フリースローで勝った

レイカーズを中心にNBAの話題をロサンゼルスから。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--  スポンサー広告 | CM(-)

フリースローで勝った

Game Score


ゲーム・ハイライト



レイカーズ・ハイライト



1Q
序盤は、コービー、パオ、バイナム、セッションズが交代で決め、ディフェンスではしっかり守り、8-0の出足となりました。その後、デュラントとウェストブルックが決めますが、レイカーズも、セッションズが既に3本目になるシュートを打って決め、コービー、パオが続き、リードを広げると、コービーのスティールから、セッションズが先行して、ダンクを決め、半ばで、12点リードにします。終盤に入ると、ベンチから登場したハーデンに、フリースローとレイアップで得点され、フィッシャーにも2本決められ追い上げられます。レイカーズは、後半得点に苦労しますが、メタの3ポイントもあり、23-15の8点リードで、コーターを終了します。

2Q
序盤のオクラホマシティーは、ハーデンとウェストブルックが交代で決めます。レイカーズは、セッションズが観客席にパスすると、メタがハーデンにスティールされ、バーンズが、折角リバウンドを取っているのに、両手で持っているボールを簡単にスティールされ、良い所がありません。そのターンオーバー銀座の間に、かろうじてパオがジャンパーを決め、ブレイクが3ポイントを決めると、次は、珍しくバスケットにカットし、パオからパスを貰い、レイアップを決めます。それでも、ディフェンスで止められずに、毎回の様に決められるので、点差を縮められ、半ばには、デュラントの3ポイントで、逆転されます。後半に入っても、レイカーズは、シュートが決まりませんが、コービーが続けてファウルを取って、フリースローを決め再逆転し、終盤には、ヒルがフリースロー2本を決めて、リードを維持します。終盤にも、コービーとバイナムがよくファウルを取り、フリースローを決めますが、ディフェンスで、ウェストブルックとデュラントにファウルをして、フリースローを与え、終了間際には、同点に追いつかれます。コーター最後のプレーで、セッションズがドライブして、メタにキックアウト、メタが3ポイントを決め、50-47の3点リードで、ハーフへ。

3Q
序盤はお互い得点に苦労します。半ば前に、デュラントの連続バスケットで追い上げられ、半ばにはセフォローシャの3ポイントで逆転されると、ウェストブルックのレイアップで、点差を離され始めます。半ばには、パーキンスに、長めのジャンパーを決められ、半ば過ぎには、ウェストブルックのジャンパーで、7点ビハインドにされます。終盤は良く守り、オフェンスではコービーのシュートが1本決まっただけでしたが、よくファウルを取り、フリースローで得点します。3Q終了時まで、レイカーズのフリースローは、24-24と完璧でした。70-69の1点ビハインドで、コーターを終了します。

4Q
序盤はフリースロー合戦になります。オクラホマシティーは、ハーデンが4本、レイカーズは、バイナムが4本、パオが2本打ちます。バイナムが、コーター2回目のフリスローの1本目を外したのが、レイカーズの最初のフリースローのミスで、結局、このゲームで唯一のミスとなりました。序盤は一進一退で進み、半ば前には、オフェンスで2回続けて、コービーが、ハーデンとフィッシャーをスイッチさせて、フィッシャーにガードされながら、難しいシュートを決め、盛り上がります。半ばには、5点リードを許しますが、ブレイクがジャンパーを決め追い上げ、珍しく続けてシュートを放ち、3ポイントを決め、同点に追いつきます。ところが、その後、2回続けて、オクラホマシティーに、オフェンシブ・リバウンドから得点され、半ば過ぎには、デュラントにレイアップを決められ、あっという間に5点ビハインドに戻されます。終盤に入ると、メタが、つま先が3ポイントにかかった2ポイントジャンパーを決め、コービーがフリースロー2本を決め追い上げますが、パーキンスにフリースロー2本を決められると、オフェンスで、コービーが、後ろから、ウェストブルックにスティールされ、ファーストブレイクで、ダンクを決められ、残り3分を切った所で、又、5点ビハインドにされます。これで、厳しいかと思いましたが、その後しっかり守り、まずパオのフリースロー2本を決め、コービーが、ドライブして、難しいレイアップを決め、1点差に追い上げると、次は、コービーのフリースローで、同点から逆転します。直後にデュラントに決められ、再逆転されますが、又、コービーがフリースローで逆転すると、ディフェンスで、イバッカが外したオフェンシブ・リバウンドを、デュラントに取られますが、メタがボールを叩いてスティールし、ファウルされ、しっかりフリースロー2本を決めます。これで、3点リードにし、直後の3ポイントは許せないという場面で、アウトサイドをしっかり守り、パーキンスにレイアップを決められますが、コービーが故意のファウルからのフリースロー2本を決め、3点差リードを保ち、最後のディフェンスでは、デュラントが、3ポイントラインのかなり後ろから打って外し、ゲーム終了となりました。


