スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

アシストはコービー&パオ、縁の下の力持ちはヒル、クラッチはセッションズ&ブレイク

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



1Q
先行しますが、すぐに逆転され、リードを許します。序盤は、ファーストブレイク・ポイントは許しませんでしたが、中距離のジャンパーをよく決められました。レイカーズは、バイナムが、コービー、パオからのパスで、ダンクを決め、セッションズも積極的に打って決めました。半ばに同点に追いつくと、後半は、逆転を繰り返します。半ばは、モズゴフとガリナリに、終盤は、ベンチから登場したミラーに、5-5とやられました。28-26の2点ビハインドで、コーターを終了します。

2Q
出足に、ヒルが、オフェンシブ・リバウンドからレイアップを決めると、パオが連続で決めます。序盤は、ガリナリに、ジャンパーを決められますが、他は抑えます。半ば前から、得点に苦労しますが、よく守ったので、離されませんでした。半ばに、コービーとバイナムが戻ると、まずバイナムが決め、コービーが続きます。ところが、その後、2分近く無得点で、その間、ミラーが外したフリースローのオフェンシブ・リバウンドをファリードに取られ得点を許したり、ファリード、アフラロに、続けてレイアップを決められたりと、点差を離され始めます。終盤、コービーの3ポイントで、一旦追い上げたものの、マギーのランイング・フック、ガリナリのフェイダウェイ、ローソンのジャンパーと、次々と多彩に決められ、7点ビハインドにされます。終了間際には、ファリードに、又オフェンシブ・リバウンドから決められますが、セッションズがレイアップとフリースローで踏ん張り、51-45の6点ビハインドで、ハーフへ。

3Q
出足に、POに入ってから3ポイントが決まらないセッションズが、3ポイントを打って外しますが、その後は、パオとコビーが続けて決め追い上げます。序盤は、好調なガリナリとローソンに決められますが、他は抑え、オフェンスでは、バイナム、コービーが順調に決め、半ば過ぎに、パオのジャンパーで、一時逆転します。半ばに、ガリナリに又ジャンパーを決められますが、その後はしっかり抑え、リードを広げ始めます。終盤に入った所で、ブリュワーに、時間切れギリギリの苦し紛れの3ポイントを決められ、同点に追いつかれ、その後、毎回の様に得点されますが、ベンチから登場したヒルが、積極的に責めて、ファウルを取ったり、シュートを決めたり、オフェンシブ・リバウンドを取り、ファウルを誘いました。71-70の1点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
出足に、パオがオフェンシブ・リブアンドを取り、アウトサイドのブレイクにキックアウトし、ブレイクが3ポイントを決めます。ヒルも、引き続き、オフェンシブ・リバウンドを取り、ファウルを誘います。序盤に逆転を繰り返した後、お互い得点が止まります。半ばには、ブレイクが外した3ポイントを、ヒルが、又々オフェンシブ・リバウンドからプットバックダンクを決め、リードを4点に広げます。その後も、オフェンシブ・リバウンドからブレイクが決めますが、半ば過ぎから、バスケットが決まらなくなります。デンバーも外していたので、2点リードを暫く保ちますが、アフラロのレイアップで同点に追いつかれます。終盤に入っても、両チーム共外すので、かろうじてリードを保ちます。この間、ディフェンスでは、デンバーのファーストブレイクポイントは間違い無しと思ったのに、ブレイクがよく戻り、身長差のあるガリナリを後ろからブロックする良いプレーもありました。逆に、オフェンスでは、バイナムが折角フリースローを取っているのに、2本共外しました。何とか2点リードを保っていましたが、残り1分ちょっとで、ガリナリが、つま先が少し3ポイントにかかったジャンパーを決め、同点に追いつかれます。これが、3ポイントにならなかったのが、精神的に大きかったと思います。その直後に、コービーがボールを持って動いて、パオにパス、パオがアウトサイドでフリーのセッションズを見つけ、セッションズが3ポイントを沈めると、しっか守り、次は、コービーがペイントにドライブして、アウトサイドのブレイクにキックアウトし、ブレイクが3ポイントを沈めます。これで、18秒を残し、6点リードとし、ゲームを決めました。


