やればできるじゃない!

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

やればできるじゃない!

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



1Q
序盤は、一進一退で進みます。パオがオフェンシブ・リバウンドからティプを決めたり、ジャンパーを決めたり、パオからバイナムへのアリーウープが決まりました。デンバーは、ゲーム5後に、ラスベガスからシュートのコーチを呼んで調整したといいうローソンが、ジャンパーと3ポイントを決めます。半ばに入ると、打ち合いになり、レイカーズは、パオ、バイナムが決め、メタの復帰後初のバスケット、3ポイントが決まります。デンバーは、引き続きローソンが決め、ここまで静かだったアフラロも、続けて決めます。終盤に入り、ハリントンにバスケット&1を決められ4点ビハインドにされますが、終盤登場したブレイクが3ポイントを決めると、ヒルが、マギーにブロックされた自分のレイアップのリバウンドを取り、ダンクを決め、逆転します。その後、コービーとハリントンがバスケットを交換し、25-24の1点リードで、コーターを終了します。

2Q
出足に、ブレイクが、パオのスクリーンを利用して、ドリブルからジャンパーを決めると、次は、3ポイントを決めます。その後、レイカーズは、シュートが決まりませんが、デンバーも、出足のハリントンの3ポイント後、ブリューワーのレイアップまで、2分以上バスケットがありませんでした。半ば前には、ファリードにオフェンシブ・リバウンドからダンクを決められ、その後も毎回の様に、デンバーが外しても、オフェンシブ・リバウンドを取られますが、しっかり守り、得点を許しません。オフェンスでは、パオがファーストブレイクで走って決めたり、好調なブレイクが3ポイントを決め、点差を離し始め、半ばには、8点リードにします。ところが、半ば過ぎから、レイカーズの得点が止まり、アフラロ、ローソンに決められ、2点差に追い上げられます。終盤には、コービーが3ポイントを決めますが、直後にガリナリに3ポイントを返され、一進一退になりますが、終了間際にバイナムが外したシュートを、時間切れ直前にパオがプットバックを決め、48-42の6リード点で、ハーフへ。

3Q
序盤は、コービー、メタ、パオが決め、リードを広げます。ディフェンスでは、オフェンシブ・リバウンドからのバスケットを2本許しますが、それ以外は抑え、半ば前には、コービーのレイアップで、16点リードにします。ところが、その後、ターンオーバーや、シュートを外し、得点が止まり、デンバーは、ほぼローソン1人が続けて決め、追い上げられます。レイカーズは、後半、フリースローでの得点はありましたが、バスケットは、ブレイクの1本でした。残り1分を切った所で、ハリントンのフリースローで、遂に同点に追いつかれます。その後、コービーが、フリスローを1本決め、69-68の1点リードで、コーターを終了します。

4Q
セッションズ以外のスターターが、全員休憩なしで、ブレイクと頭からプレーします。出足に、ハリントンにレイアップと3ポイントを決められ、いきなり4点ビハインドにされますが、メタ、ブレイクが3ポイントを決め、逆転します。ディフェンスでは、コービーがローソンに、メタがミラーについて、バックコートを抑えます。ハリントンのレイアップで、同点に追いつかれますが、半ば前に、コービーが外したジャンパーのオフェンシブ・リバウンドから、バイナムがティップを外しますが、そのオフェンシブ・リバウンドから、パオが、何度も外しながら、執念でリバウンドを取り、6回目でやっと得点します。半ばには、ミラーにレイアップ&1を決められ、又同点に追いつかれますが、直後に又もや、パオがオフェンシブ・リバウンドからティップを決めると、ブレイクが又もや3ポイントを決め、5点リードにします。その後得点に苦労しますが、ディフェンスではしっかり守り、メタのスティールもあり、半ばから終盤までの約3分半、デンバーを無得点に抑えます。終盤には、デンバーが外した3ポイントが、長いリバウンドになり、オフェンシブ・リバウンドを許しますが、しっかり守ります。残り1分ちょっとで、アフラロに3ポイントを決められ、5点差に追い上げられますが、その直後に、ここまでダブルチームされ、パスを出すことが専門だったコービーが、アフラロにしっかりカバーされながら、3ポイントを沈め8点リードとし、ゲームを決めました。


コービー:17得点(7-16、3PT=2-2)、8アシスト
まだ体調が戻っていないと思います。飲まず食わずでも全速力で走るくらいなので、動いてはいましたが、フットワークを使ったプレーが、あまりありませんでした。フリースローは1-4で、外した内の2本は、リングの手前に当たり、もう少しエアボールになりそうでした。バイナムがシングルでカバーされても、シュートを外していたので、後半は、あまりダブルチームされず、コービーがされていました。ダブルチームを引き付けてパスを出すタイミングが良く、又、ジャンプシュートを打つと見せかけて、デンバーのプレーヤーが、バスケットの方向を見た瞬間に、オープンのチームメイトにパスも、よくありました。特に後半は、PG役に徹していましが、ゲーム終盤、ここで得点したら決まり、しなければまだ分からないという場面で、3ポイントを決めたあたりは、流石でした。ディフェンスでは、4Qは、そこまで11-14の24得点だったローソンをガードし、0-5の無得点に抑えました。