コービー:36得点(9-25、3PT=0-1)、6アシスト、7リバウンド、2スティール
セフォローシャとハーデンの厳しいディフェンスで、シュートが決まらないのと、ブロックされたこともありますが、よくファウルを取って、フリースローは、18-18でした。POのミス無しでの連続フリースロー記録は、ノビツキーの24本、ピアースの21本に次ぎ、カール・マローンとタイです。フィッシャーにガードされたことが何回かありました。フィッシャーがオクラホマシティーと契約した直後に、コービーは、「スイッチしてデレクが俺をガードしたら、破壊してやる。」と言っていました。2連続で決めて、破壊しました。

パオ:12得点(4-8)、11リバウンド、6アシスト
相変わらず、シュートの本数が少ないです。コービーから、ペイントでパスを貰って、バスケットの目の前なのに、自分で打たないで、バイナムにロブを上げました。バイナムは、まさか、パオが自分で打たないとは思っていないので、リバウンドの位置取りをしていて、慌ててジャンプしましたが、間に合わず、ターンオーバーになりました。あの位置から7フッターが打たなかったら、一体どこから打つんだと言いたいです。パオが、「もっと攻撃的にプレーしないと。」とか、「オフェンスで積極に絡まないと。」とか言うのを、何回聞いたか知れませんが、いつも、その後1-2ゲームはその通りにプレーしても、すぐ又元に戻ります。バン・ガンディーにも、「ポストに行け」と言われていましたが、全く行く気配もないです。「チームの為に、ポストは、バイナムに渡して、自分は外でプレーする。言われた役割を果たす。」という様なことを言っていますが、ポストでぶつかり合うプレーをするより、外で楽をしてプレーしたい言い訳に過ぎないです。バイナムが、ベンチでも、ポストには一切行きません。リバウンドも、1Qの最初の5分で6本取り、解説者のジェフ・バン・ガンディーが、「5分で6リバウンド!」と歓心していましたが、3Qを終わった時点でも、6リバウンドでした。得点でもリバウンドでも、1Qに多くて、「今日は凄いことになりそうだ。」と思わされるのに、終わってみると、平凡な数字のことがよくあります。

尚、パオは、社会活動に奉仕があったプレーヤーに与えられる、J.ウォルター・ケネディー市民賞を受賞しました。バン・ガンディーから、「ロサンゼルスの人々に奉仕したかったら、ポストに行け」と言われていました。おめでとうございます。

バイナム:15得点(2-13)、11リバウンド、3ブロック
ポストプレーで、パーキンスに1オン1でディフェンスをされると、歯が立ちませんが、崩れたバタバタしたプレーだと、ファウルを取れます。フリースローは、11-12でした。以前にも、バスケットのすぐ側でボールを貰っても、1回ドリブルしないと、ダンクに行かれないと、コメント欄で話題なったことがありますが、今日も、そういうプレーがあり、バン・ガンディーが、「ドリブルしないで打つことを憶えないと」と言っていました。これは、練習しないからというより、運動能力が低いので、できないのだと思います。

メタ:10得点(3-10、3PT=2-8)、0リバウンド、2ブロック
2本の2ポイントの内1本は、つま先が3ポイントラインにかかるシュートでした。オフェンスでは、アウトサイドに待機して、3ポイントを打つだけです。下手にドライブしても、時間を使うだけなので、その方が良いです。終盤肝心な所で、スティールし、ファウルを誘い、フリースローを決めたので、それで良しとしないと仕方が無いです。これ以上多くは望めないです。

セッションズ:12得点(5-9)、4アシスト
最初から積極的で、ブロックされても、ドライブし続けました。レイアップはブロックされるので、フローターもありました。ディフェンスで、ウェストブルックによくついて行きました。

バーンズ:無得点(0-0)、1リバウンド、2スティール、5ファウル
10分のプレーです。ファウル以外に何もしないです。するべきなファウルもありましたが、3ポイントラインの遥かに後ろ、サイドランあたりでのファウルもありました。折角リバウンドを取っても、漫然とボールを持っているだけで、周りに注意もしないので、両手で胸の前に持っているボールをスティールされます。自信がないのか、アウトサイドでがら空きにされていても、打てません。

