBAでローズにしかできない一流のプレーというのがあって、それが当分見られなくなるからだと思います。一バスケットボールファンとして。これがレブロンでも同じように感じると思います。

せっかくRSも終わってやっと本当の真剣勝負が見られると思ったのに、やっぱりベストメンバーじゃないとシカゴのゲームへの興味はちょっと薄くなっちゃうなぁ(^_^;)それでも見ると思いますが 笑
[ 2012/04/29 20:26 ] [ 編集 ]
やはり残念ですね。NBAの顔の一人が大怪我をしてしまうのは、彼の精神力で常識を覆す位の回復を見せて、カムバックしてきてほしいです。

 今日はMIA-NYKとOKC-DALを見てましたが、MIAは圧勝で途中でやめましたが、OKC戦は見ごたえがありました。DALはいい戦いをしましたが、最後はデュラントが決めましたねーー。POの雰囲気はやはりいいですね。
 いよいよ明日はレイカーズの出番です。早起きできたらライブで見たいと思います。
[ 2012/04/29 19:36 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>オカさん

ティボドーは、クローズさせたかったと言っていました。でも、ぶつかったとか、他のプレーヤーの足を踏んだというのではなくて、自分で動いただけで怪我をしたので、マジックの言うとおり、時間の問題だったと思います。

最近、他の殆どの怪我は、手術で元に戻るのですが、ACLは、一度やると、再発の可能性が大きいです。マイケル・レッドもそうですよね。2回目は、レイカーズ戦だったので、はっきり憶えています。ペイントにドライブしただけで、断裂しました。


>>ロンロン大好きさん

一回戦は、ローズなしでも何とかなったはずなので、思い切って欠場させて、コンディショニングをさせた方が良かったと思います。今までの怪我は、背中、太もも、足首なので、欠場中は、動いていないですよね。腕や手の怪我なら、欠場していても、走り込みをしたりして、コンディショニングができますが。コンディショニングができていないのに、なまじ運動能力があるから、動けてしまって、身体が付いて行かれなかったのでは?


>>ズワイガニさん

ルーキーの年にも、小さい怪我をちょくちょくしていて、オーランドと対戦した直後に、ドワイト・ハワードが、「プレースタイルを変えないと、大怪我する」と言っていました。身体能力が高すぎる、スピードがあり過ぎる人は、自分自身に怪我をさせてしまいます。

ニックスは、イマン・シャンパートですよね。この人も、オールスターのダンクコンテストに出る予定で、直前に怪我をして取り止めになったくらいなので、身体能力が高いはずです。ぶつかったわけでも何でもないのに、トランジションのドリブルで、急に横に動いて、倒れこみました。これも、自分で自分を怪我させたケースです。


>>アレさん

ロナウドは、名前を聞いたことがある程度で、どんな人かも、怪我をしたのも知らないのですが、要は、運動能力が高すぎて、自分の身体に怪我をさせてしまうということですよね?私は、ショーウン・リビングストーンを思い出しました。膝を脱臼して、靭帯が全部切れて、膝のお皿が横に行っていました。リビングストーンも、人とぶつかったのではなくて、自分でジャンプしただけで、怪我をしたと思います。ローズは、SGでもいいですが、ちょっとサイズが小さいですよね。


>>学生のレイカーズファンさん

ヒートに延長で勝った時は、ローズが確か1-13で、OTはベンチでした。控えのPGが、2人共良いですよね。一回戦は問題ないですが、二回戦は厳しいと思います。


>>akrさん

ACLを断裂したら、元に戻るのに、2年はかかります。来シーズンは、勿論、その次も、並みのPG程度でしかプレーできないと思います。ジャンプストップを多用するのもそうですが、運動能力がありすぎるのが原因です。フィッシャーみたいに、運動能力が低くて、スピードがなかったら、関節に負担もかからないので、怪我をしないです。