パオ:23得点(9-19)、17リバウンド、6アシスト、4ブロック
昨日の練習は、トレイニングスタッフに早めに来る様に連絡して、フットボールのパッドを着けて、スタッフがパオの後ろからぶつかって練習をしました。パオがスタッフに、「もっと強くぶつかれ」と、何度も指示を出していたそうです。今日は、気迫が只者では無かったです。ローポストも、バイナムから取り返しました。バイナムより、パオがポストでボールを貰った方が、下ってジャンパーも決められるし、パスもできるし、オフェンスの選択肢が豊富にあって良いです。

バイナム:16得点(4-15)、18リバウンド、6ブロック
シュートは酷いことになっていますが、シュートが決まらなくて、いつもの様にふて腐れないで、ディフェンスで奮闘しました。ゲーム前に、デンバーのアナウサーのインタビューがありましたが、「バイナムはシュートを打ちたいから、ダブルチームされても、ボールを離さないで、打って外して、ディフェンスの戻りが遅い。そうやってプレーしてくれると良い。」と言っていました。相手がして欲しいと思う通りにプレーしていたということです。今日は、ボールを長く持ちすぎませんでした。

終了間際、リバウンド争いで、マギーからファウルをされたと思ったのに、取られなかったことに腹を立てたのか、腹いせに、マギーのハードファウルしました。点差が離れた終了間際だったので、フレイグラントにはなりませんでしたが、全くボールに行かないで、マギーの肩の辺りを思いっきり叩く様なファウルでした。自分の気に入らないことがあると、カッとして何をしでかすか分からないのには、変りはないです。これから、つまらないテクニカルやフレイグラントがあっても、驚きません。

メタ:15得点(5-15、3PT=4-11)、4スティール、2ブロック
ゲーム前は、トレイニングスタッフに、ファウルに近い程強くぶつからせて、ポストプレーの練習をしていました。その割りには、3ポイントばかりで、その他もジャンパーばかりでした。ディフェンスが良く、ガードしたガリナリは1-9、コービーと交代でガードしたミラーは1-10でした。スタッツシートに現れないですが、メタのディフェンスが良いために、時間切れになったり、時間切れ間際に打って外したシュートが何本もありました。

セッションズ:4得点(2-8、3PT=0-4)、2アシスト
序盤から躊躇しないで、アウトサイドから打ちましたが、決まりませんでした。4Qは、好調なブレイクが全部プレーしたので、19分半のプレーでした。次は、奮起を期待したいです。

バーンズ:無得点(0-1、3PT=0-1)、4リバウンド、1スティール
6分弱のプレーです。

ブレイク:19得点(7-11、3PT=5-6)、3アシスト、2スティール
最初から、躊躇しないでよく打ちました。コービーからよくパスを貰っていました。

ヒル:2得点(1-4)、3リバウンド
12分のプレーです。


オフェンス
3ポイントが、11-24でした。これくらい決まると楽です。コービーがディフェンスを引き付けて、チームメイトをオープンにしました。後半は、PGはボールを運ぶだけで、コービーが事実上PGをしていました。コービーとパオが、ピック&ロールをすると、デンバーがスイッチしないで、2人共コービーについて来てしまったり、コービーがボールを持つと、ダブルチームに来るので、誰かがオープンになりました。ウィークサイドのアウトサイドで、ブレイクやメタがオープンになり、3ポイントを高確率で決めたのが大きかったです。決まっていたので、4Qに入っても、コービーは、これでもかと言わんばかりに、パスに徹していました。これまで、コービーをダブルチームして来なかったですが、ゲーム7ということと、3年間コンファレンス・ファイナルで対戦し、レイカーズに敗退した後、HCジョージ・カールが、コービーのことを、「Jesus would have had trouble covering him.」(イエス・キリストでも、彼をカバーするのに苦労したはずだ。)と言っていたので、その時のトラウマでしょうか?


ディフェンス
メタのガリナリに対するディフェンス、バイナム、パオのペイントのディフェンスが良かったです。ローソンには、セッションズ、ブレイクだと太刀打ちできませんが、コービーが完封しました。96点は、敗戦したゲーム6の得点と同じです。ディフェンスが、いかに大切かが、分かったと思います。


総括
セッションズ以外のスターターが、全員40分以上プレーしています。コービーが一番長く、45分ちょっとプレーしています。披露が心配です。もう少し、バーンズが頑張ってくれないと、コビー、メタのミニッツが厳しいです。ヒルにも、毎ゲームは無理でも、ベンチに戻すのが勿体無い様なプレーをしてくれるゲームが欲しいです。