ブレイク:12得点(4-5、3PT=2-2)、0アシスト、8リバウンド
コービーにピックをしてもらって、フリーになって、ドリブルしてのジャンパーもありました。3ポイントも、いつもの様に、アウトサイドにスポットアップして決めるだけではなく、ドリブルしてスクリーンを使ってフリーになり決めたものもありました。やればできるのに、どうしてやらないのか不思議です。反射神経が良いのか、ルースボールに対する1歩目が早いです。

ヒル:2得点(0-0)、4リバウンド
リバウンド数は4ですが、競ったために、オクラホマシティーのプレーヤーが、アウトオブバウンズにして、レイカーズのボールになったプレーもありました。ドライブして来たデュラントのレイアップをブロックしました。

オフェンス
99点の内41点は、フリースローからです。ブロッカーがいるので、下手にレイアップにはいかれないし、厳しいです。確率が良いパオは打つ気が無いですが、楽なシュートだけ打っているから確率が良いので、本数を打ったら、確率は下ると思います。よくフリースローを決めましたが、ブレイクによると、「練習の最後に、フリースローの練習をさせられるので、それが活きた」と言っていました。

ディフェンス
パーキンスが、イリーガルと紙一重のえげつないスクリーンをセットし、ウェストブルック、ハーデン、デュラントをフリーにします。パーキンスを褒めるしかないです。パーキンスのスタッツを見ると、6得点、2リバウンド、4ブロックと、平凡ですが、数字に表れないことをしています。ウェストブルックは、セッションズとブレイクが、よくガードして、7-18
でした。ファーストブレイクのバスケット以外は、殆どがジャンパーでした。デュラントには、12-23の31点とやられました。ドライブされると、メタでは付いて行かれません。ハーデンには、フリースローを12本も与えましたが、シュートは4-13と抑えました。


↓クリックお願いします。m(_ _)m
Ranking 1

2012/05/19 18:42  Lakers | コメント(18)
まめさん、こんにちは。
パスすることしか考えていないです。最初から身体の向きが、バスケットに向いていません。あのプレーは勿論、始めからずっとです。ボールを持ったら、できるだけ早くパスすることしか頭にないです。まだ、ブレイクの方が、実力が無いなりに、何とかしようという意思があります。私もトレードが確実だと思います。ドラフトピックでも良いくらいです。
[ 2012/05/20 18:48 ] [ 編集 ]
パオはトレード。100%トレード。なんだあのパスは。きちんと勝負して、相手に挑戦したうえでのミスなら仕方ないよ。だけど、そもそも勝負の舞台に上がらないような奴は、レイカーズにいる資格がない。フリーで打てるミドルが、どうしてウェストブルックへのパスになるの?
[ 2012/05/20 14:12 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントを下さった皆様、こんにちは。

>>ロンロン大好きさん

コービーのフリースローの時に、メタがリバウンド取りに走ったのは、私も気が付きました。メタは、全力でプレーすることだけは、期待できます。


>>家鴨さん

ブレイクは、元々、反射神経だけは良いです。誰よりも、最初の1歩が早いです。全力で、集中してプレーしているからというのもあると思います。好調な時は、もっと打って欲しいですが、パオと一緒で、楽なのだけ打っているから確率が良くて、もっと打ったら、それ程でもないのかもしれません。


>>たかみさん

コービーのボールの受け方は、理想としてはその方が良いですが、33歳のプレーヤーを40分もプレーさせておいて、これ以上動けと言うのは無理だと思います。ツインタワーは、いてもいないようなものの時が多いです。リバウンドが二桁に届くのがやっとの人達を、タワーと呼ぶのでしょうか?パオはバイナムがベンチでもポストに行かないし。バイナムは、ポストプレーから打って、2-13ですよ。だったら、コービーがポストプレーした方が良いです。オフェンスのセットプレーで、やったら良いことは、色々あると思いますが、体力が持たないです。


>>天使の街の湖軍団好きさん

今日のスタミナが心配です。

私も、パーキンス相手だと、バイナムはオフェンスでは、並み以下でしかないし、リバウンドでも、時々気が変わって取る気になった時以外は、並みなので、ヒルの時間を増やした方が良いと思います。特に、OKCはビッグマンがオフェンスでは脅威ではないので。でも、24歳で40分だとバテるのも問題です。全力で走り回っている訳でも無いのに。パオは、移籍してきてから最初の2年は、38分を越えていました。