仰る通り、プレースタイルを変えないと、キャリアは短いと思います。でも、シカゴは、契約を5年延長したばかりですよね。数年後に、不良債権と呼ばれていないと良いですが。


>>たかみさん

ヒートに勝つとしたら、シカゴよりむしろボストンでしょう。特に、ボストンは、オールスター後、絶好調だし、勝ち方を知っています。

フットボールは、面白いですよ。NBAだと、気の抜けたプレーもありますが、フットボールは、気が抜けてプレーしていたら、最悪死にます。それに、NFLのレギュラーシーズンは、16ゲームしかないので、1ゲームの重みが大きいです。だから、全ゲーム、全プレーが、全力です。レイカーズのゲームは、解説者が、「ジャンプをしていない」とか、「ハッスルで負けている」とか、「やる気がない」とか言うのをがしょっちゅうありますが、フットボールでは、そういう部分が全くないので、NBAより楽しいと思うこともあります。

それに、フットボールは、層が厚いのと、ギャランティーではない契約も多いです。ちょっと駄目なら、代わりがいくらでもいるので、すぐカットされます。だから、ルークみたいなのが、何年も高い給料を貰って、ベンチ暖めをしているなんてことがないです。NBAは、長期契約してしまったらこっちのものみたいに、使い物にならないのに、いつまでたってもロスターにいて、トレードも引き取り手がいなくてできません。NFLは、余程のスーパースターで無い限り、ちょっとでも、問題発言をしたり、態度が悪かったら、すぐカットされたり、トレードされたりします。不良債権に、ファンがイライラすることもないです。

NFLの一番人気チームというのは、難しいです。ダラスが、America’s Teamと呼ばれていますが、最近は、ポストシーズンが、全然駄目なので、人気は落ちて来ています。選手は、QBが人気があります。アーロン・ロジャース、ドリュー・ブリース、トム・ブレイディー、ペイトン・マニングが、エリートと言われます。

タイガーが嫌われるのは、例の件が原因です。ジョーダンは、全てのスポーツでも、トップクラスです。


>>のささん

仰る通り、過密日程で、筋肉が回復しない内に、次のゲームなので、関節に負担がかかっているのだと思います。それで、POになって、全力でプレーするので、起こるべきことが起きたという感じです。


>>ゆ~すけさん

怪我が多くて、コンディショニングができていなかったのでしょうね。激しい動きをする筋力が無いけれど、若いし、運動能力が優れ過ぎなくらい優れているから、動いてしまって、限界を超えてしまったのでしょう。ACLは、完全復帰に時間がかかります。復帰するのは、1年で充分ですが、復帰しても、元の様に動けるようになるには、更に1年かかります。


>>TAKAさん

ローズは、運動能力が高すぎて、自分の力で、自分を怪我させている部分があると思います。


>>バスケットマンさん

接触がなくて怪我をする方が、程度が酷いと言われます。自分の力やスピードが原因で、する怪我です。力とスピードがる若い人の方がしやすいです。コービーみたいなベテランは、それ程爆発力がないので、かえって、こういう怪我はし難いです。勿論、可能性が無いとは言えませんが。
[ 2012/04/29 18:21 ] [ 編集 ]
POのそれも初戦ですからどうして交代させなかったとHCを責めるのは酷すぎると思います。ただティポドーHCも昨年のジノビリの怪我で、敗退に繋がったスパーズのポポビッチHCのようにずっと自分の判断に悩むことになるかもしれませんが…