デンバーのHCジョージ・カールは、今更ながら、良いコーチでした。レイカーズが、リードしていれば離し始めたり、ビハインドなら追い上げ始めると、良いタイミングでタイムアウトは取るし、ゲーム1で、スタートしたクーフォスは、ベンチ暖めになっているし、相手によって、上手く調節してきます。ゲーム後の記者会見で、「このチームは、コーチをするのが楽しいし、プレーヤーと一緒にいるのが楽しい。ハートが大きいプレーヤー達だ。」と言って、涙ぐんでいました。3年前に、コンファレンス・ファイナルで破った時には、落胆はしていましたが、もっと淡々としていたと記憶しています。今日は、61歳の誕生日だそうです。きっと、プレーヤーから祝ってもらっていると思います。


二回戦の日程は、下記の通りです。日にち、時間は、日本時間です。恐れていたバックトゥーバックがあります。ホームなので、まだ良いですが。明日からは、オクラホマシティーの幽霊の出るホテル泊(==>参考記事 / 2010年4月22日)です。

ゲーム1 @OKC    5/15     10:30am
ゲーム2 @OKC    5/17     10:30am
ゲーム3 @LAL     5/19     11:30am
ゲーム4 @LAL     5/20     11:30am
ゲーム5 @OKC    5/22      未定
ゲーム6 @LAL     5/24      未定
ゲーム7 @OKC    5/28      未定



↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1



2012/05/13 18:59  Lakers | コメント(21)
しんげんさん&akrさん、こんにちは。
>>akrさん

ありがとうございます。面白い記事ですね。でも、ウェストブルックが遅咲きというのは、変では?UCLAには1年行っただけの、1&Doneだし、オールスターのルーキー&ソフォモアには、ルーキーの時に出ていました。全然遅咲きではないですよね。


>>しんげんさん

随分かかりましたね。(笑)

「気持ちがあれば」と前提条件が付く所が問題です。POになって、「準備ができていなかった」とか。まだ、今日になっても、まだみんな怒っていますよ。プロ意識が全然ないです。

パオやメタは、見限りたくてもいる以上は見限れないです。来シーズンは、大幅に入れ替えをして欲しいです。
[ 2012/05/15 16:13 ] [ 編集 ]
ウェストブルックのコービー評
日本には、Number というスポーツコラム誌があります。
4月10日版の記事に、以下の記事があります。
参考までに、紹介します。
------
コービー・ブライアント(ロサンゼルス・レイカーズ)は、その選手に自分と同じ匂いを感じると言う。

「彼のプレーは好きだ。僕がシャック(元チームメイトのシャキール・オニール)とプレーしていたときに持っていて、今でも持ち続けているようなモノが彼にはある」

 ブライアントがそう絶賛するのは、オクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックだ。NBAに入って4シーズン目で、すでに2回オールスターに出場し、昨季はリーグのオール・セカンドチームにも選ばれた急成長中のポイントガードである。

 負けず嫌いでアグレッシブなプレースタイル、時に闘争心むき出しで相手に向かっていく姿は、確かに若いときのブライアントを彷彿とさせるものがある。チームのエースはリーグのMVP候補のケビン・デュラントなのだが、自分が二番手だという意識がない“生意気”なところも、オニールがレイカーズにいた頃のブライアントそっくりだ。そのことで周りからよく批判されるのも同じだ。

 そんな自分の過去を投影してか、ブライアントはオクラホマシティの記者たちに、こうアドバイスする。

「彼のことは放っておいてやれよ。彼がチームにいることは、君たちにとって本当に好運なことなのだから」

周りから否定されるほど燃えるウェストブルック。
 現在、ウェスタン・カンファレンス2位で、ノースウェスト・ディビジョンを制したサンダーは、優勝候補にあげられる一方で、まだ若く経験が不足しているから無理だと否定もされる。感情の起伏が激しいウェストブルックでは、チームを優勝に導くことはできないとまで言う人もいる。

 もっとも、ブライアントが批判に動じなかったのと同じように、ウェストブルックも周りから否定されるほど燃えるタイプだ。遅咲きで、周りから評価されない時期が長かっただけに、常に周囲の否定を跳ね返そうと努力し、成長してきた。

 そんな彼のモットーは“ホワイ・ノット(なぜだめなんだ?)”。

「それが僕の考え方であり、生き方だ。すべてのことに『ホワイ・ノット』と言ってきた」とウェストブルック。

「子供の頃からずっと周りの言うことは気にせず、他の人がやっていないとき毎日練習して、自分を証明してきたんだ」

[ 2012/05/15 11:47 ] [ 編集 ]
今ようやく見終わりました(笑)
OKC戦が始まりますね(笑)

デンバーは素晴らしいチームでした。
仰る通り、カールHCも素晴らしいコーチでした。
メロ、ビラがいなくなり派手さ、絶対的エースが無くなりましたが、その分ハッスルと、チームプレイで素晴らしいゲームを見せてくれました。
カールHCがコーチしてて楽しかったという意味がわかる気がします。
このチームからレイカーズは学んで欲しいです。Mayさんの仰る通り、気持ちがあれば優勝だって、できます。
今日の気持ち…パオが吠えて、ボールに食らいついて、メタが今日のようなロンロンの顔してプレイして、ブレイクの得点をバーンズ、ヒルあたりに分配すればそうそう負けないと思います。
今日のゲーム、楽しみにしてます。