コービー:22得点(10-25、3PT=2-7)、6アシスト、8リバウンド
3Qまでは、9-20と、悪くなかったのですが、終盤ばてた様です。よくペイントに入りましたが、今日は、審判が、接触があっても、ファウルを取らなかったので、厳しかったです。

パオ:13得点(6-12)、9リバウンド、6アシスト
リバウンドに対する意気込みを感じました。ゲーム3では、アシストが少なかったですが、今日は、基点になって、良いパスを出しました。ゲーム終盤の肝心な場面で、ガリナリがひっくり返って起き上がれなくなる程のハードスクリーンをセットして、見直しました。

バイナム:19得点(8-12)、7リバウンド、3ブロック
ゲーム3では、ゲーム前の練習に遅刻し、いつも通りの練習ができなかったてめ、プレーする準備が出来ていなかったと認めて、「POで準備ができていなかったら、一体いつ準備するんだ。」と批判を浴びていました。「日曜日は、準備する」と言っていましたが、又リバウンドが一桁です。今日は、バックアップPF-Cが11リバウンド、スターティングPF-Cが9リバウンド、スターティングSGが8リバウンド、スターティングCは、その次です。今日は、一体どんな言い訳あるのでしょうか?

イーバンクス:無得点(0-2)、2ブロック、1スティール
シュートは決まりませんでしたが、ディフェンスは良かったです。

セッションズ:12得点(5-11、3PT=1-3)、2アシスト、4リバウンド
アシストは少ないですが、POに入って、コービーやパオが、事実上PGをしていることが多いので、仕方が無いです。よくドライブしています。もうちょっとファウルを取ってもいいかとも思いますが。

バーンズ:4得点(2-6、3PT=0-2)、4リバウンド
元気がないです。不注意なパスをミラーにスティールされ、慌ててファウルし、クリアーパスにしました。ミラーとかけっこなら、負けないはずです。追って行って、上手く行けばブロック、悪くても普通のファウルをすれば済むことです。ディフェンスでは、ボールを持っていないガリナリにファウルをしたり、判断が悪いプレーが時々あります。又、今日はありませんでしたが、インバウンドパスをスティールされることが目立ちます。不注意なプレー、判断が悪いプレーに気をつけてもらいだいです。

ブレイク:10得点(4-9、3PT=2-5)、3アシスト
ディフェンスでは、向かい合ってしまうと厳しいですが、ファーストブレイクでの戻りが早いです。ブレイクが早く戻ったために、失点を防いだことが、気が付いただけでも、2回ありました。3ポイントが、このくらい決まってくれるとありがたいです。前半、2回、3ポイントラインの後ろで、どオープンなのに、躊躇して打ちませんでした。あれを打たなかったら、どれを打つんだという感じです。3ポイントは、レイ・アレンでも、半分以下しか決まらないです。そこで、4本打ったら、2本決まる日もあれば、1本しか決まらない日もあります。1-4では、使っている意味がないです。3ポイントのために使われている様なものなので、オープンなら打ってもらいたいです。

ヒル:10得点(4-9)、11リバウンド
23分のプレーで、チームで唯一のダブルダブルの活躍です。ブラウンが、記者会見で、「ヒルが差だった」と言っていましたが、その通りだと思います。7フッターが2人もいるのに、殆ど見ることが無いオフェンシブ・リバウンドからのプットバックダンクもありました。


オフェンス
パオ、コービーのアシストが増えて、セッションズが減っています。オフェンス・システムがどうのこうのと言っている段階ではないので、一番やりやすくて効率が良いやり方をすれば良いと思います。終盤ゲームを決めた、セッションズ、ブレイクの3ポイントも、パオとコービーがPGにアシストでした。パオとコービーがボールを持って、ゲームを組み立てるのが、一番効率が良いと思います。


ディフェンス
ファーストブレイクから、楽々ダンクやレイアップを決められた記憶がないです。よく戻りました。ローソンを5-13の11点に抑えました。ピック&ロールで、スイッチさせられて、ビッグマンがローソンをカバーしたことも何回かありましたが、全般的には、よく守りました。