>>古参者さん

ファウルは仰る通り、完全なファウルなのになっていないのが、いくつもありました。最初は緩かったのに、ウェストブルックとメタがやり合って、締めたのかもしれません。

レイカーズは、早めにコービーにボールを渡さないと、何もできないです。他のプレーヤーが何かしようとしても、そのプレーヤーが脅威ではないから、打って下さいと言わんばかりのディフェンスをされて、コービーへのプレッシャーが軽くならないです。ピアースやイゴダラの様に、他にもボールを持たれたら困るプレーヤーが、レイカーズのバックコートやウィングにはいません。

一回戦でゲーム7まで行ったツケが周ってきました。せめてゲーム6で終わっていたら、ゲーム7の日が、このシリーズのゲーム1だったので、バックトゥーバックはなかったかも知れないです。逆に、インディアナとマイアミは、中2日です。

パオは元々ディフェンスに定評があるプレーヤーではないので、オフェンスをやって何ぼのプレーヤーです。それがオフェンスをやらなかったら、何のために給料を払っているか分からないです。


>>TAKAさん
今日何としてでも勝ちたいです。今日勝ったら、戻って来られます。

バーンズは、失敗を恐れてシュートを打てないのでしょうか?打てば打つほど確率は下るし、来シーズンのサラリーも下るし。


>>ひでさん

レイカーズは、フリスローの確率が悪くてイライラすることが多かったですが、確率の悪い人がファウルされなくて良かったです。

パオは、やればできることを証明しているのに、ハートがないから続けないです。セッションズは、これを持続してくれると思いますが、ブレイクは当てにならないです。デンバーとのゲーム7であんなに良かったのに、OKCとのゲーム1では、どオープンでも打てなかったです。

デュラントには結構決められましたが、フリースローが少なかったし、ハーデンはフリースローが多かったですが、シュートは決められなかったです。ウェストブルックもそこそこだったし。全部抑えるのは無理なので、シュートを決められるなら、ファウルをしないとか、フリースローを与えても良いから、楽に打たせないとか、どちらかにしたら、勝ち目があると思います。


>>ゾロリせんせさん

飛び出した最初だけで、後は、ジリジリ追い上げられるばかりでした。

笛に助けられたとは思わないです。ブロードバンドでご覧になっていた方は、ESPNと同じなので分かったと思いますが、ゲーム終盤に、コービーが、ファウルされて決めているのに、ファウルになっていないシュートを4本ビデオで流していました。パーキンスに、右の二の腕を掴まれたり、相手は憶えていないですが、ジャンパーの時に手を叩かれたり、終盤のレイアップ時は、ハーデンにジャージーの背中を引っ張られていたし、フィッシャーがガードした時も、空中で足がぶつかっていました。全部ファウルを取られなかったです。普通にテレビ画面を見ていたら分からないので、ブロードバンドでなくて、NHK等でご覧になっていたら、分からなかったと思います。確かに、ファウルでなさそうなのがファウルになったのもありましたが、明らかなファウルがファウルにならなかったのもありました。それに、デュラントが終盤、バックコートに足が入ったのに、審判は3人共見逃しました。これも、ESPNではスローでリプレイしましたが、はっきりバックコートに足が入っていました。パーキンスのスクリーンも、イリーガルは1つだけでしたが、あと2-3取られても不思議ではなかったです。

バイナムは、一流のビッグマンが相手だと、歯が立たないです。ハワードには、まるで子供扱いされたし、体重がある訳でも無いKGですら押せないです。一流でなくても、体重があるビッグマン相手だと駄目です。ミネソタのペコビッチ相手でも、右往左往していました。パーキンスは、ディフェンスなら超一流の体重があるセンターです。

セッションズには、キャリアがかかっていると思って、必死でプレーして欲しいです。実際にそうだと思いますよ。残りのPOでどうプレーするかで、将来が変わってくと思います。

確かにバーンズも情け無いですが、イーバンクスだって当てにならないし。このチームは、誰を使いたいかではなくて、誰を使いたくないかの消去法ですよね。こいつは使えない、こいつも使えないと消して行って、最終的に残ったのを使っているだけでです。ファンも口を開けば愚痴ばっかりです。


>>かずさん

セッションズは、積極的にドライブしたら、インサイドにプレッシャーがかかるので、決まらなくても続けたら良いと思います。パオは、一回戦ゲーム7の面影は、皆無です。長続きしないです。