勝ちもですが、見限った見限ったと思ってきた、パオ、メタの表情を見られたのが、何より嬉しい…本当に見限るのって難しいです(笑)
日本人の良いところであり、弱点なのかな…
[ 2012/05/15 10:14 ] [ 編集 ]
コメントを下さった皆様、こんにちは。
>>天使の街の湖軍団好きさん

クリッパーズのことは、気にしている人は少ないし、レイカーズは、一回戦は勝って当たり前なので、まだお祭り状態ではないです。いつも、Cファイナルになってからです。空港も、ダウンタウンの一番高いビルも、夜は、黄色と紫のライティングになるのは、Cファイナルになってからです。二回戦勝ち上がったくらいで、ライトの色を変える程、LAは甘く無いです。車の旗は、多少見るようになりましたが。

NBAよりも、NHLの方がお祭りです。キングスは、一回戦を#1相手に4-1、二回戦を#2相手に4-0で、Cファイナルも、#3を相手に1-0です。ロードで1敗もしていません。NHLはニューヨークも頑張っているし、NYとLAのファイナルになるかもしれません。そうなったら、NBAよりもNHLのファイナルの方が、視聴率が高くなりそうです。「LAの誇り」は、キングスに持っていかれそうです。

レイカーズは、全員が必死でプレーしたら、OKCは勿論、優勝の可能性だってあるのですが、#2、#3が、毎回必死でプレーする能力がないので、それが問題です。


>>ロンロン大好きさん

パオは意識の問題ですよね。毎回全力でプレーできない人は、レイカーズにはいらないです。メタは、余計なことをしなければ、貴重なプレーヤーですが、メタの場合は、余計なことをするかしないかではなくて、何時するかなので、それが問題です。


>>K当さん

気持ちが入っていて当たり前なんですけれどね。POは勿論、レギュラーシーズンだってそうです。それなのに、気持ちが入っていて良かったと、ファンから思われる所が問題です。このゲームの後でも、パオとバイナムが現れるかどうか分からないと言われています。

メタは、ディフェンスは一定レベルでプレーできますが、オフェンスが問題です。3ポイントが入らない時に、どうするかです。

ウェストブルック、デュラント、ハーデンが一緒にプレーすると厳しいです。セッションズとブレイクは、誰もカバーできないので。


>>アレさん

サンダーは、ウェストブルック、デュラントは勿論ですが、ハーデンを誰がガードするかです。


>>ひでさん

パオが2年前のプレーをして、メタがディフェンスと3ポイントを決めたら、チャンスはあると思います。後は、バイナムが、プレーしに来るかどうかだと言われています。

コービーは、このゲームだけでなくて、いつもパスします。ゲーム6なんか、コービーとチームメイトのキャッチボールでした。それに、パスしたがら空きの相手が、外し続けたり、ビビッて打たないで、カバーされているプレーヤーにパスしたり、それでスティールされたり、時間切れにしたりします。ブレイクなんか、何回がら空きで、コービーからパスを貰っているか分からないです。それでも怖がって打たなかったです。パスを周してぐるっと周ってコービーに戻って来て、その時点では、5秒を切っていたりすることもあります。その上、コービーがボールを持つと、みんな見ているだけで、微動だにもしないです。下手に動いて、ボールを貰いたくないです。カットするのは、バーンズ、イーバンクス、ヒルくらいです。これではパスのしようがないです。このゲームの前に、カート・ランビスが、インタビューで、「コービーが打ち過ぎだと言う人がいるけれど、他にどういう選択があるんだ。」と言っていました。いつも参加させうようとしているのに、みんな断っています。このゲームでは、参加しました。

サンダー戦は、パオとバイナムが現れるかどうかだと言われています。あんなに高い給料を貰っている人達が、現れるかどうか、ファンが信用できないというのも情けないです。


>>あささん

出足から、みんな積極的に打っていましたよね。ブレイクも、前半打ったシュートの数が1本なんていうのも珍しくないのに、出て来てすぐ打ちました。ブレイクは、今までも、3ポイントが決まっているのに、ゲーム全体で2-4なんていうのが、当たり前でした。

来年は、レイカーズは、大幅にプレーヤーの入れ替えをしないと無理です。

LAC対MEMは、LACが勝ったというより、MEMが負けたという感じでした。


>>古参者さん

パオは、コービーが「メタだけは、いつも全力でプレーするので、頼りになる」と言う様なこと言ったので、それが響いたのでは?

バーンズは、怪我の影響なので仕方が無いですが、セッションズには、もうちょっと頑張って欲しいです。


>>かぼちゃケーキさん

メタは、出場停止になったことで、敗因の一つとされて、批判されていたので、責任を感じていたと思います。パオが毎回あれだけやってくれたら、勝ち目があります。リバウンドは、サイズよりも、運動能力があるビッグマンの方が有利だと言われ始めています。でも、ケビン・ラブは、運動能力がある方ではないですが。

コービーがローソンについたのが、ブラウンの策かどうかは知らないですが、メタがいなかったらそれはできないので、前から考えていたのでは?