総括
コービーのシュートは良くないし、スターティングCのリバウンド数はチームで4番目だし、3ポイントは5-17と、相変わらず悪いし、ベンチ・ポイントは39-26の-13と、多少は差を縮めたものの、差は歴然としているし、良くプレーしているとは、お世辞にも言えませんが、ディフェンスが良かったのが幸いしました。リバウンドは、48-38の+10で、このシリーズ4ゲーム目で、初めて勝ちました。ヒルの貢献が大きかったです。バイナムが当てにならないので、ヒルがどの程度やってくれるかが、キーになると思います。

「プレーオフは、ホームチームが負けないと始まらない」と言われます。これでやっと始まりました。これからが、本番です。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/05/07 18:11  Lakers | コメント(21)
かぼちゃケーキさん&tskさん、こんにちは。
>>tskさん

頑張って下さい。


>>かぼちゃケーキさん

一番良い所が見られなかったのは残念ですね。

私も、ヒルがMVPだと思います。スタッツも良いですが、スタッツに現れないことも、しています。私も、全員が全力でプレーして負けたなら、頭に来ないです。08のファイナルで、ボストンに負けた時も、頭には来ませんでした。来年は、バーンズは分からないですが、セッションズはまず間違いなし、ヒルもミッチの評価が高いので、契約すると思います。

フリーなのに打たないのは、どうしてなのか分からないです。それで時間ギリギリになって、変なシュートを打つことが多いです。
[ 2012/05/09 09:00 ] [ 編集 ]
アドバイス有難うございます!
早速実践します
[ 2012/05/08 20:14 ] [ 編集 ]
タイトルがカッコいいですね。昨日は録画しておいたのですが、何故か最後の3分が録れていませんでした。なので肝心のクラッチショットは見られていません 涙

私的にこの試合のMVPは文句なしでヒルです。苦しい時間でもOR取って繋いでくれましたし、ここは絶対DR欲しいという場面でも体を張ってくれました。バイナムのような怠慢なプレーならともかく、ヒルみたいに全部のリバウンドをむしりとってやるくらいの意気込みを見せてくれるプレイヤーを出して負けたのなら諦めがつきます。これからもヒルを使い続けてもらいたいです。来シーズン、チームオプションですけど、彼とバーンズ、セッションズはぜひレイカーで居続けて欲しいです。

後は皆さん触れられてますが、ブレイクに限らずフリーのプレイヤーはシュートを打って欲しいです。昨日はゲームを見ていて、「打てよ!」この独り言が一番多かったと思います 笑
[ 2012/05/08 17:20 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>HABUさん

本当ですよ。テレビにも、ちらっと映りました。昨日は、酔っ払って入ってきたのではと言っていましたが、実は、ケニオン・マーティンのストーカーだそうです。デンバーのプレーヤーには、知られているらしいです。コートに入って来て、ローソンに、「Where’s Kenyon?」と訊いたそうです。今日、結構話題になっていました。でも、ストーカーなのに、移籍したのを知らないのでしょうか?それか、ロサンゼルスのチームだから、間違えたのかもしれませんが。


>>バスケ大好きさん

古参者さんへの返信でも書いたのですが、コービーは、ゲーム終盤に、クロックが時間切れ近くになって打った3が2本あったので、乱発だったとは思いません。


>>ロンロン大好きさん

ブラウンが、「バイナムがコート上で座って、リバウンドを取らないなら、他のが代わりに入って取るから、構わない。」と、はっきり言っていました。それだけ言われても、あの程度しか取らないです。ヒルのミニッツを、急に増やすのも厳しいですが、徐々に増やしていったら良いと思います。ブレイクは、色々問題もありますが、3が必要なので、頑張ってもらわないと。イーバンクスは、今シーズン1本も決めていので、それではちょっと使えないです。


>>ひでさん

レイカーズがデンバー相手に3連敗はしないだろうとは言われていますが、次があるので、1回で片付けたいです。

「No rebound, no ring.」という言葉がります。パット・ライリーが言ったのですが。リバウンドを取らなかったら、リングを取れないです。

3ポイントを決めないと、去年のダラスとのシリーズの様に、「決められるものなら決めてみろ」と言わんばかりに、アウトサイドをがら空きにされて、みんなペイントに入ってくるので、ビッグマンも得点できなくなります。ブレイクに頑張ってもらわないと。


