バイナムがPO記録更新で大勝

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

バイナムがPO記録更新で大勝

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズハイライト



メタが出場停止なので、イーバンクスがスタートしました。

1Q
開始直後に、イーバンクスがディフェンスでよく動き、ファウルを取りターンオーバーを誘うと、オフェンスでは、ファウルを取って、フリースローを決めます。デンバーは、ファーストブレイクポイントでは、リーグトップですが、序盤には、パオがガリナリからスティールされたのを、コービーがスティール仕返し、ファーストブレイクで、セッションズがダンクを決めます。その後、序盤は、お互い、オフェンスが悪いのか、ディフェンスが良いのか、無得点で進みます。半ば前には、パオ、セッションズが決めますが、デンバーのマニマル(Man+Animal)こと、ルーキーのファリードに、ドライブからレイアップを続けて決められます。半ばまでは、僅差で進みますが、終盤、コービーが、続けてフリースローを取って、少し離し始めると、次は、ペイントにドライブして、相手を引き付けて、アウトサイドのブレイクにキックアウトし、ブレイクが3ポイントの、PGコービーからSGブレイクへのプレーが、バーンズのジャンパーを挟んで、2回決まります。ブレイクは、その直後にも、今度は、ドリブルから3ポイントを決め、終盤の2分弱の間に、3ポイントを3本決めました。終盤、デンバーのターンオーバーが多かったのも、助かりました。これで一気に離し、27-14の13点リードで、コーターを終了します。

2Q
ブレイク、イーバンクス、バーンズ、ヒル、パオでスタートします。出足から、ブリューウワーにダンク、ファリードとミラーに、続けてレイアップを決められます。レイカーズは、パオが、カットしたイーバンクスに良いパスを出し、イーバンクスがダンクを決め、ヒルもオフェンシブ・リバウンドからレイアップを決めますが、ブリューワーとハリントンに3ポイントを決められ、4点差にまで詰められます。序盤は、1Q終盤に決め捲くったブレイク、パオ、バーンズが、全く決まりませんでした。この厳しい所で、バーンズがスティールすると、パオが外した3ポイントをヒルがオフェンシブ・リブアンドから決め、更に、ファーストブレイクで、イーバンクスがダンクと、ベンチ組が、踏ん張ります。半ばには、再度4点差に追い上げられますが、ここでも、イーバンクスがフリーになって、長めのジャンパーを決めます。ポールが、よく動いて、フリーのイーバンクスに行きました。終盤には、ここまで、ダブルチームされて、シュートを打つチャンスがなかったバイナムが、オフェンシブ・リバウンドからのティップで、初バスケットを決めると、ドライブして来たセッションズから、ボールを貰い、ダンクを決めます。終了間際にも、パオがうまくフリーのバイナムを見つけてパスを出し、バイナムがダンクを決めました。そして、終了間際には、コービーが又ドライブして、今度はセッションズにキックアウトし、セッションズが3ポイントを決めます。直後にハリントンに3ポイントを返され、50-40の10点リードで、ハーフへ。

3Q
出足に、序盤は当たらなかったパオとコービーが交代に決め、パオの3ポイントもありました。ディフェンスでは、バイナムが、続けてブロックします。デンバーのオフェンスは、ターンオーバーかバイナムがブロックするか、どちらかの状態でした。半ばには、デンバーのシュートが決まり始めますが、レイカーズも、応戦するので、点差を縮められませんでした。半ば過ぎには、19点リードにします。終盤に入ると、コービー、パオが続けて外し、デンバーの3ポイントを含むジャンパーが続けて決まり、点差が11点に縮まります。そこで、セッションズが、レイアップを決めると、パオからバイナムのアリーウープが決まります。その後もよく守り、フリースローでの得点は許しましたが、最後の3分ちょっとを、バスケット無しに抑えました。77-64の13点で、コーターを終了します。