>>akrさん

「大都市病」って面白い表現ですね。バイナムが正にそうです。バスケットボールを仕事としか思っていなくて、自分には他の人生があるとしか思っていないだろうと言われています。それは、病気ではなくて、生まれ持っての資質だと思いますが。

メタは自信を持ってプレーしていましたよね。顔つきに現れていました。パオは、パーキンス相手だとハッスルするので、期待しています。

ミラーのオフェンシブ・リバウンドは、長いのが多かったと思います。ミラーはFAだそうです。取れないですかね。バックアップはベテランで良いので。

100点以下に抑えても、レイカーズが100点以上取れるかですよね。ウェストブルックは、コービーがガードすれば大丈夫だと思います。


>>LAXさん

パオは、実力はスタープレーヤーですが、性格的にロールプレーヤーなんでしょうね。だから、余程意識してプレーしないと、奮起できないのだと思います。

バイナムは、ディフェンスとリバウンドさえしっかりやっていれば、オフェンスは、流れに任せてプレーしたら充分です。

私は、このゲームのミニッツだけでなくて、シーズンのミニッツが心配です。


>>ゾロリせんせさん

今シーズンは、大量得点差をひっくり返されるのが多くて、イライラします。

アウトサイドから決められる人がいないと、コービーもパスできないです。アウトサイドが1-6なんていうのにパスするくらいなら、ダブルチームされたコービーがフェイダウェイを打った方が、確率が高いです。

メタ3Pは、みんなオープンだったし、決まっていたので、打ち過ぎだとは思いません。ペイントに押し込むプレーがなかったのは、ちょっと問題だと思いますが。

パオの連続オフェンシブ・リバウンドは、最高でした。あれと、最後のコービーの3ポイントが、このゲームのハイライトでした。


>>shinさん

メタのディフェンスが良かったですね。ディフェンスは、1人良いのがいると、他も触発されます。

デンバーは良いチームですが、スターを獲得しない限り、万年一回戦敗退チームのままだと思います。将来殿堂入りスターがいないチームは、POでは勝てないです。


>>もみじさん

全員が良くプレーしませんでしたが、全てのポジションが良くプレーしました。セッションズは良くなかったですが、ブレイクが良かったし。

イーバンクスは、パーンスが良くないので、チャンスがあるかもしれないです。

動画良いですね。ありがとうございます。


>>魚さん

ビッグマンは、みんなやればできるのが分かっているので、余計腹が立ちます。メタは、休養充分だったのが良かったです。デンバーは良いチームですが、クローザーがいないチームは、POで勝てないです。POは、ベストチームが勝つのではなくて、ベストプレーヤーがいるチームが勝つと言われます。

私は、対サンダーは、ゲーム1がポイントだと思います。これをスティールするれば、希望があります。


>>GRさん

パオは2年前に戻った様でした。これが毎回続くかが、問題です。

対OKCは、ビッグマンとコービーは、勿論必要ですが、メタのディフェンスが欠かせないと思います。


>>かずさん

87点とは言わないですが、90点以内に抑えれば、何とかなります。

パオはやればできる実力があるのに、勿体無いです。パオとバイナムが、フレッシュでいるためにも、ヒルが良くプレーすることが、必要ですね。

サンダーが休み過ぎなのは、間違いないです。出来ればゲーム1をスティールしたいです。
[ 2012/05/15 06:34 ] [ 編集 ]
LAはお祭り状態ですか?
レイカーズもクリッパーズもCFセミファイナルなんてLAはお祭り状態なんじゃないですか?
可能性は低いですが、
CFファイナル対決もある訳ですよね。

今LA行きたいですね~。

どっちがホームか分からなくなりますね。


ゲーム7ではビッグマンのペリメーターへのヘルプが良い印象が有りました。
レイカーズのDFはすぐスイッチしてしまうので、
ペリメーターのミドルジャンパーにもビッグマンがプレッシャーをかけないとあっさり2p持ってかれます。
バイナム、ガソル、ヒルが必死でペリメーターに出ていかざるを得ないかなと。
ウエストブルックだったらそれほどインサイドへのパスを警戒しなくてよいでしょうしね。