走れないから、イージーバスケットがないです。スティールしたり、長いリバウンドから走っても、追いつかれます。アリーザが懐かしいです。

コービーは、ミニッツが一番多いし、PGがPGできなから、PGまでやって、それならパスすれば良いかといえば、SFはどオープンで、解説者が「今のは打つ前に新聞が読めた」と嫌味を言うくらいでも、エアボールするような役立たずだし。ビッグマン2人はそこそこやるけれど、給料に見合った活躍には程遠いし。コービー以外に、これ以上やるべきなプレーヤーがいます。TOも、バン・ガンディーは、ブレイクのスペーシングが悪いと言っていました。コービーから離れてウェストブルックを連れて行かないといけないのに、逆に近づいています。それに、後ろから来ていて、コービーが振り向きざまにスティールされています。後ろに目がある訳では無いので、ウェストブルックが後ろに来ているのは分からないです。ブレイクが、後ろから声をかけないといけないです。バーンズがスティールされたのも、バーンズ自身がボールをしっかり持って、周りを注意していたら起こらなかったですが、パオがすぐ側にいるのに、声をかけていないです。シーズン中にも、「後ろは見えないから、チームメイトが声をかけないといけない」と解説者が言うプレーが散々ありました。

パーキンスのスクリーンは、紙一重なので、ぶつかったら他所は演技をしないと。フィッシャーなんか、スクリーンが少しでも動くと、上半身をそらして、よろめいて、審判の注意を引きますよね。逆に、フィッシャーが演技する場面が全然ないです。パオ、バイナムがセットするスクリーンが、いかに甘っちょろいかです。


>>匿名の方

本当にそうですよね。#2と#3を合わせても30点行かないし、フリースローも2人合わせても、コービーより少ないし。フレイクがたった12点取ったら、芸者上げてお祝いしたいくらいです。ブレイクは、単に身長が低いからPGをやっているだけで、PGの能力があるからではないです。3ポイントに期待して使っているのでは。実際、なんだかんだ言っても、ブレイクが合う程度得点しないと、ベンチは他に確実に得点できる人がいないの、使わざるを得ないと思います。


>>バスケ大好きさん

ソーシャルメディアの悪い所ですよね。スポーツは、人間の最善を引き出すこともあるけれど、最悪を引き出すこともあります。でも、頭に来た人達が、「こいつがこんなツイートをしている」とリツイートして、ヘイトツイートをした方が、いたたまれなくなって、口座閉鎖に追い込まれているそうです。

シーズン中は、時々、パオがボールを持って、コービーがボールを持たないで動いて、スクリーンを使って、キャッチ&シュートがありました。でも、これ以上動けというのは、無理な相談だと思います。イゴダラとピアースでは、周りのプレーヤーが違います。ボストンと対戦していたら、KGやアレンは勿論、ロンドだって注意しないといけないです。ピアースにだけは、ボールを持たせなくというディフェンスはできないです。フィラデルフィアは、ウィリアムスやホリデーがいて、イゴダラは、もう#2ですらないです。コービーが囮になって、一体誰が打つんですか?SFなんか、アウトサイドでパスが行っても、相手はクローズに来る所か、逆に、離れて走って行って、リバウンドのポジション取りをされます。ブレイクなんか、半径3メートル以内に誰もいなくて、それでも打てないことが殆どだし。

ステイプルズセンターは、今日の方が、LACとLALの両方あるので大変です。明日も、NHLのキングスがあります。スケートリンクだと、フロアーを取り除く手間が省けますが。ダブルヘッダーの時は、最初がOTになると大変みたいです。コートやリンクは何とかなっても、ビジターのプレーヤーが到着しても、ロッカールームが、空いていないことがあるそうです。


>>サイバイマンさん

コービーとフィッシュのマッチアップは、観客が沸きましたよね。複雑と言えば複雑ですが。バーンズは精神的に負けていると思います。ああいう態度の大きいのは、逆に気が小さいのが多いです。


>>ゆうさん

誰もパオに外にいろなんて言っていないと思いますよ。自分で勝手にそうしているだけです。少なくても開幕直後は、パオが#2として、オフェンスをしていたはずです。例え行くなと言っていたとしても、それは、バイナムとプレーしている時だけですよね?バイナムがベンチでも、行かないです。外の方が、自分が楽なんです。だから、「アンセルフィッシュ」や、「正しいプレーをする」を言い訳にしていると言われるんです。

コービーやバイナムが、ディフェンダーを引き付けてパスを出せばいいですが、セッションズは兎も角、パオはパスを出しても打たないし、SFはオフェンスでは存在しないし、ブレイクも当てにならないし、パスを出す相手がいないです。バイナムは、ジョージ・カールが言っていた通り、「ボールを貰ったら打ちたいから離さないで無理に打つ」し。