4Q
序盤は、ヒルとパオが、得点します。ディフェンスでは、オフェンシブリバウンドを取られても、しっかり守り、バスケットを許しませんでした。逆に、オフェンスでは、パオとヒルが、オフェンシブ・リブアンドからのティップショットを決めます。半ば前に、ローソンに、このゲーム初のバスケットを決められますが、コービーが、まず、インサイドに入ってレイアップを決めると、トランジションで、先行して、楽なダンクを決めます。半ばに入っても、コービーが、3連続で決め、ディフェンスでは、バイナムが、9つ目のブロックを決め、カリームのレイカーズのPOブロック記録に並びます。半ばには、一時、21点リードにまでなりました。半ば過ぎに、多少追い上げられましたが、それでも、15点差が最小でした。残り2分少しで、コービーがレイアップを決め、19点リードとして、止めを刺し、その直後には、両チーム共、ベンチが出払って、ガーベッジタイムとなりました。


コービー:31得点(11-24、3PT=0-2)、4アシスト、5リバウンド
コービーは、昼間のゲームは、シュートが決まらないことが多いです。特に、前半が悪いです。今日も、前半は2-10とさっぱりでしたが、後半は9-14と、大当たりでした。前半、決まらない時には、よくドライブして、パスを出していました。ブレイクの最初の3ポイントは、スローモーションでリプレイがありましたが、コービーがドライブしたら、ナゲッツ5人全員がペイントに入って来てしまい、ブレイクとバーンズが、アウトサイドで、どオープンでした。4アシストの内3が、3ポイントのアシストです。

パオ:13得点(6-14、3PT=1-2)、8リバウンド、8アシスト、2ブロック
シュートはまあまあでしたが、オールラウンドに、プレーしました。アシストは、セッションズやブレイクより多いです。パスを受ける前から、ダブルチームされていたこともありましたが、オープンのチームメイトを見つけて、良いパスを出していました。

バイナム:10得点(5-7)、13リバウンド、10ブロック
1991年NBAファイナルの、マジック・ジョンソン以来、レイカーとしては、21年ぶりのトリプルダブルです。カリームの記録9ブロックを塗り替えて、ハキーム・オラジュワンのNBAPO記録10に並びました。ブロックの数も凄いですが、バイナムがいたために、ナゲッツが打ち急いで外したシュートが、何本もあったはずです。ローソンは、セッションズが、正面に立って、抜かれませんでしたが、抜ける状態でも、後ろにバイナムがいるので、最初から諦めて、ジャンプシュートを打って外していました。ローソンは、3Qまで、バスケットが1本もなく、最終的には3-11でした。セッションズのディフェンスも良かったですが、バイナムの存在も大きかったです。パオの3ポイントの際は、パオの前にスクリーンをセットして、ディフェンダーが、クローズ出来ない様にして、アシストしました。スタッツシートに残らない、細かいことをまめにやりました。これが続くと良いですが。「レイカーズは、バイナムが現れれば、優勝の可能性もある」と言われています。今日は、現れました。

イーバンクス:12得点(5-6)、5リバウンド
バスケットにカットして決めたり、トランジションで走ってのダンクと若さを活かしました。今シーズンは、3ポイントが1本も決まりませんでしたが、3ポイントラインの少し内側辺りからのジャンパーがよく決まりました。ディフェンスでも、デンバーのファーストブレイクで戻って、ポイントを防いだ場面がありました。メタなら、間に合わなかったと思います。デンバーは、ダリナリがどれだけ得点できるかが、ポイントの1つだと思いますが、7-14の19得点ながら、3ポイントを1本も打たせませんでした。

セッションズ:14得点(6-11、3PT=2-3)、5アシスト
レギュラーシーズンの、リハーサル期間が終わって、コービーやパオがボールを持って、PGの役割を果たすことも多かったので、アシストは少なめですが、その分、パスを貰う立場になって、3ポイントを決めました。2本の3ポイントは、コービーとパオがアシストです。

バーンズ:2得点(1-6、3PT=0-4)、6リバウンド、4スティール
シュートは悪かったですが、怪我上がりなので仕方が無いです。ディフェンスとリバウンドで、頑張ってくれました。

ヒル:10得点(5-10)、10リバウンド
24分ちょっとのプレーで、ダブルダブルです。マーフィーも、マクロバーツも、「帯に短し襷に長し」という感じでしたが、ビッグマンが必要なことをやってくれています。