ここで勝てなきゃ優勝は望むべくもないでしょう。ゲーム1からファイナルのつもりでやって欲しいです。
特にコービー以外は。
[ 2012/05/15 03:00 ] [ 編集 ]
前回の試合後、ガソルが奮起するしかない!とコメントしましたが、その通りになって嬉しいのと同時に、それまでのパフォーマンスとの違いに普段どんだけ低い意識で試合してんだよ…と思ってしまいました。次のシリーズに進出した事でガソルがまたリセットされなきゃいいんですが…それにしてもメタはやはりビッグゲームには強いね。カールがモンスター級の活躍だったと絶賛してましたし、アムネスティーにしろとの意見もありますが、やっぱりチームには彼みたいな選手は必要ですよ。実際いなかったらヤバかったし…サンダーとのシリーズはインサイド陣が力の出し惜しみしてたらとても勝てる相手じゃないです。相手のキーマンのウエストブルックをいかに抑えれるかですね。まさにコビーの大車輪の活躍がなければ、勝ち抜けるのは難しくなるね。
[ 2012/05/14 21:16 ] [ 編集 ]
サンダーに勝つには
100点以下におさえるディフェンス。
それもペリメータほどタイトについてドライブさせて、ツインタワーで潰すという連動したチームディフェンス、やって欲しい。
デュラントもハーデンも3ptsも良くはいるし、そこを捨てるわけにはいかないです。
そしてツインタワーのリバウンド。
二人で30取れれば。

メタやイーバンクスのデュラントへのディフェンス。
ウェストブルックは、誰も速さじゃついていけないから、あえてドライブさせて転けさせる。

など、ディフェンスはプランが立ちますが、問題はオフェンスなんですよね。

サンダーは、FT確率も良いですから、レイカーズがディフェンスを頑張ってもFTの積み重ねで90から95は固いと思います。
レイカーズは、100点をとるプランを立てなければなりません。
デンバーとの第7戦の全員バスケでも、100点に届きませんでした。
でも、的を絞らせない、コービーの傍観者にならない全員バスケこそが100点取れる唯一の手段です。
メタ、バイナム、コービーの確率が少し良ければ100点に到達してましたもんね。

レイカーズのキーマンは引き続きバウ。
サンダーは、やはりハーデンですかねー。

楽しみです。
[ 2012/05/14 16:44 ] [ 編集 ]
みんな気持ちが入ってて良かったです。
メタは本当にオールスター後から調子良いですね。本来この試合みたいにDFを頑張って3Pを適度に決めてくれることを期待してトレードしたんですよね。ポストでのごり押しも良いですが。あんな馬鹿な事しなければここまでもつれることは無かった。
次はウエストブルックにはコービー,KDにはメタが付くにしてもバーデンをどう抑えるのか不安ですがインサイドがこの試合くらい頑張ってブレイクのような活動出来る人が一試合に一人でれば良い勝負出来ると思います。そもそもコービーとメタが抑えれない可能性もありますが
[ 2012/05/14 16:33 ] [ 編集 ]
まずはひと安心
次のサンダー相手にどう戦うのか気になります
[ 2012/05/14 16:15 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

勝てて良かったです!
本当にうれしい勝利です。

ガソルが奮起してくれてよかったです。
すごく気合もはいってましたし、リバウンドへの姿勢も素晴らしかったと思います。

メタも復帰してディフェンスやハッスルプレイですごく活躍したと思います。
3ポイントも良く入りましたしね。

ブレイクも高確率でシュートを決めましたし、大事なゲームでいい活躍だったと思いました。

コービーはこれまでの試合で高得点の試合が多かったので、第7戦も同じように得点でチームを引っ張るかと思いきや、味方にパスを回し続けて、コートに出ている全員をオフェンスに参加させる攻め方をしていたことがさすがだと思いました。
その中でも試合を決定づける3ポイントを決めるあたり、本当にすごいです。

次はサンダーですが、今回のように全員が奮起して頑張ってほしいです。
レギュラーシーズンの終盤でダブルオーバータイムまでもつれて勝ったときのような戦い方をして、ぜひとも勝ってほしいです。
[ 2012/05/14 10:39 ] [ 編集 ]
勝った~(^v^)勝ちましたね!ってか、念願の良い試合で勝ちました!Mayさんのタイトルと内容が、どうくるんだろうと楽しみでしたよ♪

ほとんどのメンバーが初っ端から、コービー頼みじゃなくて積極的にプレイしていて、見ていて気持ちよかったです。「おぉ~今日は違うな」って感じで。

しかし、ブレイクさんどうしちゃったんでしょ~思わぬ誤算な!?大活躍でした(笑)あんなに積極的で高確率で3が決まるなんて…ビックリ。どこまで行っちゃうんだと。PGとしての役割は難しいですが、この調子が続けば、少しベンチの得点が楽になりますね。そして、他のベンチメンバーも、続いて奮起してもらえればいいなぁ。

来年は、デンバーもはっともっと手強くなっていくでしょうから、レイカーズも負けてらんないですね。

何はともあれ、次は大きな山であるOKC戦。良い流れでいけそうなんで、ブラウンも上手な采配をして、そしてメンバーもこの積極性を維持してもらって、何とか・・・何とか勝ち続けてもらい、大方の予想を覆す結果を招いていきたいものです!いや、いけるでしょう!

余談で…そろそろ眠くて最後まで見れそうもないのですが、LACとMEMは、接戦になりそうですし、どちらが勝つのか見ものですね。

[ 2012/05/14 02:46 ] [ 編集 ]
良かった…。

ホッとしました。

1回戦敗退なんてシャレにならない事態にならなくて本当に良かった…。

パオに誰がどんな魔法かけたんですかね?