>>Venzaさん

そうなんですか。残念ですね。明日は7時半からなので、後半は見られるのでは。ロサンゼルスなら、みんな車なので、飲みに行く訳にもいかないでしょう。でも、大分前の話ですが、ロサンゼルスの日本領事が酔っ払い運転で捕まったことがあるんですよね。


>>UWさん

ヒルは、リバウンドは勿論ですが、リバウンドに絡むことで、ファウルを取るのも、スタッツに現れないですが、大きいと思います。

コービーのミニッツが多いのは、POなので仕方が無いです。

ブレイクにPGの役割を求めるのは無理です。できないことをやれと言っても無理なので、できることを最大限にさせないと。でも、仰る通り、セッションズと一緒にプレーするときは、セッションズにボールを任せて欲しいです。ブレイクがボールを持っても、何も良いことが起こらないです。


>>古参者さん

GW中は、こちらでも、よく日本人を見かけました。

ブレイクは、使わない訳にはいかないのでしょう。レイカーズは、3ポイントが必要だし、ブレイクがいなかったら、セッションズくらいしかいないです。10分ちょっとしかプレーさせなかったら、3ポイントも期待できないし。このロスターでは、ブレイクを使わざるをえないのだと思います。

コービーの3は、終盤に、クロック時間切れギリギリになって打ったのが、2本ありました。それ以外にも、そういうのがあったかもしれません。数字だけ見ると乱発ですが、内容はそうでもないです。終盤は、決まったシュートも、時間ギリギリが多かったです。レイカーズは、最近そういうのが多いです。


>>shinさん

ブレイクもセッションズも、それまで外しています。特にセッションズは、1本も決めていなかったです。ジョージ・カールは、「それまで外していたから、まさかパスするとは思わなかった」という様なことを言っていました。こちらでも、セッションズやブレイクが、フィッシャーやオーリーになったら、レイカーズは手強いと言われています。


>>かずさん

弱点があるのは、仕方が無いです。今更、治るわけは無いし、現実の問題として、できないことはできないですから。本来強みである部分で負けなければ良いです。

ヒルのお陰で、セカンドチャンス・ポイントが多かったです。バイナムは、「現れるかどうか分からない」と言われるくらいのなので、あんなものでしょう。ダブルチームへの対応は、いい加減頭に来ますが。

SFの得点不足は、相手が相手なので、目立たないですが、2回戦からは厳しくなります。


>>akrさん

ファーストブレイクさえそこそこに抑えたら、実力では上なので、何とかなります。ヒルは、人気も急上昇です。

A playoff series doesn’t really start until the home team loses.と言います。reallyが無かったり、startの代わりにbeginになったりしますが。PO中は、よく言われます。

レイカーズは、クローズアウト・ゲームの勝率が良いです。特にここ数年は良いですよね。バイナムは、OTにベンチでも目覚めないので無理でしょう。


>>sendokunさん

初めまして。

パオのディフェンスは、それ程悪くないと思いますが、ペリメター・ディフェンスで、脚が動かないです。バイナムが、相手がベースライン近くまで来ないとチェックしないのは、私も気が付いていて、ハラハラします。でも、あれは、ひょっとしたら、ベースラインの方に行かせる戦法なのかなと思うこともあります。そうでないと、あまりにもチェックしなさ過ぎですよね。

P&Rディフェンスは、PGのファイトオーバーよりも、パオが簡単にスイッチし過ぎる様な気がします。折角セッションズがファイトオーバーしているのに、パオがさっさとスイッチしていて、セッションズが慌ててビッグマンに戻ったこともありました。

バーンズは、レイカーズでは最高のカットマンですよ。イーバンクスも良いカットをしますが。


>>tskさん

バイナムには、これ以上期待できないです。

Linkin Parkの曲は、流行っているという程でもないですが、ラジオで時々聞きますよ。

受験だったんですか。去年、TAKAさんから受験だといわれた時にも、コメント返信に書いたのですが、アメリカのどこかの大学でやったリサーチで、学生に朝勉強させて、当日の夜テストするのと、夜勉強させて、翌朝テストするのとでは、夜勉強させて、翌朝テストの方が、点数が良いそうです。睡眠をとることで、記憶が定着するのではと、推測されています。そこで、新しいことを勉強するのは、夕方から夜やって、朝から昼過ぎくらいは復習をした方が、効率が良いそうです。それと、別のリサーチですが、テストの前に、ガムを噛むと、点数が上がるそうです。でも、噛みながらだと、逆効果だそうです。ガムを噛むことで、脳への血流が良くなるけれど、噛む行為と考える行為が、相容れないからではないかとのことです。テストの5分前に噛むのが効果的ですが、効果は15分程度しか持続しないそうです。