ブレイク:9得点(3-7、3PT=3-6)、4アシスト
1Q終盤に決めた3本だけで、後はだめでした。ブレイクは、コービーとプレーしている時が、スコアラーとしては、一番活きます。

オフェンス
前半、コービーが2-10、パオが1-4、バイナムは、1Qにダブルチームされ、トラベリングをして以来、殆どボールに触ることもありませんでしたが、イーバンクス、セッションズ、ブレイクが、オープンのジャンパーを高確率で決めました。無理に、バイナムにローボストでボールを入れることが全く無く、他の4人が動いて、バイナムがオープンになった時に、上手く使っていました。バイナムは、決めた5本の内、2本が、オフェンシブ・リバウンドからのシュート、他の3本は、全部ダンクでした。バイナムは、オフェンスでは、こう使うという見本の様でした。アシスト数は、パオが一番多いことからも分かる様に、コービーかパオがボールを持って、ゲームメイクをすることが多かったです。システムは違いますが、トライアングル時代に似ています。相手の注意を引いて、パスが出せるコービーとパオが、ボールを持つスタイルが、一番良いと思います。

ディフェンス
レイカーズのピック&ロールのディフェンスが、いきなり良くなったのか、デンバーのオフェンスが冴えなかったのか、よく守りました。安易にスイッチすることが少なかったです。ローソンは、フィッシャーがカバーしていた時は、トニー・パーカーに見えたのに、セッションズがカバーしていたら、フィッシャーに見えました。1オン1ディフェンスだけでなく、ペイントに入るとバイナムがいるので、ペイント近辺に入っても、ステップバックのフェイダウェイを打って外したりと、本来のプレーをさせませんでした。

デンバーとのマッチアップでは、フロントラインでは、一方的に勝っているので、ファーストブレイクポイントを抑えること、PGによるドリブル・ペネトレーションを防ぐこと、ガリナリのアウトサイドを抑えることがポイントだと思います。今日は、全部抑えました。

総括
よくテンポをコントロールしました。マギーが1回、ファリードが2回、ゴールデンディングがありました。こんなに毎回するとは思えないので、気負っていたのだと思います。若さと経験不足が出たのだと思います。逆に、これが初のPOだったセッションズは、落ちついてプレーしました。

2-3年前のPOの一回戦だったと思いますが、ホームで2連勝した後、コービーが、「ホームで勝つのは当然のこと。やるべきことをやっただけで、まだ何も達成していない。」と言っていました。まだ、ホームで1勝しただけです。次を負けたら、1勝1敗で、ベスト・オブ・5で、デンバーにホームコート・アドバンテージがあるのと、同じことになります。次に勝たないと、全く意味がないし、逆に、デンバーとしては、痛くも痒くも無い敗戦です。ジョージ・カールが、このままおとなしくするはずがないです。次も、気を引き締めて行ってもらいたいです。コービーは、ゲーム後の記者会見では、知らなかったら負けたと思うくらいし、神妙な面持ちでした。ファイナルを経験しているメンバーが多いので、気が緩むことは無いとは思います。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/04/30 17:22  Lakers | コメント(17)
ゆ~すけさん&akrさん、こんにちは。
>>akrさん

そうなると良いですね。バイナムを信用しているファンなんて、いないです。でも、ヒルが良い働きをして、ファンからの拍手も大きいので、お尻に火が付いてきたのでは?