>>K当さん

ブレイクは、結構良かったと思いますよ。リバウンドも取っていたし。それと、シュートの確率だけでなくて、打ったシュートの本数に対しての得点というスタッツがあります。PPS(points per shot)と言います。1本のシュートで平均何点得点したかです。3ポイントが多ければ、確率が低くても、得点が多いです。2ポイントだけで5-10と、3ポイントだけで4-10なら、同じ本数打って確率が低い方が、得点が多いですよね?又、シュートの確率が良くても、フリースローが1本も無い人もいれば、シュートの確率が悪くても、フリースローからの得点が多い人もいます。3-6で6点ならシュートの確率は50%なので良いですが、PPSは1点なので、良くないです。逆に、1-6ならシュートの確率はかなり悪いですが、フリースローがあって、得点が10点なら、PPSは1.66なので、かなり良いです。普通は、1.5に近かったらかなり良い方です。ブレイクは、2.4なので、かなり良いを通りこしています。但し、打っている本数が少ないということは、楽なシュートだけ打っているので、この数字だけで評価はできないですが。コービーは、シュートの確率は悪いので、一見悪いですが、1本当たりは1.44なので、良い方です。逆に、デュラントは、12-23でシュートの確率は50%以上で良いですが、フリースローが少ないので、PPSは1.35で、良い数字ですが、コービーより悪いです。バイナムは、2-13なので、悪いを通り越して酷いですが、フリースローが多くて1本当たり得点は、1.15なので、悪いですが、酷いという程ではないです。同じ13本打って、半分以上の7本の2ポイントを決めてもフリスローが1本も無かったら、14点です。見た目はバイナムより遥かに良いですが、実際ににはバイナムの方が僅かに良いです。昨日PPSが悪かったのは、バイナムと、1点のメタだけです。このゲームの様に、フリースローが以上に多いゲームは、シュートの確率だけで、良し悪しを言えないです。決められそうなのは、殆どファウルされていて、厳しいのだけ打っているので。
[ 2012/05/20 10:23 ] [ 編集 ]
メタがやってくれましたね。あそこでスティールできていなければデュラントにプットバックかフリースローとられていた公算大だったので、メタの集中力の高さが光りました。ほとんどの方は見逃していると思いますがコビーのフリースローの際、外側で待機してるメタが鬼のような勢いでリバウンド争いに絡んでいっていました。その姿勢に改めてメタが好きになりました。メタ最高!!
[ 2012/05/20 08:47 ] [ 編集 ]
ブレイクの球勘が相当良さそうでしたね。
こういう日はこぼれたリバウンドは全部手元に来るし、シュートも打てば入る状態になると思うのでもっと積極的に打つべきなんですが。
せっかくの好調がもったいないです。
ブレイクが外から決めた分だけ勝利が近づくのでこのまま好調を維持しつつ積極的に打ってもらいたいです。
[ 2012/05/20 05:09 ] [ 編集 ]
サンダー戦、3戦目にして初めて見ました。
正直よく勝ったなぁとの印象…
コービーのボールの受け方は自分も気になりました(BOS-PHIは見てませんが…)
ボール受ける時全く動いてないですよね、だからDFも正対からの1on1だけ注意すればいい、結果苦しいシュートが多くなる…実際セフォローシャとハーデンは相当いいDFしてるというかむしろコービー攻めれてない印象…デュラントも抜けてません。
コービーにスムーズにボールが入らないとレイカーズの攻撃は終了します。
外で受けれないからポストでボール受けますがポストでも苦しいシュートが目立ちますし、ツインタワーいる時無理してポスト入る必要もないかなと…
まぁ個人的にはガソル外してヒル入れてポストはバイナムメインでたまにコービーポストっていうのが理想ですが…(ヒル頑張ってます、オフェンスリバウンド相当絡んでます)
長年コービー見てますがここまで点取るのに苦労してる、ブロックやスティールを平気でされるのは見た事ありません。
多分正対からの1on1とポストプレイのフェイダウェイがかつてほど強力じゃないです(スクリーン使ってジャンシューもよく手にかかってます)
疲れは承知で言いますがもう少しVカット、Cカット使ってボール受ける時にDFとの距離を取れればオフェンスの選択肢も増えると思うのですけどね…
まぁコービーの改善点前に突っ込みどころは多々あるレイカーズですけど…相手を圧倒するコービーが見たいので(^-^)/
[ 2012/05/20 04:28 ] [ 編集 ]
バック・トゥ・バックが吉と出るか…
デフェンスの集中力、
フリースローの集中力が素晴らしかった。

連戦なので、明日もこのままで行ってくれないか…と祈ります。

でもバイナム40分使うとバテるので、
4Q頭はヒル使って良かったかなと思いました。
一瞬オフィシャルの前に出て交代の準備をしていたように見えたんですけどね…
「分かってんじゃんマイク!」と思ったら、バイナム休み無しで、
結局ラスト3分は存在感薄かったように思いました。
[ 2012/05/20 03:32 ] [ 編集 ]
首の皮1枚繋がりましたね。