>>LAXさん

ミッチがヒルのリバウンドについて、「ヒルは、リバウンドを作る」と言っていたそうです。取れるはずがないリバウンドを取ります。

ブレイクが3ポイントを決めた時のラジオのアナウスを、今日何度も流していましたが、「Blake hit a dagger.」と言っていましたよ。ガリナリはフロップではなかったと思いますよ。フロップだったら、すぐ立ち上がりますよね。

ORLはUpsetではないですよ。INDは3位なので。例年ならORLが上ですが。ATLとBOSは1敗しか違わないので、事実上同率と言って良いです。Eastは全部3-1ですね。


>>あきらさん

初めまして。

ブロードバンドかNHK等のテレビ中継だと、こちらのTNTでの全国中継をご覧になっていると思います。一回戦は、全国中継があっても、ローカル局でもあるので、私は、ローカルで見ています。そこで、TNTの解説者やアナウサーが間違っていたのかどうかは、分からないです。但し、中継の際は、ロスターの名前を見ているはずなので、間違っていたとは思えないです。

そう言われてみて、テレビやラジオで「ジョーダン・ヒル」と言うたびに、気をつけて聞いてみると、JordanのDの音が弱いので、「ジョーウン」に聞こえるかもしれません。それが、ジョージと言っている様に聞こえるのでは?実際、カタカナで「ジョーダン」と発音したら、本人は自分の名前を呼ばれていることに気が付かないかもしれませんが、「ジョーウン」と言われたら、ちょっと変だけれど自分の名前だと気が付くと思います。

日本人は、英語の単語なのに、ローマ字読みする傾向がありますが、アメリカ英語は、アクセントがないと、殆ど聞こえない子音があるので、自分が思っている音が聞こえないことが多いです。聞き取ろうとして、一生懸命聞いていると、聞こえないことに気が付きます。私は、時々日本人の友人から、単語のスペルにある音が聞こえないと言われることがありますが、そう言われて、聞こえていないことに、初めて気が付きます。注意をして聞いていいないと、聞こえていない音があることに気が付かないで、聞こえていると思い込んでいます。以前に、コメント返信で書いたことがありますが、basketballをアメリカ人の小学校低学年以下の子に書かせると、Tが抜けて、「Tが抜けているよ」と言うと、「どうしてTがいるんだ?」と訊かれます。Tは、スペルにあるので、聞こえると信じていますが、実際には聞こえいないです。


>>manavinさん

お久しぶりです。

ヒルは前半も出てきた直後にOFリバウンドを取って、ムードを代えましたが、特に後半が良かったです。

P&Rディフェンスは、相変わらずです。少しは良くなりましたが。パオは、ゴールの側で勝負するビッグマンへのディフェンスは、悪くないです。身長があるから、PFやCだけれど、タイプはSFみたいなのが苦手です。抜かれるのが心配で距離をあけてカバーするので、ジャンプシュートのディフェンスが弱いです。

ブレイクは今更良くならないですよ。3ポイントを決めてくれさえすれば、良しとするしかないです。

POは、スーパースターのミニッツが増えるのは、仕方が無いです。ヒルが使える目途がついてきたので、ビッグマンのミニッツはある程度抑えられると思います。昨日は、終盤接戦だったのに、バイナムのミニッツは少ないですよね。勿論、2人必要なので、パオは少なくならないですが。コービーは、メタが戻ってきたら、多少は減るのでは?