>>ゆ~すけさん

コービーが怪我で欠場して、イーバンクスにチャンスが巡って来たのが、良かったですね。

金棒が何時まで続くかです。バイナムのオフェンスでの使い方は、コービーが注意を引き付けて、パオにパスを出して、相手が慌ててパオに注目したら、バイナムにパスというのが、一番良く利くと思います。
[ 2012/05/02 06:13 ] [ 編集 ]
最終戦のコービーの欠場が、振り帰ると大きな転機だった。
個人タイトルよりも控え選手を思いやるフォア ザ チーム を身をもって証明したコービーを見て、バイナムはDに力を入れる決意をした。
イーバンクスやヒルも、実力以上の力を発揮して、レイカーズはファイナルまで辿り着いた。

っていうのを6月には期待したいです。
バイナム、続くかなー。
前半のリバウンドが少なかったら、ずっとヒルを使うでいいと思います。
今一つ信用しきれてないです(笑)
[ 2012/05/01 16:53 ] [ 編集 ]
イーバンクスは今シーズンSGででもヤってたりしたから、SFの動きが多少見えるようになりついていけてるのではないですかね?
そりゃシュートブロックは大変でしょうがw


とりあえずバイナムがDの意識持てば鬼に金棒です。
インサイドのラストのフィニッシャーとしても問題ないですから、師匠に兄ガソルあたりに使われてしっかりセッションズして欲しいですw



とりあえず、古参者?さんあたりには叱られるかもしれませんがあたしは優勝出来ると疑ってません!!
俺らが優勝出来ると信じなくて誰が信じるんや!!
例えバイナムが兄ガソルがメタロンロンがあきらめてもコービー師匠があきらめてもファンだけでも優勝するんだ!!出来るんだ!!の気概でいきましょう!!


そして早くあたしに試合を見せてくれNHK!!ww
[ 2012/05/01 16:34 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>ひでさん

ポストでバイナムにボールを渡すと、ターンオーバーが多いですよね。トラベリングは、1ゲームで2回は当たり前だし。オープンでダンクできる時だけ使った方がいいです。

コービーがプレーしていると、そこそこのプレーヤーが、一流並みにプレーします。それに騙されて、他チームが、高いサラリーで契約して、「こんなはずじゃなかった」みたいなのが、ありますよね。パオはパスがPG並みに上手いので、パオがボールを持つと上手くいくことが多いです。

レイカーズは、ハッスルが足り無い人が多いので、ヒルは気持ち良いです。


>>かずさん

こちらこそ、よろしくお願いします。

バイナムは、実力があるのは、誰もが分かっています。でも、やる気があるかが問題なので、誰も信用していないです。

私も、イーバンクスに頑張ってもらって、メタが戻っても使わなくて済むのが理想だと思います。若いチーム相手なら、スピードではイーバンクの方があるので、メタより良いです。いくらメタがディフェンスがよくても、トランジションで間に合わなかったら、意味無いです。それに、余計なことでゴタゴタするのは、まっぴらです。


>>dub mさん

イーバンクスは、サクラメント戦で良かったので、期待していました。やっぱり、最後は、コービーが欠場して良かったです。

ホームで2勝しないと、ガラッと立場が変わります。絶対勝ちたいです。


>>アレさん

厳密に言ったら、P&Rではないのかも知れませんが、ガリナリをアウトサイドでフリーにしようとして、ビッグマンがピックに来ていました。イーバンクスが、しつこく、ガリナリについて行っていました。P&Rディフェンスは、ビッグマンでは、ヒルが一番上手いです。ブラウンもそれが分かっているので、それを意識して使ってくると思います。

私は、できれば、デンバーをスウィープして、2回戦のゲーム1、2、はイーバンクスに頑張ってもらいたいです。ボストンのゲームで、ロンドが退場になったのを見て、これはうちならメタかバイナムだと思いました。そういう心配をしないといけない人が2人もいるのは、見ていて嫌です。

私も、ダラスを応援していました。ダラスだとホームコートがあるのも良いです。


>>古参者さん

More I play D, better we are.と言ったんですよね。散々フィルからそう言われてきたのに、今頃気が付いたのかという感じですが。

ずっとオフェンスでは3対5でプレーしていたのに、ここに来て、5対5でプレーできる様になりました。

ローソンは、デンバーのリーディング・スコアラーだそうです。ハリントンは、怪我をしていても、結構アウトサイドは決めるそうです。

ロードは、最悪1つは勝ちたいです。


>>LAXさん

ヒルのおかげで、急にベンチが頼もしくなりました。

仰る通り、次を勝たないと、意味が無いです。

クリッパーズの逆転で、NBAのコーチの仕方が変わるのではないかと言われています。デルネグロは諦めて、クリス・ポールを引っ込めていたのに、ポールが出してくれと言ったそうです。