ほんと偶然の1Qと偶然のフリースロー以外に勝因が無いです。

でも笛に助けられたとは思いません。

フリースローの本数にこそ差が生まれましたが、両チームともかなりファウルかさんでましたし、18本も打ったコービーでしたが、最初のフリースローの場面はファウルじゃ無かったっぽいですけど、逆に少なくとも3~4回は何でファウルじゃ無いのか分からない場面もありましたし。

序盤からファウルトラブルにも悩まされてましたし、色々大変そうです。

それから、PGが完全にゲームをコントロールするチームにいるピアースや、チームで唯一のオールスターとは言え平均10点そこそこのイグダーラとは立場も環境も負担も違いすぎるので何の参考にもなりません。

既に16年目33歳の大ベテランなのに、20代の頃と変わらぬ仕事量を要求かされてますからね。今のレイカーズでは。

初めから相当無理があります。

これで今日もで連戦て・・・。

ほんとロックアウトはろくな事が無いです。

それから、まるでパオは壁ですね。

ディフェンスの壁なら良いんですが、オフェンスの壁。

パス出されても、シュートせず誰かにパスを跳ね返すだけ。

何の怖さも無いです。

壁ですから。

壁だから動かないし。

それとも連戦となる4戦目でチームを引っ張れるように体力温存??

まさかの計算だったりしてw
[ 2012/05/20 03:17 ] [ 編集 ]
なんせ勝ててよかったです。まずは1勝ですね。
いろいろ改善点はありますがまぁプラス思考にまだこれが実力ではないと思っておきたいところです。

それにしてもバーンズはどうしちゃったんでしょう?
彼が思い切ってプレーしてくれたら多少のミスは目をつぶるんですがね。
[ 2012/05/19 23:54 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。

1勝返すことができましたね。
勝てて良かったです。

チームとして、本当にフリースローの確立が良かったですね。

コービー、さすがだと思いました。
勝負所の4Qに多く得点してますし、フリースローもあれだけ打ってパーフェクトですね。
この試合も競った試合でしたが、心強いし、「コービーならやってくれる」と思えます。

ガソルにはもっと試合全体を通して積極的にシュートを打ってもらいたいです。
バイナムが苦労しているので、ガソルにはインサイドを引っ張るくらいの気持ちでプレーしてほしいと思いました。

セッションズは積極的にシュートを打ってて良かったです。
ブレイクも今日は積極的で、かなり高確率でシュートを決めてていい活躍だったと思いました。

相手の得点はほとんどがデュラント・ウエストブルック・ハーデンの3人が取っているので、この中の1人でも抑えることができれば有利に試合を運ぶことができるのではと感じました。
そのためにも、やっぱりディフェンスが重要になってきますね。

明日も試合があり、疲労もかなりあると思いますが、ホームという利点を生かして、何としても勝ってタイにしてほしいです。
[ 2012/05/19 23:54 ] [ 編集 ]
勝つには勝ったが・・・
こんばんは~。

最初は予想外にもぱぱっと飛び出したのに、一転して、4Qは重々しいことこの上なくて。しかし第1戦とは違って、息の止まるような熱いゲームでした。

ただ、ベテランチームらしからぬドタバタしたTOが相変わらず目につきますし、FTは奇跡的な確率を叩きだしてますが、正直笛に助けられたという印象も否めません。サンダーからしたら、納得のいかないゲームだったかもしれないです。勝ったというのに寂しいことですが…チーム力の差は、歴然でした。ま、当然ですかね。

それから、バイナムは、もう少しパーキンスを押し込めませんかね?単純なパワーなら文句無しのハズなんですが。体の使い方、力の入れ方に問題があるんでしょうか?それとも足腰の鍛えが足りないのかな。まぁでも、FTはよく決めてくれました。コービーも、最後まで一本も落とさなかったですね。相変わらず、凄まじい集中力です。やっぱりスーパースターは、ああでないと!

でも、一番嬉しかったのは、セッションズのちょい復活ですね。なぜか、終盤はあまり起用されませんでしたが、それでも、少しは彼らしさを見ることができて、安心しました。MAYさんも仰ってましたが、下手したら来季契約できなくなるかもしれませんからね。ようやく手にしたスターター、誰かに渡すことにならぬよう、奮起してほしいです。

逆に、バーンズの兄貴はちょっともう使わない方が良いかもしれないです。大事なPO、そりゃあベテランを重宝したい気分になるのも解りますが、こんなことじゃあイーバンクスのほうがまだ良いと思います。冗談でも何でもなくて。

…明日は、恐らく疲れも癒えてないでしょうし、相当きついと思います。酷です。でも、精一杯応援しますよ。今日オフェンスを全力でサボったガソルが、明日はコービーの代わりに引っ張ってくれるはずです(笑)

[ 2012/05/19 23:28 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。色々ありましたが、初勝利を素直に喜びたいです。明日の試合も勝たねばなりません!