>>サイバイマンさん

バーンズは、捻挫をする前は、かなり良かったので、影響があると思います。今良過ぎるより、今悪くて、これから上がってくる方が良いですが。
[ 2012/05/08 16:58 ] [ 編集 ]
あ、何か書き方がアレでしたね…

コービーのせいでって言ってるのでは無く、初めからチームとして上手く行かず負け試合の様相を呈してる試合だと、誰かがスリー決めて行くしか無く、結果コービーがスリー乱れ打つ事になる試合っていうのが過去は多かった印象があるので、データ上ではあまり引き離されてたようには見えない昨日のは何だったんだろうっていう素朴な疑問でした…汗

一昨年のボストンとのFINALの第4戦、第5戦でも中盤辺りからコービーは狂ったようにスリー打ち出し決めまくってましたが、やっぱり初めからチームとしては上手く行って無かった試合だったので、昨日はどうだったんだろうと…
[ 2012/05/08 16:33 ] [ 編集 ]
試合中女性がコートに入ってたと聞いたのですが、どうしたんでしょう?

本当ですか?
[ 2012/05/08 13:51 ] [ 編集 ]
コービーの3P本数7本は多いですね。コービーは複数に付かれても
タフショットを決めれますがもう少しまわりの選手にパスを出すべきかな。クラッチタイムFGは圧巻なのだからそれ以外の時間帯は楽に打てる選手に任せた方がスタミナも切れないと思う。
[ 2012/05/08 13:08 ] [ 編集 ]
ヒル…凄ぇ。出場時間ある程度あれば、このくらい出来る選手に覚醒したんでしょうね。これだったらバイナムを前半で見極めて、バイナムが当たりの日だったらそのままで、悪い日だったらヒルを昨日のゲームみたいに使っていければいいんじゃないでしょうか。ブレイクも昨日の出来は言う事なしでしょ。あのブライアントとのハグは名シーンでした。これで自信を持って打ってくれたらいいです。イーバンクスだったらディフェンスはいいけど、スリーをあれだけは決めれないです。そろそろメタがみたいなぁ。
[ 2012/05/08 12:32 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

接戦でしたが、アウェイで勝ててよかったです。
これでかなり有利な立場になりましたね。

やっぱりリバウンドが重要なんだと改めて思いました。
ヒルのリバウンドを取りに行く姿勢は素晴らしいと思います。かなりオフェンスリバウンドを取ってましたし、これからも期待できますね。
コービーも8個取ってましたし、オフェンスリバウンドに絡むシーンもあったので、リバウンドが大事だということをチームに対して姿勢で示していたのかなと思いました。

セッションズとブレイクは終盤の大事なところでスリーを良く入れてくれたと思います。
でも、ブレイクは終盤でなくてもオープンになったら迷いなく打ってほしいとも思いました。

ローソンや相手のインサイドを抑えたディフェンスも良かったと思いました。

次の試合に勝って、1回戦突破を決めてほしいと思います。


[ 2012/05/08 10:36 ] [ 編集 ]
Mayさんこんにちは。今LAに来ています(これが最後のLA出張です)。

昨日は試合中は飛行機の中で、LAXについて携帯をチェックして2点差だったのでヒヤヒヤでしたが、勝ててよかったです。

明日の試合も客との食事で見れそうもありません。何とか終盤くらいにホテルに戻りたいものですが。。。
[ 2012/05/08 04:05 ] [ 編集 ]
ヒルすごかったですね
毎回リバウンドに絡んでいく姿勢に感心しました

デンバーは若いチームですが
その若いチームのどの選手よりコービーほうが
プレータイム長かったみたいですね

コービーが4Qは
2点3TOでは
疲れてますよね


ブレイクよかったんですがスポットシューターなのかPGなのか疑問です
セッションズに指示してますが
ボール運んで
ただ時間使ってましたね
↓今日はでも
3P、スティールが見られ
収穫でした

コービーが欠場した
試合の効果が出ているのでは↑
[ 2012/05/08 01:17 ] [ 編集 ]
ついにGW明けてしまいました…

今日はまだ見れて無いんですけど、バイナム以外は大分プレーが改善された試合だったようですね。

良かったです。

ただ、終盤にコービーをSFにスイッチしてSGをブレイクに任せるのは本当にやめてほしい。

仰るように、ブレイクは常にスリーを4割以上の確率で毎試合複数本決めでもしなけりゃコートに立つだけでマイナスにしかなりませんし、そんな事出来る程のシューターでもないですから。

ところでコービーは何で今日もスリー乱れ打ってるんですか?