>>かぼちゃケーキさん

必ずしも、宗教に由来するわけではないです。子供にJohnと命名している人で、洗練者ヨハネにちなんでと思っている人は、少数だと思います。家族とか、友達の名前をつける人も多いです。でも、ユダヤ人は、生きている人の名前は付けないそうです。だから、無くなったおじいちゃんの名前を付けるというはなありますが、おじいちゃんが生きていたら、付けないです。

ヒルは動きが良いです。使うきっかけは、バイナムの2リバウンドなので、ヒル発見は、バイナムの手柄でもあります。(笑)

私も、イーバンクスは、使い続けて欲しいです。本人が、これから、どうプレーするかにかかって来ると思います。できれば、デンバーはスウィープして、オクラホマシティーでのゲーム1と2は、イーバンクスで行きたいです。メタだと、余計なことで、話題になったりするので、それが嫌です。


>>ppidさん

どうして「管理人のみ閲覧」になっているのかなと思いました。間違いだったんですね。(笑)

レイカーズハイライトは、いつものを探したのですが、まだアップされていませんでした。これもいいですね。ありがとうございます。

こちらでも、「オフェンスでボールを触る機会が少ないとディフェンスもしない傾向があるにの、昨日は違った」と同じことを言われています。「続くかが問題」も、言われています。

バーンズも良いパス出すし、マクロバーツも結構良いです。でも、ヒルがいるら、プレーの機会がないですが。


>>アスさん

2リバウンドは、30リバウンドの翌週でしたよね?毎回10ブロックという訳にはいかないですが、4-5はコンスタントにやって欲しいです。ブロック数の問題ではないですが。

OKC戦の後は、ヒルが絶賛されて、バイナムが、ケチョンケチョンに言われていたので、いい加減気が付いたのだと思います。

セッションズは、レイカーズで、3PTの確率が一番良いので、それを使わない手はないです。


>>シジさん

コービーをガードしていないプレーヤーでも、コービーがペイントに入ると、みんな引き寄せされて来るくらいなので、コービーをガードしているプレーヤーは、離れられないです。セッションズにコービーがスクリーンをセットは、有効だと思います。


>>TAKAさん

仰る通り、やればできるのは、みんな分かっているのですが、やるかどうかが分からないです。だから、今日も、ファンは、「良くやった」というより、「これが続くか?」という反応の方が多いです。

ヒルとイーバンクスが、良くやったと思います。この2人が、バイナム以上に話題になっています。


>>パープルゴールドマンさん

初めまして。

性格に問題があっても、ゲームに影響が無ければ良いですが、影響があることが、多いのが困ります。
[ 2012/05/01 13:46 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

大事な初戦、勝てて良かったです。

バイナム、とてもいい活躍だったと思います。
やっぱりオフェンスではなく、ディフェンスの要となってもらったほうがチームにとっていいですね。
失点が少なくなるのはもちろん、オフェンスもスムースになったり、ターンオーバーが少なくなるなどの効果があると思います。

コービーは前半はシュートが入らなくても、最終的に31点まで伸ばしてくるので、さすがだと思いました。
味方にもパスを良く回して、オフェンスに参加させようとしているのがよくわかりました。

オフェンスはコービーとガソルが起点となるとやっぱりいいですね。
2人ともノーマークのチームメイトを見つけてパスを出すのが上手いので、いいオフェンスが展開できていたと思いました。

ヒルもリバウンドを良く取りに行っていて、ハッスルプレイがとてもいいです。

GAME1はとてもいい内容だったと思うので、GAME2も気を引き締めて、必ず勝ってほしいです。
[ 2012/05/01 00:18 ] [ 編集 ]
1シーズンの更新本当にお疲れ様でした。POもよろしくお願いします。

いや~、快勝でした。ビックマン3人が3人とも違う分野で大活躍しました!!!やはりバイナムはすごい才能を持っていますね。今日ぐらい汚れ役やディフェンスの中心として頑張ってくれれば、レイカーズはめちゃめちゃ強いですよ。

オフェンスはコービーを中心にセッションズとビックマンと中々いいです。逆にメタが帰ってきたらどうなるか心配です...。

後はバーンズの復調に期待したいです。次の試合も油断せずに勝って欲しいです。
[ 2012/04/30 22:08 ] [ 編集 ]
お疲れ様です!!とりあえず初戦勝ちましたね。
コービーも言ってるようにホームで勝つのは当たり前で、アウェーで勝たなきゃ優勝はないですからね!!