セッションズが果敢にドライブしてくれるようになりました。ブロックされてもいくしないでしょう。コービー以外に点を取れる選手が欲しいのですが、中々厳しいですね。パオはどうしても積極的にシュートを打たないようです。バイナムへの謎のパスは本当に腹が立ちます...。

サンダーの方が簡単に点を取っている印象があります、もう少しイージーバスケットを増やさないと厳しいですね。

コービーへの批判はわかりますが、これ以上どうしろというのが率直な感想です。他がもっとしっかりしていれば、ここまで負担がかからないで終盤の過度なスタミナ切れは起こらないと思います。まぁ勝負所のTOが確かに苦しいですけど。

それにしてもパーキンスはファールでしょう。
[ 2012/05/19 22:43 ] [ 編集 ]
コービーにはこのサンダーとのシリーズ、とことん点を取りまくってほしいです。MJのプレーオフ記録63得点を狙うぐらい。
そうでないともう勝てないチーム状況ですしね。
あとブレイクはPGなのに本当パスセンス無いですよね、Dもハーデンに付ける意味がわからない。彼はあくまでもセッションズの控えとしてだけ使うべきだと思うんだけど。
[ 2012/05/19 21:03 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
残念な事にブレイクの妻に脅迫めいたツィッターがあったそうです。取り敢えず試合についてですが、実は自分はレイカーズ戦前にBOS-PHIを見てたのでレイカーズが1Q大量リードした時嫌な感じでした。自分がどうしてもコービーのボール貰い方やオフボールの動きに不満が出るのはBOS-PHIの試合を見た後だからです。ピアースやイグダラのように動きながら貰えばマークマンを外せますし囮として使い違う選手にパスが出せます。今日は点は入ってますが攻撃が上手く回ったのは1Qぐらいです。関係ないですがステイプルズ・センターのスタッフは大変ですね。確かLACの試合の準備があるよね。
[ 2012/05/19 20:56 ] [ 編集 ]
とにかく勝ててよかったです。コービーとフィッシャーのマッチアップは見てて複雑な気持ちになりましたね。しかしバーンズはだめですね。イーバンクスの方がいいんじゃないですかね。まぁ勝ててよかったです。
[ 2012/05/19 20:04 ] [ 編集 ]
ぎりぎりの勝利ですね。
やっぱりパオが積極的にならないとこのシリーズは厳しいですね。外にいろっていったい誰が言うのですかね。
コビーとバイナムの所はディフェンスの名手がいるのでオフェンスでは他の人が活躍が必要ですね。
[ 2012/05/19 19:44 ] [ 編集 ]
更新お疲れ様です。
勝ててよかったです!
今日はフリースローの確率がとんでもなかったです。
今日のセッションズはよかったです。
明日もこの調子で頑張ってもらいたいです。

バイナム、パーキンスのDFがすごいのはわかりますがここまで歯が立たないときついです。
体格的に押し込めても不思議でないと思うんですが… 本気で押し込んでないんですかね?

コービーとフィシャーの1on1を見て、嬉しいような悲しいような気持ちでした。
まぁコービーが“破壊”してしまいましたが(笑)

明日も試合で疲れがあると思いますが明日勝てばシリーズ勝利の可能性もググッと高くなるので頑張ってもらいたいです!

[ 2012/05/19 19:24 ] [ 編集 ]
今日は正直誰も良かったとは思いませんが勝てて良かったです。
コービーのTOで5点差になったときは終わったかと思いました。
他の所で頑張ってるとはいえエースが2試合連続で終盤の重要なシーンでTOでしたし。
どうしても第二戦取れてたらなぁと思ってしまいます。
[ 2012/05/19 18:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【フリースローで勝った】
ゲーム・ハイライトレイカーズ・ハイライト1Q序盤は、コービー、パオ、バイナム、セッションズが交代で決め、ディフェンスではしっかり守り、8-0の出足となりました。その後、デュラントとウェストブルックが決めますが、レイカーズも、セッションズが既に3本目になるシ...
[2012/05/20 00:31] まとめwoネタ速neo
バスケットブログランキング
ランキングに参加しています。クリックよろしく!
Flashリバーシ
ファッション








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。