尻に火がついたくらいで自分から奮起するようなタイプとは思えないので。

とにかく勝って良かった。

ですが、セッションズは初のプレーオフのせいか不調のままだし、バーンズは怪我以降はずっと不調で去年と同じパターンなのが厳しいですね。

次はサンダーですもんね。
[ 2012/05/14 00:40 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございます。良かった…良かった(;д;)今年のレイカーズについては何度掌を返してきたかわかりませんが、今一度返させてください(ファンってそういうものですよね 汗)。

いやーメタ良かったですね。イーバンクスを使えだの、バーンズがどうのと言ってきましたが、本当に今日彼がいて良かった。確かにスリーが多いですが、フリーになってのものが多かったですし、特段オフェンスの流れを止めてる印象も受けませんでした。ミラー、ガリナリに対するディフェンスも素晴らしかったです。パウも吠えてますね!髪型もどこかライオンぽいですし 笑 このまま果敢に攻めてほしいです。お願いだから気分屋の猫にならないで…。

ただまぁ、相変わらずリバウンドで負けてますね。これから当たるチームも絶対にここを突いてきますよね。ところで、4Qにコービーがローソンについていたのは、ブラウンの苦肉の策だったんですかね?それともコービーがいつもみたいに志願したのかな?
[ 2012/05/13 22:37 ] [ 編集 ]
正に、やれば出来るじゃない!ですね!
日本では、大企業病という言葉があります。
良い大学から有名大企業に入社したら、人生安泰で安心して向上心もなく、10万人くらいいる社員の一人として、歯車の一つとして淡々と仕事している人を指して言います。

ロスやNYのチームは、大都市病って感じですよね。
レイカーズやニックスにきて、それまでのパフォーマンスがどっか行ってしまうプレーヤーは正に大都市病。。。

ベンチャー企業のがむしゃらさ、若いときおアグレッシブさがないと、プレーオフは勝てませんよね。

ガシガシぶつかり合う、まさに男の子戦いです。
大都市病で、なんとなくやってる奴は蹴散らされます。

いやーメタのダイブ、ロドマンみたいでした!
チームにアグレッシブを注入します。

ブレイク、コービーが手を挙げてても、俺が打つ!
シューターは、こうじゃないと!

バウは言うことありません。
このアグレッシブさを、ファイナルまで継続して欲しいです。
何度も言いますが、キーマンはバウです。

バイナムは。。。とにかく二桁リバウンドをお願いします。

しかし、デンバーのキーマン、ミラーを抑えましたね!って言おうと思ったら、なんと!
11リバウンド、8アシストじゃないですか!
しかもオフェンスリバウンドが、6。
飛び込みリバウンドなんだろうけど、やっぱただじゃ転けませんね。

彼のような仕事人、是非欲しいですね。

とにかく、良かったー☆
今年が終わらなくて、良かったです☆

[ 2012/05/13 21:41 ] [ 編集 ]
この記事の題名がすべてを物語ってると思いますが、
後味悪くフェードアウトせずに、Pauが奮起してくれました。
怒涛のOff.BoardからのTipInの後には久々の咆哮も出ました。

Bynumもオフェンスが悪くても、本来それだけをしっかりやってくれれば十分と言える
ディフェンスを集中力切らさず徹底してがんばりました。

そして、Career PO High のBlakeの3はよく決まりましたし、
MWPとKobeのディフェンスは本当に冴え渡りました。

病み上がりのKobeを、他の選手がやるべきことをやって勝ててよかったです。
ただ、スタメンのミニッツと疲労が、OKC戦に向けて心配です。
結果論としてはMWPも、OKC戦が復帰戦にならずによかったかもしれません。

とにかく今日は本当にうれしかった..
次はThunderだ、がんばれLakers!!!
[ 2012/05/13 21:15 ] [ 編集 ]
おかえり、「パウ・ガソル」。
こんばんは。いつもながら、更新ありがとうございます。

15点差をひっくり返された時は心配しましたが、まぁ、ゲームとしては非常に面白かったと思います。レイカーズだけじゃなくて、ナゲッツも十分に強かった。3Pの応酬、勝負所でのビッグプレイ…互いの意地のぶつかり合いが、プレイから伝わってくるようなゲームでした。

コービーがボール回しに終始しましたが、ブレイク絶好調もあって、それが上手くいきましたね。これでもしセッションズも好調だったなら、そりゃもう素晴らしいオフェンスが見れたかも。いずれにしろ、コートに出ている皆が攻め気をもってプレイしていて、前回のゲームとはまるで違うチームになっていました。ワールドピースも、3Pちょっと打ちすぎな感じもしましたが、久方ぶりのゲームだというのにそんなもの関係なしと言わんばかりに奮闘しましたね。バイナムも、ヘラヘラせずに、最後まで恐い顔のままでした。それでいいと思います。

まさかここまでもつれるとは俺は予想していませんでした。でも、最終戦にきて、本当に良いゲームを見せてもらいましたよ。今日のMVPは、ガソル兄さんです。コービーが外したショットを必死にチップに行く姿、ちょっと泣きそうになりました。

…そして、ナゲッツもお疲れ様。俺がもしレイカーズファンでなかったなら、このシリーズを見たとき100%ナゲッツを応援していたと思います。それくらい熱く、素晴らしいチームだった。最後まで諦めない選手たち、頼もしいHC。素晴らしいゲームでした!拍手!
[ 2012/05/13 21:03 ] [ 編集 ]
レイカーズ一回戦突破おめでとう!!