バイナムが今日みたいにDの意識を持って臨んでくれるのと、ベンチがさらにステップアップしれば強いですね!!特にイーバンクスとヒルがこれを維持してくれれば!!
ブレイクは最低限でいいので、、ww

確実にホームで2勝しないとですね!!

go lakers
[ 2012/04/30 21:53 ] [ 編集 ]
最初が肝心なんで結果には安心しました
デンパーはP&Rちょっとしか使わなかったような気がします
デンパーの選手自体P&RやP&Pが得意ではないのか、1対1のアイソレーションが多い感じでした
パーカーやOKCのKDとウエストブルックじゃこうはいかないような気がします
今日のメンフィスがとんでもない逆転負けを食らいましたが、P&Rの対処についてはザック・ランドルフもガソル弟もレイカーズのビッグマンよりは機敏に動きますし、スクリーンに対処するガードの選手との意思の疎通は出来てますね。
ガソル兄とバイナムがP&RやP&Pの対処はまだ予断を許すレベルかは疑問です。
上手いことヒルを使う時間帯を増やすのが得策かと思うので、絶対に失点したくない時は前のOKC戦みたいにバイナムまたはガソルを外して、それでヒル使った方が良いと思いますがどうでしょう!?

ちなみにメッタが復帰してもイーバンクスがこのまま上手くいってればどうなるかは気になります。
自分はコービー使う時間帯はメッタよりイーバンクスやバーンズのが良い気がします。
そこでメッタはコービーの控えなんてどうでしょうか!?って思うわけですよ
メッタは納得しないと思いますが、どうせアムネスティでサヨナラですし、どうにかこのPOだけ我慢させてほしいです。

しかしPOの試合を見てるとやっぱ面白くて幸せに感じますね~
自分はレイカーズ戦とダラス対OKCとメンフィス対クリッパーズ戦が面白く感じました。(クリッパーズ戦は4Qだけですが
サンダーと当たりたくないのでダラス応援してたのですが、あの試合の最後が残念でしたね・・・
ニックスは最近メロが好調だったので期待したのですが、メロがレブロンにまったく歯が立ちませんでした
昔は直接対決じゃメロのが分があったみたいですが
次こそMIAに勝ってほしいです
[ 2012/04/30 21:53 ] [ 編集 ]
バイナムとんでも無かったですね。

久しぶりに会って我が家に泊まって行った友人と見てたんですが、笑いが止まらなかったです。

バイナムの口から自分がディフェンスすれば勝てるって出てきたのが、何よりも良かったです。

確か去年のプレーオフ前にも同じ事を言ってた気がするのが一抹の不安を覚えますが、本人が本当に自分の役割はオフェンス<ディフェンスである事に気づいてくれたんだとしたら、レイカーズにも光明が見えそうです。

レイカーズ自体が全体的に良かったですよね。

コービーも悪けりゃ悪いなりに後半だけで23点も取ってたし、パオは潤滑油として機能してたし、ヒルはダブルダブルだし。

ディフェンスはバイナムのインパクトがナゲッツに随所に効いてたのが良く分かりました。

引き続きローソンを消せたのは大きかったです。ハリントンの怪我もレイカーズとしてはラッキーですね。

ホームは心配してません。

問題はロード。

今年、非常に勝率が悪いロード。

しかもベテランには厳しい高地デンバー。
[ 2012/04/30 21:34 ] [ 編集 ]
POにあまり慣れていない新加入のSessionsとHillがこれだけ自然にプレーしてくれて、
BynumがこれだけのDefensive Presenceになれば頼もしいです。
Barnesも本調子ではないでしょうががんばってくれました。