先日は序盤から引き離されまくったので、とにかく打つしか無いのは感じてたんですが。

高地の疲れが脚に来た?

プレーオフ入って周りが誰も決めないから?

見てないので何とも言えないんですが、今までのパターンだと結果決まるかどうかは関係無く、コービーがスリー乱れ打つ試合ってチームが上手く行って無い試合が多いですよね…
[ 2012/05/08 00:35 ] [ 編集 ]
どこのチームもラストショットは大エースコービーが打つとおもっているとおもうので、
伏兵ブレイクはおもしろいですね。

もしかしたらこれから接戦になろうであろうサンダー戦などでもブレイクがカギをにぎっているかもしれません。笑

まあ リスクも大きいし結構運任せの部分あるので
僕は素直にリバウンドやデフェンスで頑張ってくれるバーンズなどがでてほしいですが(汗


なにより勝ててよかったです。

次はホームですし早めに勝ってサンダーの準備をしてもらいたいです。
[ 2012/05/07 22:55 ] [ 編集 ]
いつも更新お疲れ様です。
今日試合勝てたのは大きいですね。相変わらずの弱点はありますが、素直に喜びたいです。

ファーストブレイクへのディフェンスが修正されていましたが、何よりリバウンドで勝てたのが良かったです。ヒルはすごいですね。ベンチから出てきてダブルダブルが期待できるインサイドプレイヤーがレイカーズにいることに驚きます。本当に秘密兵器です。
バイナムは最近ディフェンスを忘れてしまったので、是非見習って欲しいです。(後、ダブルチームの対応もどうにかして欲しい)

最近SFの得点不足がまた深刻になってきました。そろそろバーンズには復調してもらいたいです。2人合わせて10点ぐらいはお願いできないでしょうか?

今日、パオの気合いの入ったハードディフェンスを見ました。シュートも積極的に打ってくれれば、言うことありません。
[ 2012/05/07 22:48 ] [ 編集 ]
デンバーを90点以下に抑えることができたのが勝因ですね。
ローソンの得点もアテンプトも少ないし、ファストブレイクでほとんどやられてないんですね。
あとは、ヒル。
レギュラーシーズン最後まで秘密兵器のように使わなかったプレーヤーが生命線のようになってますね。
バウはもう少しシュート打ってほしい。
何度も言ってますが。

なるほ、ホームゲームでどちらかが負けたらプレイオフスタートですか(笑)
うまいこと言いますね(笑)

きっちり次で決めてもらいましょう。
内弁慶のバイナムも、しっかり準備するでしょう。
下手な言い訳はいいから、毎ゲーム10リバウンドは約束して欲しいですね。
それがセンターの最低限の仕事です。

一回、スターターをヒルにしたら、目覚めますかね(笑)

[ 2012/05/07 20:56 ] [ 編集 ]
初コメントになります。
POに入ってからは、特に楽しくブログを拝見させて頂いています。
これからも宜しくお願いします。

今日の試合は、単純に見ていて楽しかったです。
後半でガソル・バイナムが同時に出る時間を減らし、ヒルを使っていた点が良かったと思います。ヒルがちゃんと繋いでくれたおかげで、ガソルは最後バテバテでしたが、バイナムは元気そうで、最後ゴール下のディフェンスが崩壊しなくて済んだと思います。
ただ、やはり気になるのはビッグマン二人のディフェンスです。バイナムは相手が45度よりベースライン側までボールを持って来ないと、ボールマンにチェックしないようですし、ガソルはそもそも足が付いていけて無いようです。
そんな状況で、セッションズがP&R時にファイトオーバーしないと、簡単にフリーが出来てしまうと思うので、肩回り怖いかもしれませんが、個人的にはもうちょっとファイトオーバー頑張って欲しいです。ただ、今日のブレイクはかなりファイトオーバーを頑張っていて、P&R⇒楽々フリー、という流れは極力防いでいたと思います。
あと、ヒルは本当に良かったと思います。ゴール下でファリードに全く負けていなかったです。
ナゲッツがかなりのスモールラインナップで来てたのも、リバウンドが取れた要因かもしれませんが。
あとバーンズです。オフェンス時、ボールが反対にあり、コービーがダブルチームされた際、ゴールへ素晴らしいカットがありました。あぁいうプレイをどんどん増やしてほしいです。あとは外のシュートだけですね。シュートが左右にずれているようなので、シュートを上方向に打ち切れていないのかもしれません。自信もってこれからも打って欲しいですし、外のシュートが悪くても、ディフェンス・リバウンドで頑張って欲しいです。
いずれにしても、今日は本当に勝てて良かった。
あと一勝、ホームでカチッと決めてほしいです。
Go Lakers!!
[ 2012/05/07 19:51 ] [ 編集 ]
勝てて良かったです