スピードが命のポジションですから完全に以前の状態に戻れるかはわかりませんが、どれだけ時間がかかってもいいからまたNBAで活躍する姿が観たいです。
コービーやレブロンの後の時代をデュラントと共に確実に担っていく選手だった筈なので残念で仕方がありません。
[ 2012/04/29 17:19 ] [ 編集 ]
ブルズ終戦かぁ…イーストはマイアミのフリーパスになりそうやね。ローズはプレイスタイルが遂に仇となった格好ですね。今シーズン最もチームに迷惑かけたのは彼で決まりでしょう。ロナウドと例えるとは上手いもんです。プレイスタイル変えてカムバックしてほしいです。あのレベルでのプレイをローズの脚に求めるのは酷です。
[ 2012/04/29 16:33 ] [ 編集 ]
私もローズの怪我のシーンを観て、サッカーのロナウドが怪我をしたのを思い出しました。
人並み外れた身体能力を持つ選手が膝を怪我すると、ぶり返すケースが多いと聞いた事があります。
彼はまだ若いので、これから試行錯誤を重ねて更なる高みをいってほしいです。

余談ですが、ニックスの新人ガードも同じような怪我をしましたね…
一日で若手が二人も大怪我をするなんて悲しいです…
[ 2012/04/29 14:10 ] [ 編集 ]
急激なストップとダッシュを繰り返すスタイルは協議は違えどサッカーのロナウドが靭帯断裂したのと似てますね
復帰後プレースタイル変更を強いられそうですね
残念ですよ。
復帰後はPGではなくSGでコービーみたいにやるのがいいのでは!?
[ 2012/04/29 13:46 ] [ 編集 ]
ローズ本当に残念です ただまだブルズにもチャンスはあると思います。
ローズがいなくても強かったし、ローズが絶不調でもヒートに勝った試合もあったし。  
1999年のニックスの例もありますからぜひとも頑張ってほしいです!!
[ 2012/04/29 13:42 ] [ 編集 ]
私も、ゆーすけさんと同意見です。
あのバスケに対する真摯な姿、移籍なんてする気はまるでなし。
最近の移籍騒動には、ちと閉口気味ですし。
コービーの後は、彼しか居なかったです。

また、ゆーすけさんの、?継いでほしかった?と過去形になってるところも同意です。
残念ながら、この怪我は致命傷ですよね。
まだ、骨折の方が良かった。

ジャンプストップを多用するプレイスタイルが、この怪我を引き起こしてしまったんでしょうね。
あれは膝に負担かかるもんな。

来シーズン、年明けくらいに復帰を目指してほしいです。
ドライブは減らして、3ptを増やすプレースタイルに変えて復活して欲しいです。
彼ならきっと、やり遂げるはず。
[ 2012/04/29 12:59 ] [ 編集 ]
ローズ残念です…
これでヒートのファイナル進出が近くなりました…セルツに期待してます(笑)

前回返信ありがとうございます。
アメフトの人気は凄いんですね…
全く見た事ないのですがやはり面白いですか?ちなみにNFLで一番人気のチームと選手を教えてほしいです…
サッカーは人気ないんですね、アメリカが本気出せばハチャメチャ強くなりそうですが…
タイガーはやはり例の件ですかね(汗)
ちなみにマイケルジョーダンというのはアメリカ人的にはどんな存在なのでしょうか?日本のバスケットプレイヤーでは神的存在ですが…
[ 2012/04/29 12:56 ] [ 編集 ]
今年のプレイオフは大量のケガ人が出るかもしれないですね。あの過密日程後に張り切ってプレイしようとすれば、こうなってしまうんでしょうね
[ 2012/04/29 10:07 ] [ 編集 ]
これは完全にチームの責任ですねレギュラーシーズン途中から何度となく復帰→怪我を繰り返してあの時ちゃんとケアさせとけば…

後遺症出ないといいなぁ彼のプレイも好きなのですがバスケに対する姿勢が凄く好きなんですよね。
コービー師匠の後は彼のような選手に継いで欲しかった…
[ 2012/04/29 09:36 ] [ 編集 ]
ローズってなにげに怪我多いですよね。
あのプレースタイルだからしょうがないんでしょうけど・・・
バロン・デイビスみたいにならないか心配です。
[ 2012/04/29 09:24 ] [ 編集 ]
こういうのを見ているとコービーが心配ですね。

[ 2012/04/29 08:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。