ただ、POのHomeGameは「勝って当然」なので、このまま勢いを保って欲しいです。

(にしても今日のLACの27点差ひっくりかえしての勝利はすごかったですね...)
[ 2012/04/30 20:54 ] [ 編集 ]
前の記事では名前についての質問に答えていただきありがとうございました。大変勉強になりましたm(__)mなるほど、やっぱり宗教に由来する名前が多いんですね。とういことは、日本とは少し違って名前に深ーい意味を込めて付けるというよりは、自分の信じる宗教の神様などから「頂戴した」という形が多いってことですか?

さて、試合ですがそれぞれの良い所が随所に出て、気持ち良く勝利できましたね。皆気持ちが入っていて、雰囲気も良かったです!特にビッグマンがよくやってくれました。バイナム、パオは言わずもがな、ここに来てヒルも活躍が計算できるのは大きいですね。ヒル1人、デンバー3人くらいでORを競っていてルーズボールファールをもらえたのは、その象徴だと思いました。後はメタが戻ってきてもイーバンクスを使い続けてほしいです。ここまではよくやっているし、うまいことやればコービーのミニッツも抑えられるし。

なんだかオフェンス、ディフェンスともに出来すぎだった気もしますが、いやいや自分は信じますよーレイカーズを♪
[ 2012/04/30 20:30 ] [ 編集 ]
間違えて管理者にだけ表示にしてしまった…。

追記しようと思ったのですが編集が利かないので連投します。すいません。

Mayさんがいつも紹介していただいているハイライトなのですが、自分は別の方が上げて下さっている動画でいつもハイライトを見てました。

http://www.youtube.com/watch?v=6FL_sBsdOgY

既出で何か事情があってこちらのBlogに載せていないのかな?と思いましたがHD画質なのでもしよろしければこちらも是非。
[ 2012/04/30 20:12 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/30 20:05 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

バイナムは30点2リバウンド<20点10リバウンド<10点10リバウンド10ブロックだと気がついてくれてこのまま行ければ、この先も明るいですね。今日の所は満点です。同じ方針でやってくれれば10点10リバウンド3ブロックでも十二分です。

ヒル良いですね。彼が良い限りはバイナムも安定しそうです。リバウンドとハッスルで評価される事でバイナムを脅かしてくれれば。

SGよりでプレイするセッションズも、ちゃんと自分の立場を作ってくれてて安心です。これならPGが3人いるような柔軟な戦い方もできそうです。

P&Rディフェンス改善の兆しも見えましたし、やっと、ちょっとずつリングの光が差し込んできましたね。
[ 2012/04/30 18:57 ] [ 編集 ]
先日はキュースターの件ありがとうございました。今日はベンチにいましたね。

前半ブレイク、イーバンクスがステップアップしてくれたことがとても大きかったと思います。あとアフラロがかなりコービーに気を取られているので1-2のP&Rは引き続き強力な武器になりそうですね。
[ 2012/04/30 18:24 ] [ 編集 ]
バイナムやっぱりやればできるんですよね~
ホント彼にかけてはできるできないよりやるやらないのほうが大きいですからね。
毎回こんなスタッツを残す必要はないですが相手にとってゴール下で脅威な存在になっていたらそれだけでいいと思います。

あとベンチがよく動きましたね。
ロングが決まればイーバンクスも使えますし。
ヒルもリバウンドよくとるしこれでバーンズも復活したらと思うと結構希望がもてます。
[ 2012/04/30 18:13 ] [ 編集 ]
まずは1勝!!
初めてコメントさせて頂きます。
レイカーズの大ファンです。
いやープレイオフ初戦いいスタート
きれましたね。そしてバイナムのあの
高いブロック!!あれは相手チームから
したら本当脅威だと思います( ;´Д`)
仲間でよかった。性格には問題あるが 笑
個人的な意見ですがインサイドが強くないとレイカーズって感じがしないのでなんだかんだバイナムにはずっとレイカーズにいてもらいたいかな。笑
[ 2012/04/30 18:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。