バイナムにヒルの精神があったらいいんですけどね
まぁ期待しませんが

ところで、バスケ関係ない質問ですけど、最近TNTがLINKINPARKの最新曲使ってますが、そちらでは流行ってるんですか?
結構気にいってるんですw

最近は受験勉強のため、ネット自重気味ですが、このブログだけはどうしても見てしまいますw
これからも面白い記事をよろしくお願いします

[ 2012/05/07 19:42 ] [ 編集 ]
アウェイでの勝利、やりました。
スポーツ記者のコメントにありましたがHillが獲るリバウンド難易度が高いことも評価されてますね。
ただのハッスルだけでなく、リバウンドを獲るためのテクニックがあると言われてます。

SessionsとBlakeも、各々肝心なところでよく決めました。
思わず「Dagger!」と(心の中で)叫びました。
PauのGalliへのスクリーン、たくましかったですね。
喉にあたったようで結構痛そうでしたが、フロップと言われてます。
4Qのガス欠はミニッツだけでなく、高地だからということもあると思います。

それにしてもEastはUpsetばかりですね。
MIA以外はどこもUpsetになりそうです。
まぁ、CHIとORLは面子的に仕方ないですし、ATLは相手が悪いです。
このままいくと、もしかしたら全マッチアップがGame5以内に終わるかもしれません。
[ 2012/05/07 19:41 ] [ 編集 ]
初めまして^^
今日の試合を観ていて、気になったことがあるので質問させてください。

現地の解説者たちが、ヒルのことをジョージ・ヒルと呼んでいるように聞こえることです。
確か、ジョーダン・ヒルですよね?
もしくは、ジョーダンと言っているけれど、私が聞き取れていないだけでしょうか?

ジョージ・ヒルと言われると、他の選手が浮かぶので・・・。
どうでもいい質問ですみませんが、もしご存じでしたら教えてくださいm(_ _)m
[ 2012/05/07 18:51 ] [ 編集 ]
久々コメです。

今日はニコニコ動画という動画サイトで生放送でこの試合を見ていました。
1,2Qは第3戦と比べて、点差はマシでしたが、雰囲気が第3戦と同じくナゲッツにあったので、やばいかなぁと思って見ていましたが、3Qがいつもと違って(笑)、良かったですね。というかヒルが良かったですね。

気になったのはP&RのDF。Sessionsは1on1ならあまりローソンに負けないと思いますが、スクリーンかけられてやられるパターンが第3,4戦と多かった気がします。
次にブレイクの起用。
最後試合を決めてくれたからいいものの、中盤はいいところで打たないし、DFではガリナリ、ミラーにミスマッチを作られるし。
あと思ったことは、意外と今日はガソルのDFが存在感があったこと。ファリードとかモズコフが彼がいただけでゴール下をはずす、というのが多々ありました。
そして、コービーへのOFの依存ですね。POになってから強くなってきてると思います。
最後に、ミニッツ。コービーとガソルは本当に4Qは疲れていそうでした。なんとかしてほしいですね。

久々コメなんで、張り切って長文になってしまいました。コメは久々ですが、ブログは試合の日はいつもチェックしていますよ。これからも頑張ってください。そして、6月あたりにレイカーズの優勝を一緒に祝えるといいですね!
[ 2012/05/07 18:50 ] [ 編集 ]
勝ってよかったです。バーンズ調子悪いですね、シュート悪いし、サンダー戦で痛めた足の影響もあるんですかね。セッションズも最近スリーこないですね。
[ 2012/05/07 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。