今日の試合は比較的みんなよくていい試合でした。

あとメタよくやってくれた。
やはりレイカーズには欠かせない一員ですよ、
ルーズボール追っかけてダイブ、
ああゆうプレーは素晴らしい
この調子でデュラントも完封してほしいです。

ナゲッツですがほんとに素晴らしいチームだと思います。
ビックなスターがいないからこその強さをまじまじと感じました。

次は強敵サンダーですがこのまま突っ走っていってほしいです。
[ 2012/05/13 20:37 ] [ 編集 ]
よおおおおおし!!
自分も今日はPCにへばりついてがっつり応援しました。
パオが帰ってきました涙!一緒にPCの前で叫んでましたwゲーム後の記者会見のブラウンのパオへのほめっぷりみてニヤニヤしてましたw

ブレイクも何度も3Pを、メタはDと3Pで、そしてコービーはうまくみんなを巻き込んで。まさにチームバスケットでしたね。しかし終盤の3Pは圧巻でした!痺れました。

ミニッツやコービーの体調、インサイドの不安定さ、メタとバイナムの暴走、コンボガードへの対処、ベンチの薄さ、いま一つ信用できないブラウンの采配。。。問題を挙げればキリがないけどこのまま次も今日の様に"チーム一丸で"頑張ってほしいですね。

次のシリーズ、VSフィッシャー楽しみです。かなりの難敵ですが、今日のように全員でステップアップすれば不可能ではないはず!そしてデュラントキラー?のイーバンクスに期待します!まずは最初のアウェー2戦の内、一つでも勝って勢いをつけてほしいところですね。


最後にいい動画を見つけたのでリンク貼っておきます。既に紹介されているのもあるかもしれませんが。一個は去年のプレーオフ前のですが。宜しければ皆さんもお楽しみ下さい。

Go!Lakers!!!

コービーのかっけー動画
http://www.youtube.com/watch?v=acQMpKFnocE

フィッシャー名場面集涙。
http://www.youtube.com/watch?v=73PoLU_bzmY&feature=related

全てのNBAファンへ
http://www.youtube.com/watch?v=ENKD-YqwnCo
[ 2012/05/13 20:21 ] [ 編集 ]
更新ありがとうございました。
ビッグなお二人には、題名通り、やればできるじゃん(もっと早くやれよ)ていうのがピッタリですね。
メタ良かったですね。彼の存在をこんなに頼もしく思った事は今までにありませんでした。
あんなに苦しんでいたミラーを完封、ルーズボールにダイブ!暫くやられてばかりのスティールなど最高でした。メタが最悪の調子だったころから使い続けたブラウンのことも今日くらいは褒めておきましょう。後デンバーも最後まで諦めず素晴らしいチームでした。何人かはレイカーズにバックアップで来てくれないでしょうか?画面に最近カールHCが出てくると、まさに悲運というかツキがないなって感じてしまうには私だけでしょうか。
ファンは欲張りなので、ここまで来れたのだから、サンダーに一泡(4泡?)吹かせてほしいと
当然思ってしまいます。サンダーの若さにつけ込んで、目覚める前に第一戦一発ガツンといきたいですね!
[ 2012/05/13 20:11 ] [ 編集 ]
とりあえず一回戦突破ですね!!

今日のパオの何度もORを取る姿や感情的に吠える姿を見て2010年のファイナルを思い出しました。
ベンチでも怖い顔をしていたのが印象的でした。

次はOKCですね!!
ツインタワーがどこまでやれるかですね。
でもやっぱりコービーの活躍無くしては絶対に勝てないと思います。
コービーには大爆発を期待したいです!!
頑張れコービー!頑張れレイカーズ!
[ 2012/05/13 19:44 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
どうにか1回戦突破です。今シーズン最後になるかもしれないと必死で応援したかいがありました!

メタとコービーで相手のキーマンを見事に完封しました。相手をこのくらいの点数に抑えるのが理想ですね。

今日のパオの動きはセルティックスとのファイナル第7戦を彷彿とさせました。気合い入れればできるじゃんという感じです。バイナムと2人でインサイドを支配しないとサンダーには勝てません。(ヒルもうまく使って欲しいです)

すぐセミファイナルが始まりますので、疲労が心配ですが、逆にサンダーは若いチームなので、休みすぎて悪い方向に行く可能性があると思います。
最初のロード2戦で1勝できれば、かなり面白くなりますね。
とりあえず第1戦はコービーにブチかまして欲しいです。
[ 2012/05/13 19:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。